ピクシブ百科事典

仲代壬琴

なかだいみこと

『爆竜戦隊アバレンジャー』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

「ザコを倒して喜ぶのも、終わりだぜ…そろそろ最強プレイヤーの出番だな。」

概要

演:田中幸太朗

第18話から登場。
苗字の由来は、「中生代」からである。

医大を飛び級して卒業し14歳で医師免許を取った天才外科医で、天才でありすぎたために周囲から異端視され仲間と呼べるものがいない孤独な生活を送っていた(親ですら彼を恐れるあまり養子に出す形で実質捨ててしまっている)。
そして「努力する楽しみ」と「達成する喜び」を知らず、それによる虚無感を埋めるときめきを求め続けていた。
を助けようとして暗黒爆竜に襲われた伯亜凌駕を救ったことから、伯亜凌駕から「仲代先生」と呼ばれるようになる。

性格は冷静を通り越して冷徹ですらあるが、荒っぽい面も併せ持っている。
またかつては医師であった為か頭もそれなりに良く狡猾で自分が愉しむためならば命も顧みない。
その性格故かアバレンジャー達の名乗りを『ダサい』と一蹴するばかりか、名乗りを上げている最中に攻撃を叩き込むというヒーローもののお約束をぶち破る凶悪な戦法を披露したことがある

実はダイノガッツに惹かれていた一人だったが、爆竜3体が先にパートナーを見つけてしまったため結果的にあぶれる。その後、ダイノマインダーを入手して医師を辞め、戦いを「ゲーム」と称してアバレンジャー達に挑戦することになる。

当初は所謂第三勢力的な存在であったが、退屈しのぎでアナザーアースにやって来たリジェとの出会いをきっかけに彼の運命は大きく動き出すこととなる。
彼女が自由にダイノアースとアナザーアースを行き来できることを知った壬琴はリジェを気に入り、リジェもまた強く賢くそしてワルな壬琴に惚れて彼を侵略の園に招待し、壬琴はデズモゾーリャが休眠中なのをいいことにそのままエヴォリアンのボスの座に就いた。

以降はエヴォリアンの戦力も利用して、成長したリジェ改めリジュエルと共に一般人も平然と巻き込むようなゲームを展開するようになる。
その諸業の数々の前に、遂に34話にて凌駕も堪忍袋の緒が切れて「貴方は人間じゃない!!」と否定する事態にまでなった。

最早彼と和解することは不可能と思われていたが、終盤でとんでもない事実が判明することとなった。

劇場版「アバレサマーはキンキン中」では倒すべき共通の敵がいたとはいえ、トップゲイラーの頼み事に応えてアバレンジャー達と共闘しバクレンオーを倒した。

エヴォリアンとの決別とその結末

実は彼の体には、デズモゾーリャの片割れが潜んでいたのだ。彼の異常な才能も、デズモゾーリャの影響によるもので、更には邪命因子の影響で不死身の力を得て、ダイノマインダーの暴走も制御されていたのだ。

41話でエヴォリアン幹部達は真実を知り、デズモゾーリャの復活に利用されそうになって、自分の人生が歪められていたことを知った壬琴はエヴォリアンと決別。以降はゲームの相手をデズモゾーリャに定め、5人目のアバレンジャーとして凌駕たちと共に戦うようになる。

そして48話にて、自らのダイノガッツと、仲間から貰ったダイノガッツで体内のデズモゾーリャを消し去り、更にはミケラとヴォッファが融合したデズモゾーリャ(デズモヴォーラ)を倒すが、それは彼の最後の時が訪れた瞬間でもあった。

不死身の力が消え去ったことで、戦いで負った傷が開いた壬琴は全身から大量に血を流して倒れてしまう。
ダインマインダーも暴走が始まり、爆発のタイムリミットが近づく中、トップゲイラーが宇宙へと連れて行った。
壬琴は自分を放り出して帰るよう言ったが、トップゲイラーはパートナーとして運命を共にすることを選んだ。命を惜しまないはずの自分が生きたいと願ったことを自嘲しつつもそれも悪くないと感じながらゆっくりと、静かに息を引き取る壬琴に、トップゲイラーは労うような言葉を贈った。

「お前は俺たちを十分にときめかせたゲラ。お前はもう、ときめきを探す必要はない。さらばだ、壬琴……」

その夜、なまじ力があるが故に、周りから疎まれ、孤独に生き続けた一人の人間と一体の爆竜は、煌めく星となった。

「仲代先生…貴方は、前に言いましたよね? 「お前と、俺は似てる」って…その言葉、絶対に忘れません!」

眩く輝き、儚く消えた空の光を見つめながら、凌駕はそう誓ったのだった。

その後最終回のエンディングでは、壬琴にそっくりな男がリジュエルそっくりな女性と共に恐竜やに訪れている。

その後の活躍

『デカレンジャーVSアバレンジャー』ではトリノイド・サウナギンナンの力でトップゲイラー共々復活を果たした。本来はデズモゾーリャを蘇らせようとしたが、「一番強いの」を呼んだため彼らが蘇った。(本人も「だから来たのさ」と豪語している。)
サウナギンナンが倒されると消滅するというお決まりな運命だが、ときめきを求める彼らしく特に愁いを見せることなしに仲間たちと共に倒し、アスカに「お前の娘によろしくな」と言い残して再びあの世に戻った。

海賊戦隊ゴーカイジャーにもゲスト出演。
ドラゴンレンジャータイムファイヤーと共に伊狩鎧の夢の中に現れ、彼にゴーカイセルラーとゴーカイシルバーキー、さらにはジュウレンジャー、タイムレンジャー、アバレンジャー3戦隊の大いなる力を託した。

自分を省みずに少女を助けた鎧に共に戦った仲間の姿を重ね合わせたようで、「久々にときめいたぜ」と発言している。

余談

ここまで長い間アバレンジャーの敵として対立していたのはテレビ朝日の中嶋豪プロデューサーの強い意向で、それを良く思わなかった番組スポンサー(特にバンダイ)と度々悶着があったという。
また、当初は改心することなく悪役のまま死亡するという展開が想定されていたが、スポンサーやテレビ朝日上層部から「仮にも子供向け番組のヒーローの一人なのだから、そういうのはやめてほしい」と猛反対された事で最終的にアバレンジャーと和解・共闘する方針でいく事になったという。
演者の田中氏もプロデューサーの意向に賛同しており、「端から自分はヒーローではなく悪人を演じているつもりだった」と延べ、故に最終的に壬琴がアバレンジャーの仲間になった事には「個人的な想いとしては、納得できない。どうせだったら、最後まで悪のヒーローでありたかった」とコメントしている。

いずれにせよ壬琴が死の運命を迎えるのは当初の予定通りだったと思われるが、最終回前に戦死したのは田中氏のスケジュールが合わなかったためらしい。しかし、最終回では上記のように「壬琴そっくりさん」として出演している。

関連イラスト

トキメキの白眉。
白く透き通った悪意


しろしろ



関連タグ

爆竜戦隊アバレンジャー アバレキラー
トップゲイラー ステゴスライドン  キラーオー 
伯亜凌駕 黎明の使徒リジェ
ダークヒーロー 美形悪役 サイコパス一覧 白い悪魔 哀しき悪役

草加雅人ローズマリー…どちらもアバレンジャーと同じ時期のニチアサに登場したダークヒーローダークヒロイン。壬琴同様にその強烈なキャラクター性や外道な振る舞いから多くの話題を呼んだ。

天野美琴…名前の読み方が同じ。(こちらも恐竜系の戦隊)

ダークルギエルバスコ・タ・ジョロキア…後輩と呼べる特撮屈指の外道的な敵キャラ

滝沢直人/タイムファイヤー…同じく演者が主人公と和解・共闘する事を良しとしなかった戦隊の第三勢力ヒーロー。こちらは制作サイドに「主人公と仲良くなるくらいなら死なせてほしい」と願い出て、実際に要望通り(厳密には死に際に和解している)の展開になった(ただし壬琴とは違い、どちらかというと善人よりの人物で、主人公達とも利害の一致で共闘する方が多かった)。

天生星…こちらも天才であったために周囲から疎外されて心が歪んだ悪役繋がり。

インドミナス・レックス…カラーリングが白、高いスペック、残忍な性格、最終的には人間と恐竜の絆に敗北するなどモチーフとなった恐竜(アバレキラーは翼竜だが)は違うが共通点が多い。

大河冴 ← 仲代壬琴 → 姶良鉄幹

関連記事

親記事

爆竜戦隊アバレンジャー ばくりゅうせんたいあばれんじゃあ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「仲代壬琴」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13225

コメント