ピクシブ百科事典

モナ・リザの戯言

もなりざのたわごと

モナ・リザの戯言はYouTubeで展開されている動画チャンネル。
目次[非表示]

概要

スカッとする体験談をオリジナルキャラクターを役者として使い、コミカルにアレンジした漫画動画を作成してYouTubeに投稿している。劇中BGMはごく初期を除いて『Piano Store』を使用している。

スターシステムが導入されており、漫画である事を活かしてキャラクターは年齢をも変更して様々な役を演じている。メタフィクションの要素も取り入れており、登場人物が登場していないキャラクターに対する愚痴を言う事もある。だが、最近は育児放棄といったシリアスな題材も取り扱っており、ギャグ要素の少ない胸糞な話も存在しているものの、スターシステム初期の頃は現在よりもシリアス色が強い作風だった
オリジナルキャラクターに常識人担当、DQN担当と区別されているのが特徴。
常識人担当は主役とその味方を演じる事はあってもDQNは原則演じることはない(ただし、スターシステム初期の頃はキャラクターが定まってなかった為か常識人担当の男性陣全員がDQN役のヒサメを擁護していたり、逆にソラに冷たい態度を取ったりしていたこともあった)が、一方でDQN担当はキャラや話の内容によって程度の差はあれどまともな性格をした脇役を演じる事があり悪役専業は居ない。これらの要素は同じスタイルの漫画動画を投稿している他のチャンネルでも取り入れられている。キャラクターには個性が存在し、話を崩さない程度に織り込まれている。基本的に登場人物の音声は一つの動画で1人の女性声優が演じ分けており、特に2019年下旬以降ほぼ全ての動画を担当している有村蓮氏がファンから高い人気を得ている。
スカッとする体験談だけでなくスマホゲームモバイル・レジェンドの紹介動画や、MASS FOR THE DEAD(オバマス)の紹介動画も配信している。

沿革

2019年6月24日にアップされた『【漫画】イジメに苦しむ妹のために立ち上がり弁護士の姉が学校襲撃!爽快すぎる姉のターンに学校側もタジタジ…』が動画第1号である。この時はまだ普通の漫画作品でスターシステムも確立されていなかった。また、オープニングの仕様や音楽も異なっていた。テーマ曲とモナ・リザの肖像画が現在のものになるのは同年7月8日アップの『【漫画】キャンプでスクールカースト最下位を自称するオタクチームがまさかの大活躍!DQNチームを華麗に撃退!』である。

スターシステムのキャラを使用した最初の動画は、同年7月17日にアップされた『【漫画】電車内で暴れたい放題の男の子を放置するママに激怒した女子高生が辛辣な一言を浴びせたら…』である(最初に登場したのはクルミ、カスミ、フジの3人(当時はひらがな表記)、また、カスミは現在と違い強気な性格であった)。ちなみに、看板キャラのソラが初登場した作品は、同年7月22日にアップされた『【漫画】SNSで昔のいじめっ子を発見!!しかも私の悪口を投稿していた…「やめて」と懇願すると、あっさり「すみません」。しかし…』である。この時はまだ大人しいまともなキャラであったが、現在のハイテンションなソラが登場する初作品は『【漫画】うちのオタサーの姫様はわがまま三昧のやりたい放題!しかし、友達のギャルが体験入部で入ると姫の地位が脅かされはじめ…』(同年7月25日アップ)である。

同年7月31日アップの『【漫画】お高いスーパーで子連れママさんにレジを譲ったらとんでもないキチママだった件…』にて、OPアニメが現在使用されているものに移行した。

そして、同年8月4日にアップされた『【漫画】学生の頃からの因縁の同級生とついに決着!同級生が一撃で失ったモノとは…!?』を以てスターシステムキャラがメインで登場する作品のみのアップに移行し、8月11日にアップされた『【漫画】マンション上階に住むDQN一家の騒音がひどい!泣く泣く引っ越しをしたら、まさかの展開…ww』のテツ初登場を以て、スターシステムキャラの初期メンバーが全員揃った。同年10月3日にアップされた『【漫画】「地味、貧乏人夫婦www」とバカにしてくる同級生が俺夫婦の世帯年収を知った結果…』より、動画の最後に「この漫画はフィクションです。実在の人物や団体などとは関係ありません」のメッセージ画面(白文字・黒背景)が表示されるようになった。

2020年8月29日アップの『【漫画】客を万引き犯に仕立て上げストレス発散していた最低のDQNカップルの末路wwwww』で、久々の新メンバーのカラシが初登場し、新キャラクターをどんどん登場させるとYouTubeのコミュニティの方で記載しているが、カラシに次ぐ新キャラであるカイが初登場したのは8ヶ月も後の2021年4月22日アップの『【漫画】無関係の横領事件で犯人に仕立て上げられた結果…』であった。(『カラシの記事にもあるがカラシはワサビがいるならカラシという名前の姉妹が居そうではないかという作画スタッフにより誕生したので、新しく登場する可能性が有るならソラが居るならアオみたいな感じだろうか…?)

同年11月28日に登録者が20万人を突破し、翌2020年1月6日に登録者30万人を突破。同年2月28日には登録者40万人を突破し、同年4月27日には登録者50万人、7月17日には60万人を突破した。

公式LINEスタンプ

2020年8月11日に公式LINEスタンプ第一弾が発売された。

2020年10月1日には公式LINEスタンプ第二弾が発売された。第一弾のレギュラーメンバーに加えてモチ、MQN、カッパ、DQNネームの少女も追加されている。

2021年1月20日には公式LINEスタンプ第三弾が発売された。第三弾より新たにカラシやカクカクの鹿さんが追加された。

なお、第一弾発売の8月11日以降はLINEスタンプのイラストが本編中のLINEの画面にも度々登場するようになった(事実上の使用例の紹介)。

動画の特徴


言い換え・用語

この動画では、様々なモノや台詞を(主にナレーションで)別の表現に言い換えているケースが多い。

  • 警察官」→「ポリスメン」(ソラは「ポリちゃん」と呼んでいた事がある)
  • コーヒー」→「カフェインのやつ」「カフェイン
  • 緑茶」→「カテキン
  • 紅茶」→「ステイン
  • 「離婚届」→「グリーンペーパー
  • 別れる、「さようなら」→「アディオス」(スペイン語(adiós)で「さようなら」の意味。全員が使用するが、特にソラが多用)ワサビのみ「アディワサ」と言うことがある。また、この用語の派生として夜逃げナイトアディオスという。
  • 「時すでに遅し」→「時すでにおすし」。
  • 若気の至り」→「若気のイタリアン」但し、普通に若気の至りという事もある。
  • 「こんにちわ」→「こんちくわ」「はい、ちくわ」。
  • 「カンパイ」→「ワッショイ」または「カンワッショイ

登場人物

ほぼ全員の名前は色の名前に由来しており、名前と同じ髪と瞳の色をしている。常識人担当、DQN担当の各キャラの詳細は各キャラのリンクを参照。

常識人担当

◎は初期を除く全ての動画に登場、〇はレギュラー、△は準レギュラー。


DQN担当

※いずれもレギュラーとして登場。作品次第ではエキストラやDQNを懲らしめる役回りや語り手を担う事もある。


その他

モナとリザ

タイトル絵に描かれている二人の女性。脇役として登場したり、背景に描かれている事が多い。ソラ達と違って年齢を変更しないが、同名のが登場する場合も存在している。
これらの動画には二人の男性版と思わしきキャラクターも登場している。
他のチャンネルのエトラショコラと違って、どんな性格をしているのか現時点で不明。

DQNネームの少女

現在のスターシステム型に完全に移行する前の2019年8月3日に配信された動画に登場したキラキラDQNネームの少女。自分の名前の本来の意味を知らずに他人の名前を馬鹿にしていた少女の役を担当していた、別称「豚女」で視聴者コメントや作画スタッフのツイートなどで上記動画の名前ネタにちなんで「(リンク先参照)ちゃん」というアダ名で呼ばれていたりもする。
ちなみに彼女が登場した上記の動画は非常に人気が高くチャンネル1周年を過ぎた現在でもトップを譲らない程。その為かスターシステム確立前に出たキャラであるが、名無しのキャラで未だに登場している数少ないキャラの1人である(もう1人は後述で紹介されている彼女の母親)。まるでルージュラの鳴き声である。ヒサメの子供として登場する事が多い(ワサビクロハの子供として登場したこともある)が、2020年2月17日の配信でソラ達と友好的に絡む同級生として登場する快挙を果たしており、レギュラー入り(DQN担当の名有り入り)する日も遠くないかもしれない。
キラキラネームに関する動画では自分の名前を棚に上げてヤナギ(旧名:麗男成怒)をバカにしていたが、ソラ達が動画によって年齢や立場が変わる事から彼女もDQNネームではない可能性もあるが、名前を馬鹿にされたと腹を立てている動画も有る。
上記の様にヒサメの子供として登場する事が多いが、ヒサメの問題行動の所為で主役組から嫌な目で見られる又は酷い目に遭う役(母親の不倫のせいで危うく凍死しかけたこともある)であり、彼女自体は比較的まともな性格をしている場合が多い(父親がフジの場合は改心している)。
少女という性質上か長らく未就学児~高校生の役しか無かったが、2020年11月4日UPの動画で初めて成人女性として登場してからは成人している役で出ることが増え役の幅が広がり、エンジの浮気相手やナンパ相手の役として登場するようになった(それ以前にもテツのナンパ相手の役として登場したこともあるが、この動画でエンジにナンパされた時と同じようにドン引き状態だった)。

モチ

丸餅でぷよぷよの様な姿をしている。2020年1月2日UPの動画で初登場。本動画のマスコットのひとつとして定着しており、主に冬に活発に活動し、周囲に迷惑を掛ける。このため初登場時点から厄介なモンスターとして描かれていた。また、時速1,400kmで移動できる(参考)。
雑談時に目撃情報として語られることも多く、モチはある動画をきっかけにUSAに渡っている。街中にモチ用の罠が設置されており、それで人間が怪我をしてしまう事が多いらしい。また、高値で売れるらしく、成敗されて一文無しになったDQNが「もう餅を捕まえて売るしかない」というオチとして登場することがある。
この動画によると踊り食いという形で食べられるようであり別の動画ではヒサメによる実食シーンがあった。尚、後者の動画によると本人曰く食べられた後は太陽になるらしく、この動画に至っては正月時に大量に食べられて太陽になっていた
また燃えても平気なモチ焼かれると現実の餅のように膨れ上がるモチも存在する。
MQN』と呼ばれる亜種が存在しており、この動画でゲンに噛みつき、クロハ諸共毒蛇に噛まれたと勘違いさせてパニックに陥れるが、MQNに噛まれても絆創膏程度で済むらしい。また、この動画ではカスミの飼い蛇のマルのエサにもなっている。
同じく亜種として三色モチがおり、この動画によると串に刺されても平気らしい。この他、カブの一種であるカブモチ(1,2,3,4,5,6,7※1,8)、ホウ酸団子を模したホウ酸団子モチモチ型のケーキであるモチケーキや、元旦限定でモチ最強の姿・鏡モチという亜種が登場したこともある。
モチ、MQN共に場面切り替えで単独で登場することが多い。
動画によっては、ヅラを被って登場キャラになりきることもある(1,2)。

※1、7、8は「モチカブ」と呼んでいた。

カッパ

クッションや人形などのグッズとして時々登場するカッパ。カスミからは気に入られている一方、ソラからは好かれたり苦手意識を持っていたりと一定していない。ソラやクルミが憂さ晴らしの為に酷い目に遭うことも多い。これらの動画では餌用のキュウリを専門に栽培する農家が存在している。
基本的にはマスコットキャラなカッパが登場しているが、ある動画では凶暴なカッパの相撲の練習相手役というベーリング海行きと並ぶ高額な働き口が登場している(しかも下手をしたら死ぬらしく、特に横綱級がヤバいらしい)。
この動画のみの設定かもしれないが、爬虫類に分類されるらしい。
小型のものは捕獲できることもある。(1,2
また、口にした者をカッパの眷属にできる「カッパエキス」なるものが存在しており、カッパの呪いと言われる副作用があるらしく、この動画でエンジの執拗なアプローチに精神崩壊を起こしかけたカスミがカッパに願掛けをしてこのエキスを譲り受け、エンジ討伐に使用しており、その影響かエキス摂取後のエンジの頭頂部が広範囲にわたって禿げていた


カクカクの鹿さん

場面転換や事情説明シーンの際に出てきたり、モブで登場したりする鹿。鹿さんの糞は畑の肥料としてはかなり高品質だが臭いも凄いらしい
カッパに「レギュラー狙ってるの?」と問いかけられた事も有るが、「とんでもねっすよ」と謙虚に返している。

モナ太郎

ソラ又はコウジの愛犬として稀に登場。動画内によっては名前が「モナ」になっていることがある。犬種は柴犬と思われるが「へけっ」と鳴く事があり2021年3月31日の回では人間の言葉を発している(文字のほうは「わんっ」だが音声の方は「まじっすか」)。麻呂眉の様に額の体毛が変色しているのと主人によって首輪の色が違うのが特徴。寂しがり屋で人懐っこい性格であり、ソラにとても懐いている(参照動画12)ものの、DQN組からはナンパのための道具に利用される動物の扱いに慣れていない子供(クロハ)に揉みくちゃにされる上、その子供の家に無理矢理連れていかれそうになり、母親役のヒサメから狂犬扱いされるなど、酷い目に遭わされることも多々ある。

ゲンタ

2021年3月31日の回で登場したバーニーズマウンテンドッグの大型犬。SNSで見栄を張る為にクロハが飼い始めたものの持て余したため保健所に追いやった所をソラに助けられ嘱託警察犬になるレベルの名犬となった、「ゲンゲン」と鳴くが警察犬の試験に受かった際に「やったね」と人言語を話した。

モナ蔵

ソラ宅の飼い猫として稀に登場。ソラ曰く「時々喋ってる気がするけどきっと気のせい」との事。

モチオ/モブコ(モブ子)

2021年4月1日の回でワサビの台詞で名前のみ出てきた姿不明の男性と女性。
人名として違和感が有るものの、登場回数がそれなりに多いDQNネームの母娘ですら名前呼びが無いのに、台詞だけとはいえ人間のモブキャラに名前が付いているのはスターシステム移行後のモナ・リザ動画ではとても珍しいのである。モブコの方は2021年4月21日の回で顔と姿込みで再登場を果たし紫髪の女性(モブ子表記)であった。該当回にてモーブ色の髪だからモブ子という名前ではないのかと視聴者の分析コメントが綴られていた、4月28日にもカスミやクルミと共にエキストラ的な役割で登場。

10mケーキ

厳密にはキャラクターではないが、動画内に登場するウエディングケーキは、この巨大ケーキが一貫して使われている。結婚式の場面ではよく登場する。

シュールストレミング(仮)

10mケーキ同様、厳密にはキャラクターではないが、動画内でごく稀に登場する謎の魚。正式名称は不明だが、シュールストレミングの如く世界一臭いとされるらしい。
メシマズ設定のクロハ(1,2)やワサビ(1,2)が理解不能な物体Xを作った際にはこの魚が混ざっており、断末魔の如く「Eat Me」と聞こえてくる。
「世界一臭い缶詰め」として登場したこの動画では、そのとてつもない悪臭でソラ・カスミ母娘や近隣の住民達はおろか、事故でこの缶詰めの中身を被ってしまったテツとゲンをパニックに陥れた。
コウジがその魚に似た煮干しを使用して作ったにぼしがゆもあるが、それは何の問題もなく食べられるようである。

