ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

2020年8月24日に登録。基本的には1日一回、投稿当初は昼前後に配信されていたが、現在は夜19:30に変更。週に2回程休止する事もあるので注意が必要。

極道の二階堂組・若頭である『鈴木アキオ』と、その組長の娘『二階堂エリカ』を主人公としたスカッと動画。他のスカッと系動画にはあまりない漫画アニメーション、実写コラージュを折り混ぜている。
2021年7月7日に普段とは違う全編漫画の特別版が公開された。

21年7月現在、登録者数が6万人を突破。サブレギュラーを主軸にした回はOP及びタイトルが変更される。

登場人物(以下ネタバレ注意!)

鈴木アキオ

身長178cm
年齢30歳
趣味動物系映画の鑑賞と料理・拷問
一人称

本作の主人公
その界隈でもっとも名を馳せるヤクザ二階堂組』の若頭。
常に何かを睨みつけるような三白眼と年齢に合わない苦み走った顔つき故に顔面凶器の異名(他にも顔面ギャラドス二階堂組の狂犬スケコマシ893等)を持つ。

その強面ぶりから誤解されることが多いものの、その性格は正義漢のそれ。ひとたびエリカや困っている人達(特にDVやネグレクト、人身売買で心身共に傷を負った子供)が危機に陥れば事態の解決のために全力で奔走し、邪険にしている人物からの頼みであってもしぶしぶながら受け入れる等、極道者らしい義理堅さに定評がある。それ故、救済された人物から高く評価される事はもちろん、相手が女性(幼女や老婆含む)だった場合は高確率で好意をもたれる(にも惚れられたことがある)のだが、過去に女性関係に付いてはトラウマを残しており、好意的な態度を取る女性の応対はやや苦手な上、自身への好意にはものすごく鈍感

極道と言う暴力の絶えない世界に身を置くにふさわしく、その力量も人外染みているレベルのものを持っており、動画内でも武器や武技を一切用いない(一応、威嚇や脅迫目的で拳銃は所持している)徒手空拳で正面突破する事が多々ある。

過去に関して断片的にしか語られないものの、高校時代にはすでに何十人もの暴走族相手に暴れる程、荒れた生活を送っていたようで、過去における彼の武勇伝はカタギの一般市民や悪漢達のあいだで噂として語り継がれ、その噂は日本全国どころか世界規模にまで達している

普段はヤクザとしてのシノギをこなしつつ、組長からの命令等があればエリカの護衛や付き添いを担当する日々を送っている(藤の帰国以前はエリカの護衛がメインだったのだが、現在は主に借金の取り立てや、組の外回りをメインに活動しているため若干ではあるがエリカと会う機会が減っており、その事で周囲に殺気を撒き散らしていた時期もある)。エリカの事は組長からの命令以上に大切にしているのと同時に彼にとっては数少ない弱点でもあり、彼女が危機に陥ると冷静さを失う傾向が強い。また、経緯は不明ながら1人の女性としても強く好意を持っており、彼女のネコ耳姿を見た時には理性が吹っ飛びかけた。

事態の対処法は男性と女性で明確に差があり、男であれば些細な証拠があれば問答無用の鉄拳制裁、無理難題の選択を選ばせ粛清するものの、対象が女子供の場合は基本殴らず(ただしこれは、エリカに危害が加わっていないのが前提で、この前提が破られた場合は女性相手でも問答無用で鉄拳制裁が下る)、説法か強引すぎる矯正手段で済ませている。同時に慰謝料としての消費税計算がぼったくりに等しく異常に可笑しい(一方で債務者なりの優しさや、正義を直接垣間見た際は利子の減額や帳消しも在る)。それでも寸での処ギリギリで下衆の命を奪ったりはしていない(…筈)。

二階堂エリカ

身長165cm
年齢18歳
趣味映画鑑賞(スプラッターものに度ハマリ)
一人称私(わたくしorわたし)・エリカ(妄想内)

本作のもう一人の主人公でありメインヒロイン。『二階堂組』組長の娘で、アキオや組員からはお嬢と呼ばれる。
紫色の髪を赤いリボンポニーテールにした痩身の美少女女子高生で、動画内ではたびたびナンパされたり(非公式の)ファンクラブが存在したりする程。ただし、クラスメイトには実家がヤクザであることを内緒にしている(表向きは企業家の社長令嬢であり、アキオは彼女付きの執事としている)。

普段はあまり感情を表に出さず流暢なお嬢様言葉で喋る等、大人びた印象を強く醸し出すクールビューティーなのだが、その実態は非常に純真無垢な恋する乙女。アキオに惚れており、彼の発言や行動に赤面してあらぬ方向へと妄想するのが毎回のパターン。しかも回を追うごとに悪化の一途を辿っており、最近では内容が結ばれた後の事ばっかりになっている。まだ付き合っても無いのに…
加えて大変慎ましやかな胸(本人曰く洗濯板で、アキオによると「これでもAはある」とのこと)がコンプレックスであり、女性キャラが胸に関わる単語を発すると淑女らしくない過激発言を連発しまくる。一応、豊胸グッズや育乳体操等の努力はしているようだが今の所成果は挙がっていない模様。

組長である父に溺愛されて箱入り娘として育ったためか、金銭感覚や性知識に疎いと言った一面もあり、これが災いして様々なトラブルに巻き込まれる。この事もあるため合気道を習っており、これで悪漢・悪女を沈黙させる事もしばしば。ちなみに男性に触られると条件反射で投げ飛ばすクセがあり、これは強く好意を抱いているアキオでも例外ではない。

なお、(アキオと結ばれるための)花嫁修業の一環として料理をする事があるが、その腕前は壊滅的。卵焼きの練習で何度も焦がしまくって、ミキに『カーボンマスター』の異名をつけられたり、マリンに対抗して作ったクッキーを食べたアキオが、急性食中毒で生死の境を彷徨うハメになったりと半ばこの辺りと肩を並べかねないレベル。視聴者は間違いなく彼女に料理をさせてはいけないと思ったことだろう…

組長

『二階堂組』組長にしてエリカの父親。
侠客と呼ぶに相応しい着物姿の老年男性で、かつては鉄拳の二階堂(敵対した関西成金組を拳一つで諫めたため)の異名で恐れられていた。
現在でもその強さは衰えておらず、チンピラ程度ならあっさりと倒す程には強い。

仁義』を重んじる古いタイプの極道であり、カタギの一般市民との関係を重要視しているため、しばしば解決が難しい厄介事が組に持ち込まれる事があり、動画内でもたびたびアキオに依頼を任せている姿が見られる。また、「(新しい命を生み出せる大切な存在だから)泣いている女性が居るならば利益にならなくても助けろ」とアキオに伝えた事も。

その一方で重度の凝り性でもあるらしく、動画内で確認できるだけでも遊戯王チョコエッグの景品・劇薬家電運転免許と、一度ハマると突き詰めるマニアな一面も。
娘であるエリカの事は大変溺愛しており、外出時には大抵アキオを護衛として同行させる他、彼女に手を出した場合は「コンクリ抱えて東京湾」とまでのたまう等、アキオとエリカの関係が進展しない最大の障害(あるいはラスボス)でもあったりする。一方で曰く付きの物品は苦手らしく、自身の関わりあい、知りうる関連はどんな物でも「捨ててこい」と厳命するレベルで恐れる。

ちなみに組の収入源は主にフロント企業の建設会社や管轄する風俗店がメインとなっているらしく、エリカ曰く組員として評価されれば年収2000万も楽勝とのこと。その手のヤバいモノ関係には全く手を出していない至極マトモなモノだが、ベーリング海の蟹工船組員監視による超強制肉体労働中東の激戦地での地雷撤去等、裏社会の組織らしいコネやルートもしっかりと持っており、政財界でもその名を知る人間が多い。

ただし、その影響力は地域的なものに留まっているらしく、傘下の組織が存在こそしているもののしばしば弱小扱いされる事も。また、現在は全うなカタギとして生活している元構成員が幾つかの挿話で登場しており、構成員の人数は徐々に減少傾向にある(動画内でも人手不足を藤に謝罪するシーンが存在する)。

子分(男)

アキオの舎弟のひとり。
アロハシャツと右目に傷が付いたテンプレ臭が漂う坊主頭の男で、主に情報収集やアキオが成敗したDQNの後始末を担当する。
極道の男にしては珍しく素直な性格で、それが災いして敵対組織のハニートラップに引っかかったり、照れ隠しでエリカにフルボッコにされたりと貧乏クジを引く事が多々ある。

そのような頼りない面が当初は見られたものの、火事とDVで酷く傷ついたバツイチ女性をアキオ達と助けた事が切っ掛けで交際しており、彼女を守ると誓いを立てて以降はタイマンでのケンカに勝利したり、イジメられていた中学時代の苦い思い出を払拭したりと堅実な成長が見れるようになっている。
後ろ姿は女性っぽく、カツラを付けて囮にされた事も。
なお、先述のハニートラップに引っかかった際に3500万もの大金を持っていたり、先行投資という名目で組長からPCをもらったりしている等、組内での地位はそれなりに高いようである。
が、作中でもかなり理不尽な目に遇うことが多く、口を滑らせたのが原因とは言えどエリカの八つ当たりで投げ飛ばされたり、アキオの拷問に付き添わされるせいで甲殻類、キノコ、蝋燭などに激しいトラウマを植え付けられたりと散々な目に遭っている。
また、どうしようもないことが起こると自棄になって大笑いし現実逃避をすることもあった。

子分(女)

アキオの舎弟のひとり。
赤いタンクトップを着てサイドに流した茶髪のドレッドヘアをした若い女性で、先述の子分の相方を務める。
見た目に違わず粗野な性格ながらシングルマザーの友人のために全力で奔走する等、根は優しいが家事は苦手。
登場回数が少なく、他の濃い女性レギュラー陣と比べて存在感が薄いが、何気に豊かな胸の持ち主でもある。

二階堂組の構成員のひとりで、エリカ専属の護衛メイド

薄紫を基調とした和風メイド服姿で、劇中でも群を抜く豊満な胸の持ち主だが、アキオに負けず劣らず目つきが鋭く、しばしばキツネ目呼ばわりされている。
普段こそ目下や子ども相手にも敬語を使う等、温和な振る舞いをするが、ひとたび敵対すればまさに『女版アキオ』といったような苛烈な制裁を行う。と言うか悪漢相手だとアキオ以上に容赦がない…

その実力はアキオに匹敵するものと言っても遜色無いが、さすがにパワー面ではアキオに敵わず非力さを嘆いた事もある。このため普段は、アメリカのとある店で10$で購入した拳銃の弾も防げる番傘を武器としている。この番傘にはNAL-04と言う型式番号が存在しており、元々はアメリカ大統領のためにナルが作った物らしく、地球上に無い元素によって構成されている(ただし秘書の女性曰く「失敗作」)。鬼猿組との抗争で損傷するも製作者であるナルがその場に居た事もあり、(製作者を知っていると語るナルが)修繕を依頼するという建前で一度回収。修繕と同時に様々なギミックが追加されて彼女の手元に戻ってきた(現時点で確認できるギミックは、電気ショック・対戦車バリケード・非殺傷タイプのライフル・対衝撃機構・薙刀)。

かつては希望すら見えない程の壮絶な人生を送っていたらしく、エリカに拾われる形で二階堂組へと入った。その後、数年間修行名目でアメリカに渡っていたが、帰国後すぐに鬼猿組との抗争に参加し、解決後にエリカの護衛職に復帰した。
アキオとエリカの秘めた恋心に気付いており、組長に次いで彼らの関係を左右するキーパーソン的な立ち位置(それと同時に一部の動画は彼女の語りで進行しており、彼らに次ぐ第三の主人公的な存在でもある)にいるものの、彼女自身がアキオの事を認められないらしく(しばしば下郎呼ばわりするレベル)、アキオとは目を合わせれば所構わずケンカをするレベルの険悪な仲。一方でエリカの事はアキオや組長を凌ぐ程の溺愛ぶりで、彼女の発言や行動でちょくちょく挙動がおかしくなる。

ちなみに大の虫嫌いらしく、いかなる状況であっても虫の存在を認識すると気絶してしまう。また、車の運転がかなり乱雑で下手らしくエリカの迎えのために車を出した所、ハンドル握って100mも進んでないのに壁に激突させて炎上させてしまい、以降の車の運転を禁止させられている(彼女に運転させることはアキオ曰く「マーダーライセンスを渡すようなもの」との事)。

ミキ

フルネーム佐々木 美紀
身長162cm
趣味エリカとアキオの事をからかう事
特技書道(都道府県のコンクールで大賞を取るレベル)
一人称ワタシ

エリカのクラスメイト友人のひとり。
栗色エアリーボブ紫色カチューシャをつけているのが特徴で、加えてデカイ(本人曰く「食べた脂肪はお腹より先に胸にいく」)。

独特な喋り方(語尾に☆マークがついたり、間延びしたりする)をするド天然美少女で、自身の身が危機的状況にあってもエリカ相手にボケをかましたり、状況を把握するのを諦めて二度寝したりとマイペースぶりがすごく強い。加えて妙な所で感が鋭く、乳児置き去り事件の際にアキオがヘコんでいる理由を一発で言い当てた事も。

アキオの事は初登場以前からエリカの送迎を行う執事として認識しており、最近ではエリカの好意を知った事もあってか小悪魔的な立ち回りをする事もあり、アキオからは苦手意識を持たれている(総集編でのタイトルで、半ば天敵扱いされるレベル)。
からかいこそすれどエリカの事は「一番の親友」と言う程大切にしており、彼女の身を案じて行動を共にする事も多々あるが、さすがに料理関係ともなると植え付けられたトラウマもあって全力で阻止を決め込んでいる。

マリン

フルネーム古賀 愛凛
身長158cm
趣味料理・裁縫・家事全般・恋バナ
一人称私(わたし)・マリン

エリカのクラスメイト兼友人のひとり。
薄い桃色ボブカットを髪留めでサイドアップにしており、加えて童顔で超ボイン

基本的には明るく楽観的な性格であり、日常を遊びや買い物等で楽しむ事に余念のない日々を送っている。この振る舞いに加えて言動も同年代よりやや幼く、周囲から明確に美少女と認識される容姿もあってか、エリカに負けず劣らず様々なトラブルに巻き込まれている。しかも彼女の場合は警戒心がまったくと言っていい程無いため、危険であることがわかっていても楽観視してヒドい目に合う事もしょっちゅうであり、作中屈指のトラブルメーカーとしてエリカと視聴者を悩ませている。ちなみに学業も運動も苦手らしく、学業に関しては赤点の常習犯らしい。

アキオとは亡き探検家である祖母の形見をひったくられた際に知り合い、事件解決後にエリカとも仲を深めた。何度も助けられた事がきっかけでアキオに好意を持っているもう一人の恋する乙女でもあり、あの手この手で積極的にアピールしているものの、当のアキオには「お子様」扱いされてまったく相手にされていない。エリカとは恋のライバルの関係ではあるが、エリカ自身が彼女の事を友人として大事にしているためか、三角関係のような険悪な状態にはなっていない(ただし、アキオの想い人がエリカである事には気づいており、葛藤のあまりエリカを突き放すような言葉を言ってしまった事もある)。

ナル

身長177cm
趣味興味ある事全て
一人称

たびたび登場するホスト風の金髪男。
登場するたびに職業や肩書が変わっている人物で、どのジャンルにおいても人並み以上の成果を上げるハイスペックさを持つ。また本人はあまり好んでいないものの、敵対ヤクザの構成員数人相手に圧勝してみせる程腕っぷしも強く、加えて国家元首や大臣ともコネクションを持ち、自身の研究所を所有する等、その素性には大きな謎がある(本人は「ネットで話題」とも言っている)。

