2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

主人公・孫悟空の宿敵として登場した、世界征服を目論む魔族の長。
後にその出自は「ナメック星人」という地球から遠く離れた異星人で、尚且つ地球の神が分離させた悪の心の化身であることが明かされる。
名前の由来は木管楽器「ピッコロ・フルート」から。

なお、作中には該当キャラが2人登場しており、少年時代の悟空が出会った初代大魔王と、初代が作中生み出した息子である2代目が居る。「大魔王」の冠名が使われるのはほとんどの場合初代のほうで、2代目は単に「ピッコロ」と呼ばれることが多い。もしくは「マジュニア」「神コロ様」とも。

初代と2代目は親子であると共に初代の分身でもあるような特異な存在にあり、実際「ピッコロ大魔王」が死ねば共に死ぬはずの神が以降も生きているなど、その関係性が強調されている。

なお、当初は魔族に殺された者は成仏できず、この世に苦しみながら留まり続けるという恐ろしい設定があった。

以降、初代ピッコロ大魔王について解説する。

人物像

CV:青野武(元祖)→島田敏(2015年~、ドラゴンボールヒーローズほか)
(分身である地球の神と兼役)

戦闘力260(若返り時)。身長250cm、体重200kg。
爆力魔破の威力は小型核ミサイルに匹敵する。

本作ではじめて登場した「純粋な悪者」。
ギャグ調であったDBを一転してシリアスな世界観に変貌させた張本人。
その昔、武天老師こと亀仙人の師である武泰斗の放った封印術「魔封波」により、彼の命と引き換えに封印されたが、ピラフ一味によって封印を解かれ復活を果たす。自身の部下である魔族を次々と生み出し、ドラゴンボールを探させると同時に、魔封波を恐れて過去に天下一武道会に出場した実力者たちを始末させている。
この魔封波に対する警戒心は相当なもので、圧倒的な力の差を見せつけた悟空との初戦時でも、かめはめ波を繰り出そうとした際、魔封波かと思い一瞬怯えたほどである。

部下は基本的に彼の口から吐き出される卵から生まれ、羽の生えた半魚人風の戦士タンバリン、参謀格でバラモス似のピアノドラゴンタイプの戦士シンバル、巨体で素早い動きの戦士ドラムなどがいる。

物語後半ではキングキャッスルを占拠して国王の座を奪い取りに掛かるなど、世界征服が目的のように思えるが少し違う。彼の目的は「正義が駆逐され悪が蔓延る世の中にすること」。徹底的に『正義』を排他しようとしており、テレビ放送でも国民に向けて「正義感ぶった奴がいたら自分が殺しに行く」とまで告げているほど。

ピッコロ大魔王の軍団は、悟空の仲間であるクリリン亀仙人餃子の命を奪っていき、ドラゴンボールで自らを若返らせた(※)直後に神龍も手にかけたり、クジ引きで当たった都市を消滅させようとするなど、これまでの悪役を遥かに上回る行いをやってのけた。
主人公の親友と師匠に加え、物語のキーである神龍の命も奪ったという意味においては、フリーザに次ぐ悟空の因縁めいた相手と言える。フリーザが「サイヤ人としての因縁の敵」ならばピッコロ大魔王は「亀仙流の因縁の敵」といったところか。
悟空との決戦でも、その残虐性を見せつけ、天津飯を人質に取ると悟空のの手足を一本ずつ砕いて生殺しにするなど優勢に立つが、右腕だけを残したのが災いして、悟空の渾身のパンチで腹に大穴を空けられて敗北。しかし、絶命する寸前、その怨念を託した息子(の卵)を吐き出し、自身の仇討ちとその野心を託した。そして「悪の根を絶やしてならぬ」と言い残し、爆発四散した。

その所業など一貫してシリアスな悪役にも思えるが、封印されていたのが電子ジャーであったり、卵を生む際の呪文が「ポコペンポコペンダーレガツツイタ…」という珍妙なものだったりと、鳥山作品らしいシュールレアリズム溢れるギャグ要素も含まれていたりする。

また、悪役としては珍しく非常に部下思いでもある。一人も部下を処刑していないどころか自分の部下の死を感じたときには苦渋の表情を浮かべたり、他人のピラフ一味ですら追い出す程度で済ませるなど比較的味方に対しては優しい(もっともピラフ一味に関しては、飛行船から落としておりギャグマンガでなければ死んでいたのだが……)。

ちなみに普段座っている禍々しい玉座はナメック星の最長老の物とデザインが類似している。

外部作品でのピッコロ大魔王


ゲーム「舞空闘劇」

ピッコロのIfストーリーのイベントのみの登場にとどまっているが、彼の存在が物語後半で重要となっている。
魔人ブウに苦戦したピッコロが足りないものについて、ピッコロ大魔王の分身とも言えるマジュニアの場合神との同化だけでは不完全だったと悟り、ナメック星のドラゴンボールで復活させ、ピッコロ大魔王とも同化することを選ぶ。
神と同化したピッコロのことを、神と同一人物と認識して同化を拒否して戦いとなるが、敗北し同化する道を選んだ。


ドラゴンボールエボリューション

演:ジェームズ・マースターズ(日本語版吹替:大塚芳忠

ハリウッドにて制作された実写版におけるピッコロ大魔王
かつて2000年前に地球を破滅寸前まで追いやった魔族で、現在まで幽閉されていたが復活し、次の日食が起こる日までにドラゴンボールを集めて地球を征服しようと企む。なお復活した経緯は不明。

部下にはマイという東洋人風の女戦士がいる(原作のピラフ一味の紅一点)。また、自身の体液から産み出したモンスターを率いる。

その正体ははるか昔に地球にやってきた異星人ナメック星人で、悟空とその養父である孫悟飯(じっちゃん)は大魔王の正体が「ナメック星人」であることを知っている。逆にピッコロも悟空の出生の秘密を知っている。

外見は毛髪のない緑色の肌であることは共通しているが原作のような触角はなく、服装もパワードスーツのようなサイバーな装備となっている。なお、ゲーム版には強化形態の「ネオピッコロ」が登場している。

スーパードラゴンボールヒーローズワールドミッション

時の裂け目から出てきた本来の歴史とは異なる存在として登場。一度倒された自分がなぜか復活し、しかも大幅にパワーアップを果たしていることに疑問を感じていたが、気にせず世界征服の野望に取り掛かる。
そこへ主人公と遭遇し、対決することに。敗れた後は説得の言葉を向けられたが、聞き入れることなくその場から逃げ去った。去り際には主人公を倒してから世界征服に取り掛かることを告げている(つまり主人公を倒すまでは世界征服に取り掛からないということ)。

関連イラスト

ごくう たい ぴっころだいまおう
ピッコロファミリー


pinkoro
ピッコロ大魔王



別表記

ピッコロ 初代ピッコロ大魔王

関連タグ

ドラゴンボール DB ピッコロ大魔王編
魔族 魔王(大魔王) ナメック星人 魔封波
ピッコロ マジュニア 地球の神 ピラフ一味
ドラゴンボールヒーローズ DRAGONBALLEVOLUTION

大魔王バーンダイの大冒険の登場人物。当初は老人の魔族だったがそれでも主人公を圧倒するほどの実力を披露。再戦ではパワーアップした主人公に対し若返った姿で対峙する。その際には「肉体を分離させていた」ことが判明するなどピッコロ大魔王と共通点が多い。

四星龍(若返ったときの願いのマイナスエネルギーから生まれた邪悪龍)

関連記事

親記事

ナメック星人 なめっくせいじん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ピッコロ大魔王」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ピッコロ大魔王」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 740028

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました