ピクシブ百科事典

トラブルメーカー

とらぶるめーかー

troublemakerのカタカナ表記。英語で「騒ぎを起こす原因となる人」を意味する名詞。
目次[非表示]

トラブルメーカー

英語のtroublemakerのカタカナ表記である。
troublemakeする者、つまりトラブルを起こす人、面倒な揉め事や騒動原因となる人物の意味。だいたいこいつのせい。主にキャラクターでは、疫病神を始めとしたキャラからや自己中心的で性格の悪い悪役小悪党憎めない奴、おっちょこちょいなキャラや、やんちゃなキャラや、融通が利かないキャラ。そして殺人鬼戦闘狂などシャレにならないレベルのキャラなど多方面に渡る。

また、当人はいたって常識人あるいはトラブルを解決する側の人間であるものの、体質的に次から次へと事件やトラブルを呼ぶ事となったり、図らずもその渦中に立たされる羽目になるキャラ(所謂『巻き込まれ体質』型)も珍しくなく、その中には人相が悪い声が特徴的ヒール役等の理由だけでトラブルを招いてしまう不幸なキャラ(所謂『レッテル』型)もいる。

特に物語(とりわけ探偵推理作品)の主人公やメインヒロインなどは、どういったキャラクターであれ、その人物が何かしらのトラブルや事件の中心に入っていかなければ物語としても成立しない故、上記のパターンに至る事が半ば必然となっている。
端的に見れば、物語の主人公こそ作中最大の『トラブルメーカー』ともいえなくもないが、それを言ってしまえば本末転倒である(基本的には『巻き込まれ体質』型)。

キャラクターの起こすトラブルが人助けに繋がるなど、結果的に別のトラブルを解決するという結果も珍しくはない。

南野陽子などの楽曲や映画のタイトルも多数。

該当するキャラクター


(※1)…『巻き込まれ体質』型(★付きは『レッテル型』)。

(※2)…元来のトラブルメーカーとしての要素と、『巻き込まれ体質』型の要素の双方を併せ持ち、時と場合によって、どちらにもなりうる『複合』型。 

(※3)…『トラブルメーカー』なんて生易しいレベルの話ではない悪質な危険人物

TV業界における『トラブルメーカー』

テレビ業界(特にバラエティ番組)において『トラブルメーカー』は重要な場の回し役としての意味を成しており、彼らが起こすハチャメチャな行動や問題発言、アクシデントが、逆に世間や視聴者の笑いや注目を集める事になるパターンが多い(勿論、あまりに度が過ぎると本人は勿論、周りの共演者や番組そのものが洒落にならない事態になる事も珍しくない)。

該当する芸能人と主に起こすトラブル(騒動)のタイプ


トラブルメーカーな組み合わせ

以下の芸能人達は、どちらか片方だけでも十分トラブルメーカーなのだが、それぞれ共演する事でそれぞれの強烈なキャラが良くも悪くも相乗効果となって、完全に収拾がつかなくなる事態に陥る可能性があるデンジャラスな組み合わせである。


他多数

(※☆)…

“マジ”なトラブルメーカー

番組のネタではなく“リアル”な不祥事を起こし、番組やテレビ局に多大な迷惑をかけたり、ネットや世間を大いに騒がせた方々と、起こしたトラブルの内容。


他多数

時事における『トラブルメーカー』

政治、経済、産業各界において、何度も新聞やテレビ、ネットのニュースで話題を呼ぶような問題発言や行動などを起こし、それぞれの業界に留まらず政財界全体を巻き込む程の大規模な論争や波紋を呼ぶなどして話題を呼び、良くも悪くも広く名前が知れ渡る事となった大物も少なくない。

該当する政治家・経済人・クリエーター


(※4)…出演番組等で自身が引き起こしたトラブルを元にした自虐ネタを披露した事がある。

(※5)…自身が引き起こしたトラブルが原因となって、現在は辞職または事実上の引退状態にある。

関連タグ

事件 トラブル どうしてこうなった
こいつおまわりさんです…トラブルメーカーなおまわりさんたち。
クレーマーキッズキ○○イいじめっ子バイトテロモンスターペアレント…本当に迷惑な奴たち。
フラグメーカー…動作や言葉がその後の事件を予感させる人物または様々な恋愛感情を芽生えさせる人物。
歩く死亡フラグ…存在しているだけで死を予感させる人物。
アホの子愛すべき馬鹿残念なイケメン残念な美人)、ドジっ子アウトロー…「自覚なきトラブルメーカー」とでも言うべき存在。
トラブルシューター…対義語。トラブルメーカーの起こした問題を解決する人物。

関連記事

親記事

トラブル とらぶる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「トラブルメーカー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12208

コメント