ピクシブ百科事典

ゼツメイツ

ぜつめいつ

ゼツメイツとは、獣電戦隊キョウリュウジャーに登場する怪人チーム。
目次[非表示]

概要

遥か太古の恐竜時代から存在していた3体のデーボモンスター。またの名を『恐竜を絶滅させた仲良し三人組』。
それぞれが恐竜の絶滅説の候補に挙げられている現象をモチーフにしている。恐竜絶滅後も度々復活しており、復活する度にパワーアップしている。
感情を集める事を目的としている通常のモンスターと違い、純粋に戦闘及び破壊を目的としているため、感情を象った顔のシンボルを身に着けていない。

当初は各々で復活、行動し、キョウリュウジャーに敗れたが、ブレイブ21でプレズオンの帰還を危惧した百面神官カオスや戦騎たちが全員を再復活させた。
メンバーの仲は良好で、あのスーパー戦隊のごとくポーズを決めて登場し、全員の力をボールに込めて放つ『デーボス滅ボール』と言う必殺技を繰り出した。
ブレイブ36では他のモンスター同様、幽霊として復活した。

メンバー

デーボ・ヒョーガッキ

CV:乃村健次
凄まじい冷気を持つモンスター。ゼツメイツのサブリーダー。自称『デーボス様の最高傑作』で、かつてはこの冷気で恐竜を絶滅させた実力の持ち主だった。
ブレイブ1では、デーボス軍の先鋒として街を襲い、阻止しに来たガブティラも氷漬けにしようとしたが、キョウリュウレッドに成す術もなく倒されていた。

ブレイブ21で他の二体と共に復活。その後は幹部たちと同行し、プレズオン・ラボを襲撃した。

デーボスが倒された後のブレイブ24にて、キョウリュウジャーへの復讐として人々の涙を凍らせ、地球を再び氷河期にしようとするも、二代目キョウリュウバイオレットが加わって7人になったキョウリュウジャーに圧倒され、巨大化後はバクレツキョウリュウジンに巨大ゾーリ魔とカンブリ魔諸共倒され、ゼツメイツは再度絶滅した。

デーボ・ウイルスン

CV:竹本英史
あらゆる病を操って生物を苦しめる事ができるモンスター。ゼツメイツのメカニック。かつてはこの強烈な病の力で恐竜絶滅の一因を作った実力の持ち主。
中世時代にも復活しており、ラミレスアンキドンによって倒されたと思われていたが、破片がアンキドンの体内に取り付き、500年以上もの間増殖していた。現代に復活すると、デーボ・バティシエを凶暴化させて人々を虫歯にさせた後、キャンデリラと結託し、人間を幸せなまま永遠に眠らせ続ける「ネムネム病」で喜びの感情を集めようとした。
しかし、スティメロの効果によってアミィにメロメロになったことで彼女を追って外に出てしまい、そのまま彼女に一方的にやられてしまった

再復活後のブレイブ22では、デーボス復活のためにスクスクジョイロの復元水を培養してダムに混ぜ、更には分身のコンピュータウイルスンをプレズオン・ラボに潜入させた。最後は、復活したデーボスの糧として吸収された。

デーボ・コンピュータウイルスン

CV:竹本英史
プレズオンのアップデードを妨害するため、ウイルスンが作った分身。エージェント風の黒ずくめのタキシードとサングラスをしている。
腐食液に成りすましてイアンたちの靴に付着した状態でプレズオン・ラボに潜入。対デーボス用データをインストールしてるプレズオンを眠らせ、ラボを内部から破壊しようとシたが、 ウイルスンが吸収されることで消滅した。しかし、消滅直後に残った粒子が狼煙の役割を兼ね、ラボの位置を示し、ラボは襲撃を受けてしまう。

デーボ・ナガレボーシ

CV:矢尾一樹
灼熱の隕石で地球を破壊する能力を持ったデーボモンスター。ゼツメイツのリーダー。暗黒種デーボスの復活が近づいたことで現代に蘇った。トリンの回想では1500年前にキョウリュウグレーと戦っていた。「ギランギランに~」が口癖で、自分の力と身体に絶対の自信を持つナルシスト。
復活後はドゴルドと共に、キョウリュウジャーを圧倒。完全に倒すために空蝉丸を捕らえるも、自分の弱さを自覚し、さらに強くなったレッドとキョウリュウジン カンフーに逆に圧倒され、倒された。

ブレイブ21で復活後は、他の二体とノリノリの戦隊風ポーズをきめていた。しかも身勝手なことに自分たちは名乗っておきながら名乗ろうとしたキョウリュウジャーに攻撃を仕掛けた。巨大化後は、プレズオーと宇宙空間で戦い、撃破された。

一部では「一人称が『私』」「やたら美しさにこだわる」「声優さんつながり」「恐竜ネタ」と言う事で、「ビーストウォーズネオ」に登場するデストロン兵士のセイバーバックを思い出す」と言う声もあったりする。

余談

ちなみに劇中でも「恐竜絶滅の原因はこの3つが有力な仮説」と語られているが、現在は隕石衝突およびその2次災害(巻き上がった土砂や噴煙で日光が遮断され、そこから生態系が崩壊した)が最有力とされる。その一方、氷河期(恐竜絶滅後もしばらく温暖な環境が続いており、氷河期は現在でも落ち着いてはいるが継続中といわれているほど最近と言われている)と病気(人類史でもペストなど大規模な伝染病は蔓延したが、過去に病気が絶滅に追いやったような例はなく、必ず免疫を身につけ生存するものがいたため)は否定されている。しかし最近では、新たな説が注目されてきている。
声を演じた3人の声優は、過去のスーパー戦隊シリーズにおいて幹部怪人の声を演じた経験がある。
矢尾氏は上記のセイバーバックの他に無印ビースト幽霊となった愚か者を演じており、ドクター・ウルシェード役の千葉繁演じるビーストメガトロンを出し抜こうとしていた。
またヒョーガッキ役の乃村はリベンジジェットファイアプライムのファウラー、ウイルスン役の竹本はダージを演じており、ブレイブ20がキャンデリラの必殺技バンクシーンで戸松遥が顔出し出演し、EDのけんいちくんとひろしくん(38)(鈴村健一神谷浩史)、次回予告にドクター・ウルシェード役の千葉繁と声優の顔出し出演が多い回だったのに対し、彼らが再結成したブレイブ21はさながらTF出演者祭りだった。

関連タグ

獣電戦隊キョウリュウジャーデーボス軍
類似タグ
邪命戦隊エヴォレンジャー
邪電戦隊ネジレンジャー
暴走戦隊ゾクレンジャー
花のくノ一組
銀河戦隊ギンガマン

pixivに投稿された作品 pixivで「ゼツメイツ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6090

コメント