鏡に向き合うシーンで現れる、そのキャラクターにそっくりな偽物。
顔かたちや容姿はそっくりだが、顔のパーツが本物とは異なっている。
基本的には鏡の前で言った台詞を高い声で復唱するが、ヒートアップすると自分の意思で喋り出すことがある。

とあるモナリザの封印天使(-ダヴィンチエンジェル)

10mケーキやシュールストレミング(仮)同様、厳密にはキャラクターではないが、動画内に登場するラノベ
名前の元ネタは『とあるシリーズ』で、主人公(黒髪の少年だが、あくまでもゲンではない)が封印暗号(ダヴィンチコード)を狙う悪の組織から天使を守るという物語。
ある動画ではソラが著者で、中二病設定のゲンは自分がそのラノベの主人公だと思い込む勘違い系ファンになっており、別の動画ではヒサメに娘(クロハ)の小学校の夏休みの宿題を任されたテツがこのラノベの過激な考察の羅列による読書感想文を出し、他の宿題を含めて担任(コウジ)を驚愕させている(結果、その宿題とテツの密告で、学校側と両親及び祖父母(クルミ・ヤナギペア)に宿題代行の悪事が明るみに出た)。
また、別の動画では、『俺の幼馴染みがこんなに可愛いわけがなかろう』(元ネタはおそらく『俺妹』)というゲン自作のラノベが登場しており、主人公がゲン、ヒロインがソラという設定だが、ゲンはそのラノベにソラの本名や個人情報を諸々載せており専門学校の講師陣から悪い意味で有名になっていた(そのため、講師のヒサメやエンジから徹底的にダメ出しされた上、ヒサメにはラノベの文書ファイル(及び密かに録音していたソラの音声)を消去され、ゲンは留年している)。

DQNネームの少女の母

上述のDQNネームの少女の母親役を担当していたギャルママ。名前は無いが、ヒサメを金髪にしたような姿をしていて2021年2月1日の回では台詞は無いがヒサメの母親役で登場している。
初登場した回ではヨーロッパを国名と認識していたりアメリカで使われている言語アメリカ語と発言するといった非常に頭が弱い人物だった。
スターシステム確立後にも出ている数少ないキャラの1人だがほど登場する頻度は高くはなく、ごく稀に一緒にモブとして登場する程度だが、2020年11月22日に久々に台詞付きで登場(この時は母娘共々、ヒサメ・クロハ母娘ほどの酷いDQNではなく、母親は同じ母親役であるワサビ共々比較的まともになっており、娘も落書きや花壇荒らしなどで度々ご近所トラブルを起こすクロハとテツに加担している様子がない)。
同年12月20日の回では主役の後妻として登場し特徴的なリボンが外れており、主役の悪行を知った際に離婚届と別れの言葉を綴った手記を残し娘と共に去っていった。
翌年3月24日の回ではDQNネームの少女と共に女子高生役として登場し他校のエンジの悪行を嘲笑っていた。

DQNネーム親子に指摘したおばちゃん

キラキラネームに関する動画に出演した大阪弁のおばちゃん。
僅か16秒の登場で台詞も「ちゃうで。」、「アメリカはイングリッシュやで。」、「すっきりしたわ、あのクソ親子。」だけだが凄くインパクトの大きいキャラクターであった。

関連イラスト

モナ・リザの戯言
コウジとソラ



関連タグ

YouTube スターシステム メタフィクション
モナリザの戯言表記揺れ

似たタイプのYouTubeチャンネル


上記2つにはおすすめチャンネルとしてリンクが貼ってある。


カップリングタグ

常識人担当
コウソラ ヤナクル ヤナカス フジカス フジクル
DQN担当
エンヒサ ゲンクロ テツワサ
常識人×DQN
ゲンソラ コウクロ エンソラ エンカス テツカス ヤナワサ

外部リンク

YouTubeチャンネル
twitterアカウント

関連記事

親記事

スカッとする話 すかっとするはなし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「モナ・リザの戯言」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 206180

コメント