ピクシブ百科事典

昭和元禄落語心中

しょうわげんろくらくごしんじゅう

『昭和元禄落語心中』とは、雲田はるこによる漫画作品およびそれを基にしたアニメ作品・テレビドラマ作品の名称。
目次[非表示]

概要

講談社発刊の隔月漫画雑誌『ITAN』創刊号の2010年零号から2016年32号にかけて連載された雲田はるこの漫画作品。全10巻。

江戸落語物語の主題に据え、落語家を志す天涯孤独の任侠崩れ『有楽亭与太郎』、東西落語界の生ける伝説有楽亭八雲』、その八雲を殺したいほど憎みながらも同居する養女『小夏』との間で展開される奇妙、且つ複雑人間模様、同時に3人ので見え隠れする落語の亡霊こと『有楽亭助六』の存在を描く。

構成

内容は全三部の長編で構成されており、それぞれに時代背景が大きく異なる。

  • 第一部『与太郎放浪篇』:昭和末期~平成初期

落語心中!!!
いままでに見たいちばん偉ぇ人に付いてこうって決めたんだ!



  • 第二部『八雲と助六篇』:昭和初期~後期

昭和元禄落语心中
…野ざらしという噺でございました



  • 第三部『助六再び篇』:近現代

黒い月よ
読みました。



「ある噺家の一代記」という体裁の下に、落語を中心に伝統的な大衆演芸として育まれた寄席芸能若者世代に広く明快に紹介した功績と、雲田が得意とする緻密な人間描写から紡がれる「理想現実という虚実の狭間でもがき苦しむ落語家の」を追求したストーリー構成の妙が高く評価されている。

昭和の香りを色濃く残す落語家が物語を彩る主要人物として関わるため、その時代背景に準じた風景小道具が数多く登場する。また、古今東西を問わず様々な噺(落語の演目)が登場し、そのあらすじや見所に対して解説を交えながら一部始終を披露する他、単行本の巻末には寄席演芸を楽しむためのコラムなどが収録されており、本作から落語を知る入門書としての役割やガイドブックとしての側面も持っている。

登場人物

 こちらを参照

受賞歴

2012年:『このマンガがすごい!』(宝島社発刊の年刊冊子)第2位
2013年:『第17回文化庁メディア芸術祭 マンガ部門優秀賞』受賞
2014年:『第38回講談社漫画賞 一般部門』受賞

アニメ版

2014年12月5日に行われた会見テレビアニメ化の始動が正式発表された後、本放送に先駆けて2015年3月発売の第7巻、同年8月発売の第8巻に限定生産の特装版を用意し、その特典として第一部『与太郎放浪篇』を前後編に分割したOADをそれぞれに1巻ずつ同梱した。制作はOVA版、TV版共にスタジオディーン

2016年1月9日に『アニメイズム』B2(放送後半)枠で本放送を開始し、第1話は物語の導入としてOAD全2巻の内容を調整した1時間版が、それに続く第2話から第二部『八雲と助六篇』が順次放送された。第一部はOVA版の全2話、第二部はTV版の全13話(うち7話はオリジナルストーリー)で一応の完結を見ており、第三部『助六再び篇』も第二期放送分として2017年1月から放映開始となった。

オーディション

「主要人物が落語に深く関わる者で構成されている」という前提から、本職林家しん平を監修に据えた所までは2006年の『落語天女おゆい』(原作・監修:桂歌若)や2012年の『じょしらく』(監修:林家しん平)にも見られる従来の落語アニメ作品同様の製作体制である。が、本作のアニメ化決定に際して行われた主要声優オーディション課題は「持ち時間3分で実際に落語を講じた音源提出する」という極めて異例、且つ本格志向の厳しい内容であり、噺の選定に始まって雰囲気を醸し出す発声口調工夫試行錯誤した末に八代目八雲役を希望した石田は『死神』1本を、二代目助六役を希望した山寺は『死神』『野ざらし』2本を提出してこの難関を突破した。

当初から与太郎役の最有力候補に目されていたは先述の課題、ひいてはオーディションそのものを無審査通過していた一方、すでに押しも押されもせぬ人気声優の位置にある石田や山寺が専門学校研修生と並ぶような立ち位置から「1人の声優として」オーディションに挑むという事実は多数の業界関係者を驚かせ、この時の課題について石田曰く「試されている」、山寺曰く「必死のオーディションで勝ち取った」といかに苛酷であったかを述懐し、小夏役の小林に至っては「自身の合格を知ると歓喜のあまり屋外で泣いた」とされている。

主題歌

薄ら氷心中』(一期オープニングテーマ
作詞作曲・編曲:椎名林檎、木管編曲:村田陽一、:林原めぐみ
今際の死神」(二期オープニングテーマ)
作詞・作曲 - 椎名林檎 / 編曲 - 斎藤ネコ / 歌 - 林原めぐみ9]

かは、たれどき』(一期エンディングテーマ
作曲・編曲:澁江夏奈
ひこばゆる』(二期エンディングテーマ)
作曲・編曲 - 澁江夏奈

テレビドラマ版

2018年10月からはNHKにて実写ドラマ版が放送。
こちらでは八代目八雲(菊比古)を演じる岡田将生が主演扱いとされ、原作でいう第二部より以降を中心に描かれている(第一部は放送時間延長の末、一話で早々に完結)。

NHKサイトでは岡田とTVアニメで八雲を演じる石田彰とのW八雲の対談が公開されている。

ドラマ版キャスト

有楽亭与太郎:竜星涼
有楽亭八雲:岡田将生
小夏:成海璃子
有楽亭助六:山崎育三郎

エンディングテーマ

『マボロシ』
作詞・作曲:北川悠仁 歌:ゆず

関連動画





関連タグ

講談社 漫画 ITAN
落語 落語家 落語の演目

関連リンク

昭和元禄落語心中 オフィシャルサイト

アニメ版

昭和元禄落語心中 アニメ版ティザーサイト

テレビドラマ版

昭和元禄落語心中|NHK ドラマ10

関連記事

親記事

ITAN いたん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「昭和元禄落語心中」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2048820

コメント