ピクシブ百科事典

昭和元禄落語心中

しょうわげんろくらくごしんじゅう

『昭和元禄落語心中』とは、雲田はるこによる漫画作品およびそれを基にしたアニメ作品・テレビドラマ作品の名称。
目次[非表示]

概要

講談社発刊の隔月漫画雑誌『ITAN』創刊号の2010年零号から2016年32号にかけて連載された雲田はるこの漫画作品。全10巻。

江戸落語物語の主題に据え、落語家を志す天涯孤独の任侠崩れ「有楽亭与太郎」、東西落語界の生ける伝説有楽亭八雲」、その八雲を殺したいほど憎みながらも同居する養女「小夏」との間で展開される奇妙、且つ複雑人間模様、同時に3人ので見え隠れする落語の亡霊有楽亭助六」の存在を描く。

構成

内容は全三部の長編から成り、それぞれに時代背景が大きく異なる。

  • 第一部『与太郎放浪篇』:昭和末期~平成初期

落語心中!!!
いままでに見たいちばん偉ぇ人に付いてこうって決めたんだ!



  • 第二部『八雲と助六篇』:昭和初期~後期

昭和元禄落语心中
…野ざらしという噺でございました



  • 第三部『助六再び篇』:近現代

黒い月よ
読みました。



「ある噺家の一代記」という体裁の下に、落語を中心に伝統的な大衆演芸として育まれた寄席芸能若者世代に広く明快に紹介した功績と、雲田が得意とする緻密な人間描写から紡がれる「理想現実という虚実の狭間でもがき苦しむ落語家の」を追求したストーリー構成の妙が高く評価されている。

昭和の香りを色濃く残す落語家が物語を彩る主要人物として関わるため、それに準じた風景小道具が数多く登場する。また、古今東西を問わず様々な噺(落語の演目)が登場し、そのあらすじや見所に対して解説を交えながら一部始終を披露する他、単行本の巻末には寄席演芸を楽しむためのコラムなどが収録されており、落語の入門書やガイドブックとしての側面も持っている。

登場人物

有楽亭一門

江戸落語を代表する亭号の一つ。定紋は『に並び』だが、止め名(最高位)の八雲のみ替紋『瑞雲』(ずいうん)の使用が許される。

八雲は寛政年間から続く由緒ある宗家名跡であり、もれなく名人と謳われた累代の実力者たちによって連綿と継承されてきたため、この大名跡を襲名するには八雲が意味する重責を全うするに足る品性と実力を兼ね備える必要があるとされている。

てげれっつの ぱ ぁ!


声優関智一
ドラマ版演者:竜星涼

主人公苗字は不明だが本名は「強次」(きょうじ)で、背中に『』(金太郎の鯉抱き)の筋彫りを持ち、茨城訛りと思しき語尾(だべ、だど)が時折見られる。

幼い頃に両親を亡くしてから頼る身寄りも無く、兄貴と呼び慕う不良を追う形で任侠のに入るがどうしても馴染めず、抜けの条件に提示された懲役3年の肩代わりを承諾して刑務所に収監され、服役生活を送っていた元チンピラ

模範囚として平穏に刑期を過ごす中で慰問演芸会に訪れた八代目八雲が演じた『死神』に惚れ抜き、満期出所したその足で八代目八雲の下へ訪れ、直談判の末に初めての内弟子として引き取られた。弟子入りまでの経緯から教養こそ浅いものの、持ち前の人懐っこさと不思議な可笑しみ、天真爛漫な性格で人に好かれやすく、風変わりな様子を八代目八雲が落語になぞらえて「与太郎」(落語における間抜けの代名詞)と呼んだことから通り名、ひいては芸名となった。

自身の境遇と重なる滑稽噺『出来心』(『花色木綿』の原型)の会心の出来を通じて演者としての落語の魅力に開眼したが、前座修行中に取り返しの付かない失態を犯して一度は破門の身となる事態に直面し、八代目八雲が提示した3つの条件

  1. 「八雲と助六の型をマスターする」
  2. 「落語の生きる道を探す」
  3. 「自分より先に死なない」

を飲む形で破門を許されて以降は下火となりつつある江戸落語界で必死を磨き抜き、遂に迎えた真打昇進に伴って『三代目 有楽亭助六』を襲名し、寄席にテレビにと駆け回る忙しい日々を送る。

八代目


声優:石田彰少年期は小林沙苗
ドラマ版演者:岡田将生

世間からは「昭和最後の名人」、席亭(寄席の経営者)連中からは在所に因んで「向島の師匠」と呼ばれ、有楽亭一門宗家たる大名跡を今に受け継ぐ孤高の落語家。前名は『有楽亭菊比古』(ゆうらくてい きくひこ)。

「おまいさん」「あすこ」などの下町言葉を常用する戦前の風雅を色濃く漂わせ、生家が芸事を生業としていたために一通りの歌舞音曲にも深く通じる一方、スリーピースなどの洋装も自在に着こなす。芸事のとして生まれた上に足を悪くした二重の悲運から半ば捨てられる形で七代目八雲の下へ弟子に出され、さらにそこで出会った後の二代目助六が見せる天賦の才に惚れつつも嫉妬を隠せないなど、外観の精悍さに反して苦悩に満ちた半生を送った事実から極めて気難しく複雑な性格を持つ。

二代目助六との死別を契機に『八代目 有楽亭八雲』を襲名し、落語の衰亡を誰よりも怖れる一心から「有楽亭を名乗る最後の一人」として第一線を走り続ける中で与太郎と出会い、寄席の前で松田に食い下がる与太郎がカタギでない事を一目で見抜いた上で話を重ねるに連れてその風変わりな内面に面白さを覚え、道楽半分に初めての内弟子としてその身を預かった。

数年後、まるで覚悟の違う与太郎が予期せず起こした失態に失望にも似た怒りを覚えて破門を言い渡すも、どうあっても離れようとしない与太郎に3つの条件を飲ませて破門を解き、真打昇進の際に久しく途絶えていた助六の名跡を預けた。

『死神』『鰍沢』『品川心中』など、いわゆる名作と称される古典落語の代表作を選りすぐって持ちネタとしているが、そのどれもが極限まで研ぎ澄まされた別格の存在となっている。

寿限無


声優:山寺宏一(少年期は立川こはる
ドラマ版演者:山崎育三郎

小夏の。八雲と共に戦後の江戸落語界を牽引し、妙技を尽くす天才の名を欲しいままにしながら影に埋もれていった末に早逝した非業の落語家。前名は『有楽亭初太郎』(ゆうらくてい はつたろう)。

両親のすら知らぬ捨て子であり、寄場暮らしをしつつ天狗連(=アマチュア芸人集団)に所属して落語を演じていた老人に拾われて養ってもらっていたが、その老人の死を契機に七代目八雲のを叩きに向かったその日に後の八代目八雲と出会った。入門当時から既に大ネタの『文七元結』『野ざらし』『明烏』『船徳』『よかちょろ』などを聞き覚えていた上、多大な縁故を前提に入門した八代目八雲の通学、疎開などの優遇に反して七代目八雲のカバン持ちとして戦地慰問のために満州にまで赴いた。

帰国後、二つ目昇進に際して養い親の老人が使っていた白扇に記されていた名前と同じ空き名跡を一門の系譜から探し出し、『二代目 有楽亭助六』を襲名してようやく「格好悪い」と渋っていた初太郎の名から開放され、生来の溢れる才能に戦地慰問の経験を加えた緩急自在の話術で瞬く間に頭角を現した。

ところが、伸ばし放題のボサボサ頭に無精ヒゲ、襟垢に塗れたヨレヨレの揃えに股引下駄履きで平然と市中を歩き回り、寄席の稼ぎや質屋の借入を遊びに注ぎ込み、分をわきまえず臆面も無く大ネタを掛けるなど長老連中からことごとく毛嫌いされ、後年になって誰よりも落語を愛する心を決して曲げない意志、さらには自身が名乗る助六の因縁災いして七代目八雲と激しく対立し、遂に破門を言い渡されて表舞台から忽然と姿を消した。

『出来心』『夢金』『火焔太鼓』などの滑稽噺、『居残り佐平次』『野ざらし』などの艶笑噺を好んで持ちネタとしていたが、最晩年に人情噺の傑作に数えられる『芝浜』を極めた。

  • 七代目八雲
声優:家中宏
ドラマ版演者:平田満

八代目八雲と二代目助六の師匠。

かつて色々と世話になった知古の縁から八代目八雲を、時を同じくして押し掛け同然で転がり込んだ二代目助六を二人揃って内弟子に迎え入れた。しかし、入門当初から「絶対に有楽亭八雲の大名跡を受け継ぐ」と大言して憚らず、若手随一の実力を持ちながら女癖の悪さや金銭の無心など日頃の素行、不敬に等しい反骨精神が目に余る二代目助六を段々と疎ましく感じるようになり、落語の行く末を憂う意見の対立から「有楽亭助六の看板を背負ったまま破門」という生殺しに等しい重罰を課した。

  • 初代助六
声優:神奈延年

二代目助六の養い親。

寄場で日銭を稼ぎ、天狗連に属して落語を披露する日々の中で後の二代目助六を拾い、寄場と寄席を行き来する貧乏所帯の二人暮らしを営んでいた老人。高座名の「助六」を通り名にしていたが、後に有楽亭の系譜を調べた二代目助六によってその正体が自身と同じく型に捕らわれない芸風を信条とし、それに怒った六代目八雲から破門された当人であった事実が判明した。

円屋一門

上方落語を代表する亭号の一つ。定紋は『丸に三つ輪違い』。

東西落語界通じての長老であり、戦前から落語界を支え続ける萬歳が一代で築き上げ、今や上方落語界において一大勢力を形成している。

  • 円屋萬歳(つぶらや ばんさい)
声優:茶風林
ドラマ版演者:平泉成

四代目萬月の父にして総勢100人超の弟子を抱える上方落語界の重鎮。本名は『淀川公男』(よどがわ きみお)。

八代目八雲の高座が湯呑みを備える江戸落語伝統の形を取るのと同じく見台、隠し、小拍子、叩き扇の4点を備える上方落語伝統の形を取る。七代目八雲の頃から催していた恒例の二人会「好色夏夜噺」(いろごのみなつのよばなし)を通じて有楽亭一門と深い繋がりを持ち、八代目八雲が自身のネタに加えてさらに練り上げたほどの絶品とされる怪談噺『応挙の幽霊』を得意とするが、近年では高齢から来る体力の衰えに加えてのもつれが顕著になりつつあり、それでも高座に上がり続ける痛々しい姿は実子の萬月を苦悩させる。

第三部では故人。

※一部の情報筋では名前の読みを「ばんざい」「まんざい」としているが、原作初登場時のルビでは「バンサイ」で明記されているため、厳密にはこれらは誤りである。

昭和元禄落語心中


声優:遊佐浩二
ドラマ版演者:川久保拓司

萬歳の息子

八代目八雲の落語に惚れ抜き、幾度と無く有楽亭の門を叩いたが断られ続けて遂に諦めた苦々しい過去を持ち、改めて萬歳に弟子入りしてもなお尊敬の念を絶やさない反面、内弟子に入り込んだ与太郎には明け透けな嫉妬を抱いている。

第三部では凋落に歯止めが掛からず衰退の一途を辿る上方落語界に絶望し、萬月との死別を機に廃業して放送作家の道に進んだが、八代目八雲・三代目助六による親子会を機に上方落語存続の担い手たる使命を悟るに至り、芸道への再出発に際して八代目八雲から「与太郎に出来ない噺をするのが自分に課せられた役目である」とする薫陶の意味を込めて萬歳の十八番『応挙の幽霊』を皆伝された。

その他

鹿芝居なっつん


声優:小林ゆう
ドラマ版演者:成海璃子

二代目助六のであり、八代目八雲の養女。

立て続けに両親を失い、身寄りの無い所を八代目八雲に引き取られたが、父を死に追いやった元凶が八代目八雲にあると信じて疑わず、同居こそしているものの事ある毎に憎しみを露わにして糾弾する。女の身であるがために父の遺志を継いで落語家になれない事実を心底悔しく思い、それでもなお父の落語を愛するがゆえに隠れて稽古に勤しむ一面を持つ。

与太郎が内弟子となってからは形式上の兄弟子として稽古に付き合うようになり、自身の成果を通じて助六の型で演じられた『出来心』を仕込んだ。

みよ吉


声優:林原めぐみ
ドラマ版演者:大政絢

小夏の

戦前は芸者を務め、その縁から八代目八雲と出会って密かに心を寄せていたが意思の相違から破談となり、時を同じくして破門の身となった傷心の二代目助六と共に東京から姿を消した。後に、八代目八雲が行方を突き止めて地方温泉街に足を運んだ時には既に二代目助六と小夏を捨て、再び行方をくらましていた。

  • 松田(まつだ)
声優:牛山茂
ドラマ版演者:篠井英介

八代目八雲と二代目助六の様子を入門当日から有り有りと知る唯一の当事者。

七代目八雲の頃から女将と共に炊事、洗濯掃除などの家守に務める使用人であり、独身を貫く上に内弟子を取らない八代目八雲からはカバン持ち、スケジュール管理、での送迎なども一手に担うようになった。

常日頃から静かで穏やかな雰囲気を漂わせる一方、事と次第によっては与太郎ですら恐れ慄く激しい怒気を垣間見せる。

  • アマケン
声優:山口勝平

文芸評論家

幼い頃から落語を愛し、同じく文芸評論の道を歩んだ父に連れられて数多くの名人巧者の楽屋に出入りした経験を持つ。世評に反して「二代目助六の落語は邪道」と言い切るほど八代目八雲を尊崇する熱烈なファンであり、好ましくない人物に対しては痛烈な嫌味を含んだ物言いが目立つ反面、行き詰まりを感じていた与太郎の心境をはっきりと言い当てる確かな分析力と観察眼を持つ。

