ピクシブ百科事典

仲代壬琴

なかだいみこと

『爆竜戦隊アバレンジャー』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

「ザコを倒して喜ぶのも、終わりだぜ…そろそろ最強プレイヤーの出番だな。」

概要

演:田中幸太朗

第18話から登場した、アバレキラーの変身者。
苗字の由来は、「中生代」からである。

医大を飛び級して卒業しアメリカの医師免許(日本のものよりも取得が難しいとされる)を弱冠14歳で取った天才外科医で、あらゆる分野に秀でた天才でありすぎたために周囲から異端視され、幼少期より仲間と呼べるものがいない孤独な生活を送っていた(親ですら彼を恐れるあまり養子に出す形で実質捨ててしまっている)。
ゆえに「努力する楽しみ」と「達成する喜び」を知らず、それによる虚無感や孤独感を埋めるときめきを求め続けていた。
を助けようとして暗黒爆竜に襲われ重傷を負った伯亜凌駕を救ったことから、のちに事情を知った彼から「仲代先生」と呼ばれるようになる。

性格は冷静を通り越して冷徹ですらあるが、荒っぽい面も併せ持っている。また、かつては医師であった為か頭もそれなりに良く、しばしば狡猾な一面を見せる。
さらに、アバレキラーの力についても「せっかく手に入れた以上自分が好きに愉しむために使う」と公言して憚らず、自身が愉しむためならば自他の命すら顧みない残虐さをも併せ持つ。
そうした性格ゆえか、アバレンジャー達の名乗りを『ダサい』と一蹴するばかりか、名乗りを上げている最中に攻撃を叩き込むというヒーローもののお約束をぶち破る凶悪な戦法を披露したことがある。また、自身に本気で戦いを挑んだ凌駕に対して「秘められた力を思う存分振るいたいと思うお前は、俺に似てる」と口にし、自身と同じ道を歩ませようと唆したこともあった。

実はダイノガッツに惹かれていた一人で、本編序盤のガイルトン襲来の一部始終も間近で目撃していたが、爆竜3体が先にパートナーを見つけてしまったため結果的にあぶれる。
しかしその後、アバレンジャーによって破壊された要塞アノマロガリスから落下したダイノマインダーと爆竜トップゲイラー(の卵)を入手。医師を辞め、ダイノマインダーを使いこなせるようになった頃を見計らい「ゲーム」と称してアバレンジャー達に挑戦するようになり、トップゲイラーを孵化させステゴスライドンを味方に引き込んでからは、本格的に彼らと対峙することになる。
なお、変身後の姿である「アバレキラー」や巨大戦力「キラーオー」の名は、「アバレンジャーを殺す者」という意味合いで名付けたものである。

アバレンジャーをおびき出すためにキラーオーを使って街を破壊したり、一般人に平気で攻撃をしようとしたりするなど、怪人と大差ない荒っぽい行動も多い。
当初は自身の愉しみを目的に動く所謂第三勢力的な存在であったが、退屈しのぎでアナザーアースにやって来たリジェとの出会いをきっかけに彼の運命は大きく動き出すこととなる。
彼女が自由にダイノアースとアナザーアースを行き来できることを知った壬琴はリジェを気に入り、リジェもまた強く賢くそしてワルな壬琴に惚れて彼を侵略の園に招待し、壬琴はデズモゾーリャが休眠中なのをいいことにそのままエヴォリアンのボスの座に就いた

以降はエヴォリアンの戦力も利用して、成長したリジェ改めリジュエルと共に一般人も平然と巻き込む悪辣なゲームを次々と展開するようになる。
その諸業の数々の前に、遂に34話にて凌駕ですらも堪忍袋の緒が切れて「貴方は人間じゃない!!」と言い放つ事態にまでなった。

こうした事情ゆえにアバレンジャー達と明確な形で共闘することはほとんどなく、劇場版「アバレサマーはキンキン中」にて、倒すべき共通の敵がいたことからトップゲイラーの頼み事に応える形でバクレンオーを倒すのに手を貸したくらいである。

最早アバレンジャーが彼と和解することは不可能と思われていたが、終盤でとんでもない事実が判明し、事態は急変することとなった。

エヴォリアンとの決別とその結末(本編終盤のネタバレ注意!)
























実は彼の体には、デズモゾーリャの片割れが潜んでいたのだ。彼の残虐さや異常なまでの才能もその影響によるものであるばかりか、デズモゾーリャの持つ邪命因子の影響で不死身の力も得ており、さらにはこれが原因でダイノマインダーの暴走も制御されていた(そもそもアバレキラーの力は強大ゆえに人が制御できるものではなく、本来なら東京一帯が消滅するほどの大爆発をいつ起こしてもおかしくないという極めて危険なものである)。

41話でエヴォリアン幹部達は真実を知り、ギガノイド「不滅」を用いて壬琴をデズモゾーリャの復活に利用せんとする。まんまと計略に乗せられデズモゾーリャに人格を乗っ取られかける壬琴だったが、アバレンジャーに救出され、自分の人生が歪められていた事実を知ることとなる。
自らが「ゲームの駒」として弄ばれていたに過ぎなかった、という驚愕の真実を突き付けられた壬琴は、「不滅」を撃破しエヴォリアンと決別。以降は自らのこれまでの行動を「自分の意思でやったこと」と受け止めつつ、次なる「ゲーム」の相手をデズモゾーリャに定め、やがて5人目のアバレンジャーとして凌駕たちと共に戦うようになる。
以降は恐竜やの面々との交流を重ねるうちに徐々に人間臭い一面も見せるようになり、過去の自らの諸行を内心悔いるという以前の彼なら考えられない様子すら見せた(もっとも、上述の生い立ちや知ってしまった真実を踏まえれば、むしろ当然とも言える心境の変化ではある)。

そして48話にて、自らのダイノガッツと、仲間から貰ったダイノガッツで体内のデズモゾーリャを消し去り、更にはミケラとヴォッファが融合したデズモゾーリャ(デズモヴォーラ)を倒すのだが、それはデズモゾーリャの力を失うこと、すなわち彼の最期の時が訪れたことを意味していた

不死身の力が消え去ったことで、戦いで負った傷が開いた壬琴は全身から大量に血を流して倒れてしまう。
ダイノマインダーの暴走が始まり、爆発のタイムリミットが近づく中、凌駕は壬琴を救う方法が無いか必死で尋ねるが、死期を悟った壬琴の口から出たのは、かつての彼なら決して言わなかったであろう、仲間の身を案じる言葉だった。

「来るな…!お前には、娘との明日の約束が、あるんだろうが…!」

そんな彼を、トップゲイラーが宇宙へと連れて行った。
壬琴は自分を放り出して帰るよう言ったが、トップゲイラーはパートナーとして運命を共にすることを選んだ。命を惜しまないはずの自分が生きたいと願ったことを自嘲しつつもそれも悪くないと感じながらゆっくりと、静かに息を引き取る壬琴に、トップゲイラーは労うような言葉を贈った。

「お前は俺たちを十分にときめかせたゲラ。お前はもう、ときめきを探す必要はない。さらばだ、壬琴……」

その夜、なまじ力があるが故に、周りから疎まれ、孤独に生き続けた一人の人間と一体の爆竜は、煌めく星となった。

「仲代先生…貴方は、前に言いましたよね? 『お前と、俺は似てる』って…その言葉、絶対に忘れません!」

眩く輝き、儚く消えた空の光を見つめながら、凌駕はそう誓ったのだった。

その後最終回のエンディングでは、壬琴にそっくりな男がリジュエルそっくりな女性と共に恐竜やに訪れている。

その後の活躍

『デカレンジャーVSアバレンジャー』ではトリノイド・サウナギンナンの力でトップゲイラー共々復活を果たした。本来はデズモゾーリャを蘇らせようとしたが、「一番強いの」を呼んだため彼らが蘇った。(本人も「だから来たのさ」と豪語している。)
サウナギンナンが倒されると消滅するというお決まりな運命だが、ときめきを求める彼らしく特に愁いを見せることなしに仲間たちと共に倒し、アスカに「お前の娘によろしくな」と言い残して再びあの世に戻った。

海賊戦隊ゴーカイジャーにもゲスト出演。
ドラゴンレンジャータイムファイヤーと共に伊狩鎧の夢の中に現れ、彼にゴーカイセルラーとゴーカイシルバーキー、さらにはジュウレンジャー、タイムレンジャー、アバレンジャー3戦隊の大いなる力を託した。

