ピクシブ百科事典

概要

漫画では名前だけ登場、容姿が明らかになったのはアニメ「ドラゴンボールZ」である。
漫画では「ヤードラット人」という名称であった。

漫画においてヤードラット星が登場したのは、孫悟空が崩壊するナメック星から脱出した時。彼がギニュー達の小型宇宙艇を使い、ナメック星からこの星へと辿り着いた際のことである。
宇宙艇がこの星へと向かったのは悟空の操縦によるものではなく、ギニュー特戦隊フリーザからの招集がかかる直前までヤードラット星を攻めていた関係で、目的地がここにプリセットされていたためである。
それ故にこの星の人々は、彼らにとっての仇であるギニュー特戦隊を倒した悟空やベジータには感謝している。

ベジータ曰く「力はないが不思議な術を使う」民族。

彼らの使用する技の中では瞬間移動が有名。とは言っても後述する「銀河パトロール囚人編」に至るまでの長きに渡り、原作漫画ではそれしか披露していなかったのだが・・・。
悟空が習得期間や使い道を考えた中で瞬間移動が一番便利な術だと判断したのかもしれない。

オンラインゲームドラゴンボールオンライン」には容姿が異なる別のタイプのヤードラット人も登場する。
ドラゴンボール超」では第2宇宙チームにヤードラット星人の戦士・ジーミズが登場したが、瞬間移動以外には特に不思議な術というものを使う素振りはなかった。

そのことからその他の不思議な術は戦闘向きではないとする説を挙げる視聴者もいる。

銀河パトロール囚人編」ではモロを倒す術を教わるため、ベジータが初めてヤードラット星に訪れることに。
明らかになった情報によると瞬間移動以外にも分裂巨大化などの術も使えるようで彼ら曰く、術を扱うにはスピリットのコントロールが必要になるようだ。彼らによると元々はスピリットのコントロールを学ぶ過程で様々な術が生まれたとのこと。
このエピソードでピバラとハツカという名前のヤードラット星人が登場した。
第7宇宙のヤードラット星人はネズミ目の動物の名前が由来になっている。

関連タグ

ヤードラット服
スピリットの強制分離

関連記事

親記事

ドラゴンボール どらごんぼーる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ヤードラット星人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1711

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました