ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「バァ~カ、真面目にやったらビーストじゃないだろ!!」
「おい~っす!寝不足で目がとろ~ん」

概要

CV:デビッド・ケイ(原語版)、千葉繁(日本語版)、高階俊嗣(ロボットマスターズ版)

カナダ制作のCGアニメ『ビーストウォーズ』およびその続編の『メタルス』、『リターンズ』に登場するキャラクター。紫のティラノサウルスに変身する、悪の軍団デストロンのリーダー。

メガちゃん


劇中では単にメガトロンと呼ばれているが、名前に「ビースト~」と付いているのはビーストコンボイ同様、他のシリーズのメガトロンと区別するためである。また、彼の名前はあくまで「初代メガトロンの後継者」と自称してアピールするために名乗っているだけであり、本名ではない。このため本名は未だ不明である。国内版の児童向け書籍などでは「初代メガトロンの子孫」とされていたが、これは子供向けの翻案である。

作中での愛称は「メガちゃん」。ファンからは千葉トロン腹筋破壊大帝などとも呼ばれている。

元々はデストロンのどの組織にも属さない異分子であったが、休戦状態だったデストロン本部で反乱を起こし(一部の組織は開戦の時期を伺っていたがそれすら生温いと判断した)、サイバトロンからエネルゴンの豊富に存在する場が書かれているゴールデンディスクを盗み出すと共に仲間を連れて盗んだ戦艦テラクラッシャーに乗り逃亡。サイバトロンとの追撃戦の末に紆余曲折を経て惑星エネルゴアに不時着した彼らはエネルゴアの豊富なエネルゴンに目をつけ、これを利用してデストロンの復権と、全宇宙の支配を企む。だが、それは部下達をたきつける為の詭弁に過ぎず、彼の本来の目的はゴールデンディスクに記された情報を解読し、それを元手に歴史の改変を行うことであった。

同じく不時着したコンボイらサイバトロン、そしてエネルゴアを監視するエイリアンの関与により、長きに渡るビーストウォーズは混迷を深めていく。

人物像

一人称は「俺様」。たまに「私」も用いている。

歴代で一番お茶目かつ、冷酷非情で、どえらい事をやらかした。ある意味「最もタチの悪い破壊大帝

彼の勢力はエネルゴアやセイバートロンはおろか、番組にまで及んでおり『ビーストウォーズ』の次回予告を「真面目にやったらみんなから非難される」という流れを作った諸悪の根源でもある。タランスの「真面目にやれ」発言に対し、「真面目にやったらビーストじゃない」と即刻却下した。因みに、ラットルがこの流れに逆らい真面目に次回予告を行なったところ、外野からは「笑い取らなきゃ」「見損なった」「がっかり」とブーイングの嵐だった。

オープニングや次回予告でのフリートークでは、番組の視聴率のことを考えておいしいラーメン屋さん特集や温泉特集をやろうと発案したり、『メタルス』のファイナルリミックスでは、みんながオープニング曲を合唱している最中一人だけエビチャーハンを探すなどしていた(結局、チャーハンは歌の終わりにチータスに食われたらしい)。

更にはモノマネ大会を考案し審査員を勤めたが、ここでの態度は至極真面目かつ本当の意味で厳正だった(サイバトロン、デストロン問わず、モノマネの質だけで評価、かつ中の人ネタには即座にお仕置き。一番気に入ったのは、ブラックウィドーの薬師丸ひろ子だったようだが)。

まさに日本語版『ビーストウォーズ』を声優無法地帯とも呼べる状態にした諸悪の根源でもある。その影響力は凄まじく、この流れは『ビーストウォーズ』シリーズはおろか、以降の海外製のTFシリーズにも、しっかりと受け継がれてしまった。

なお、このスタイルは『マイクロン伝説』などの日本中心制作の作品では上のスタッフに怒られるから出来ないらしい。また、過剰ともとれるアドリブ芸は、映像が先行して完成している輸入作品だからこそ可能な芸当であり、音声吹込みと映像制作が前後しやすい国内制作では技術的に不可能という事情もあったりする。

