ピクシブ百科事典

マイ(ドラゴンボール)

まい

マイは、『ドラゴンボール』シリーズの登場人物。ピラフ一味の女部下。
目次[非表示]

概要

CV:山田栄子

連載初期に登場した悪役ピラフ一味3人衆の紅一点。初登場は原作二巻(アニメでは第一話)からであり、ヤムチャウーロンに比肩する古参キャラクターである。
ボスのピラフ大王の命令で、シュウソバ)と共に主人公・孫悟空一行の持つドラゴンボールを狙う。

容姿は軍服(将校風)姿の黒髪長髪長身のクールビューティー。アニメにおける瞳の色は青、赤いアイシャドウと口紅で化粧をしている。年齢は不明だが、化粧のせいかブルマより幾分か年上に見える。ピラフと話す時は敬語なので、一見すると敬語キャラのように思えるが地は「~なのか?」「~だぞ」と、女軍人のような喋り。

そんな一見クールな外見とは裏腹に、小学生レベルの下ネタが好きな残念な美人(アニメ版ではドタバタぶりも披露している)。我儘で見えっ張りなピラフよりは常識的だがどこか間が抜けており、作戦を失敗しシュウ共々ピラフからの理不尽なお仕置きを受けることもしばしば。悟空とは、少年期にドラゴンボールを奪い合ったことから一応敵対関係にあるが、初期の初期だけにノリはどこか牧歌的。
性的なことにまったく耐性がなく、「投げキッス」でさえ最大級のエッチなことと考えている(これに関してはピラフ一味全員に共通する)。

基本的にピラフ一味としてピラフ・シュウ(ソバ)と3人セットで登場するのが常である。女性ではあるが他の二名が極端に低身長であるため一味の中では最も体躯に恵まれており、合体ロボットである「ピラフマシーン」でも基本的に最も大型のロボに搭乗している。
射撃の名手であり武器は拳銃。未来世界に登場するマイはライフルを武器としている。

孫悟空少年編」で2回、「ピッコロ大魔王編」冒頭で1回、それ以降は登場していない。
これくらいなら別記事を立てるほどでもない、前菜の添え物程度のキャラクターだったのだが、後年の各作品でのオリジナルシナリオでは出番が増えている。

原作外の活躍

ドラゴンボールGT

舞台は原作漫画終了後から5年後の世界。
第一話冒頭にて、晩年の老いさらばえたピラフ一味が登場。マイは白髪の老婆になっている。
究極のドラゴンボールの力で若返った悟空と比べると、マイの老けぶりが顕著。
ベビーとの戦いの後、地球が爆発する際は一味共々悟空の瞬間移動によってツフル星まで避難させられている。

実写映画『DRAGONBALLEVOLUTION

ピッコロ大魔王の部下という設定で、ソロで登場。
紫のボディスーツを身にまとったおかっぱ頭の妖艶なアジアンビューティー。
演じたのは田村英里子、日本語版吹き替えは甲斐田裕子が担当。

神と神』『復活の「F」』及び『ドラゴンボール超

原作者の鳥山明脚本・監修。舞台は「魔人ブウ編」終了後原作完結前、パンが生まれる前後の約1年間。

ドラゴンボールの力で一味そろって若返り、子供の姿で登場(いつごろ若返ったのかは後述)。瞳の色は黒。俗称“ロリマイ”。若返った理由に関しては「世界征服をする前に老衰で死んだら元も子もない」から。特にシュウ(ソバ)は、犬として寿命が迫っていたので助かったと喜んでいた。

『神と神』ではトランクスに一目惚れされ最初は困惑していたが、終盤ではデートをする仲になり、その後『復活の「F」』ではトランクスをボーイフレンドと公言しており、お付き合いは継続中らしい。

因みに、この時点でのマイの年齢は41歳(自称)、トランクスは12歳。トランクスの母親のブルマは38歳(自称)。文字だけ見ると禁断の恋を通り越して犯罪臭がするが、マイ(というかピラフ一味)の思考レベルが元々小学生並なので、ある意味釣り合い取れているとも言える。
因みにこのカップリング原作者公認である。

現代マイの動向

前述の映画二作にあたるエピソードでは、なぜかトランクスとは恋愛関係に発展せず、「“未来”トランクス編」になってようやくそれらしい関係になる。
行き場の無かったところをトランクスから「ウチに来い」と声をかけられて以来、一味揃ってカプセルコーポレーションで住み込みで厄介になっている。(悪事のために)ロボット兵器などを開発していた経緯もあってか3人共工学分野にそれなりに精通しており、それが高じてブリーフ博士・ブルマ親子の手伝いをするなど何気に貢献している。

マイ個人ではやはりトランクスとの絡みが多いが、ブルマの手伝い中も彼女の気を引こうとするトランクスにはサバサバした態度であしらう姿も。

とある経緯で再び現代にやってきた未来の青年トランクスからは、その容姿や名前から彼の時代にいるマイ(未来マイ。後述)と同一人物であることに気付いて詰め寄られ、本人も逞しく成長した青年トランクスを前に赤面するなどまんざらでもない様子。しかし、「未来の私ってどうなってるの?」という質問をして、不意にも彼の未来での辛い出来事を思い起こさせてしまう。

“未来”トランクス編

2016年6月開始の新シリーズ「"未来"トランクス編」(原作者の鳥山明脚本・監修)では、未来の青年トランクスの相手役としてヒロインに昇格。俗称未来マイ
突如として現れたゴクウブラックによって殲滅されつつある人類の数少ない生き残りの一人であり、彼を倒すために抵抗軍のリーダーとして日夜活動している。なお、ピラフとシュウは登場しておらず、二人がどうなったのかは説明されていない。漫画版においてもピラフから質問されているが、答える寸前でタイムマシンにより去ってしまったので不明なままだった。

外見は「神と神」での若返った経緯を反映してか、年齡は未来トランクスと同年代の風貌。衣装は原作の軍服に加え頭にはニット帽を被り、背中にはショットガンを携えている。シルエットこそ原作初期のマイと一致しているが、瞳の色が黒で化粧をしていないなど印象はだいぶ異なる。

出会った経緯などは不明だが、この世界でもトランクスやブルマとは親しい間柄にあり、協力してブラックに対抗するが、当然ながら現代兵器では全く歯が立たず、同志を次々と失い苦悩することになる。過酷な世界で生きてきたこともあってか、現代のような残念な要素は一切ない。

タイムマシンを使い再び過去へ向かうトランクスを助けるため、ブラックの気を引こうと銃で攻撃。その後、ブラックの気弾による反撃を見舞われ昏倒。しかし実際は気絶していただけであり、トランクスが戻るまでの間レジスタンスをまとめ上げ抵抗を続けていた。そして、ブラックとの再戦及びザマスに敗北した三人を過去に送り出した後、勝機を失い諦め始めたレジスタンスを必死に奮い立たそうとしている。

マイたちが若返った時期に関しては、集英社のイベント「ジャンプビクトリーカーニバル2016」で配布された公式ガイドブック収録の読切漫画(とよたろう画)によると、ピッコロが人造人間に殺される直前のエイジ767ごろドラゴンボールの願いによりピラフ、シュウと共に赤ん坊まで若返り、当時赤ん坊だったトランクスと出会っているため、外見上はトランクスとほぼ同い年である。 ピラフたちと共に行動していない理由は不明。

ドラゴンボールヒーローズ ワールドミッション

ストーリーの主要キャラクターに幼少期のマイによく似た少女アンが登場している。礼儀正しい科学者で、性格はまとも。

関連イラスト

センシティブな作品
ピラフに一生を捧げた美女


ピラフ一味
トラトラマイ


関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボール超 神と神 “未来”トランクス編
女軍人 女ザコ 敵女 黒髪ロング 残念な美人
ピラフ一味 ピラフ シュウ 三悪
トランクス(ドラゴンボール) ゴクウブラック トラマイ ロリババア

関連記事

親記事

ピラフ一味 ぴらふいちみ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「マイ(ドラゴンボール)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2077369

コメント