ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「私も、アバレたくなってきたぞ!」
CV/演:佐竹雅昭

概要

ミケラが瑠璃リンドウの3つのモチーフを融合させて作り出したトリノイド第2号。
左右合わせて9つの瑠璃色の目を持った蛭其の物と言うべき頭部に、リンドウの花を思わせる襟飾り、そしてメタリック且つスマートな胴体の四肢と胸部にも複数の瑠璃が付いた外見をしている。
後にアバレンジャーからダイノガッツを奪ってパワーアップした際には、その内の両肩の瑠璃がまるで角の様に鋭く変化する。

テンサイキックと同様、邪命体エヴォリアンの最初のアナザーアース侵攻の際に密かにアナザーアースに送り込まれていた。潜伏の際には佐竹昭雅と言う最強の格闘家に化けていた。
ターゲットに自身の分身である「エネルギー吸収ヒル」を吸い付かせる事で、そのエネルギーを吸収して瑠璃に結晶化させる能力を有しており、これを飲み込む事で相手の能力を自身の能力にする事が出来る。戦闘の際にはこうして相手のパワーを吸収する事で戦闘不能に陥れる。また、身体から生えたリンドウの根は良く効く薬にもなり、どんな怪我も回復させる事が出来る。

活躍

上記の通り、アナザーアースには最強格闘家・佐竹昭雅として早い段階から潜伏しており、当初は邪命神デズモゾーリャに捧げる最強の肉体を創り出すべく有名スポーツ選手の優秀な能力を我が物にしようと目論む。
だが、幸人の目の前でサッカー選手の能力を奪った事で怪しまれてしまい、凌駕達3人は次は佐竹が狙われると考え、正体も知らずに自身の元にやって来たが、壬琴ヤツデンワニで電話してその事を伝えた為、そのまま3人を罠に嵌めようとする。

そして3人の前で正体を現すやハンマー投げの要領で凌駕を投げ飛ばす先制攻撃を決めた後、アバレンジャーとの戦闘に突入。
新体操選手の能力でアバレンジャーを片手からの鞭で縛り上げるも、レッドアバレイザーの射撃に怯む。だが、直ぐにティラノロッドの攻撃を物とせず逆に強奪し、ゴルファーの能力でティラノロッドによって打ち飛ばしたボールで攻撃。3人のダイノガッツも吸収した事でアバレンジャーを変身解除に陥れる。

3人から吸収した能力を瑠璃の結晶に変えて飲み込み、両肩の瑠璃を大きな角の様に変化させてパワーアップを果たすと、変身できない3人をアバレンジャーとしての彼等の攻撃方法で追い詰める。
更に自身を援護する為にアバレキラーも参戦するが、彼が取り出したダイノハープを見た3人はアスカの事を思い出し、奮起した3人は心の力から無限に湧き出るダイノガッツによって再変身する。そんな3人に対して負けじとアバレキラーと共に迎え撃つヒルリンドウだったが、アバレモードのアバレンジャーに圧倒された末、ダイノダイナマイトを受け倒される。

直後にジャメーバ菌を含む雨を破片が浴びた事で再生巨大化する。
軽い身のこなしによる連続蹴りでアバレンオーを圧倒し、参戦したキラーオーと共に片手からの光線で苦戦させるが、スティラコサウルスダイナギャリーが爆竜合体したマックスオージャのランフォゴールドの斬撃を受け、怯んだ所へ止めのマックスショルダーアタックを喰らって爆散した。

余談

モチーフは上記の通り瑠璃リンドウであり、劇中でミケラが生み出す際に使用した色はそれぞれ蛭がヒル類顎蛭目吸血エキス入りチューチューヒル色、瑠璃が装飾エキス入りラピスラズリ色、そしてリンドウがリンドウ科特効薬エキス入りゲンチアナ色

人間態及び怪人態の声を演じた佐竹雅昭氏は、格闘技イベントとして国内外で高い知名度を誇るK-1の創成期に、日本人選手のエースとして大会を盛り上げていた事で有名な空手家である。全盛期は彼を主人公にした実録漫画が週刊少年チャンピオンで連載されていたほどであり、役名と演者名が同一であることや「以前から最強格闘家として潜伏していた」という設定を踏まえると、一種の本人役出演とも言える。
ちなみに劇中ではサッカー選手の能力を奪った事で正体がバレたが、佐竹氏の現役時代の必殺技はローキックなどの蹴り技であった。

関連タグ

爆竜戦隊アバレンジャー 邪命体エヴォリアン ミケラ トリノイド

ヒルドリル:『鳥人戦隊ジェットマン』に登場した、蛭モチーフの先輩怪人。

ドーラキマイラ恐竜スーパー戦隊第1作目『恐竜戦隊ジュウレンジャー』の怪人で、同じく自身の強化の為にアスリートの能力を奪う繋がり。

関連記事

親記事

トリノイド とりのいど

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ヒルリンドウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 544

コメント