ピクシブ百科事典

スカウター

すかうたー

『スカウター』とは、鳥山明による漫画作品『ドラゴンボール』に登場するオーバーテクノロジーメカの名称。
目次[非表示]

概要

ドラゴンボールシリーズにおける代表的なメカの1つ。

作中では主に『ドラゴンボールZ』(「サイヤ人編」および「フリーザ編」)で活躍し、劇場版や番外編でもサイヤ人関係者(バーダックターレスターブルなど)やフリーザ軍関係者(アボ・カド兄弟ソルベタゴマなど)の出演時に登場した。

構成

機能

ドラゴンレーダーとほぼ同様の原理を持つ「検知対象の発するの波長を検出・解析するモノクル型電子機器」(単眼式ヘッドマウントディスプレイの一種)であり、以下の

  • 索敵機能:目標の存在位置を特定
  • 誘導機能:目的の距離や方角を算出
  • 分析機能:戦闘力の数値換算による個体戦力の可視化
  • 通信機能:機種間(上位互換方式)での無線音声通話および任意通信傍受
  • その他:宇宙ポッド用簡易リモコン

を一元的に搭載した複合装置。

元々は惑星ベジータ先住民(後に非戦闘民族であるツフル人として設定が付与される)の高度な科学技術によって生み出された『戦闘ジャケット』『メディカルマシーン』(=治療カプセル)と並ぶ発明品の1つであったが、反乱を決起したベジータ王率いるサイヤ人が先住民を殲滅して技術を惑星ごと強奪し、フリーザの傘下となったベジータ王を通じてフリーザ軍の主要軍事技術に正式採用された。

「目標の気を検知する」という技術は、当時の作中では地球在住の超一流武道家孫悟空孫悟飯天津飯クリリンヤムチャヤジロベー餃子など)か地球の神の関係者(ピッコロ大魔王およびマジュニアなどの魔族ミスター・ポポカリン様、更には界王様など天界の神々)及び神の出身惑星であるナメック星くらいでしか発展しておらず、限られた者にしか扱えない高等技能の割に索敵や誘導は「目標の気を頼りに追跡する」、分析は「自分より強いか弱いか」という抽象的なものでしかなかった。

一方、スカウターは非力な先住民が開発した経緯もあって「誰もが手軽に使える」をコンセプトとしており、先に述べた感応能力を先天的に備えている異能者、あるいは訓練経験によってそれを体得した者でなくとも同等以上の能力を行使できる点、あらゆる分析情報を数値と文字に置き換えて具体化した点で極めて優れた機器と言える。

ただし、スカウターを常時利用する者は各種表示情報に絶対の信頼を置くあまり、外見に反して戦闘力が高かった場合、戦闘力を制御できる者が実力を発揮した場合には「スカウターの故障」と一蹴する傾向が顕著である。また、これだけ有用な機器であるにも関わらず「戦闘力計測上限値にリミッターが備わっていない=数値固定が出来るまで延々と計測する=過負荷の末に爆発する」という明らかな設計ミスを抱えたまま改良を重ねている謎の仕様が残されている。

なお、耳当て式がデファクトスタンダードとなっているが何故か左眼用しか製造されておらず、高速移動時の風圧や顔面殴打時の衝撃でもほぼ脱落しないのに着脱は極めて容易という不思議な密着性を誇る。原作者の鳥山明をして「吸盤のようになっていると思う」と答えるに留まる辺り、作者にすら解明できない永遠の謎となっている。

種類

スカウター本体の形状に加え、カラーレンズなど)の異なる機種が複数存在する。作中ではその性能差が明示される事はほとんど無かったが、少ない情報を元に整理すると以下のように分類される。

モデル着用者計測上限
旧型・前期バーダック、セリパパンブーキンなど不明
旧型・後期ラディッツベジータザーボンなど22000
新型・前期ドドリア不明 ※1
新型・後期ギニュー特戦隊、フリーザ52万前後 ※2
最新型(試作型)タゴマなど不明※3
亜種その1一部のフリーザ軍下級兵士不明(旧型相当)※4
不明ターレス、ターブル、アボ・カド兄弟など不明 ※5

