ピクシブ百科事典

スタントロン

すたんとろん

デストロン所属の部隊の一つ。海外名は「スタンティコン("Stunticons")」。
目次[非表示]

概要

各々のメンバーが自動車変形する、デストロンの貴重な陸上部隊で、5体が合体する事により合体兵士メナゾールとなる。
主な任務は物資強奪と拉致。

陸上での機動力の点でサイバトロンより出遅れていたデストロンは陸上でも優位に立つべく、フレンジーが強奪してきた自動車をメガトロン自ら改造し、ベクターシグマに生命を与えてもらった事でスタントロン部隊が誕生した。これにより、デストロンは陸上戦において対等に戦えるようになったのである。これに対し、サイバトロンは「メガトロンが陸で来るならこちらは空から迎え撃つ」というコンボイの案の元、航空部隊のエアーボットを誕生させたのである。ちなみにスタントロンという部隊名は、改造後のテスト時に見せた高い能力を「いくらサイバトロンでもあんなスタントはできない」というフレンジーの評価から因んでいる。

メンバーが全員軍人気質で、チームワークが良い(海外版でのテックスペックはアニメとは正反対でリーダーのモーターマスターと他のメンバーは仲が悪い為、チームワークが悪いとされており、とあるアメコミではメナゾールに合体してウルトラマグナスに挑むも敗北し、モーターマスターが他のメンバーから一斉に非難されるシーンも見受けられた)。

彼らはデストロンの中でもかなり優秀な部隊であり、たびたびサイバトロンを苦戦させている。誕生直後はメガトロンに忠誠を誓い、命令には忠実だがレクリエーションを楽しむ心があり、それ故に第53話「スタースクリーム軍団」では公道でぶっ壊しレースに興じていた為にメガトロンからの招集命令にすぐに応じなかった(メガトロンはベクターシグマに悪の心を与えるようにしか頼んでおらず、その方が自然)。しかしそのおかげでスタースクリームがデストロンのニューリーダーになるのを阻止できた(この時も積極的にメガトロンを助けようとせず、スタースクリーム政権よりはいいと考えての行動)。

民間で使用される自動車に変形するせいか、人間達にはよくサイバトロンと間違われ、地球での初任務では、それによってサイバトロンが濡れ衣を着せられるという事態にまで発生している。
多くの地球人が「サイバトロン=車から変形する宇宙人(トランスフォーマー)」という認識を持っていたがために、たびたび「サイバトロンだと思って警戒しなかったら、デストロンだった」という形で、スタントロンの被害を受ける事態も多発した。
スタントロン本人達の意識しないところで「偽サイバトロン」とも言うべき活躍となっていたのである。
が、当のスタントロンはこの利点を「積極的に」利用したことは無く、逆にサイバトロンに利用されてしまっている(第61話「マスカレード」では、コンボイはこれまでスタントロンがサイバトロンだと勘違いされてきた事を逆手に取り、リジェマイスターランボルチャージャーらと共に偽スタントロン部隊に偽装し、潜入工作を行う「マスカレード作戦」を実行した。

なお、後の時代では各メンバーによってリメイクされる比率が一定せず(これは他の合体メンバーに言える事かもしれないが…)、2015年にリリースされた玩具独自のシリーズ『コンバイナーウォーズ』において、ようやくメナゾールに合体可能な5体のスタントロンが揃うことになった。

メンバー

リーダーのモーターマスター以外のメンバー全員はスポーツカーに変形する。
コンバットロンと同じく、リーダーであるモーターマスター以外の4人はメナゾールの手足として自由に合体できる(スクランブル合体システム)。

参謀 モーターマスター

参謀モーターマスター


CV:戸谷公次
スタントロン部隊のリーダーで、ケンワース・K100エアロダインキャブオーバーに変形する。元の車両はパトカーに追われていたところをフレンジーが強奪してきた。
同じくコンボイトレーラーに変形するコンボイを一方的にライバル視し(当のコンボイは迷惑がっていた)、そのコンボイに突進合戦を挑むがあっさり負けてしまった事がある。
力関係は微妙だが、モチーフ的にはブラックコンボイ的存在の原型と言えるかもしれない(近年では商標の都合からか、モーターブレスと改名された事もあり、同名キャラにもなかなか恵まれない不遇の時代が続いた。その時以降後年のコンボイとモチーフが同一の機体が多い理由は以下に->)。尚G-1第61(海外では第64)話「マスカレード」では、その当のコンボイに化けられていた
メナゾールに合体する際、胴体に変形。
CVは『北斗の拳』のジャギの声で有名な故・戸谷公次さん。メナゾールの声も彼が担当していた。

