ピクシブ百科事典

不幸体質

ふこうたいしつ

常に不幸な体質のこと

弱かったり、運が悪かったり、何も知らないとしても、それは何もやらない事の言い訳にはならない
野上良太郎のセリフ

概要

何かと不幸に見舞われ、の無い人物を指す。
色々と厄介事を背負い込む「苦労人」や「貧乏くじ」と重なるところはある。
展開上のお約束とは言え、たびたび連れ去られたり酷い目に会ったりする「ヒロイン属性」もある意味ではこれ。
主人公がこれを持っている場合は、何だかんだ言ってご都合主義的な幸運という救済がある場合も多いために、さほど酷い目には会いにくい。
また、災難を嘆くだけの者もいれば、打開のために全力を尽くす者もおり、キャラクター自体は千差万別である。


関係するキャラクター


Dボゥイ(相羽タカヤ)宇宙の騎士テッカマンブレード):主人公なのに救済のない珍しい例。作中曲の「永遠の孤独」の歌詞がピッタリ来すぎている程に。

キャプテン・オリマーピクミンシリーズ):どちらかと言うと苦労人だが。

マリア・アンタッグフォースシリーズ):常に災難に見舞われている典型的な不幸体質。続編にあたる作品には後継者も存在する。(こっちは多少マシにはなっているが)

上条当麻とある魔術の禁書目録):その能力ゆえか、「不幸だ・・・」を口癖にするほどの不幸体質。ただしそこそこのフラグを建てている程度には幸運を持っている。

白菊ほたるアイドルマスターシンデレラガールズ):キャラクター設定として不幸体質。もっとも、所属事務所が何度も潰れてきたという過去は十分に不幸だが。

木村龍アイドルマスターSideM):キャラクター設定として不幸体質。とは言っても、錚々たる面々のものと比べるとまともなレベルの不幸である。

藤堂武史(電光超人グリッドマン):毎回不幸な目に合う度に怪獣を作り出している。

野上良太郎(仮面ライダー電王):トラブルやアクシデントによく巻き込まれる。
しかし本記事冒頭の台詞にある様に、彼はそんな自分の不幸体質と上手く付き合う方法を本編開始前から探している。

シン・アスカ(機動戦士ガンダムSEEDDESTINY):上司になったアスラン・ザラが後に軍を裏切ったり、唯一心を開いたステラ・ルーシェ敵軍の強化人間(後にキラ・ヤマトに諸事情もあって殺される)だったり、同僚だったレイ・ザ・バレル良いように利用されるなどとにかく人間運がない。
せめて一人でも頼れる兄貴分がいたなら彼の性格も良い方向に成長出来たと思うが…人間運のみにとどまらず勝手に脱走したアスランの撃墜任務を強いられるなど何かと貧乏くじを引かされる事が多い。そしてとどめが最後に視聴者に納得のいかない形でキラの部下に成り下がってしまった。現在は収まっているが、これだけの不幸体質ながらも普段の横暴な性格が災いして当時は凶暴なアンチに(中の人が病んでしまうほど)叩かれまくっていた。あまりの報われなさのためか、ゲーム作品などアニメ以外での他媒体ではかなりの救済措置が施されている。

三日月夜空(僕は友達が少ない):幼少期に粗暴な母親が原因で両親が離婚経験があり、包丁で殺されかけた事もある。母親側に引き取られた自身が反動で対人恐怖症を発症したのに対し、離婚後父親の元に引き取られた実姉の日高日向がコミュ力抜群で誰からも慕われるリア充と化しているのを見ると益々悲惨。
唯一の心の拠り所である羽瀬川小鷹を独占するために隣人部を作るも、よりによって完璧超人な
柏崎星奈を始めとする女性部員が続々と押し寄せ、彼女唯一の強みだったとの幼馴染属性も許嫁の関係という追撃付きで星奈に、真の意味での友達としての立ち位置も志熊理科に横取りされる始末。さらに実際の人気でもシン同様普段の横暴な性格が災いしてかアンチが非常に多く、星奈にダブルスコア以上の差を付けられており、公式作品でも漫画版が星奈ENDを迎えたのに対し夜空にはそれすら存在しない。上記のシンと違いアニメ二期が消化不良な終わり方をした上、時間の経過から作品自体の人気が下火になっているのもあって他媒体での救済措置すら絶望的である。

デュオ・マックスウェル(新機動戦記ガンダムW):色々と貧乏くじを引かされる事が多く、ウイングガンダムの修理の為に愛機のデスサイズガンダムのパーツを勝手に使われていたりする。映像作品で確認出来るだけでもリアルファイトが強い奴から三回(全員別人、潜入のための已む無い事情だったり)も腹パンを食らっていたり。時系列的に最新の作品である「Frozen Tears」では火星の風土病で顔がすっかり老けてしまった。

ソシエ・ハイム(∀ガンダム):同じ親から生まれたにもかかわらず容姿が月の女王様と瓜二つの美貌を持つ実姉全く似ていないどころか劇中でも「かわいいのか?」と微妙視されてしまうほど恵まれていない。
さらに3話にしてディアナ・カウンターの放ったビームの爆発に巻き込まれ実父が死亡、実母が認知症を患ってしまう。
途中ギャバン・グーニーに求婚を申し込まれようやく彼女も報われるかと思いきや挙式を上げる寸前核爆発に巻き込まれて死亡と上記のデュオを圧倒的に上回るほどのド不幸体質を持つ。

春巻龍(浦安鉄筋家族):主人公こと小鉄達の担任教師にも関わらず、貧乏で金がない。運動音痴でパワーにスタミナ全然なし、住んでいるアパートは後に必ず放火されてしまうなどこれらをたびたび繰り返すため三作品めの「毎度!浦安鉄筋家族」では現在、裸状態である。
とまあ、もともと常識がない設定に仕立てられて作品に参入されたため自業自得な面もあるとは言え同キャラも哀れな不幸体質である。

アークライト・ブルーセレイン・メネス(スーパーロボット大戦64)
セツコ・オハラ(スーパーロボット大戦Z)
ヒビキ・カミシロ(第3次スーパーロボット大戦Z)
サキト・アサギ(魔装機神F)
スーパーロボット大戦シリーズにおける歴代の不幸体質持ちバンプレストオリジナル主人公達。彼等の搭乗機体は基本的にリアル系、もしくは陰鬱なオカルト設定を与えられている事が多く、仲間等の心通わせた人達を戦いの中で失う、機体の力を引き出す為に何らかの犠牲を払うと言う苦境の中へ叩き込まれる頻度が高い。
しかし『スーパー』ロボット大戦とある様に、当シリーズは基本的に主人公側が困難を乗り越え未来を掴む王道でヒロイックなストーリー路線を貫いている(※“本編開始の時点で侵略者に征服されている地球”と言う世界観の『64』であっても、その路線に変わりは無い)。その為彼等の不幸体質ぶりは本質的に、苦境を乗り越えて躍進するカタルシスを生む為の要素として扱われる。

幸運E(Fateシリーズ):ステータス上に明記されている分かりやすい不幸体質の例のひとつ。よくある例に自害させられたり大体不憫な目に合される
尤も、Fateシリーズこそ歴史や伝承上の英雄・偉人達を基にされている為、元からの不幸体質とも取れる。

スパイク・スピーゲル(カウボーイビバップ)
嫌いなものはガキとケダモノと跳ねっ返りの強い女。その2人&1頭と一緒の船で過ごすことになる。

綾崎ハヤテ(ハヤテのごとく!)
両親に借金を押し付けられたり、面倒な奴等に絡まれたり、大金を貰ってもトラブルなどですぐにパーになったり、結構モテたりする不幸だらけの借金執事。

ラッキーガルスティンガー(宇宙戦隊キュウレンジャー)
ラッキーさんマジアンラッキー
ガルさんマジアンラッキー
スティンガーさんガチハードラック

鈴宮陽衣(斉木楠雄のΨ難)
見た目は普通の女の子だが周りを巻き込む
レベルの超絶不幸体質の持ち主。

pixivに投稿された作品 pixivで「不幸体質」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43280

コメント