ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

トラマイ

とらまい

『ドラゴンボール』シリーズの登場人物であるトランクスとマイのカップリング。
目次 [非表示]

概要

ドラゴンボール』シリーズの登場人物であるトランクスマイピラフ一味のひとり)の公式カップリングを描いたイラストに使用されるタグ


一応2人とも原作出身のキャラではあるものの、トランクスの登場時にはとうにピラフ一味の出番は終了しており、アニオリやその他のメディアミックスを含めても、両者の接点は皆無だった。


しかし、超に繋がるリブート作品の第一作『ドラゴンボールZ 神と神』でまさかの成立、公式化

トランクスの初登場が1991年、『神と神』上映が2013年と、なんと約22年の時を経て誕生という(現実の視点から見て)超遅咲きの恋である。


また、正史である未来世界においても2人のカプが成立している→未トラマイ


経緯

「神と神」のトラマイ

劇場版『ドラゴンボールZ 神と神』にて、ドラゴンボールの願いにより若返りすぎて幼女化したマイに、少年トランクス(現代)が一目惚れし、終盤ではヤシの木の上でデートもしている。

続編『復活の「F」』ではマイがトランクスをボーイフレンドだと公言している。


このカップリングは原作者の鳥山明発案であり、

→元々ただの泥棒であったキャラが、鳥山氏の提案でピラフ一味に置き換わった。

→「誰かと絡ませないとすぐ消えちゃいそうだから」という理由で恋愛要素が足された。

という流れである。


また、復活のFの劇場来場特典である「F巻」において、「トランクスとマイの交際は続いてはいますが、(ピラフ一味に)放浪癖があるので一緒に住んだりはしません。どうしてもひもじくなると3人で食事を頂きにやってきたりします」との鳥山氏コメントが掲載されている。


ちびトラマイ漫画マイちゃんの笑顔、独り占め!


「“未来”トランクス編」のトラマイ

しかし、同じ時系列を描いたテレビアニメ『ドラゴンボール超』では、少年トランクスとマイは顔をあわせることはあるものの、恋愛に発展することはなかった。


と思われたが、

2016年6月から始まった新シリーズ「“未来”トランクス編」では、未来の荒廃した地球を舞台に、未来トランクス(「人造人間・セル編」の青年トランクスと同一人物)と大人の姿のマイ(未来マイ)がそろって登場、共闘しタメ口で話し合う姿が描かれた。二人がどういう関係なのかは、ストーリーが進めば次第に明らかになるだろう。→未トラマイ


同編では、現代の少年トランクスと少女マイ(とピラフとシュウ)はカプセルコーポレーションにて同居している。同居のきっかけとなったトランクスの台詞(「行くところがないならうちに来なよ」)は、かつてブルマが行き場所のないベジータを自宅に招く際に告げた台詞と似ておりオマージュかと思われる。→現トラマイ


また、未来トランクスが少女マイに未来マイの面影を見て気遣い接しているうちに、少女マイが勘違いして未来トランクスに惚れてしまい、その二人の様子を横から少年トランクスがヤキモキしているという、奇妙な四角関係になっている。



未来トランクスと未来マイひとりじゃない。


ちなみに『神と神』の時点で、マイは実年齢41歳(詐称疑惑あり)、トランクスは12歳であり、およそ29歳差カップルということになる。



関連イラスト

『神と神』のような少年少女の初々しいやりとりを描いたたもの、「“未来”トランクス編」のような大人同士の信頼関係を描いたもの、などいろんなイラストが投稿されている。


センシティブな作品センシティブな作品

センシティブな作品トラマイトラ


関連タグ

ドラゴンボール 神と神 ドラゴンボール超 “未来”トランクス編

トランクス(ドラゴンボール) 未来トランクス マイ(ドラゴンボール) 未来マイ ピラフ一味


幼児化 ロリババア ショタおね おねショタ

ドラゴンボールのカップリングタグ一覧

関連記事

親記事

ドラゴンボールのカップリングタグ一覧 どらごんぼーるのかっぷりんぐたぐいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4002552

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました