ピクシブ百科事典

ドラゴンボールシリーズ

どらごんぼーるしりーず

鳥山明原作『ドラゴンボール』を元にしたテレビアニメ。
目次[非表示]

概要

鳥山明原作のアニメシリーズの一つ。
いずれも東映アニメーション(旧東映動画)制作・フジテレビ系列で放送された。

TVアニメ「ドラゴンボールZ」のデジタルリマスター版である「ドラゴンボール改」を経て、新作「ドラゴンボール超」がスタート。

アニメ版と漫画版の2種類が存在し、アニメ版は2018年春までTVアニメが放送、同年冬にはその劇場版「ブロリー(BROLY)」が公開。

漫画版(原作・鳥山明、漫画・とよたろう)はVジャンプにて「銀河パトロール囚人編」が絶賛連載中。

以下がドラゴンボールシリーズ一覧である。

ドラゴンボール

孫悟空少年編

悟空


ドラゴンボールという作品の黎明期であり、冒険ファンタジーとしての色を最も前面に出した時代でもある。
特にピラフ一味登場までは、リスペクト元である『西遊記』との関連要素も多い。
その後は天下一武道会を挟みながら、ドラゴンボールをめぐる冒険に出るパターンが形成された。
都から1000キロも離れたパオズ山に住む少年悟空がドラゴンボールを探しにきた少女ブルマとの出会いが全ての話がはじまる。
悟空とブルマは旅の中、ウーロンヤムチャプーアルなどと出会い、チチ(後の奥さん)とも出会う。
旅を終えた悟空は亀仙人のところへ修業しに行く、ほぼ同じ時期に入ったクリリンや2人して助けたランチともであう。悟空とクリリンは天下一武道会に向けて修業に励んだ。

悟空とブルマ編

初期メンツ



亀仙流修業編



第21回 天下一武道会

【トレース】Illustrator雑多



レッドリボン軍編

レッドリボン軍



占いババ編

占いババ



ピッコロ大魔王編

ピッコロ記念日2013


ギャグテイストの強い牧歌的な冒険バトルものだったのを、シリアスバトルものに一気に路線転換した最初のシリーズ。
主人公の親友の突然の死に始まり、次々と主人公の関係者そして不可侵的存在だったはずの神龍までもが殺されていくという絶望的な展開、本気で世界征服を始めた初の悪役、異形のボスキャラクターとその衝撃の正体、そしてその生まれ変わりの登場、主人公の急激な成長と電撃結婚などいろいろとイベントが目白押しの一編となっている。(世界征服を企む悪役は今までもいたが、全員本当に実行する前に悟空達に倒された為、そこまでシリアスな状況にはならなかった。)

第22回 天下一武道会編

【試合中のスコール】


天界修業編

ミスターポポ



第23回天下一武道会編

天下一武道会



ドラゴンボールZドラゴンボール改

祝・DB映画化
壁紙


アニメ『ドラゴンボール』の続編として、1989年4月26日から1996年1月31日まで放送された。全291話+スペシャル2話。
2009年4月から2011年3月まで、タイトルを『ドラゴンボール改』としたデジタルリマスター版を放送。
ストーリーを原作漫画に近づける形として、技のタメなどの「Z」における引き延ばしシーンをカットして再構成し、HD放送が行われた。

サイヤ人編

野菜三兄弟



フリーザ編

来襲のF



人造人間・セル編

人造人間



魔人ブウ編

ベジットvs魔人ブウ - 囚われたZ戦士達



平穏な世界編

ブウ戦から10年後の悟空たち(アニメカラー)



番外編

サイヤ人絶滅計画

Super Hatchiyack



オッス!帰ってきた孫悟空と仲間たち!!

王子の弟+



ドラゴンボールGT

ドラゴンボールGT


ドラゴンボールZ」の続編にあたる。
内容はすべてアニメオリジナルで、原作漫画の「ドラゴンボール」との繋がりはない。
時期列は悟空ウーブが修行の旅に旅立ってから5年後の世界。
「バトル漫画」としての地位が定着したドラゴンボールから一転、連載開始当初の「ドラゴンボールを探す“冒険アドベンチャー”」としての回帰を目指した作品。
悟空の肉体が幼児化し、新たなドラゴンボール&神龍の登場など冒険漫画として描かれた頃の要素を復活させるための試みが要所で展開された。
一方、往年のバトル展開を望む声も多く序盤以降はバトル展開の比重を大きくし、バトル展開と冒険ファンタジーのバランスを取ったアニメとなっている。
結果として原作のドラゴンボールが辿ってきたプロットを形を変えて再編成したかのような構成にもなっている。

究極のドラゴンボール編

GT!