このように常人離れしたスペックを持つが、その性格はそれを全力で台無しにする程の超絶ナルシスト。エリカに好意を持っているらしく、彼女をハニーと呼んであの手この手でアプローチをかけるが、大抵はアキオにアイアンクロー等で制裁される上、ミキとマリンには内心で「ダサい」と一蹴される等、周囲からの扱いはこれでもかというくらいぞんざい。
しかし、それでもアキオ達との関係は彼の中でも特別なものらしく、とあるハッカー事件で山猫飯店の『D』と対峙した際には、その度を越した愉悦に浸る性格に静かに激昂し、彼らへの手出しをすれば潰すと明言して見せた。事実、裏アプリを拡散させて取得者にエリカを襲わせた際は普段の彼らしからぬ程にマジギレして全員息の根を止める勢いで倒し、アキオに制止させるレベルである。
また、その立ち振る舞いからは想像もできない暗い過去がプロフィール上で示唆されており(動画内でも「非常に過酷で悲惨な境遇の妹がいた」と本人は語っている)、多彩なスキルもそれらから得られた結果だと言えなくもない。特にDVやネグレクト、人身売買関連ではアキオやヒロと絡んでくる事も多く、共通の憤りを共感させる。

実は藤の愛用する番傘の開発者であり、鬼猿組との抗争で損傷した番傘を引き取って修復・改良を施して以降、所有者である彼女の事を気にかけている。

ヒロ

フルネーム平生 正義
身長180cm
趣味自分を鍛える事・パトロール
階級巡査
一人称自分・僕

エリカが乳児置き去り事件に遭遇した際に、ミキが「強そうな人」と言って連れてきた警察官

茶髪で優男系のイケメンといった見た目で、レギュラーキャラで唯一のメガネ装備。
職務柄、相対する人物全てに対して敬語で話す等、真面目な性格が窺えるが堅物と言うわけでは無く、むしろ事件解決や被害者への救済のために発砲や重要機密の(意図的な)流出といったリスキーな手段をも躊躇なく行えるリアリストぶりが持ち味。また実力も高く、動画内では合気道や発勁を見せつけた他、放たれた銃弾を避けて発砲した相手を一撃で葬りさる等、アキオに決して見劣りしない腕っぷしを持つ(本人によると、アラスカで暴れるヘラジカのタックルを喰らった事もあるとのこと)。
これだけ見ると完璧超人のようにも見えるが、絵画は画伯レベルの下手くそ(アキオ曰く「一周回ってピカソの再来的な感じがする」)な上、プロフィールに「アマゾンまで行った事がある」と書かれるレベルの方向音痴だったりする。

アキオとは上記の事件の折、勘違いで殴られた事により邂逅(但し、アキオがエリカを傷つけられた思い込みに加え、赤子の脱水症状の疑いも有り、手っ取り早く救急搬送するには都合が良い為)。この一件の際にヒロ自身がエリカに一目惚れした事もあり、アキオに正攻法で彼の腕っぷしに勝って彼女を振り向かせようとしている。藤とはどこかで会った事があるらしい。

人妻

最初期から登場するキャラの一人。名前は判明しておらず、エリカには団地妻呼ばわりされている。電話越しでもむせ返る色気が特徴で、夫の出張にかこつけてアキオに猛烈なアピールを仕掛けているため、エリカからは完全にライバルとして認識されている。登場頻度こそ少ないものの、出るたびにアキオ達や視聴者に何らかの衝撃を残す作中屈指のトリックスターたる人物。

白銀雪子

産休に入ったエリカ達の担任の代理を務める非常勤講師。
キャリアウーマンのような凛とした佇まいが目立つ女性で、空手のインターハイに3年連続で優勝した経験を持つ実力者である。
登場時は恋愛事にNGを出したり、問題を間違えたミキやマリン達に私刑を加えたりと元来の正義感の強い性格が暴走気味になっており、なりゆきでアキオと勝負をした末に態度を緩解させた。この時に勘違いからアキオに好意を持つようになり、登場するたびにそのルックスからは考えられないような発言を連発しまくるようになっている。

神崎

常連モブキャラクター。禿げ上がった頭をした中年太りの男で、ワイシャツにネクタイを締めて黒いズボンを着ている。
彼だけはスターシステムとなっており、毎回違う役どころで登場するが、基本的には悪役。
下品で女好きな性格をしており、セクハラ絡みの悪事を働いてはアキオのアイアンクローや拷問3択で制裁されている。