彼がこんなキャラクターになったのは、日本語版『ビーストウォーズ』の方向性と彼の声を演じた千葉繁氏の怒涛のアドリブによるところが大きい。とはいえ、原語版でも茶目っ気のある人物像ではあり、特に『メタルス』では風呂代わりに使っている再生プールにアヒルちゃんのオモチャを浮かべたり、裁判官風のカツラを被ったりするなど、作画の段階でコミカルな描写がなされていることもあった。

日本語版では一見すると常にふざけているように見えるが、話の要所ではしっかりと真面目なトーンで喋るシーンもある。特に自身の思想面について語っている際や、コンボイに優勢を取り勝ち誇る場面では千葉繁氏の真面目なトーンが聞ける。千葉氏自身も真面目な部分はいくらビーストでもできるだけ壊さないようにしているらしい。もっともその真面目な場面が、特大のネタをぶちまけるための伏線だったりもするわけだが…そんな時折聞ける真面目な千葉トロンからは、原語版に劣らぬ悪役としての迫力が見られるの、で是非とも注目してもらいたい。

国内版DVD収録のオリジナルテーマソング『メガトロン音頭』では、『ビーストウォーズ』の方針に関して「お笑いばっかじゃないんだから、そこんとこよろしく!」と、視聴者(特にお笑い路線に眉をひそめていた層)からしてみれば「お笑いばっかにしておいて何言ってやがる」と言いたくなるような迷言を炸裂させている。また、自分の本性を棚に上げて不甲斐ない部下のことを愚痴ったり、『リターンズ』本編中たびたび電話している人物(おそらく夜の商売の女性)に告白しようとして失敗してヤケになったりしている。

そして『リターンズ』のリミックスにおいてオラクルがビーストの面々に「はずばなー(フリートーク対決・恥ずかしい話)」を振った際のメガトロンの第一声がこちら。

「えーと、メガトロンの千葉です」

遂に役すら放棄した。
今までのビースト戦士達は同じくアドリブの鬼のチータスを含めて一応キャラとしての体裁は何とか保っていたのだが……

そして至って真面目な口調で電車のドアに首を挟まれた話ケツが洋式便器にハマり込んでしまった話を披露した。

ちなみに彼の私室には、前述のゴールデンディスクの他に、初代メガトロンの融合カノン砲やジェットロンの頭部が飾られている。

口癖はリターンズでは「秋葉原」。時折、「カーッぺッ!」とタンを吐き捨てたりもする。

メタルスメガトロン

メタルスにて前作のラストでエイリアンが用いた惑星破壊兵器が破壊されその因子がエネルギー波と化したクォンタムサージを浴びたことでトランスメタル化し、メタリックな姿へとパワーアップ。腰部(ロボットモードでは背部装甲)のファンを展開し、爪先を畳んで車輪を展開したビークルモードへの変形能力も獲得した。武器である尻尾はゴールデンディスクに対応可能な再生機にもなる。

ドラゴンメガトロン

『メタルス』後半となる第22話ではパワードコンボイに対抗すべく、アークの内部で眠っていた初代メガトロンのスパークを取り込み、その直後にタランスとクイックストライクの策略で溶岩に落とされたことでドラゴンメガトロンへとパワーアップを果たす。パワーアップしてからは「アチョー!」と連呼するようになった。

ドラゴンの口からは炎や冷気を吐き出し、噛みつくと同時に相手に電流を流し込むエレクトロンバイトドラゴンを備える。地上を滑走するグランスピーダーモードへも変形可能。

覚醒



しかし、当の本人は有機体の肉体を嫌っており(有機生命体を蔑視する初代メガトロンのスパークの影響という設定がある)、『リターンズ』では自身の肉体を有機体と分離する研究を進めていた。普段は有機体を封じ込めるカプセルに入っているが、分離処置の影響でビーストモードになった際には部分的に機械化しており、汚い色に変色してしまっていた(更に玩具のサイズは小さくなっていた)。こちらでは「秋葉原~!!」と連呼している。

