ピクシブ百科事典

16号

じゅうろくごう

人造人間16号は、鳥山明の漫画『ドラゴンボール』の登場人物。
目次[非表示]

概要

CV:緑川光

ドクター・ゲロによって作り出された人造人間
17号18号のような素体となる人間を機械改造して製造されたバイオタイプ(サイボーグ)ではなく、全てが機械で造られたメカタイプ(アンドロイド)である。

レッドリボン軍を壊滅させた孫悟空を抹殺するために、あらゆる武器や兵器を搭載した「最強の人造人間」として製造されたものの、悟空を殺す以外のことはプログラムされていなかったことや、製作の過程でゲロ自身が16号に対して抱いたとある情(後述)が反映されたためか、争いに対して消極的な性格となってしまいゲロからは「失敗作」とみなされ、長らくスリープ状態で保管されていた。

超サイヤ人に覚醒したベジータに対抗する切り札として、ゲロによって17号と18号が起動させられるが、二人は自分たちを勝手に機械改造したゲロを恨んでおり起動から間もなくゲロを殺害する。その後、ゲロが最期まで起動を拒んでいた16号の存在に興味を持った二人により解放され、「孫悟空抹殺」という共通した目的完遂のために共に行動する。

人物像

容姿

髪はオレンジ色の癖毛で、ボリュームのあるモヒカンカット。
長身かつ屈強な体格で、両手以外の全身を覆う黒いインナーの上に腕や胴体など各所にライトグリーンのプロテクターを着用している。

両前腕は着脱式で、ロケットパンチとして発射可能。さらに、その接続部である上腕側の断面には強力な気功波を噴射する砲口が収納されている。体内には17号、18号と同様の「永久エネルギー炉」の他に、二人にはない「パワーレーダー」が内蔵されており、特定の相手の強さや位置を把握することが出来る。

その他、最終手段として相手を道連れにするために、ブルマ曰く「地球がぶっ飛ぶ威力」の超高性能爆弾が内蔵されているなど、まさに全身が兵器そのものとも呼べる様々な機能が搭載されている。

性格

上記のような体質とは裏腹に、争いを好まず自然や動物を愛し、弱者を思いやる心を持った穏やかな性格の持ち主。

口数は少なく、仲間と共に行動している間も会話に参加する機会は少なかったが、それでも他者への思いやりは強く、セルが17号を吸収して第2形態になった際には近くにいた天津飯に逃げるように促し、恩を受けたクリリンに対しては感謝の言葉を述べ、自身が満身創痍の状態になりながらも思い悩む孫悟飯を激励するなど、ときには言葉で他者を奮い立たせる場面も。

セルが自らセルゲームの会場を吹き飛ばした際には、普通の人間であるミスター・サタンたちを助けるなどの気配りも見せている。

ただし、孫悟空に対してだけは「自分は彼を殺すために作られた」という理由から、決して馴れ合おうとはしなかった。
悟空から握手を求められた際も冷たく拒絶しており、「暗い奴だな」と評されている。

作中での活躍

Z戦士たちとの戦いを「ゲーム」と称して興じる17号たちとは対称的に、孫悟空以外の相手と無闇に争うことを快く思わず、当初はベジータたちとの闘いに全く関心を示さずに小鳥と戯れるなどしていた。

ゲロの遺したバイオ人造人間・セルが現れた際に初めて戦うことを決意。ピッコロや17号よりはるかに強いセルと互角に渡り合い、完全な機械であるためセルの吸収攻撃が効かないなどの特性もあり優位に立つが、17号を吸収し第2形態になったセルには力及ばず、右側頭部を破壊され倒される。

その後、クリリンの計らいでカプセルコーポレーションのブルマから修理を受け快復。この際、レッドリボン軍のマークに代わりカプセルコーポレーションのロゴマークが張られていた。