※1.少なくとも24000は計測可能。
※2.「当時の最上位モデルだからこそフリーザの戦闘力数値化に成功した」という解釈が無ければ「私の戦闘力は53万です」の公言と連載当時の設定との間に矛盾が生じる。
※3.フリーザ軍残党の中でも限られた兵士に支給された最新鋭試作型だったが、紆余曲折を経て現世復活を遂げたフリーザ(第一形態)の戦闘力を測定した際には旧型同様ショートした。
※4.エネルギーガン用コードが繋がったヘルメット内蔵タイプ。
※5.どの時点の技術を使ったモデルか判別不能

なお、スーパーファミコンで開発された『ドラゴンボールZ 超サイヤ伝説』中ではグリーンレンズタイプを旧型の「スカウターA」、レッドレンズタイプを新型の「スカウターB」と分類し、カードバトルゲームドラゴンボールヒーローズ』中ではカプセルコーポレーションのカンパニーロゴを施した4系統の機能特化型スカウター(サーチスカウター、ブレイクスカウター、ディバイドスカウター、アサルトスカウター)が新造されている。

商品化

着用可能な「なりきり玩具」として何度も製品化されており、ドラゴンボール関連玩具の定番となっている。脱落防止用カチューシャ(黒髪でカモフラージュされるように黒色)が接続された商品が多く、見た目には片耳式ヘッドセットに近い。

以下に記述するバンダイ公式製品の他、スマートフォンのカメラで顔を読み取った人物の戦闘力を表示するジョークアプリ、さらには本気でスカウターの実用化を視野に入れた多目的ウェアラブルディスプレイ『スマートグラス』が研究試作されている。

バトルスカウター

バンダイのお家芸の1つ『カードダス』ドラゴンボールシリーズ専用玩具。そのままでは何を意味するのかわからないカード中の点描部分「隠し情報欄」をバトルスカウターで見る事により、そこに示された情報を読み取れる(参考書や問題集の伝統的手法「カラーセロファン透過表示法」と同じ方式)。

初期型はレッドレンズタイプのみ(非装着型レンズ「対戦用補助スカウター」付随)だったが、カードダスにおけるドラゴンボールシリーズの長期展開と共にグリーンレンズタイプ、ブルーレンズタイプが加わった。

これに関連する類似モデルに電子ゲーム『スカウターバトル』に付属する専用スカウターがある。独特の本体形状と可動式グレーレンズを持つ亜種に分類されるが、これは電子ゲーム特有の液晶画面構造を逆手に取ったカラーセロファン透過表示法の応用であり、画面両端部に配置されたステルスエリアを看破する重要な付属品となっている。

ドラゴンボールアイテムズ

作中に登場する印象的なアイテムを具現化した『ドラゴンボールアイテムズ』シリーズの定番であり、バンダイ広報部曰く「スカウターはたちまち売り切れた」という絶大な人気を誇った。

無印版はベジータイメージのレッドレンズタイプとラディッツ・バーダックイメージのグリーンレンズタイプの2種類。後継型の『ドラゴンボールアイテムズNEO』『ドラゴンボールアイテムズ改』では「新型スカウター」と銘打ったフリーザイメージのバイオレットレンズタイプとギニュー特戦隊イメージのグリーンレンズタイプの2種類に入れ替わり、戦闘力測定時のSEギミックが追加された。

これに関連する最上位モデルに原作を尊重した造形、ターゲットマークと文字を打刻したレンズ、スライドアジャスターを備えたカチューシャ、出力音声35種類以上(スイッチでベジータモード、フリーザモードの切り替えに対応)という本格志向の電子玩具『ドラゴンボール改 究極!DX超戦士スカウター』がある。初期型はレッドレンズタイプとグリーンレンズタイプの2種類で、レンズの色以外は全て共通。後継型で「LIMITED」と銘打ったブルーレンズタイプが加わり、こちらは先行販売2種に内蔵された音声のうち12種類を入れ替えた特別仕様となっている。

ドラゴンボールディスクロス

バンダイのお家芸の1つ『ガシャポン』を発展させたアーケードゲーム型ガシャポン『くじガシャポン』ドラゴンボールディスクロス(2017年12月20日稼働終了)専用玩具。スカウターバトル付属の亜種スカウターに近い独特の形状、DX超戦士スカウターと同様の打刻レンズ部にLEDライト点灯機能を持つ。スカウター本体にディスクロスをセットし、ディスク裏面の突起とQRコードを読み取る事で対応した音声を出力する。後継型は無く、初期型のレッドレンズタイプとバイオレットレンズタイプの2種類のみ。

