ピクシブ百科事典

17号

じゅうななごう

『ドラゴンボール』の登場人物。
目次[非表示]

概要

CV:中原茂

ドラゴンボール』に登場するキャラクター。
レッドリボン軍の天才科学者ドクター・ゲロによって作り出された人造人間

地球人の男性を素体に改造手術を施されたバイオタイプ(サイボーグ)の個体であり、同じく人造人間である18号双子の姉弟の関係。体内には「永久エネルギー炉」を持っており自身の持つ力が尽きることが無く、生身の人間のように息切れなどを起こすことがない。

長らく本名は不明とされていたが2014年発行の『DRAGONBALLフルカラー人造人間・セル編』第6巻にてラピスという名前が公表された。因みに姉の18号は「ラズリ」で、由来は二人合わせて宝石の「ラピスラズリ」から来ている。

人物

容姿

姉の18号と双子ということもあり、同じく切れ長のツリ目とストレートヘアーが特徴の、シャープで中性的な顔立ちの青年。衣装は白と黒のTシャツの重ね着で、首にオレンジのバンダナを巻いている。胸にはレッドリボンの軍章が施されている。また、腰には拳銃を携えている。

性格

自主性を優先し、束縛を嫌い自分の思いのままに行動することを好む性格。
ドクター・ゲロのことは、改造された時の経緯から恨んでおり言うことも聞かなかったが、そもそも彼の性格的に誰かから命令されるのは大嫌いだったようである。それでも自分が行動する理由は欲しかったようで、結局ゲロの悲願である孫悟空を殺すことを目的として行動するようになるが。

戦いをゲーム感覚でとらえ、一対一のフェアな戦いを好む。
人造人間でありながら無駄なことを好み、悟空の居る場所に行く時も飛んでいけば早いのにわざわざ車を調達してドライブを楽しんでいる。
こうした遊戯性を優先したがる一面から18号には「子供っぽい」と呆れられている

人造人間の中でも最強である自分こそが宇宙で最も強い戦士と思い込んでおり、言葉の端々からその自信をのぞかせる。しかしながら実際は、同じ人造人間でも16号のほうが彼よりはるかに実力は上である。

未来のトランクスが暮らす別次元の17号は、悟空たちの時代の彼と異なり残虐そのもので、腰に携えた拳銃を使い一般人に自分を撃たせたり、逆に瓦礫で身動きの取れない相手にトドメを刺したりなど、猟奇的な趣向のために使用している。

ドラゴンボール超』で再登場した際には環境の変化や加齢などにより成熟した精神に成長。
セルとの戦いから大幅に戦闘力を上げたが以前の様に自ら最強を誇示する事はなく、その自信からくる傲慢的な態度も消え、自身より強い存在を素直に認たり、仲間が危機に陥るとその身を案じたり、時には自らの身を挺してまで仲間のピンチを救うなど仲間思いな面も覗かせた。

初めて出会った悟空やその仲間達とも打ち解け18号から「悟空とは似た者同士」と評されている。
以前激闘を繰り広げたピッコロとは和解し、悟飯には即席のコンビプレー故の戦い方を伝授した他、同じく初めて出会ったフリーザとコンビを組む事も多く、フリーザの実力も認め、その強さを信頼していた。
また対戦相手の1人であるジレンにも、彼の「強さこそ正義」という生き方に疑問を投げかけ、彼がその生き方を考え直す間接的なきっかけを作った。

一方で子供らしく冗談めいた面は変わらず、18号とクリリンの娘で、自身の姪にあたるマーロンに年齢を聞かれた際には「17歳だ」と答えたり、リブリアンとの戦いで彼女の独善的思考から「極悪非道の冷血漢」呼ばわりされた際には、それを否定することなく逆にわざとらしい悪人を演じたりとコミカルな面を見せた。

作中での活躍

人造人間・セル編

勝手に人造人間に改造されたことから18号共々ゲロを恨んでおり、起動した当初はゲロの言うことを全く聞かず暴れまわったため、研究室に格納されていたが、19号を破壊されたドクター・ゲロがやむなく18号と共に再起動。

目覚めた当初こそ従順な態度を見せていた17号達であったが、隙をついて自分たちの緊急停止コントローラーをゲロから奪って破壊してから態度を急変。躊躇なくゲロを殺害した。ゲロ曰く「失敗作」であるという16号も起動させ、とりあえず自分たちの作られた目的である孫悟空を殺すために行動を開始する。

その後、地球の神と融合して大幅にパワーアップしたピッコロと激闘を展開。
そこに乱入してきた未来の人造人間・セルによって吸収されてしまう。彼を吸収したことによりセルは第二形態に成長。さらに続け様に18号を吸収しようとし、その際に彼女を油断させるため、吸収した17号の声色を使い説得による誘導を行っている。

最終的に孫悟飯によってセルが倒された時、体内に吸収されていた17号も一緒に死亡したが、ドラゴンボールの力を使いクリリンの願いで18号共々体内の自爆装置を取り除かれてた状態で生き返った。
また逆に未来の世界では18号と共に滅亡寸前までに追い込んだ17号はトランクスの手により死亡した。ちなみに現代より凶暴な性格ではあるが戦闘力自体は現代に劣っていたという。

なお、ターゲットとしていた悟空とは未来、現代含め1度も出会うことはなかった

以降は長らく本編に登場していなかったが、魔人ブウ編終盤において悟空の呼びかけに答え元気玉の生成に協力する形で再登場を果たす。2014年発行の『DRAGONBALLフルカラー人造人間・セル編』第6巻によると、セルとの戦いの後は王立自然公園の動物保護区で保護官として勤め、動物学者の女性と結婚し、実子1人と養子2人の計5人で暮らしていたらしい。
アニメ『ドラゴンボールZ』では加えて、通りすがりの人を猟銃で脅して手を挙げさせている。

なお、この時悟空の声を懐かしむような発言をしているが、上記の通り17号は孫悟空との面識はない。これは当初ランチが登場するはずだったのが急きょ変更されたためにこのような台詞になったとのこと(余談だが、アニメ版ではランチも元気玉の準備に協力する描写が存在する)。『ドラゴンボール超』ではこの辺りも補完され、アニメ版では元々悟空の声を知っていた(恐らくドクターゲロによる改造)と語られ、さらに漫画版ではセルに吸収されていた際に彼の肉体を介して悟空の姿や声を認識していたことを語っている。

ドラゴンボールGT

17号詰め
スーパー17号



地獄(あの世)のドクター・ゲロが、同じく地獄に堕ちた宇宙の科学者ドクター・ミューと手を組み、17号を複製した“新17号(ヘルファイター17号)”を作り出す。外見こそ瓜二つだが、ヘルファイター17号はミューのマシンミュータント技術を使ってある為、本物よりも強力で尚且つ感情を持たず、ミューやゲロの命令に従い残虐非道な破壊活動をおこなう。

ゲロによれば、17号は本来ならばセルをも上回る戦闘力を持っているが、人間の感情が邪魔してその潜在能力を発揮できずにいるらしく、新17号はそうした不完全な回路を補う目的で開発したという。地獄から新17号によりその心に付け入るようにコントロールされる。その後は二人の17号で共鳴し合い、地獄と現世を繋げる巨大なトンネルを生成し、かつての悪党たちを次々とこの世に招き込んでしまう。同時に自身も地獄の力で残虐非道な破壊者へと変貌し、説得しようとする義兄・クリリンを殺害し、実姉18号にも危害を加えた。

さらに、地獄で新17号と合体し“超17号(スーパーじゅうななごう)”に変身を遂げる。
当初は超サイヤ人4の悟空に歯が立たなかったが、20号19号と同じ様に手の平にエネルギー吸収機能が備わっており、それで悟空のかめはめ波などの気弾を吸収して徐々にパワーアップし、超サイヤ人4の悟空を圧倒する程強力になる。

だが18号と悟空のタッグを前に超17号が倒され、その際に17号も死亡。悟空いわく双子の姉で唯一の肉親である18号に対しての情は残っていたのでは? と話しており、実際に超17号になっても攻撃するのを躊躇う姿を見せていた。

最終回時点では悟空を最後に願った神龍への願いで他の地球人たちと一緒に生き返っているが、尺の都合で出番は削られてしまったとのこと。

ドラゴンボール超

人造人間17号 ラピス
17号 & 18号



第86話で登場。
セルとの戦いから現在までの約13年の間、前述の通り王立自然公園の自然保護官として生計を立てており、現在はとある保護区に単身赴任中で家族とは離れ離れで暮らしている。姉の18号とは、直接会うことはないにしろ連絡を取り合っていたらしい。