復讐鬼・ベビー

スーパーベビー



究極の人造人間

スーパー17号



7匹の邪悪龍

イーシンロン



ドラゴンボール超

ドラゴンボール超


2015年7月~2018年3月
時期列は魔人ブウ編後から、原作最終回までの間にある空白の10年間にあたる。
本作のストーリーは原作漫画を補完するシナリオである「神と神」「復活の「F」」と一部設定が異なるが、一方で映画と原作とで矛盾している部分を解消している部分もある。
他にもアニメオリジナルの要素や話なども多数追加されており、劇場版を見た者もそうでないものでも楽しめるようになっている。
2018年3月のTVアニメ終了にあたり鳥山先生は「テレビアニメは一旦終わってしまいますが、大人気のとよたろう先生の描く「DB超」の漫画はこのままずっと続きます。テレビアニメや映画とはまた違った展開もあると思うので、楽しみにしていてください。」とコメントしている。
また制作・放送局であるフジテレビも「シリーズが終了するわけではない」と説明しており、制作元である東映アニメーションも「ドラゴンボール」シリーズを主とする部署「第三映像企画部」を新設している。
以下のストーリーを「宇宙の神々編」という。

破壊神ビルス編

神と神(破壊神ビルス編)


魔人ブウとの壮絶な戦いから4年後。ドラゴンボールの力によってブウの記憶は人々から消え去り、地球は平和を取り戻していた。生き返った悟空ベジータは更なる強さを求め修行に明け暮れていたが、その地球に伝説の戦士超サイヤ人ゴッド」を求め破壊神ビルスとその付き人ウイスが現れる。そして同時に地球周辺では次々に星が消える不思議な現象が起こっていた…。

フリーザ復活編

ドラゴンボール復活のF


ビルスとの戦いから半年以上経ったある日。フリーザ軍の残党であるソルベタゴマという二人の宇宙人が軍の再起の為にドラゴンボールでフリーザを蘇らせようと地球に舞い降りた。そしてその願いは叶えられ蘇ったフリーザは自分を地球の地獄に追いやった悟空達に復讐するべく修行に励む。四か月後、パワーアップし新たな形態を手に入れたフリーザは1000人の兵士達と共に地球に襲来。地球を守るべく兵士達と戦う悟飯ピッコロ達、そしてウイスの元で修行した悟空とベジータは再びフリーザとの宿命の対決へと挑む。

破壊神シャンパ編


再びウイスの元で修行を続けていた悟空とベジータの前にビルスの兄弟で第6宇宙の破壊神であるシャンパが現れた。グルメな星・地球を欲するシャンパはお互いの宇宙から5人の選手を選出し戦わせる破壊神選抜格闘大会の開催を宣言。そしてその報酬には地球と超ドラゴンボールが選ばれた。ビルス達はシャンパ率いる第6宇宙チームに対抗すべく第7宇宙チームを結成。第6宇宙・第7宇宙、2人の破壊神のプライドをかけた戦いが今始まる。

“未来”トランクス編

DB超 新章突入賀圖


第6宇宙との格闘試合終了後、未来から青年姿のトランクスが再びタイムマシンに乗ってやって来た。なんと悟空そっくりの謎の戦士「ゴクウブラック」の手によって、未来の世界がまた窮地に陥ってるという。悟空とベジータは未来の世界を救うべくゴクウブラックの正体を追うが、次第に別宇宙の神々の思惑が交錯している事が発覚。後に破壊神や全王さえも巻き込む大事件に発展していく…。

宇宙サバイバル編

宇宙サバイバル開幕記念イラスト


未来の一件が解決した後、悟空の呼びかけにより全王が主催する宇宙規模の武道大会“力の大会”が開催される事になった。しかし、それは宇宙消滅をかけた戦いの幕開けだった。敗北した宇宙は全王の手によって消滅させられるというルールが設けられたのだ。悟空は自らの宇宙である第7宇宙を守るべく大会に出場する最強の10人チームを結成する。果たして悟空達は第7宇宙を守り切れるのか!?

