ピクシブ百科事典

有楽亭八雲

ゆうらくていやくも

雲田はるこの漫画「昭和元禄落語心中」の登場人物。
目次[非表示]

雲田はるこの漫画「昭和元禄落語心中」の登場人物。
CV:石田彰

概要

世間からは「昭和最後の名人」、席亭の主人連中からは在所に因んで「向島の師匠」と呼ばれ、八代目八雲として有楽亭の名を今に受け継ぐ孤高落語家
寄席の前で松田に食い下がる与太郎をカタギではない事を一目で見抜くが、話を重ねるに連れてその風変わりな内面に面白さを覚え、道楽半分に内弟子としてその身を預かる。

「おまいさん」「あすこ」などの下町言葉を常用する戦前の風雅を色濃く漂わせ、生家が芸事を生業としていたために、一通りの歌舞音曲にも深く通じる。
一方、スリーピースなどの洋装も自在に着こなす。
芸事の家にとして生まれた上に、を悪くした二重の悲運から、七代目の下へ弟子に出されることとなる。
そこで出会った、後の助六が見せる天賦の才に憧れつつも嫉妬し、孤独と苦悩に満ちた半生を送ったことから、極めて気難しく複雑な性格を持つ。

前座名は「菊比古」(きくひこ)。
第二部『八雲と助六篇』は、菊比古が「八雲」を名乗るまでの歳月が描かれている。

関連画像

【昭和元禄落語心中】有楽亭八雲
無題



関連タグ

昭和元禄落語心中 菊比古

pixivに投稿された作品 pixivで「有楽亭八雲」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 345466

コメント