全宇宙対抗の武道大会「力の大会」における第7宇宙の代表選手の1人として、かつての標的であった悟空からスカウトを受ける(悟空とは実質このときが初の対面となる)。当初は、主催者である全王が掲示した「負けた宇宙は消滅」という不条理なルールを聞かされても「みんなそろって消えちまうならしょうがない」と悟空の申し出を拒否したが、その最中に現れた密猟者退治で悟空と共闘し借りが出来てしまったため、参加を承諾した。

「実力を見たい」という悟空に応え手合わせをするが、保護官となってからもずっとトレーニングを続けていたらしく戦闘力は人造人間編時より遥かに上昇し、両者本気ではなかったとはいえ超サイヤ人ブルーの悟空と互角に渡り合った。

その後は18号をはじめ同じく大会に参加する戦士たちと対面し、かつて敵として戦ったピッコロと再会した際は一触即発かと思いきや、ピッコロから宇宙存亡のために協力してくれた事に礼を述べられ、共に健闘しようと握手を交わし和解した。

大会本戦では、単独で第2宇宙のカクンサやビカル、ロージィを、悟空との連携で第4宇宙のダモンを、続いて悟空、悟飯ベジータフリーザとの協力で第3宇宙の合体戦士アニラーザを倒す活躍を見せる。しかし、強敵である第11宇宙ジレンとの対戦では苦戦を強いられ、自ら体を張り悟空とベジータを庇い、ジレンからの攻撃を掻き消す為に自爆を図る。なお、この際ジレンは悟空達に対し「自らを犠牲にして弱きお前らを助けたアイツに感謝しろ」と、その心意気を認める発言をしている。

この自爆によって死亡したかと思われたが、辛うじて生存しており、終盤、身勝手の極意の反動で倒れた悟空がジレンにトドメを刺される直前にフリーザと共に救援に入る。悟空との接戦で力が大幅に落ちていたジレンを2人で既のところまで追い詰めるが、ジレンが舞台外のトッポの叱咤激励を受けて再燃し、押し返されてしまう。

2人の援護によりなんとか状態を起こせるまで回復した悟空が合流し「力が残された今でないとジレンを倒せない」と強調。フリーザもとうとう彼の熱弁に折られ、最後の力を振り絞り3人共闘体制で戦うことになる。17号は、前線に立った悟空とフリーザの背後から気弾による援護を行い、途中、ジレンの強襲を受けはしたもののなんとか片手一本で舞台上に残り、直後にフリーザと悟空が全力の猛突進で、ジレンを道連れとなる形で場外に落とした。これにより、唯一舞台上に残った17号が大会の最優秀選手に決定し、超ドラゴンボールに願いを1つ叶えさせる権利を与えられた。

当初は苦労をかけている自身の家族のための願い事を考えていたが、悟空の顔を見た17号はその願いを蹴り「大会で消された全ての宇宙を元に戻す」ことを願った。すべてが終わり駆け寄った18号から「自分の願いはよかったのか」と心配されたが、「仕事と家族サービスの両立は自力でする」と返した。
(ちなみに大神官曰く、全王は勝ち残った人間なら必ずこの願い事をしてくれると期待していたらしく、もし他の私利私欲による願い事をしていたら第7宇宙も消滅させるつもりだったらしい)

EDにて流されたエピローグでは、ブルマと交わした約束としてクルーザーを譲り受けたようで、ブルマたちとのパソコン通信でクルーザーで旅行する姿が映されていた(ただし家族は未だ未登場であった)。

ゲーム

多くの作品に出演しているが、作中では18号よりも出番が少ないためかサポートキャラやアシストキャラ、シナリオのみの登場ということも多い。また姉の夫で義兄であるクリリンとの特殊会話があるゲームも存在する。

また『ドラゴンボールヒーローズ』では17号の強化形態超17号のさらに上の形態が登場。セル吸収超17号や16号吸収超17号、18号吸収超17号などやりすぎなオリジナル形態が多数登場する。

関連イラスト

24号さんへ!【イラリク作品】
私の画風による


.
17号



別名・別表記

人造人間17号 新17号 超17号 ラピス

関連タグ

ドラゴンボール
人造人間(ドラゴンボール) 18号 16号 ドクター・ゲロ セル
クリリン マーロン 人造人間17号
ラピスラズリ ラズリ

pixivに投稿された作品 pixivで「17号」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1814267

コメント