ピクシブ百科事典

ツタコタツ

つたこたつ

ツタコタツとは、ミケラが生み出したトリノイド第16号である。
目次[非表示]

「テメエ等、正義の味方の癖に嘘吐きやがって!」
CV:桜井敏治

概要

ミケラこたつの3つのモチーフを融合させて作り出したトリノイド第16号。名前が回文になっている唯一のトリノイドである。
上半身がこたつの台に乗っかった黄色い蛸となっており、左右合わせて4本の腕からは無数の蔦が垂れ下がっている。下半身もこたつとなっており、その左側には自身の製造ナンバーである「16」の刻印がある。そして蛸らしく「~タコ」が口癖。

蛸らしく吸盤状の両腕を伸ばし、グルグル巻きにして捕らえた任意の2人を「タコタコチェンジ」で人格を入れ替えては街中を大混乱に陥れる。
そして暑い夏に背中のこたつから高温の熱気を放つ「真夏のコタツ」で人々を襲う。その熱波の温度たるや約1530℃と相当高く、鋼鉄をも溶かす程に熱い。
極め付けの技として、美味しそうなたこ焼き型の爆弾を飛ばす「たこ焼きボンバー」は小さくても抜群の破壊力を持つ為、喰らった相手は大ダメージ必至である。

活躍

ミケラに生み出され、アナザーアースに侵攻するなり真夏のコタツ攻撃で人々に襲い掛かる。其処へ駆け付けたアバレンジャーに対し、「お詫びの印」と称してたこ焼きボンバーで攻撃する。
更に伸ばした両腕でレッドブルーを捕らえると、タコタコチェンジで2人の人格を入れ替える事によって変身不能に陥れ、そのまま逃走した。

逃走先で追い掛けて来たブラックに圧倒され、他の3人も駆け付けるが、そこにアバレキラーまで乱入。
だがアバレキラーの協力を拒否したツタコタツは、事も有ろうに彼も入れ替えようと触手を伸ばすも逆に切断され、ミケラに直して貰う為に止む無く撤退した。

侵略の園に帰還してミケラから再生して貰った後、破壊の使徒ジャンヌの提案で大勢の人々の人格を入れ替えて行き、人間社会を大混乱に陥れようと画策。
ホナミと舞を人質に取るが、「らんるの開発した『らんらんチェンジシステム』(※ただのホース)で凌駕幸人の人格を戻した」と言う芝居に引っ掛かり、逆上した余りにタコタコチェンジで2人の人格を元に戻してしまう。その拍子に人質を解放した事でレッドの猛攻に圧倒された末、スーパーダイノダイナマイトを受け倒される。

直後にジャメーバ菌を含む雨を破片が浴びた事で再生巨大化すると、続く巨大戦でティラノサウルストリケラトプスの人格を入れ替えてアバレンオーへの爆竜合体を妨害する。が、結局は許してしまうものの、それでも上手く操縦出来ないアバレンオーを攻撃するも、其処へ突如乱入したキラーオーの爆竜必殺デススティンガーを喰らい、敢え無く爆散。ティラノサウルスとトリケラトプスも元に戻るのだった。

余談

モチーフは上記の通りこたつであり、劇中でミケラが使用したカラーはそれぞれ蔦がブドウ科蔓巻きエキス入りツタの絡まる色、蛸が頭足綱八腕目吸盤エキス入りアッツアツたこ焼き色、こたつが自然エキス入り夏コタツ色

声を演じた桜井氏は『忍風戦隊ハリケンジャー』の次元忍者フタブタ坊以来、2年ぶりのスーパー戦隊シリーズ出演となった。次回作の『特捜戦隊デカレンジャー』ではリバーシア星人ボンゴブリン・ヘルズの声を当てている。

関連タグ

爆竜戦隊アバレンジャー 邪命体エヴォリアン ミケラ トリノイド

アベコンベ(シンケンジャー)6年後の同じく第27話に登場する戦隊怪人で、こちらも人間の中身を違う物と入れ替える事が出来る。但し、こちらは人間以外の器物も能力の対象となる。
マダコダマ:『天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー』に登場する、同じく蛸モチーフ&名前が回文繋がりの戦隊怪人。
レガエル8年後の同じく第27話に登場する戦隊怪人で、こちらもこちらも人間の中身を違う物と入れ替える事が出来る。

メ・アグリ・ダ:『仮面ライダークウガ』において、同じく16号のナンバーを冠するライダー怪人

関連記事

親記事

トリノイド とりのいど

兄弟記事

コメント