ピクシブ百科事典

不幸体質

ふこうたいしつ

周囲に比べて不幸に遭いやすい体質の持ち主。
目次[非表示]

運がいいとか悪いとか
人は時々口にするけど
そうゆうことって確かにあると
あなたをみててそう思う

さだまさし『無縁坂』より

「弱かったり、運が悪かったり、
 何も知らないとしても、それは何もやらない事の言い訳にはならない。」
仮面ライダー電王野上良太郎より

概要

不運幸運バランスが極端なだけでなく、不運ばかりが続いて幸運に恵まれる兆しを全く感じさせない薄幸または不幸人物を指す。

構成

故事に曰く「禍福は糾える縄の如し」(幸福と不幸は2本の紐を縒り合わせて出来た縄のように交互に訪れる)とするように、吉凶運勢もまた陰陽一対・表裏一体であり、不運に傾けばその分だけ幸運が、幸運に傾けばその分だけ不運が顔を覗かせる流動的な事象と定義し、従って不運も幸運も永遠に続くものではないとしている。

しかし、意志の有無に関わらず生物として生存していく上で何故か好事に働かない場合が圧倒的に多く、しなくても良い苦労や傷病など身の危険に常時苛まれる「幸運欠乏症」、これが不幸体質である。ただし、単に不幸体質と言ってもその傾向は多様であり、後述の関連人物に対する解説に詳しい。

関連人物

マコちゃん



本人曰く「生後6ヶ月でマンションの9階から落ちたのを皮切りに、一通りの乗り物に轢かれ一通りの食べ物に中り、大体の試験に落第し、ほとんどの災害を経験し、ジャンケンに勝ったことはおろかあいこにすらなったことがない」という生きているのが不思議に思えるほど壮絶な不幸体質であり、付いた異名が『不幸の女神』(小学校~高校時代)、『堕天使』(警察学校時代)。この後、実に3回も殺人事件の容疑者となった経験(このうち被告の立場で出廷2回)まで持つ。

次々と襲い来る不運を乗り越えてようやく婦警となったものの、早々に同僚の殉職に遭っただけでなくその事件の容疑者として裁判に臨む羽目になり、成歩堂龍一の活躍によって無罪宣告を受けたとは言え肩身が狭くなった結果、止む無く依願退職の形で警察を去った。

幾つかの職を転々として創作フレンチレストラン『吐麗美庵』(とれびあん)のウェイトレスに落ち着いた矢先、またしても殺人事件の容疑者として立件されたが、今度は遂に有罪判決を受ける事態に直面し、こちらも薄氷を踏むような成歩堂の弁護により逆転無罪となったが、程無く吐麗美庵を退職した。

再び職を転々とした末に地方検事局の警備員に就くも、落ち着く間も無く上級検事室の一室で起こった不可解な殺人事件の容疑者となり、御剣怜侍の推理から疑いこそ晴れた一方で職務上の失態を問題視した警備室長から免職を言い渡された。

善法寺伊作



大小様々の不運に襲われるのが日常茶飯事」「不運が雪だるま式に膨れ上がる」という度外視の不幸体質であり、付いた異名が『不運大魔王』。

医療用包帯の確保・洗浄、トイレットペーパーの管理・補充、忍術学園生徒全員の検尿検便の差配、調薬に伴う悪臭発生の苦情処理など、これら日の目を見ない活動内容の都合で率先した成り手がおらず「不運委員会」とすら揶揄される保健委員会に所属し続け、6年生となった今ではとうとう委員長の座に就いてしまった保健委員会の生き字引

先に挙げた須々木が「己一人に強烈な不運を呼び寄せる」タイプと例えるならば、伊作は「軽重に関わらず己の不運を他者にまで伝染させる」タイプに分類され、被害者は同室の食満留三郎を筆頭に保健委員会所属委員にまで及び、誰にも優しく素直で前向きな学園屈指の人格者である伊作を無碍に出来ないだけになおさらタチが悪い。

かみ切ってやるぜーッ!メーーン!



DIOに雇われた殺し屋の1人。その筋ではかなり有名であるらしく、モハメド・アブドゥルも面識こそ無かったが名前と凄惨な手口は聞き知っていた。

先に述べた2名の不幸体質とは根本的に異なる「自らの意志で不幸を招き入れる」タイプであり、これは怨恨を原動力とする異質のスタンドエボニーデビル』の特性に起因する。恨みの大きさに比例してスタンドパワーが上昇する性質上、標的となる相手からある程度の致傷を受ける必然性を伴う諸刃の剣だが、それによって標的への恨みが膨れ上がれば遠隔操作型スタンドでありながら近距離パワー型スタンドに匹敵する戦闘能力すら発揮する上、無作為に手にした凶器に深い恨みを根源とする精神力を流し込めば現実世界の物質でスタンドそのものにダメージを与える事も可能(スタンドは霊体のような存在であり、現実世界の物質に干渉する事はあっても干渉される事は無いため)。

俺のカンフーは無敵だ!



短絡的な野心や身の丈に合わない欲望が仇となった身から出た錆で無惨な返り討ちに遭う、あるいは無自覚のうちにコントのような連鎖的不運に巻き込まれる。

ささやかな幸運が訪れてもそれを上回る不運が倍速で襲い掛かる確率の高さは尋常ではなく、そのせいで何度も重篤な打撲・骨折・飢餓・遭難・焼身・窒息など絶命の危機に直面するが、それと同じ数だけ奇跡的生還を果たしているだけでなく骨も皮膚も自己再生・修復している。つまり、「生命維持が危ぶまれる限界点に立たされた時のみ人智を超越した幸運が発動する」という特異な不幸体質と言える。

です洋



不幸になるべくして不運な日時仏滅13日の金曜日)、不運な場所(ボットン便所)、不運な状況(母親である追手内伊八代の排便中)でこの世に生を受けた、自称『日本一ついてない中学生』。

不運続きの総決算とばかりに「地球侵略に訪れた宇宙人UFOに潰される」という目も当てられない不運に見舞われて13歳の短い生涯を終えるも、宇宙一の幸運を持つヒーロー『元祖ラッキーマン』の力で蘇り、ラッキーマンに変身するきっかけとなった。変身中に訪れる稀有の幸運に反比例して日常生活上の不運に「日本一 → 世界一 → 宇宙一(第3小宇宙一) → 大宇宙一」と拍車が掛かったが、最終話で元祖ラッキーマンと分離した後は「日本一ついてない」に戻った。結局、日本で右に出る者の無い不幸体質からは抜け出せていない。

強くなどなりたくなかった


日本アニメ史でも指折りの不幸体質。
家族や知人を偶然に接触した宇宙生命体に寄生洗脳され、自身も宇宙生命体の寄生で強制的に人間をやめさせられて寿命が余命半年になり、洗脳された家族や知人を殺す運命を背負わされ、目の前で洗脳された弟に唯一無事だった妹を殺され、ボロボロになった肉体の限界を超えるために「ブラスター化」というパワーアップを果たして寿命問題を解消するも今度は寄生体の細胞が脳に集中したせいで記憶が消滅する副作用が発生し、最後はすべて決着を付けた代償にすべての記憶失って廃人同然になる。
主人公なのに救済のない珍しい例。もっとも続編ではどうにか復活し、小説版の後日談では最愛の人と結ばれるなど、どうにかフォローは為されている。
作中曲の『永遠の孤独』の歌詞は、彼の過酷で悲壮な運命を謳ったものとしてはあまりに出来すぎている程のシンクロ率を叩き出す。

どちらかと言うと苦労人だが。

常に災難に見舞われている典型的な不幸体質。続編にあたる作品には後継者も存在する。(こっちは多少マシにはなっているが)

その能力ゆえか、「不幸だ・・・」を口癖にするほどの不幸体質。ただしそこそこのフラグを立てている程度には幸運を持っている。

キャラクター設定として不幸体質。もっとも、所属事務所が何度も潰れてきたという過去は十分に不幸だが。

キャラクター設定として不幸体質。

毎回不幸な目に合う度に怪獣を作り出しているが、最終的に改心している。

バイク事故から奇跡的に生還するものの、その機に仮面ライダーギルスに覚醒したことをきっかけに世話になっていた水泳部のコーチや恋人といった大切な人たちからはことごとく排斥され、父親を亡くし、望まずして得た変身能力は肉体を蝕み、味方陣営に属するはずの人たちからもたびたび命を狙われるなど不幸が相次ぐ。さらに心を通わせかけた女性を2人も敵に殺害されており、ラストシーンでも天涯孤独ぶりが強調された。

トラブルやアクシデントによく巻き込まれる。しかし本記事冒頭の台詞にある様に、彼はそんな自分の不幸体質と上手く付き合う方法を本編開始前から探している。

ちょっとしたダメージ(物理的なダメージだけでなく、精神的なダメージでも)ですぐ死んで灰となり復活するを繰り返す、クソザコ吸血鬼。

全国指名手配されている危険な高等吸血鬼で、元々は自分の魂を分霊体(ぶんれいたい)という人形に移していたことで不死身の肉体を有していたが、あるトラブルでその分霊体を失ったために弱体化し、不死身ではなくなってしまう。それ以来、登場する度にまともに吸血もできないほどの散々な目に遭うようになる。

元は上級天使だが、天使の輪を無くして以降は段ボールハウス生活になり、常に金欠でまともな食事にありつけず、アルバイト先はブラック企業ばかりで、ある日手にした大金も転んだ拍子に募金箱に入って一瞬で無くなり、挙句の果てに元部下の天使に本気で殺されかけるなど常に悲惨な目に遭っている。

ステータス上に明記されている分かりやすい不幸体質の例のひとつ。よくある例に自害させられたり大体不憫な目に合される。尤も、Fateシリーズこそ歴史や伝承上の英雄・偉人達を基にされている為、元からの不幸体質とも取れる。

嫌いなものはガキとケダモノと跳ねっ返りの強い女。その2人&1頭と一緒の船で過ごすことになる。

両親に借金を押し付けられたり、面倒な奴等に絡まれたり、大金を貰ってもトラブルなどですぐにパーになったり、結構モテたりする不幸だらけの借金執事。

見た目は普通の女の子だが周りを巻き込むレベルの超絶不幸体質の持ち主。

幼少期から周りの人間が死にまくる環境で生かされたほどの不幸体質。劇中でも何かと貧乏くじを引く事が多く、特に腹パンを三度も食らっているのはこいつだけである。その不幸体質から自身を死神に例えている。

持ち前の不幸体質から堕天使と自称する。アニメでは死に設定になったかと思いきや二期で健在だったことが発覚した。


フランシュシュのメンバーで唯一伝説を持っていないにもかかわらずメンバー入り。努力家で、容姿も身体能力もステージ度胸も人並みはずれたものがあり、アイドルとしての素質は充分あるのだが、それらをすべて無にする不幸体質。
極めつけは不幸体質に嘆くのを止め、前だけを向いて生きようとした結果横から来たトラックに気づかずに死んだことであり、ここまで「運も実力のうち」という事実を体現する存在も珍しいのでは…

「初陣で潜水艦から魚雷一発を受けて轟沈」という史実に基づく。本ゲームで最も運の数値が低く設定されている。

正確に言えばトラブル体質。しかし本人は、持ち前のポジティブで対処したり受け入れたりする。

初登場時からGMのミスにより留年となるはずが学年が下がってしまい、その後もシナリオの都合や問題解決のためにレベルが下がる、年齢が下がるといった事がたびたび起き、更には任務の為に強制連行されて録に登校できず、未成年なのに指名手配された際にはフルネームと顔写真が公開、(ゲームデザイナー自らが作成した)世界観ぶっ壊しキャラを押し付けられるといった数々の不幸に見舞われている。しかし、当人は不幸と思っておらず、驚かれている。

ジェラルド博士(SCP_Foundation)
神経科学・分子力学・物理学のエキスパートだが経験不足と判断され、現在は先輩研究者の助手という立場で落ち着いている。また、職務はヘッドリサーチアシスタントで、配属先はサイト17を中心とした必要とされる場所とされている。財団に雇用されてから最低でも63回は負傷しており、彼の運転スキルはJokeとはいえSCPとされている。詳細はこちら。SCP-666-J

関連タグ

不幸

関連記事

親記事

不幸 ふこう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「不幸体質」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 52973

コメント