ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

2019年7月18日に登録。


スカッとする話を漫画とアフレコで流している。


当初は固定キャラクターがいなかったがこの動画 から現在の固定キャラである奏とアルトが登場。


主人公が開始時点で既婚者であることは他チャンネルよりも少ない、話の重点が主人公と悪役のトラブルがきっかけとなって主人公の馴れ初めに話の中心が置かれるなど、スカッと系チャンネルでありながら恋愛要素の強いストーリーが特徴。そのため2022年下旬からは悪役の結末も若干緩和されることが多くなった。


登場人物

主人公組

※現在のチャンネルの背景やOPにて名前付きで登場。常識的な立ち位置で描かれる


白髪のロングヘアーが特徴の美女。キャラクターの中で最も主役を張ることが多い。アルトとは幼馴染でお互いに初恋の相手でもあるがお互いにウブさゆえから気持ちを伝えきれずに終わってしまうことが多い。

大人しく気の弱い性格のため悪役(DQN)からナメられることが多々ある。終盤ではDQNに対して容赦ないが稀に心から反省した者(主にラム)には寛大に接し和解するパターンもある。

高校生以上の設定で登場した場合、他のチャンネルの女性キャラに比べてスタイルが良く描かれる事が多い。

2021年からはソプラノ学園に通う令嬢であり、空手の有段者という設定も付加されている。アルトがかつて不良だったことを当初から知っている数少ない人物で、知られないようしばしば彼に釘を刺す。

  • アルト

白髪のパーマが特徴の美男子。動画によっては地味な陰キャなどを演じることもある。

両親は洋菓子店を経営していたが心ない中傷が原因で心中した過去があり、裏社会からもその名を知られるほどの不良になっていたが、妹を養うために真っ当に学校を卒業しようと決意して足を洗い今日に至っている。以後は引け目を感じて隠そうと陰キャを装っているが、DQNやゲストが筋の通らない言動を取った際には凄まじい威圧感で一喝し、改心させようとする。

奏の相手役を務めることが多く、2021年からは幼馴染で同級生という設定が定着している。


  • 春ちゃん

金髪ボブにお団子結びとがトレードマークの小動物系女子。「〜のよさ」が口癖。

ラムほどでは無いがまれに悪役を演じることもある。基本的には主人公の良き友人で最後には改心したり彼らの輪に溶け込むなど根は主人公時と変わらない人物として描かれる。


  • 成田くん

青色の髪が特徴のイケメン。動画では押しの弱い優柔不断なお人好しを多く演じるが最終的には悪役に容赦ない。


  • ラム

ピンク色のロングヘアーと奏を上回る抜群のスタイルがトレードマークの美女。

初期は高飛車な悪女を多く演じたが稀に最後に反省したり、動画によっては主人公の味方であったりと作品によって立場が異なっていた。

現在は新たな悪役(DQN)キャラが増えてきたからか、自身が主人公を務めたり、奏達のサポート役が多い。


  • 海里

赤茶の短髪がよく似合うワイルド系イケメン。女癖の悪いクズ男を演じることもあれば正義感の強い熱血漢など悪役よりは味方側で登場するほうが多め。

その体格の良さからぶっきらぼうで喧嘩の強い役がほとんど。

また、エリカ・バカラなどの新DQNキャラクターが増えてきたため、最近はもっぱら味方として登場するのがほとんどでラムと結ばれる展開が多い。


DQN組

※下記の五人は最近出てきたため上記の六人とは違い背景やOPに登場しない。2021年5月下旬まではラムと海里のように味方と悪役共に演じることもない悪役専門であったが、同年6月からは徒党を組んでアルト達を苦しめることもあれば、動画によってはメインの悪役以外は中立のサブキャラクターとして登場することも増えつつある。

最後は逮捕や浮気などでの慰謝料支払いなど落ちぶれたり散々な目に遭わされる因果応報の結末が多いが、2021年以降は最後に反省・和解したり、被害者に謝罪することも多くなっている。


  • エリカ

金髪ロングが特徴の美女。スタイルもモデル並みだがかつてのラム以上に傲慢で体面を過度に気にするなど奏や春ちゃんをバカにする見た目美人の性格が残念な悪女を多く演じる。

女性陣の中では不倫浮気といった不貞行為を最も多くやらかしていたりバカラやカジノの浮気相手として登場することが多い(参照動画1

他の4人に比べて登場回数も多く、自身の行動がたたって散々な目に遭った後は素直に反省・謝罪することもあるなどかなり優遇されている。

2021年からは、奏とアルトを巡る恋のライバルとしての登場が多いが、彼らの絆を見て敗北を認めたり、バカラと良い雰囲気になって終わることも増えた。8月からは稀に主人公を務めたり、奏達にはじめから協力することも増えつつある。

  • カリン

水色のセミロングと小麦色に焼けた肌と首のチョーカーが特徴。

主に子供をないがしろ・差別する毒親として登場。


  • バカラ

長い茶髪と小麦色の肌が特徴。浮気・二股上等の軽薄な役を多く演じる。また自分を棚に上げた女性を見下す勘違い役も多いが、成敗された後は被害者に謝罪することもある。稀にだが主人公、エリカが主人公の場合は協力者として登場することが多い。


  • カジノ

紫色のマッシュルームヘアが特徴。他のDQNキャラと比べてやり方が陰湿であったり、マザコンであることが多い。

主人公組に完敗した後はエリカほどではないものの最後に改心して輪に戻る展開も見られる。

別の動画チャンネルでは、髪型や性格がよく似た森田が登場している。


  • 竹内

2020年10月から登場。肥満体のオタクで奏のストーカーをすることが多く最終的にはアルトにしてやられている。


  • 照山

2021年7月から登場。見た目や行動は竹内の女性版だが、エリカやバカラと同じく稀に味方を務めることもある。

2021年からは名門私立高校、ソプラノ学園を舞台に上記の人物たちとゲストキャラクターの物語を1話完結で描いている


その他のキャラクター

  • おんぷ

奏とアルトの一人娘として登場。基本的には優しく常識的な性格だが、悪役に報復をしようとして奏達に叱られることもある。

最後には自分達を見下していた悪役の子供と和解し、それ以降は良き友人になる結末が大半である。


関連タグ

YouTube スターシステム


モナ・リザの戯言エトラちゃんは見た!毎日ショコラ劇場 マンガ戦隊スカッとレンジャーZ…似たタイプの動画を配信しているチャンネル。

関連記事

親記事

スカッとする話 すかっとするはなしもしくはげんじつとうひどうが

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13592

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました