ピクシブ百科事典

亭主関白

ていしゅかんぱく

一般では夫が実権を握っている家庭と思われているが、厳密には家庭における夫婦の役割を示している。

概要

公にはかかあ天下の逆で、夫の方が夫婦間の実権を握っている状態のこととされているが、厳密にはここで言う『亭主』とは、宿屋や茶屋など休憩所の主人のことを指し、「亭主」が「関白」のようであるということで、いわゆる『働き手』のことであり、これは家庭の場合で言えば基本的には夫のことである。
また、その亭主が関白であるのに対し、主上(天皇)のような関係であることから『御上さん』()という呼称がある。

こう言ってしまうと旦那さんが奥さんの事を支えている夫婦関係の事で、権力的には奥さんの方が上であり、夫は単なる補佐役のようだが、現実に天皇首相(現代における関白的な立位置)を見てみると、法を公布する権限は天皇にあるが、法を作る権限は首相を始めとした国会にあり、それぞれの義務といえる役割をしめしているとも言える。

これらの経緯から、上述のように考えられるようになったのは、天皇母親)は日本)にとって何より大切な存在であり、君主家事・子育・家を守る者)ではあるが、政治的権限家の方針を決める権限)は持たず、国家)の政治職場で働く・家計のやり繰り)は国会父親)のするべき仕事であり、政治的権限は国会父親)あると言う所から来ていると思われる。

※両方ともを一方にやらせてしまうと独裁的になってしまう為


関連タグ

思想 夫婦
さだまさし 男尊女卑
※対義語かかあ天下

pixivに投稿された作品 pixivで「亭主関白」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 192799

コメント