「ライジングクロスモード」「全開クロスモード」「バトルモード」の3モードを搭載しているが、実情は『仮面ライダーOOO』の変身ベルトを玩具化した『DXオーズドライバー』と同じく「セットしたディスクとその組み合わせで多様に変化する出力音声を楽しむ」ものであり、くじガシャポンのようなゲーム性は皆無である。また、SEもアニメ版スカウターのそれではなく仮面ライダー関連の電子玩具に近く、現時点の最後発モデルでありながらスカウターそのものの再現度は低い。

ただし、こうしたコレクションホビー特有のスペシャルバージョン「ライジングディスクロス」が3枚付属する販売形式であるため、コンプリートを目指すには購入を避けられない。

など

スカウターのようなもの

蒼き流星SPTレイズナー

敵味方に関わらず作中に数多く登場する装着型照準具。ただし、スカウターと比較してかなり原始的、且つ無骨な構造。

太陽の牙ダグラム

通信機兼用の装着型照準具として登場。ただし、形状はヘッドギアタイプ。

赤い光弾ジリオン

通信機兼用の装着型照準具として登場。ただし、形状はヘッドセットタイプ。

ミスター味っ子

料理と科学の融合を目指す俵三四郎が建造した万能クッキングマシーン『アレックス』『アレックス2』のサブディスプレイとして登場。ただし、有線式。

逆転裁判3

小池ケイコ社長を務めるソフトウェア開発会社『バグダス』社員一同が装着するサブディスプレイ。社内では「モノクル」と称するものの、社員の岡高夫(おか たかお)や会話に登場するモブ社員Aが使用する標準型、小池が使用するマイク追加型、会話に登場せず遠景の姿だけを見せるモブ社員Bが使用するゴーグル型など形状は統一されていない。

銀魂

竜宮篇の原版178話「子供の夏休みが始まると 大人も何かワクワクする」(アニメ版117話「美は夏の果実の如き物」)で戦闘力計測機器『スパウザー』として登場。突っ込んだら負け

スカウターの分類上では旧型に近く、やや大型の本体部分は亀甲を模した丸型でレンズは青。亀梨曰く「祭りの夜店のクジで当たった」なる胡散臭さを漂わせ、スカウターには無い独特の機能を有している。

  • 男女別単位
男性の場合は「K」(KONBU)、女性の場合は「O」(OPPAI)による基準単位で戦闘力が算出される。

<計測値の一例・男性>
昆布:1K
・一般人:360K
志村新八:362K
長谷川泰三:654K(本体1K、サングラス653K)

<計測値の一例・女性>
おっぱい:1O
柳生九兵衛:7930O(直後に計測結果の不服を唱えて別のO単位への変更を要求)

  • マイナス計測
早い話が昆布1枚分、おっぱい1個分の戦闘力すら持たない「役立たず数値」の計測機能。神楽の計測中に老人化した坂田銀時桂小太郎両名の割り込み計測が始まり、単位はKに変化せずOのまま進行した。

<計測値の一例>
・うるさ型のじじい老化桂)+4W爺(老化坂田):計測下限超過によりスパウザー大破(実測できた最終数値は2人合わせてマイナス99999O、亀梨の推測値では1人当たりマイナス30000。亀梨曰く「老人ホームでも完全に手に負えないレベル」)

※補足情報
竜宮篇後の原版202話「タバコは一箱に一、二本馬糞みたいな匂いのする奴が入っている」(アニメ版119話同題)で、ある事情から土方十四郎ブリーザおよびセロ(いずれもフリーザ、セルパロディ)を瞬殺した際、為す術も無く倒された2人がその圧倒的戦闘力から思い出した「スーパー地球人」はグリーンレンズタイプの旧型スカウターを装着している。

など

関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールZ 戦闘力
レーダー ドラゴンレーダー

惑星ベジータ サイヤ人 ツフル人 バーダック ラディッツ ベジータ ナッパ ターレス ターブル
フリーザ軍 フリーザ ザーボン ドドリア キュイ ギニュー特戦隊 ソルベ タゴマ

私の戦闘力は53万です 戦闘力…たったの5か…ゴミめ…

爆表:中国語で「数値が上限を超えて測定できないこと」。スカウター爆発が由来。pixivではタグには使われていないがキャプションに使われているため特記

pixivに投稿された作品 pixivで「スカウター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1205387

コメント