メガヘッド

『ババ、バ~ン、ババババ~ン!』
『よい子のみんな、ずんだ餅のずんだって・・・・なんだろうね~?』
第12話の決戦で有機体を分離に成功、機械を消し去るプラズマエネルギーを浴びて有機体が失われたボディは(有機物には無害なエネルギー)塵となったが、用意しておいた巨大要塞にスパークを移した姿。当初はスパークが有機体の変異した存在であるノーブルに移ってしまったため、防御システムが働いている以外ではただ浮かんでいるだけであった(その際コンボイがスパークに呼び掛けようとしたときは『沖縄~!』、『那覇、那覇ハハハハハハハ・・・・・ゴーヤチャンプル・・・・』と呼びかけた本人は愚か視聴者すら困惑させた)。通常形態は巨大な顔で戦艦型への変形も可能で『秋葉原式大トランスフォーム』と掛け声を出す。体内では立体映像により、ジェネラルビーコンたちに指示をする。普段はバリアーで守られており、下部のハッチを展開してトラクタービームを放ち、対象を内部で無重力状態にして捕獲する他、幾多のチューブを首の部分から排出してウイルスを送りこむ。戦艦形では下部に装備された一対のビーム砲が武器。ナイトスクリームの活躍で一時はサイバトロンの手に堕ちるが装備はメガトロンのスパークしか操ることができなかったため、バリアーしか使えなかった。玩具ではロボットモードも存在している。

パワードボディ

パワード千葉トロン


最終決戦で登場したボディ。コンボイへの皮肉を込めてかつてのパワードコンボイを模したものとなっており、顔がメガトロンである以外はほとんど同じ(但し、ビーストモードは存在しない)。
形こそはパワードコンボイのボディだが全くの別物とも言える代物になっており、明らかにパワードコンボイよりもスペックは高くなっている(鈍重だったパワードコンボイと比べてかなり動きが軽やかになっている。タンクモード・ジェットモードに関してもコンボイ本人よりも見事に使いこなしていた。特にジェットモードに関しては水中潜行、魚雷発射といった新技も披露している)。またパーツが欠損してもすぐにくっつければ元通りになるなど、再生能力にも長けている。
メガトロン本人によると「パワードコンボイの使いまわし」らしく、ちょっと痛んでて汗臭いそうだ。

ロボットボディ

メガトロンのスパークが他のトランスフォーマーのボディに乗り移った時の姿。本来スパークは青く発光するがこの時のスパークはどういうわけか赤くなっていた。次々と憑依を繰り返してサイバトロンを混乱させた。乗り移っている際には『シュワちゃん! シュワちゃん!』と連呼しながら動いていた(これは「ターミネーター」の終盤に登場する中破したT-800に似ているためのアドリブ)。

フライングコンピューター

ラットルの機転でスパークが小型ドローンのボディに閉じ込められてしまった姿。このボディでいた間は、一時的に上擦ったような声を出していた。

上司として

ここまでの文面だけ見るとただの愉快なオッサンだが、実際は沈着冷静かつ残忍な人物。加えて猜疑心旺盛で決して他人を信用せず、たとえ忠臣であろうと平気で使い捨てる。その故に、逆に部下から裏切られる又は離脱されていることもしばしば。メガトロンの名を冠してはいるが、初代メガトロンのような理想の上司像からは遠くかけ離れた人物と言える。

実際に『メタルス』終盤ではインフェルノクイックストライクを、原始人を狙ったネメシスの攻撃に平然と巻き込んでいる。 裏切り・離脱に関しても、一番の常習犯だったテラザウラーは最期まで傘下に居続けたが、ダイノボットブラックウィドーは離反してサイバトロンに鞍替えし、ワスピーターは次第にデストロンにいるのが嫌になって最終決戦時に離脱した。タランスに至っては元々忠誠云々以前にメガトロン含め両軍まとめて全員抹殺するつもりでいたことが発覚、それまでは暗躍に回っていたが、離脱と同時に本格的に行動を起こしている(もっともその矢先自滅に近い形でご臨終)。
何度か訪れた決戦等の重大な局面で敗北を繰り返したのも、傘下の裏切りが原因である事が少なくない。

しかし、奸智に満ちた作戦の数々は初代メガトロンにも劣らず、『リターンズ』ではセイバートロン星をほぼ完全に制圧するというところまで計画を進めていた。部下を信用しない彼らしく、感情を持たないドローン兵を量産し、ヴィーコン軍団を結成。更に、自分一人の遠隔指示に限界を感じるとかつて敵味方に分かれたビースト戦士達(ライノックスシルバーボルトワスピーター)のスパークを洗脳し、新たな肉体に移し替え、ジェネラルドローンとしてヴィーコン軍団を指揮させた。また、ジェネラルの肉体には、一定時間内の記憶をリセットさせたり、自分に反旗を翻したときのために制御装置を内蔵しておくなどの徹底ぶりを見せた。歴代メガトロンの中で最もサイバトロン(マクシマル)を追い込み勢力圏を広げたメガトロンと言える。

それとは別にダイノボットには何やら複雑な思いがあったようで離反後も何度か戻るよう誘っておりゴールデンディスクを用いたメイン計画に移った際決別に関連した事を幾つも語ったり彼の最後の攻撃での損傷を敢えて直さずにいた。クローンであるメタルスダイノボットまで作りだしており執着心らしきものまで見せている(その存在によって地球での最終戦で逆転されるきっかけを作られてしまったが。それもあってか『メガトロン音頭』では死亡した部下(切り捨てた者達含む)を思い返している中彼の名は出さなかった)。

漫画版

コミックボンボンで連載された今木商事による漫画版『メタルス』では、吹き替え版とは打って変って冷酷な悪のボスとして描かれている。一人称は「ワシ」で、初代メガトロンを「大始祖様」と呼ぶ。ジャガーの銃撃によって瀕死に追い込まれるが、初代メガトロンのスパークと同化しドラゴンメガトロンへと変化、アニメ版と違ってパワードコンボイと壮絶な死闘を繰り広げ、最後はスパークを握り潰されて死亡した。

レジェンズ

レジェンズ』では、「テラノクラッ社」の社長として登場。ビーストコンボイが経営する「アクサロン商事」に対抗意識を燃やす。
レジェンズ世界の住人という設定で、ロボットモードとビーストモードの変形もこなすが、外見はかなりディフォルメされている。
ブラックウィドーが働くキャバクラに通っており、彼女とお近づきになるためワスピーターを先生とし、TF知識を勉強している。
性格は悪どいが原典とは異なり残忍でも冷酷でもない。G1メガトロン(ガルバトロン)がスタースクリームを射殺した時の話を聞いた際には非常に恐れをなしている様子だった。

秘密結社コンカレンスのスネークとDr.アーカビルの手により、有機部分を排除したヘッドマスターに改造・洗脳されてしまい、G2メガトロンとして生まれ変わった。G1メガトロンに会社を乗っ取られたことを恨み、現在は市長を務めている彼への復讐を果たそうとする。しかし、分離した生身の部分から生まれた存在であるノーブルと合体させられた事で正気を取り戻し社長に返り咲く。
上記のG2メガトロン用のトランステクターはそのままデストロン軍団に譲渡されたのか、レジェンズ世界の危機に際し、G1メガトロンがヘッドオンして使用している。

レジェンズ世界崩壊後は自分の部下とアクサロン商事の面々と共に(G2時代の)G1世界のビースト星へと流れ着く。そしてそこに襲来したガルバトロンⅡと人工要塞ネメシスからビースト星を守るべくコンボイと結託。レオプライムのエンシェントパワーを受けてビーストメガトロンへと変身し、人工要塞ネメシスの破壊に成功する。ただし、タイムパラドックスを防ぐ為に完全破壊はしていない。

解説

  • ヘッドマスタービーストメガトロンの誕生経緯とノーブルの設定は、『リターンズ』の設定に準じているが、原典のノーブルの人格はメガトロンの演技だったのに対して、今回のノーブルは人格が完全に独立しており、メガトロンと合体した後も保たれている。
  • 彼をヘッドマスターに変えた人物であるスネークは『2010』の第22話にて登場したキャラクター。『G.I.ジョー』からのゲスト出演で、もともとコブラコマンダーという名前であった。また、Dr.アーカビルは初代アニメに登場。


玩具

ビーストメガトロンとして商品化はされていないが、上記のヘッドマスタービーストメガトロンとノーブルが付属する「LG63 G2メガトロン」が発売された。海外でハズブロより展開されていた『タイタンズリターン』のメガトロンとfangryの仕様変更品となっている。

このfangryは、日本版でいう『超神マスターフォース』のワイルダーにあたる。

関連タグ


関連記事

親記事

ビーストウォーズ びーすとうぉーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ビーストメガトロン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 37921

コメント