自分を省みずに少女を助けた鎧に共に戦った仲間の姿を重ね合わせたようで、「久々にときめいたぜ」と発言している。

余談

本編終盤まで長い間アバレンジャーの敵として対立していたのはテレビ朝日の中嶋豪プロデューサーの強い意向によるものだが、番組スポンサーの各企業(特にメインスポンサーのバンダイ)からは「敵のままでは(アバレキラー関連の)グッズが売りづらく、タイアップ企画などもやりづらい」と反対され、それでも自らのスタンスを曲げようとしなかった為に度々悶着があったという。
また、脚本家の荒川稔久の構想では改心することなく悪役のまま死亡するという展開が想定されていたが、スポンサーと悶着を繰り返したり、BPOからも勧告を受けて、尚も方針を変えない中嶋プロデューサーや制作陣に痺れを切らしていたテレビ朝日上層部から「仮にも子供向け番組のヒーローの一人なのだから、そういうのはやめてほしい」「これ以上、スポンサーに逆らい続けたら、スーパー戦隊シリーズの制作予算削減も免れなくなる」と半ば圧力をかけられる形で訂正を求められる事となった。
これによって、最終的にアバレンジャーと和解・共闘する方針でいくことで中嶋プロデューサーや荒川氏らが折れるしかなかったという。

演者の田中氏も中嶋プロデューサーの意向に賛同しており、「端から自分はヒーローではなく悪人を演じているつもりだった」と述べ、故に最終的に壬琴がアバレンジャーの仲間になった事には「個人的な想いとしては納得できない。どうせだったら、最後まで悪のヒーローでありたかった」と不服のこもったコメントをしている。

そして、このスポンサーや上層部との対立が原因か定かではないが、2020年現在、中嶋プロデューサーはアバレンジャー以後のスーパー戦隊シリーズはおろか、東映の特撮作品やニチアサアニメ作品には一切関わっていない。

上記のようにバンダイ側の意向からその後の作品では、ジュウオウザワールドのように敵として登場したり、デカブレイクゴーオンゴールドゴセイナイトのように初期メンバーを認めないキャラクターも出てくるが、いずれも数話ぐらいで仲間となるので、仲代壬琴のような追加戦士が登場する可能性は低い。
またこの年のニチアサでは、終盤近くまで主人公を貶める等、子供向け作品の登場人物らしからぬダーティー仮面ライダーシリーズの2号ライダー現在のプリキュア枠にあたる作品のとあるレギュラーもいたので、制作側が味方側のキャラをどこまで歪めたらOKかを試していたとも考えられる。

いずれにせよ壬琴が死の運命を迎えるのは当初の予定通りだったと思われるが、最終回前に戦死したのは田中氏のスケジュールが合わなかっためらしい。
しかし、最終回では上記のように「壬琴そっくりさん」として出演している。




関連イラスト

トキメキの白眉。
白く透き通った悪意


仲代壬琴
しろしろ



関連タグ

爆竜戦隊アバレンジャー アバレキラー
トップゲイラー ステゴスライドン  キラーオー 
伯亜凌駕 黎明の使徒リジェ
ダークヒーロー アンチヒーロー 美形悪役 白い悪魔 哀しき悪役

草加雅人ローズマリー…どちらもアバレンジャーと同じ時期のニチアサに登場したダークヒーローダークヒロイン。壬琴同様にその強烈なキャラクター性や外道な振る舞いから多くの話題を呼んだ。

天野美琴…名前の読み方が同じ。(こちらも恐竜系の戦隊)

滝沢直人/タイムファイヤー…同じく演者が主人公と和解・共闘する事を良しとしなかった戦隊の第三勢力ヒーロー。こちらは制作サイドに「主人公と仲良くなるくらいなら死なせてほしい」と願い出て、実際に要望通り(厳密には死に際に和解している)の展開になった(ただし壬琴とは違い、どちらかというと善人よりの人物で、主人公達とも利害の一致で共闘する方が多かった)。

理央…主人公と度々戦ったダークヒーローである事、敵組織の首領の座に就いた事、自分の人生が黒幕(ラスボス)に操られていた事、それに気付いて終盤和解するも直後死亡した事など、共通点がかなり多い。

ドクター・ケンプドクター・マゼンダ…主人公たちを裏切り、優秀であるゆえ天才にこだわり努力などを排除しようとしたダークヒーローたち。

パラド…同じく、悪役として登場しながら終盤に主人公と和解・共闘したものの、演者自身はそれを不服に思っていたダークヒーロー。

天生星…こちらも天才であったために周囲から疎外されて心が歪んだ悪役繋がり。

斉木楠雄:彼と同じく何でもできるキャラ。一歩間違えれば、彼と似たような人生を送っていたかもしれない。

大河冴 ← 仲代壬琴 → 姶良鉄幹

関連記事

親記事

爆竜戦隊アバレンジャー ばくりゅうせんたいあばれんじゃー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「仲代壬琴」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17954

コメント