ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

銀河パトロール囚人編

ぎんがぱとろーるしゅうじんへん

銀河パトロール囚人編とは、漫画版『ドラゴンボール超』のオリジナルストーリーである。
目次 [非表示]

概要

漫画版『ドラゴンボール超』オリジナルストーリー。

TVアニメ版は2018年3月で最終回を迎えたものの、こちらはその後も連載を続けており、本エピソードから完全新作のストーリーとなる。


時系列は劇場版『ブロリー』のその後の世界。

漫画版ではブロリー編を2ページでカットし、力の大会終了後から物語は始まる。

エピソード名の通り、本作の舞台はジャコ達「銀河パトロール隊」。

一時的に入隊した悟空たちと、銀河刑務所から脱獄した最凶の死刑囚『星喰いのモロ』との戦いが描かれる。


今のところ、漫画版のみの発表であり、TVアニメ版の第2期の発表は無い。

2019年4月時点で、東映アニメーションの林田師博氏は2期について「まだ本当に何も決まっていない。少なくとも我々東映アニメーションは何も聞かされていなし、いつ始まるとも聞いていない。皆さんと同じで(再開を)楽しみにしている。」とコメントしている。(ソース)


本章終了後も漫画版の連載は続いており、新章「生残者グラノラ編」へと繋がっている。


あらすじ

ブロリーとの死闘から少し経った後、睡眠中の魔人ブウが謎の宇宙人軍団に誘拐される事件が発生した。サタンからの連絡を受け、悟空ベジータが駆け付けるが、2人も強力な麻酔で眠らされ連れ去られてしまう。2人が目を覚ますとそこにいたのはジャコ達、銀河パトロールであった。彼らを連れ去ったのは銀河パトロールであり、誘拐に関わった隊員・メルスはその経緯を話す。銀河刑務所から凶悪犯が脱獄してしまい、その凶悪犯を再び捕まえるにはブウに関わるある人物の力が必要であったのだという。そしてその人物とはブウの中で眠る大界王神であった…。脱獄した謎の囚人を追い、悟空達の新たな闘いが今始まる!


主要人物

悟空と仲間達


神々


銀河パトロール


重要キャラクター


サガンボ銀河強盗団


余談

本作で初登場のキャラクターには、これまで同様既存の言葉をひねった名前が付けられているが、

敵キャラクターである銀河刑務所の囚人たちの名前は、なぜか栃木県と関係が深いものがモデルになっているものが多い。


物語の流れ

魔人ブウ編神と神(破壊神ビルス編)→復活の「F」(フリーザ復活編)→破壊神シャンパ編“未来”トランクス編宇宙サバイバル編ブロリー(BROLY)銀河パトロール囚人編生残者グラノラ編スーパーヒーロー平穏な世界編(原作最終回)


関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボール超

ジャコ・ティリメンテンピボッシ ブロリー(映画のタイトル)


関連リンク

【『ドラゴンボール超』15巻でついに完結!「銀河パトロール囚人編」の激闘をダイジェストで振り返る!!】(外部リンク)

関連記事

親記事

宇宙の神々編 うちゅうのかみがみへん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45036

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました