ピクシブ百科事典

ビーストメガトロン

ふつかよいでめがとろーん

ビーストメガトロンとは、『ビーストウォーズ』シリーズの登場人物。
目次[非表示]

概要

CV:デビッド・ケイ(原語版)、千葉繁(日本語版)

海外制作のCGアニメ『ビーストウォーズ』およびその続編の『メタルス』『リターンズ』に登場するキャラクター。ティラノサウルス恐竜)に変身する悪の軍団「デストロン(Predacons)」のリーダー。

ビーストコンボイ同様、他のシリーズのメガトロンとの区別のための呼称であり、作中では普通に「メガトロン」と呼ばれている。また、彼の名前はあくまで「初代メガトロンの後継者」という意味で名乗っているだけであり、本名ではない(本名は未だ不明)。
国内版の児童向け書籍などでは「初代メガトロンの子孫」とされていたが、これは子供向けの翻案である。

作中での愛称は「メガちゃん」。ファンからは「千葉トロン」「腹筋破壊大帝」などとも呼ばれている。

元々はデストロンのどの組織にも属さない異分子であったが、休戦状態だったデストロン本部で反乱を起こしサイバトロンから「ゴールデンディスク」を盗み出すと共に仲間を連れ逃亡。紆余曲折を経て仲間を連れ惑星「エネルゴア」に不時着。その後、エネルゴアの豊富なエネルゴンに目をつけたメガトロンは、これを利用してデストロンの復権と、全宇宙の支配を企む。同じく不時着したコンボイらサイバトロンと長い戦いを繰り広げてゆく。

メガちゃん


初代ではビーストモードがティラノサウルスだったが、続編『メタルス』の物語後半にはドラゴンメガトロンへとパワーアップする。ドラゴンメガトロンにパワーアップしてからは「アチョー!」と連呼するようになった。

覚醒


しかし、当の本人は有機体の肉体を嫌っており『リターンズ』では自身の肉体を有機体と分離する研究を進めていた。

パワード千葉トロン


最終的には『メタルス』終盤に登場した「パワードコンボイ」の肉体になり、コンボイとの最終決戦に赴く。

人物像

本編中では歴代で一番お茶目かつ、一番冷酷非情で、一番どえらい事をやった
ある意味「一番タチの悪い破壊大帝」。

彼の勢力はエネルゴアやセイバートロンはおろか、番組にまで及んでおり『ビーストウォーズ』の次回予告を「真面目にやったらみんなから非難される」という流れを作った諸悪の根源でもある。
タランスの「真面目にやれ」発言に対し「真面目にやったらビーストじゃない」と即刻却下した。因みに、ラットルがこの流れに逆らい真面目に次回予告をおこなったところ、外野からは「笑い取らなきゃ」「見損なった」「がっかり」とブーイングの嵐だった。

オープニングや次回予告でのフリートークでは、番組の視聴率のことを考えておいしいラーメン屋さん特集や温泉特集をやろうと発案したり、『メタルス』のファイナルリミックスでは、みんながオープニング曲を合唱している最中一人だけエビチャーハンを探すなどしていた。
(結局、チャーハンは歌の終わりにチータスに食われたらしい)
更にはモノマネ大会を考案し審査員を勤めたが、ここでの態度は至極真面目かつ本当の意味で厳正だった(サイバトロン、デストロン問わず、モノマネの質だけで評価、かつ中の人ネタには即座にお仕置き。一番気に入ったのは、ブラックウィドーの薬師丸ひろ子だったようだが)。

彼がこんなキャラクターになったのは、日本語版ビーストウォーズの方向性と彼の声を演じた千葉繁の怒涛のアドリブによるところが大きい。しかしその影響なのか、『メタルス』では風呂代わりに使っている再生プールにアヒルちゃんのオモチャを浮かべたり、裁判官風のカツラを被ったりするなど、作画の段階でコミカルな描写がなされていることもあった。

国内版DVD収録のオリジナルテーマソング『メガトロン音頭』では、ビーストウォーズの方針に関して「お笑いばっかじゃないんだから、そこんとこよろしく!」と、視聴者(特にお笑い路線に眉をひそめていた層)からしてみれば「お笑いばっかにしておいて何言ってやがる」と言いたくなるような迷言を炸裂させている。また、自分の本性を棚に上げて不甲斐ない部下のことを愚痴ったり、『リターンズ』本編中たびたび電話している人物(おそらく夜の商売の女性)に告白しようとして失敗してヤケになったりなどしている。
また、オラクルがビーストの面々に「はずばなー(フリートーク対決・恥ずかしい話)」を振ったDVD特典のリミックスでは・・・
「えーと、メガトロンの千葉です。」と、至って真面目な口調で
電車のドアに首を挟まれた話ケツが洋式便器にハマり込んでしまった話を披露した。

ちなみに彼の私室には、前述のゴールデンディスクの他に、初代メガトロンの融合カノン砲やジェットロンの頭部が飾られている。

口癖は「秋葉原」。時折、「カーッぺッ!」とタンを吐き捨てたりもする。

上司として

ここまでの文面だけ見るとただの愉快なオッサンだが、実際は沈着冷静かつ残忍な人物。
加えて猜疑心旺盛で決して他人を信用せず、たとえ忠臣であろうと平気で使い捨てる。逆に部下から裏切られる又は離脱されていることもしばしば。メガトロンの名を冠してはいるが、初代メガトロンのような理想の上司像からは遠くかけ離れた人物といえる。

実際に『メタルス』終盤ではインフェルノクイックストライクを、原始人を狙ったネメシスの攻撃に平然と巻き込んでいる。
裏切り・離脱に関しても、テラザウラーは最期まで傘下にい続けたが、ダイノボットブラックウィドーは離反してサイバトロンに所属、ワスピーターは次第にデストロンにいるのが嫌になって離脱した。タランスに至っては元々忠誠云々以前にメガトロン含め両軍まとめて全員抹殺するつもりでいたことが発覚、それまでは基本暗躍に回っていたが、離脱と同時に本格的に行動を起こした(もっともその矢先自滅に近い形でご臨終)。

しかし、奸智に満ちた作戦の数々は初代メガトロンにも劣らず、『リターンズ』ではセイバートロン星をほぼ完全に制圧するというところまで計画を進めていた。部下を信用しない彼らしく、感情を持たないドローン兵を量産し、「ヴィーコン」軍団を結成。さらに、かつて敵味方に分かれたビースト戦士たち(ライノックスシルバーボルトワスピーター)のスパークを洗脳し、新たな肉体に移し替え「ジェネラルドローン」としてヴィーコン軍団を指揮させた。また、ジェネラルの肉体には、自分に反旗を翻したときのために制御装置を内蔵しておくなどの徹底ぶりをみせた。

コミカライズ版

コミックボンボンで連載された今木商事漫画版『メタルス』では、吹き替え版とは打って変って冷酷な悪のボスとして描かれている。
一人称は「ワシ」で、初代メガトロンを「大始祖様」と呼ぶ。
ジャガーの銃撃によって瀕死に追い込まれるが、初代メガトロンのスパークと同化しドラゴンメガトロンへと変化、アニメ版と違ってパワードコンボイと壮絶な死闘を繰り広げ、最後はスパークを握り潰されて死亡した。

関連項目

トランスフォーマー ビーストウォーズ
デストロンディセプティコン) メガトロン
ワスピーター タランス テラザウラー スコルポス
クイックストライク インフェルノ ブラックウィドー
タンカー スラスト ジェットストーム
オブシディアン ストライカー

千葉トロン

pixivに投稿された作品 pixivで「ビーストメガトロン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16675

コメント