斥候 ブレークダウン

スタントロン


CV:難波圭一
ランボルギーニ・カウンタックLP500Sに変形。
メナゾールに合体する際、右脚に変形。
機転は利くが自意識過剰気味で、『トランスフォーマー2010』のエンディングテーマ「What's you」でもその事が歌い上げられている。
尚G-1第61(海外では第64)話「マスカレード」では、ランボル(海外名:サイドスワイプ)に化けられていた

詳細はブレークダウンを参照。

兵士 ドラッグストライプ

Drag strip


CV:片岡弘貴
六輪型のレーシングカー・ティレルP34に変形。元となった車両はF1レースで優勝した車両をフレンジーが強奪してきた。
メンバーの中では自己顕示欲が強い。
メナゾールに合体する際、右腕に変形。
日本名はドラッグストライプだが、英語圏での名はドラッグレース用の走路を指す「ドラッグストリップ」(Dragstrip)である。
ニコニコ動画では中の人繋がりでマイスター副官と言われることも。(口調がほぼ同じ)
尚G-1第61(海外では第64)話「マスカレード」では、リジェ(海外名:ミラージュ)に化けられていた。

テロリスト ワイルドライダー

CV:城山知馨夫
フェラーリ・308に変形。
メンバーの中でも特に乱暴な走りを好み、大声を張り上げ走行する反面静けさを怖がるやかましい人物である。テックスペックでも無謀運転は強調されている。
メナゾールに合体する際、左脚に変形。
フレンジーやパーセプターと同じくやかましいキャラつながりなのか、CVは城山知馨夫さんとなっている。
尚G-1第61(海外では第64)話「マスカレード」では、チャージャー(海外名:ウィンドチャージャー)に化けられていた

なお、『コンバイナーウォーズ』の国内導入版『ユナイトウォリアーズ』版ではさすがにこの役職名は使えず「暴走兵士」の肩書きとなった。

兵士 デッドエンド

CV:江原正士
ポルシェ・928に変形。元の車両は銀行強盗が使用していたものをフレンジーが強奪してきた。
他のデストロン兵士同様空を飛べるが、本人いわくその事は卑怯らしい。
メナゾールに合体する際には、左腕に変形する。
尚G-1第61(海外では第64)話「マスカレード」では、マイスター(海外名:ジャズ)に化けられていた
影が薄い方であり(飛行能力について言った程度)、救済措置でか部隊代表として「陸のスピード王」を名乗って(テックスペックではワイルドライダーの方が速度は上)、デストロン最強合体スクランブル7の左足を担当した。

合体兵士 メナゾール

メナゾールワラワナーイ


CV:戸谷公次
スタントロン部隊の5体が合体した姿。詳しくは該当記事参照。

コンバイナーウォーズ

IDW社とタイアップしたハズブロ発の玩具シリーズ『コンバイナーウォーズ』では、上記のG1シリーズのメンバーに加えてピックアップトラックに変形するオフロードという名の新しいメンバーがワイルドライダーと入れ替わる形で登場。
ただし、ワイルドライダーの頭部デザインとカラーリングを再現したブレークネック(デッドエンドの仕様変更品)も発売されており、日本版『ユナイトウォリアーズ』ではこのブレークネックがワイルドライダーとして他の4体のスタントロンとのセットで発売された。また、手足ユニットに当たるキャノンブラスターが『CW』版では全部ばらばらのデザインだったのに対し『UW』版はドラッグストライプとデッドエンド、ブレークダウンとワイルドライダーでそれぞれ同じものが与えられている(合体時のシルエットバランスのためと思われる)。

また、胸部には他のメンバーより小型のスポーツカーに変形するブラックジャックが合体可能となっている。これは初代メナゾールの胸部パーツがモーターマスターのトレーラーに掲載されている小型車がモデルとなっている。日本国内では『アドベンチャーシリーズ』で発売されたラナバウトにも同様の機能がある。(ラナバウトの方が初代玩具の小型車に似たカラーリングとなっている)と言っても実はラナバウトはこのブラックジャックのリデコなのだが

同シリーズでは仕様変更品として、コンボイリジェサンストリーカープロールアイアンハイドの5体(『コンバイナーウォーズ』ではブラックジャックの仕様変更品としてロディマス)が合体するオプティマスマキシマス(国内名コンボイグランドプライム)が発売されている。

関連イラスト

宇宙一のスーパーカー集団

スタントロン・メナゾール



関連タグ

トランスフォーマー 戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー デストロン スクランブル合体 スクランブル合体
コンバットロン エアーボット プロテクトボット
トラック スポーツカー F1 ピックアップトラック

pixivに投稿された作品 pixivで「スタントロン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24253

コメント