玉棒凸太

下町を中心に活動する極道組織『下町オネェ連合』の総長。
ボールのようなピアスとタラコ唇が特徴的な大柄のオカマで、大勢のオネェ系チンピラを子分として従わせている。
服の下は筋肉隆々であり、その力は一時的ながらアキオと拮抗して見せる程。なお、本名を呼ばれると激怒して大暴れする。
当初は二階堂組の縄張りを狙う敵対勢力として登場しエリカを拉致するが、アキオに指一本で倒された。
その後、配下のオネェ達をけしかけて二階堂組の縄張り内でぼったくりバーを開業したり、子分にハニートラップを仕掛け欠陥住宅を売りつけたりと悪行を繰り返していたが、いずれもアキオに潰されて二階堂組とは停戦。現在ではアキオが悪者への制裁として、彼女らのシノギ(同姓愛者向けの裏ビデオや特殊性癖向けの風俗店)に売り飛ばすなど友好関係にある。
エンディングのチャンネル登録のインフォメーションを担当する場合もあるが、その内容は老若男女問わず恐怖以外の何物でもない光景である…

さすらいの名医

本名不明。他のキャラと違い、やや劇画調の佇まいが特徴的な中年男性で、アキオとエリカとは旧知の関係。
高校時代は常に学年一位を取り、名門大学を首席で卒業して渡米。ハーバード大学で医学の研究を行い幾多の博士号を取得し、帰国後は大学病院に勤務して最先端の技術を駆使して数々の高難度の手術を成功させる。この功績故、動画内における日本の医療があるのは彼の尽力が大きく、カタギの間では都市伝説のように語られている。

初期の頃は登場する度に経歴を語るものの、第三者からは「ブツブツと独り言を言っている」「風もないのにネクタイが靡いている」と言う理由で大体「キモいおっさん」呼ばわりされているが本人は「断じてキモいおっさんなどではない」と言っている。

しかし、現在はなんやかんやあって無職との事で、大抵登場する際はアキオやエリカの依頼を受けてのものがほとんど。登場した際にはとても医療従事者とは思えない奇声と共に手術を行い、現代医学でも完治が難しい病原・ケガをいとも簡単に治してしまう。
一方でDQNには非合法な制裁(非検体の実験や麻酔無し手術)を個人的に加えるブラックな一面もあり、警察にマークされているような描写が存在する(ただし、その腕前を目の当たりにしたヒロ曰く「先生を逮捕できる人はそういない」とも)。

D

国内最大級のネット犯罪集団『山猫飯店』の黒幕と目される人物。
金次第であらゆる非合法の悪事を請け負う一方、捕まるのはサイトを介して閲覧した依頼人や、末端の実行犯のみで、その事実や痕跡すら残さない。警察でも全容を把握しきれておらず要注意人物とされる。

バスジャック事件でアキオ達の存在に目を付けて以降エリカ達3人娘を中心に危害を加えており、たとえ妨害されてもその様を不気味に笑んで見せる等、あらゆる人間の感情を逆撫でする一面が目立つ。その粘着ぶりは、彼らに恨みを持つ鬼猿組の柄手門を警察上層部への脅迫で釈放させ、エリカ達の誘拐・人身売買の実行犯として立ち回らせる程で、その狡猾で残忍極まりない所業は常に笑みを絶やさないナルを激昂させ自身の手で決着を行わせたいと憤るレベルである(なお、柄手門は釈放されたおりに彼と対面したらしく、その容貌が若造と称される事や国外の犯罪組織にもコネクションを持つ事を語っていた)。

音山ダイキ

エリカ達のクラスに転校してきた男子生徒。端正な顔立ちで運動神経抜群であり、エリカ達のクラスにすぐ馴染む。
その一方でエリカ達に話しかけられて焦る様子を見せたり、何故かアキオの名前を知っていたり、通り魔に遭遇したマリンにアドバイスをしたり(この時のアドバイス自体は普遍的なものだったが、この回に限ってはそれがモロに裏目に出てしまっている)と何やら意味深な挙動が多々見られる。まさかコイツ……

関連タグ

YouTube
スカッとする話

関連記事

親記事

スカッとする話 すかっとするはなし

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「アキオとお嬢」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「アキオとお嬢」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 834

コメント