再びセルと戦うためにセルゲームに参加する。すでに18号を吸収し完全体となったセルに対し、気を持たない体質を生かし間合いを詰め、セルと共に自爆しようとしたが、修理の際に爆弾が取り除かれていたことを知らされ戦意喪失。セルに「もっとも、爆弾如きでこの私が死んだとも思えんがね」と吐き捨てられた後、頭部を残して破壊されてしまう。

頭部のみになってもなお意識は残っており、近くにいたミスター・サタンに頼み孫悟飯の近くまで放り投げてもらう。絶望する悟飯にアドバイスを送ると共に、自分の愛する自然と動物たちを守ってほしいという未来への希望を託し、最期の言葉の直後にセルに踏み潰された。
結果的に彼の死(破壊)は、悟飯が超サイヤ人2への覚醒を導く重要な役割をはたした。

セルの撃破後、悟飯たちは神龍に「セルたちに殺された人々を生き返らせてほしい」と願い、セルに吸収された人間たち以外に17号も生き返っているが、元々がアンドロイド(人工物)である16号が蘇った描写はない。

他作品での活躍

『ドラゴンボールZ Sparking! METEOR(PS2/Wii)』では、専用のストーリーである「心優しき人造人間編」が存在する。タイムマシンを使い過去を訪れ少年時代(マッスルタワー攻略後)の悟空の命を狙い、悟空を守るため立ちはだかる“ハッチャン”こと人造人間8号と戦うことになる。ルートによっては悟空たちと和解するシナリオも存在する。

対戦モードでは、ドクター・ゲロとの専用の会話演出の中で「お前に従うようにはプログラムされていない」と発言しており、創造主を倒すことに全くためらいを見せない。同じく悟空抹殺を目的とする人造人間13号(劇場版オリジナルキャラクター)に対しては「孫悟空を殺すのは俺の任務だ」とライバル視する台詞を発している。

キャラクター図鑑のチチの説明によると、悟空が「ハッチャンに似ている」と言っていたらしい。

自然を愛する彼の性格はゲームにも現れており、『ドラゴンボールZ 真武闘伝(SS)』や『ドラゴンボールZ2 Super Battle(AC)』のエンディングでは、自然や動物たちと共に生活する姿が見られる。

得意技

※ 技名は後年のゲーム作品におけるもの。

  • ヘルズインパクト
両腕を相手にめがけて射出するロケットパンチ攻撃。

  • ヘルズフラッシュ
両腕を小脇に挟んで外し、ダウンした相手にめがけて強力な気功波を放出する。

  • 自爆
相手を取り押さえた状態で、体内に内蔵された自爆装置を作動させて敵もろとも爆発する。
原作では取り除かれて使用できなかったものの、後年のゲーム作品では概ね実装され、相手と共倒れになるドロー狙いか、もしくは自分の体力を1残して相手にダメージを与える技となっている。

余談

『DRAGON BALL フルカラー 人造人間・セル編 3巻』の「DRAGON BALL 龍球問答 鳥山明先生がお答え!!」によれば、16号は若くして戦死したドクター・ゲロの息子をモデルにして作られたと解説されている。レッドリボン軍の上級兵士であったゲロの息子は戦線で敵の銃弾により死亡したとされ、この出来事からゲロも息子に似た16号を製作する際に、戦闘で破壊させたくないという思いが無意識に働き、結果的に心優しい性格を持つようになったという。

ドラゴンボールZ』のデジタルリマスター版である『ドラゴンボール改』では新規に音源も再収録されており、当時の声優陣の引退や逝去に伴い一部キャスティングが変更となっている。16号のCVを担当する緑川光氏は同役を続投すると共に、本作から新たに天津飯も演じており、劇中で16号と天津飯が会話を交わす場面では氏が一人二役を演じる事となった。

関連イラスト

16号
16号



関連タグ

ドラゴンボール
レッドリボン軍 人造人間(ドラゴンボール)
ドクター・ゲロ 17号 18号 セル
人造人間16号(表記揺れ)

pixivに投稿された作品 pixivで「16号」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 228424

コメント