ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ミソジニーとも呼ばれる、女性に対する嫌悪感不信感や蔑視ないしは憎悪感情、あるいはそういったものを持っている人のことを指す。


対義語は女好き…のように思えるが、必ずしもそうではない。女性は「性的な意味で好き」だが女性を軽蔑している男性も少なくないからである。


ヤリチンモテ男の女嫌いというのも結構おり、女体は好きだが女と深い関係は築きたくない、クズな自分に夢中になり股を開く女を軽蔑している、支配・破壊願望が強いなど、多様な嫌い方が存在している。セックスの経験数をスコアとして数えるような「女好き」と「女性嫌い」が並立しているのは特異なことではない。一方で、ゲイ文化にも女嫌いが広範に見られ、ゲイでなくてもMGTOWのように女性との一切の関わり合いに否定的な男性もいる。


社会に流布する女嫌いを内面化した結果、女性が自身の性への嫌悪を抱く例もままあり、拒食症などの女性の思春期に発生しやすい問題は「女性であることが嫌だ」という感情としばしば結びついているという。


ネット上の根拠のない経験談等に共感したり、先鋭化したトキシック(有毒な言動)な投稿が飛び交う対立論争を目にしたりすることによって、被害妄想や女性不信を募らせて偏った価値観にハマってしまう(エコーチェンバー現象)人も少なくない。 もし、女性に対する憎悪感が制御できずに日常生活に影響を与える場合は、上記のようなネット上の偏向的な情報から遮断し、触れないようにすることが重要である。


伝統文化と女嫌い

伝統的にホモ・サピエンスの生息圏の大半で男尊女卑の傾向があるとされており、文化的な優劣観が女性に対する抑圧や暴力を誘発している。

「女性であること」が動機となる殺人をフェミサイドという。フェミサイドは男女同権の進んだ国を含めどの国家でも起こりうるが、とりわけロシア中南米インド、一部のアフリカ諸国に多く発生する。日本は欧米中華圏と比べて女性の社会進出で後れを取っているが、指数的にはそうフェミサイドがきつい国ではない。


ミソジニーと女性差別の境界は非常に曖昧であり、少なくない場合において、個人的な女性嫌いと、文化的な女性差別を厳密に切り離して考えることは難しいが、女性差別のある文化圏では女性への暴力が肯定されがちになる。文豪のクズエピソードとして、徳富蘆花夏目漱石徳田秋声らが妻に頻繁に暴力を振るっていた逸話が伝わっているが、これらはかつての日本で「妻を殴ってもよい」という価値観が部分的といえど肯定されていた結果である。井上ひさしは執筆が行き詰まると西舘好子を暴力のはけ口にしていたことは当時から周囲に知れ渡っており、編集者は「好子さん、あと二、三発殴られてください」などと煽っていたという。これは「才能ゆえに家庭内での暴君ぶりが許された」という特殊例ではあるが、かつての日本において家庭内暴力必要悪と考えられていた証左ではあるだろう。


宗教と女嫌い

女性と男性に扱いの差を設けている宗教は少なくない。創唱宗教は男性が主体であり、女性が男性の性的衝動を解発するとして、女人禁制を定める教派・教団はままある。


一般的に宗教的保守派は、女性への抑圧に同調的であったり、女性の権利向上に否定的である。カトリック教会は、女性の聖職者を禁止していることで有名である。イスラームの文化では、西側文化と比べるとより広範かつ様々な形で女性が抑圧されている。 特に顕著な例として、アフガニスタンパキスタンムスリムの間には名誉殺人という慣習があり、家族の名誉のために女性が殺害されることがある(ただし、イスラームの経典で名誉殺人は規定されておらず、本来はイスラームとは無関係な土着風習に起源があるともいわれている)。


日本では女性が穢れの概念と絡められて考えられており、女性の立ち入りを一切禁止する神道の聖地や、寺院の女性忌避が知られている。


ホモソーシャルとミソジニー

男性が異性である女性を排除して構成する社会をホモソーシャルという。

ホモソーシャルは一般的にホモフォビアや女性蔑視などのマッチョイズム的を中心的な価値観として共有する内部同質性の高い集団である。

日本の典型的ホモソーシャルとして体育会系自衛隊保守政党などが挙げられる。これらの組織でも内部や周辺部に女性が少数存在するが、内部文化としては完全にホモソーシャルであり、女性嫌悪的な文化が一般的である。

大学の体育会系サークルが時々レイプ事件で問題になるのは、まさにホモソーシャル内部が女性蔑視に溢れているからである。 要するに、男性だらけで風通しの悪いところはどこも大抵ホモソ化し女性蔑視が共有されていると考える事ができる。


フィクションと女性嫌い

男尊女卑が一般的であるが故の必然として、フィクションにはしばしばミソジニーの表象が紛れ込む。最もよく知られているのは、ゴシック小説におけるミソジニーである。

ゴシックロマンスでは、「迫害される乙女」というモチーフがよく扱われ、ヒロインの女性は古城や尖塔に監禁されてしまう役割を与えられる。


現代ホラーにおいてもミソジニーの傾向は引き継がれていて、ミソジニー的な記号は非常に一般的である。 例えば、『悪魔のいけにえ(原:The Texas Chain Saw Massacre)』では金髪の女性が長時間にわたって虐待され、悲痛な悲鳴をオーバーなほどに長々と上げるシーンが特徴的であり、典型的なミソジニーの表象を成している。


エイリアン』では女性主人公のリプリーが様々な苦難に会う様子が、女性嫌悪的な記号を示す。ただし、フィクションの表象はしばしば「アンビヴァレント構造を備えている」ものであって、その作品に女性嫌いの表象が見られるからといって、作者が女嫌いであると決めつけるのは早計である。


女嫌いの架空のキャラクター

フィクションにおいては、変人性を強調するためだったり、男らしさを強調するためだったり、制作年代の男尊女卑感覚が反映されていたり、同性愛と女嫌いが同居していたり、女に慣れていないからだったり……など様々なタイプの女嫌いが存在する。


男性キャラ


女性キャラ


関連タグ

女性 嫌い 嫌悪

女性恐怖症 ミソジニー

男嫌い ミサンドリー

インセル

ドメスティックバイオレンス

男尊女卑 ジェンダー 女性差別 性差別 逆差別

フェミサイド

ホモソーシャル

関連記事

親記事

嫌悪 けんお

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27448

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました