ピクシブ百科事典

チータス

ちーたす

俺チータス。『ビーストウォーズ』シリーズの登場人物じゃん。覚えといてくれ!
目次[非表示]

概要じゃん

パキューン☆チータス
最速の対決


CV:イアン・ジェームズ・コーレット/吹:高木渉

ビーストウォーズ』(以下BW)とその続編『メタルス』『リターンズ』に登場。チーターに変身する、サイバトロンの若きビースト戦士。全戦士の中で最も俊敏
原題での名前はチーター(Cheetor)。動物のチーター(Cheetah)とはスペルが異なっており、発音に合わせるためチートァーと書かれる事もある。

サイバトロン戦士の中では最年少(ただし、日本語版ではラットルも同年代という設定)。
陽気な性格であるが、無鉄砲かつ血気盛んで1人で突っ走ることが多く、危険に陥ることもしばしば。
序盤は指揮官のコンボイの命令を聞かず失敗が目立っていたが、任務を遂行するにつれ心身ともに成長していく。

日本語版では、口癖で語尾によく「〜じゃん」と付ける。時折「ガゥ!!」と吠えたりもする。また、射撃の際には「撃つべし!」と言う(なおこのセリフ劇中で最初に発言したのはラットルである)。

謎の遺跡で体が消滅したコンボイに、ラットルが代わりの司令官に任命された際に生まれた「じゃあ俺は校長先生になってやる」というアドリブが有名。以降、たびたび校長先生が降臨しメンバーに指導が入ることになる
余談だが、後にメガトロンを担当した千葉繁氏は、『絶体絶命でんぢゃらすじーさん』がアニメ化された際に校長役を担当することになる。
その他、他局のアニメである『名探偵コナン』のOPのマネをしている(本家よろしくエコーまで入っている)。

メタルスチータス

帰ってきたぜ!


メタルス』でクォンタムサージを浴びてメタルス化した姿。
両腕にビームガンを備え、新たにビークルモードでジェットによる飛行能力を手に入れた。両腕のビームを撃つ際に「両手で撃つべし!」と言うようになった。

最初は扱いに慣れておらず、よく建物や仲間ににぶつかったりしたが、次第に使いこなすようになりロボットモードでも作動させることができるようになった。
飛行時の掛け声は「行くぞチータスジェットの限り!」。

たつんだ!チータス


後半ではより進化した「トランスメタルス2」と化すトランスメタルスドライバーのエネルギーを照射する装置の稼働に巻き込まれて「メタルスチータス2」へとさらに進化した。メタルスチータスと比べ、体毛が生えるなど有機的になっており、より動物に近くなった。
すさまじいスピードで飛行できる。最初は地面スレスレに猛スピードで走ることしかできなかったが、後に普通に飛べるようになった。
急激かつ不安定な進化であったため、当初はメタルス2とメタルスとの間で変化を繰り返していた。
最初は体の変化や幻覚を見るようになって戸惑い、コントロールができず野獣のように凶暴だったが、誰よりも信頼を寄せるコンボイに手を差し伸べられたことで平静を取り戻しコントロール出来るようになる。
その戦闘力は高く、同じトランスメタルス2であるメタルスダイノボットと一対一で戦い、圧倒するほど(その光景を見たコンボイは援軍を頼んだ直後に要らないかもしれないと発言した)。その他に超感覚が備わり遠くにいる味方の危機を感じ取れるようになった。

リミックス

登場キャラクター全員でのOPテーマ合唱の最後にメガトロンのエビチャーハンを奪っていた。

本編では、ラットルやインフェルノと比べおとなしめである。一応、インフェルノの中の人ネタへ繋げる役割をはたすなどはしていた。

ものまね合戦では、中の人ネタである『名探偵コナン』の元太や『GTO』の鬼塚英吉のモノマネをするが、メガトロンから「反則」としてお仕置きされる。その後、ラットルも便乗工藤新一のモノマネをしようとするが、名前を出しかけた瞬間にお仕置きされ未遂に終わった。

最終的に、似ているのかどうか分からない豊臣秀吉のモノマネを披露して優勝。なお、このモノマネをEDまで引っ張っている。
そして大河までもってった

リターンズ

マシーンズ(リターンズ)チータス


リターンズ』では、メガトロンの放ったウイルス攻撃でメタルスの体を失い、仲間達と逃げ回った先で故郷セイバートロン星の地下にある超スーパーコンピューター「オラクル」によって有機体と無機物がバランスよく混ざり合った体にされる。
グロいデザインで有名なリターンズキャラの中では比較的良いほうだと思われる(本人曰くクリクリおめめ)。
かなりスラリとした長身の体格で、モデル立ちも決まっている。

武器は、これまでの射撃武器は無くなり二振りの曲刀のような武器を使用する。
手に持って振り回して敵の銃撃をはじいたり(この際弾くごとに「わっせ」と声を掛けている)、繋げてブーメランのように投げて攻撃することも可能。
通称・チーメラン西城秀樹風に言うのがポイント。
また、2つのチーメランを繋げてグライダーの要領で滑空する(真上に飛び立つ(仲間を抱えた上で)ことや急カーブもできるので実際のグライダーより便利である)ことまで出来てしまう万能武器である。

コンボイが負傷や行方不明により指揮をとれなくなった際は臨時的にリーダーに抜擢されるなど、戦士としての感性は認められている様子。しかし、コンボイ復帰後も彼の作戦に意見するなど、衝突も多かった。

また、変身する際の「ビーストモード!」の掛け声を、ふざけて「トーストどうぞ!」に変更してみたが普通に変身できてしまい驚いていた(直後コンボイから「真面目にやれ!」と怒られた)。その後も「トランスフォーム!」を「住宅リフォーム!」にして変身している(ちなみにこの時シルバーボルトも便乗して「襟裳岬!」にしてみたが、こちらも変身できて「え、これでも?」とやっておきながら驚いた)。

再び開催されたものまね合戦では、「クレオパトラのものまねをする高木渉」という、もはやモノマネなのか中の人ネタなのかわからないネタを披露するが、さすがにオラクルには認められずお仕置きされる(直後、オブシディアンも同じモノマネをして同じくお仕置きされた)。

サイバーバース

サイバーバースのチータス


ようこそ!俺はチータス!トランスフォーム!!
オールスパークの守護者ジャーン!!
CV:TJ・ネルソン/吹:高木渉

サイバーバース』ではシーズン2から登場。本作は『BW』とは繋がりの無い独立した作品なため、本家チータスとは別人だが、担当声優や口癖は同じ。
原題版での名前はもちろんチーター、あるいはチートァー(Cheetor)。最近の日本のTF界隈では、原語版と同じ名前が通例となっているが、今回は珍しく日本語版にて「チータス」と改名された。

外見は『BW』とほぼ変わらないが、スマートフォン向けゲームの『アースウォーズ』のものを踏襲したメカメカしいデザインにアレンジされている。ビースト戦士ではなく普通のトランスフォーマー扱いなため、変身コードは「変身ッヌ!」ではなく「トランスフォーム!」である。
日本語版は本家に比べると少し軽い口調のノリになっており、『ビーストウォーズ』よりも若々しいキャラ付け。
しかし「校長先生」「終点は高尾」など往年のネタは抜かりない。

オールスパークの守護者として生み出された戦士であり、オールスパークを探し求める者が手にするに相応しいかを確かめる役割を担っていた。
しかしプライムメガトロンの問答のさなか、隙を見たスタースクリームにオールスパークを強奪されたことから、オートボットに加わり奪還を目指す。
元々オールスパークの一つだった存在で、オールスパークの在り処を感知する能力を持っている。
一方で自身のアイデンティティに対しては少し不安を抱いており、ディセプティコンの基地に行ってもオールスパークを感知できなかった時は「オールスパークに見捨てられたのかも」と少し落ち込んでいた。
実際はメガトロンがスタースクリームを使って強奪したのではなく、スタースクリームが第三勢力を結成して独自にオールスパークを囲い込んでいたため、感知できなかっただけなことに気づき、両軍の戦いを止めた。

関連タグじゃん

関連記事

親記事

ビーストウォーズ びーすとうぉーず

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「チータス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 90555

コメント