ピクシブ百科事典

落語

らくご

近世期の日本において成立し、現在まで伝承されている伝統的な話芸の一種である。
目次[非表示]

解説

「落とし噺(話)」、略して「はなし」とも言い、プロの演者を「落語家」あるいは「噺家」と言う。

江戸時代、都市に人口が集積することによって芸能として成立した。東京大阪にはプロの落語家がいるが、素人芸としても比較的ポピュラーな存在。

用いる道具は扇子手拭いだけ、衣装や音曲に頼ることは基本的になく、身振りと語りのみで物語を進めてゆく独特の演芸(江戸落語の場合。上方落語は見台と拍子木と膝隠を用い、「はめもの」というお囃子を演出として積極的に使う)。高度な技芸を要する伝統芸能である。

今も江戸時代・明治時代の古典落語が定番として広く演じられている一方、現代を舞台とする新作落語も作られつづけている。

本来「落語」とは落語家が行う演目(ネタ)のなかでも滑稽を中心とし、落ちサゲ)を持つ「落とし噺」のことを指したが、笑いのない人情噺・芝居噺も落語の範疇に含まれ、新作落語には明確なストーリーがないものも存在する。

落語をテーマとしたフィクション


関連タグ

寄席 高座 古典落語 古典 噺家 怪談
笑点

関連記事

親記事

伝統芸能 でんとうげいのう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「落語」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 798139

コメント