ブロリー編劇場版のみ

映画「ドラゴンボール超ブロリー」 オリジナルポスター


力の大会後の平和な地球。宇宙にはまだまだ見た事のない強者がいると分かった悟空は、更なる高みを目指してベジータと共に修行に明け暮れていた。そんなある日、力の大会の功績で蘇ったフリーザが“ブロリー”と“パラガス”という名の2人のサイヤ人を連れて地球にやって来た。惑星ベジータの消滅とともに殆ど全滅したはずの“サイヤ人”がなぜ地球に?全く違う運命をたどってきたサイヤ人達の出会いは、壮絶な闘いへと発展していく…。

銀河パトロール囚人編(漫画のみ)

新たな敵?


ブロリーとの死闘から少し経った後、睡眠中の魔人ブウが謎の宇宙人達に誘拐される事件が発生した。サタンからの連絡を受け、悟空とベジータが駆け付けるが、2人も強力な麻酔で眠らされ連れ去られてしまう。2人が目を覚ますとそこにいたのはジャコ達、銀河パトロールであった。彼らを連れ去ったのは銀河パトロールであり、誘拐に関わったエリート隊員・メルスはその訳を話す。銀河刑務所から凶悪犯「星喰いのモロ」が脱獄してしまい、彼を再び捕まえるにはブウに関わるある人物の力が必要であったのだという。そしてその人物とはブウの中で眠る大界王神であった…。脱獄した謎の囚人を追い、悟空達の新たな冒険が今始まる!

劇場版一覧

ドラゴンボール(無印)

  1. 神龍の伝説(1986年)
  2. 魔神城のねむり姫(1987年)
  3. 摩訶不思議大冒険(1988年)


ドラゴンボールZ

  1. オラの悟飯をかえせッ!!(1989年)
  2. この世で一番強いヤツ(1990年)
  3. 地球まるごと超決戦(1990年)
  4. 超サイヤ人だ孫悟空(1991年)
  5. とびっきりの最強対最強(1991年)
  6. 激突!!100億パワーの戦士たち(1992年)
  7. 極限バトル!!三大超サイヤ人(1992年)
  8. 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦(1993年)
  9. 銀河ギリギリ!!ぶっちぎりの凄い奴(1993年)
  10. 危険なふたり!超戦士はねむれない(1994年)
  11. 超戦士撃破!!勝つのはオレだ(1994年)
  12. 復活のフュージョン!!悟空とベジータ(1995年)
  13. 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる(1995年)


無印リメイク(※GTの要素含む)

  1. 最強への道(1996年)


ドラゴンボールZ

  1. 神と神(2013年)
  2. 復活の「F」(2015年)


ドラゴンボール超

  1. ブロリー(BROLY)(2018年)


実写版

  1. DRAGONBALLEVOLUTION(2009年)


人物

  1. 地球人
  2. サイヤ人
  3. ナメック星人
  4. フリーザ軍
  5. ヤードラット星人
  6. 界王神
  7. 破壊神
  8. 天使
  9. 全王


宇宙

  1. 第1宇宙
  2. 第2宇宙
  3. 第3宇宙
  4. 第4宇宙
  5. 第5宇宙
  6. 第6宇宙
  7. 第7宇宙
  8. 第8宇宙
  9. 第9宇宙
  10. 第10宇宙
  11. 第11宇宙
  12. 第12宇宙


作品中の暦

ドラゴンボールシリーズでは“エイジ”と呼ばれる独自の暦が使われている。
作中の時間軸は、原作においてはエイジ749年9月1日からエイジ774年5月8日約24年半の間の出来事となっている。
(原作最終話の舞台となる第28回天下一武闘会までの数話のみエイジ784年)

このエイジ暦は当初、ドラゴンボールの舞台が実際の現代の地球とは別世界であるという演出の為に設定された完全に創作内だけの暦であったが、後にドラゴンボールシリーズの設定を整理する際に前作『Dr.スランプ』と同一の世界であるとされたため(ドラゴンボール大全集より)、エイジ749年は西暦1983年となった。

実際の歴史より科学技術が発展しているように見えるが、ドラゴンレーダーホイポイカプセル意外はエイジ749年までに則巻千兵衛によって開発されている技術である。
(例えば、ドラゴンボールによく出てくる反重力装置は、千兵衛が1982年に非ヒューマノイド型異星人から譲ってもらったものを元に開発している)

タグ

ドラゴンボールの光落ち・闇堕ち  ドラゴンボール三大悪役

関連項目

ドラゴンボール  ドラゴンボールZ 
ドラゴンボールGT  ドラゴンボール超
ドラゴンボール(劇場版)

ドラゴンボールの登場人物一覧
ドラゴンボール関連曲一覧
ドラゴンボールのゲーム一覧

関連記事

親記事

ドラゴンボール どらごんぼーる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ドラゴンボールシリーズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3315

コメント