ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV:塩屋浩三高戸靖広以降)

フリーザ軍ギニュー特戦隊に属する異星人。
特戦隊の中でも最も小柄で、体は緑色でブツブツとした肌をしており、手足が短くズングリとした体格。
顔には横一列に並んで目が四つ付いており、両生類や爬虫類を彷彿とさせる醜悪な外見をしている。
なお、顔の形状の都合から、5人の中で唯一スカウターを装着していない。

その性格も外見に違わず醜悪で残忍。
後年のアニメやゲーム作品では、外見に対するコンプレックスや子供じみた趣向なども強調されて描かれている。

戦闘力は推定2000〜5000程度。数値自体は隊員の中で最も低く、フリーザ軍全体として見てもザーボンドドリアなどの幹部クラスよりも下回り、ハッキリ言って下級兵士並み。クリリンからも「あいつだけは全然大したことがない」「なんであんな奴が混じってるんだ?」と訝しがられていた。
アニメでもベジータが、「おまえのような無能な男が、なんでギニュー特戦隊に認められたのか分からん」と言っていた程。
しかし、「時間停止」「念力」「金縛り」などの様々な超能力を有しており、数値としての単純な戦闘力以上に高い実力を持つ。ベジータも噂程度にはグルドの超能力を知っていた。
殊更に、戦闘力が低いことを強調される彼だが、移動の際の飛行速度に関してだけは他の隊員に対してひけを取っておらず。ベジータやクリリンを驚愕させる程の特戦隊の移動速度に置いてけぼりにされることもなく、しっかりとついて来ていたりする・・・劇中の描写・設定から考えて、彼と他の隊員ほどの戦闘力の差があれば、飛行速度にも大きな開きが生じていそうなモノなのだが

ギニュー特戦隊の中で最初にZ戦士と闘い、気を察知する悟飯とクリリンに追い込まれるも
金縛りで動きを封じて逆転、二人に止めを刺そうと油断したところをベジータの手刀で首を吹っ飛ばされ、エネルギー波で消し飛ばされた。生首状態にされても即死はせず、ベジータに対してそれなりに流暢に悪態をつき続けていた。そういう意味ではかなりの生命力を持つ種族のようである

アニメ版ではその後、界王星にて餃子と対決。超能力を使おうとした一瞬の隙を突かれて敗北した。

名前の由来はヨーグルト

余談

アニメ版ではベジータとの仲の悪さが強調され、過去にフリーザに寵愛される彼に難癖をつけるが逆に軽んじられたという因縁を抱えている。また、ベジータやザーボン、餃子との対話から、息が臭いらしい。

ゲーム『ドラゴンボールゼノバース』によると、グルドは特戦隊加入から日が浅いらしく、パラレルクエストにおいて主人公(タイムパトローラー)に特戦隊入隊試験の助っ人を願い出ている。
成功すると気を良くしたのか、主人公を子分にしてやると勝手に決めつけ、家に呼んでお菓子や最新ゲームで遊ばせるように要求している。
ドラゴンボールゼノバース2』においては「口は悪いが寂しがりや」という性格になっており、最終試験で主人公に敗れたときは素直に応援している。

ドラゴンボール超」では人類の時間干渉は銀河法違反という設定が追加されたため幼少期からこの能力を悪用していたグルドはフリーザ軍有数の悪人ということになる。

派生キャラクター

ゼラ

スーパーファミコンRPGソフト『ドラゴンボールZ 超サイヤ伝説』に登場する敵キャラクター。
グルドの色違いで、体色はピンク。終盤にザコ敵として登場する。
戦闘力は10500と12500のものが存在する(同作のグルドは13500)。
敵を金縛りにする「サイコキネシス」という技を持つ。

プーリン

同じく『超サイヤ伝説』に登場。ゼラの上位種で、体色は黄色。
特定のイベントにのみ、敵として登場。戦闘力15500と19500のものが存在。いずれもグルドを上回る数値である。
味方1人の防御力をアップさせる技「プロテクター」を使用する。

クルゾ

雑誌『Vジャンプ』で連載されていたホビー紹介漫画『オニュー特選隊』に登場するパロディキャラ。
体格やカラーリングはグルド同様だが、目は2つのみで、更にオレンジ色のモヒカン状の髪が生えている。

関連タグ

ドラゴンボール
ギニュー特戦隊 スペシャルファイティングポーズ
ギニュー リクーム ジース バータ

関連記事

親記事

ギニュー特戦隊 ぎにゅーとくせんたい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「グルド」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「グルド」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 304439

コメント