  • 樋口栄助(ひぐち えいすけ)
声優:関俊彦(青年期は矢野正明

三代目助六襲名以前から与太郎に目をかけている人気作家

萬月と同じく、八代目八雲(当時は菊比古)に弟子入りを断られた過去を持ち、それでも密かに抱き続けた落語家のを与太郎に託そうと様々な形で協力を持ち掛ける。仮にも一度は落語家を志した事もあって、演目の内容から構成、背景に至るまで深い知識を持ち、新解釈を加えた古典落語の改作や新作落語の台本を何本も書き上げている。

  • 信乃助(しんのすけ)

じゅーげむじゅげむっ♪


声優:小松未可子

与太郎と結ばれた小夏が産んだ長男。

癖の強い天然パーマの髪型、物怖じしない芯の通った性格、ケレン味の無い愛嬌、聞きかじった『寿限無』をスラスラと諳んじる記憶力など祖父に当たる二代目助六に似た特徴を持ち、名前にも祖父の本名である「信」の一字を当てられている。

実は、その子種の元となった父親は不明であり、当の小夏もそれが誰かを徹底的に隠し通しているが、与太郎は血の繋がりの有無に関わらず実の子として惜しみ無い愛情を注ぎ、「じぃじ」と呼び慕われる八代目八雲もまた二代目助六に連なる複雑な思いを抱えつつも愛情を示している。

受賞歴

2012年:『このマンガがすごい!』(宝島社発刊の年刊冊子)第2位
2013年:『第17回文化庁メディア芸術祭 マンガ部門優秀賞』受賞
2014年:『第38回講談社漫画賞 一般部門』受賞

アニメ版

2014年12月5日に行われた会見テレビアニメ化の始動が正式発表された後、本放送に先駆けて2015年3月発売の第7巻、同年8月発売の第8巻に限定生産の特装版を用意し、その特典として第一部『与太郎放浪篇』を前後編に分割したOADをそれぞれに1巻ずつ同梱した。制作はOVA版、TV版共にスタジオディーン

2016年1月9日に『アニメイズム』B2(放送後半)枠で本放送を開始し、第1話は物語の導入としてOAD全2巻の内容を調整した1時間版が、それに続く第2話から第二部『八雲と助六篇』が順次放送された。第一部はOVA版の全2話、第二部はTV版の全13話(うち7話はオリジナルストーリー)で一応の完結を見ており、第三部『助六再び篇』も第二期放送分として2017年1月から放映開始となった。

オーディション

「主要人物が落語に深く関わる者で構成されている」という前提から、本職林家しん平を監修に据えた所までは2006年の『落語天女おゆい』(原作・監修:桂歌若)や2012年の『じょしらく』(監修:林家しん平)に見られる従来の落語アニメ作品同様だが、本作のアニメ化決定に際して行われた主要声優オーディション課題は「持ち時間3分で実際に落語を講じた音源提出する」という極めて異例、且つ本格志向の内容であり、噺の選定に始まって雰囲気を醸し出す発声口調工夫試行錯誤した末に八代目八雲役を希望した石田は『死神』1本を、二代目助六役を希望した山寺は『死神』『野ざらし』2本を提出して難関を突破した。

当初から与太郎役の最有力候補に目されていた関は先述の課題、ひいてはオーディションそのものを無審査通過していた一方、すでに押しも押されもせぬ人気声優の位置にある石田や山寺が1からオーディションに挑むという事実は多数の業界関係者を驚かせ、この時の課題について石田曰く「試されている」、山寺曰く「必死のオーディションで勝ち取った」といかに苛酷であったかを述懐し、小夏役の小林に至っては「自身の合格を知ると歓喜のあまり屋外で泣いた」とされている。

主題歌

薄ら氷心中』(一期オープニングテーマ
作詞作曲・編曲:椎名林檎、木管編曲:村田陽一、:林原めぐみ
今際の死神」(二期オープニングテーマ)
作詞・作曲 - 椎名林檎 / 編曲 - 斎藤ネコ / 歌 - 林原めぐみ9]

かは、たれどき』(一期エンディングテーマ
作曲・編曲:澁江夏奈
ひこばゆる』(二期エンディングテーマ)
作曲・編曲 - 澁江夏奈

ドラマ版

2018年10月からはNHKにて実写版が放送される。
こちらでは八代目八雲を演じる岡田将生が主演扱いとなっている。

関連タグ

講談社 漫画 ITAN
落語 落語家 落語の演目
有楽亭八雲 菊比古 みよ吉
山寺宏一 石田彰 関智一
林原めぐみ 小林ゆう

関連リンク

昭和元禄落語心中 オフィシャルサイト

アニメ版

昭和元禄落語心中 アニメ版ティザーサイト

テレビドラマ版

昭和元禄落語心中|NHK ドラマ10

pixivに投稿された作品 pixivで「昭和元禄落語心中」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1867582

コメント