ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

G1

CV:フランク・ウェルカー/吹:城山知馨夫(現:城山堅)、鈴木勝美(日本未放送回)/掛川裕彦(ザ☆ヘッドマスターズ)

アニメ『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー』に登場するデストロンの諜報部隊カセットロンに所属する諜報破壊兵で、カセットテープに変形する。サウンドウェーブの部下であるが、他のメンバーとは異なり彼に収納される場面は少なく、単独で活動する事が多い。


「狂乱」や「熱狂」を意味する名が示す通り、生意気で騒々しい性格。日本語版の吹き替えを担当していたのは、後に登場する絶叫要員として有名なパーセプター役も演じていた城山知馨夫氏だが、こちらは捲し立てや口上など絶叫よりも喋りがうるさいキャラだった。

中の人


武器は背中に背負った2丁のマシンガンとミサイル。更に両腕をハンマーアームに変化させ、地面を強打して地震を発生させる事もできる。ちなみに玩具の設定では、地震を起こせるのはランブルのみ。フレンジーは胸のカセットリールを回転させて200デシベルの大音響を発し、敵の内部回路をかき乱して聴覚と平衡中枢を無効化させる能力を持つとされていた。



その体格の小ささ故かテックスペック上の体力の数値は3と低く、スラージに力負けして以来ダイノボット部隊を苦手としており、映画スタジオで遭遇したラジコン操作の恐竜にも怯えるほどのトラウマを植え付けられている。


なお、海外で発売された玩具での名前は日本と同じなのだが、アニメでは制作時に名前が取り違えられて「黒がフレンジー、青がランブル」に置き換わってしまい、最後まで修正されずにそのままであった。そのため、海外のファンの間では今なおランブルとフレンジーの色についての論争が続いている。一方国内版では吹き替えの際に修正されており、アニメでも玩具と同じ名称になっている。


玩具について

玩具はジャガーやコンドルと同じく『ミクロマン』(ニューミクロマン)内の1シリーズ『ミクロチェンジシリーズ』でリリースされたミクロカセットロボ・ミクロスの流用品で、カセットテープ表面の「TAKARA」の文字が消去された点以外はほぼ同等の仕様となっている。また、後期生産版は足首などのダイキャスト製パーツがプラスチックに変更され、メッキ加工された武器の色も銀色から金色に変わっている。


2009年には『トランスフォーマーアンコール』内の『カセット大作戦』と銘打った復刻シリーズにてコンドル・ランブル・オーバーキルとのセットでタカラトミーより復刻販売されており、ステッカー処理だったカセットテープの表面やロボットモードの脚部のモールドがタンポ印刷となっているが、タンポ印刷を施すのが難しい大腿部や二の腕のステッカーなどは省かれている。また、旧製品はスプリングで展開する頭部の据わりが悪くロボットモードでは常に斜めに傾いた状態だったが、復刻版ではこれも改善されている。


実写映画版

SDフレンジー(ラフ)

実写映画版第1作目にて登場。メンバーの中で最も小さく、諜報活動を得意とするディセプティコン戦士。GPXのCDラジカセに変形する。フレンジーという名前だが、元々サウンドウェーブとしての登場案もあったためか、メガトロンスタースクリームと同等に、G1版の面影は全く無い。


続編の『リベンジ』に登場するラヴィッジ、『ダークサイド・ムーン』に登場するレーザービークと違い、サウンドウェーブの部下(手下)である描写が一切無く、1作目ではバリケードと行動を共にしている。


武器は手裏剣状のカッターとマシンガン。ナリは小さいながらも数人のSPを軽々と撃退するほどの戦闘力を持つ。ハッキングなどの諜報活動の手腕も優れており、トランスフォーマーの能力の高さを見せ付けた。


劇中の活躍

エアフォースワンに侵入して国防総省のコンピューターにハッキングし、メガトロンや「キューブ(オールスパーク)」に関する情報を入手しようとした。工作自体はマギー達に気づかれたことで途中で阻止されたものの、オールスパークの場所が記されたメガネの持ち主=サムの情報を見つける事に成功する。その後はトランスフォーム能力を駆使して機内から脱出しバリケードと合流。彼と共にサムを襲うが、ミカエラに工事用のドリルで体を切断されてしまい、頭だけの状態になりながらも一時的にミカエラのスマートフォンに偽装した。


終盤でミカエラのバッグに紛れてセクター7の本部に侵入し、オールスパークを発見すると共にその力で自身の身体を修復、スタースクリームにその在処を伝える。その後、メガトロンを冷凍保存している装置を止め、シモンズやマギーらを襲い攻防戦を繰り広げるが、その際自分で投げたカッターが自分の頭に命中し、死亡した。


『トランスフォーマーリベンジ』ではシモンズの戦利品として、彼の実家の地下の部屋で頭部が飾られていた。また、デザイン自体や変形する物は違うが、同じようなタイプの小型トランスフォーマー「ホィーリー」が登場している(ただし彼は後にオートボット側に寝返っている)。


玩具について

映画公開当時の2007年に発売されたデラックスクラスのバリケードや2010年発売のヒューマンアライアンス版バリケードにはフロントグリルに収納可能なフレンジーのフィギュアが付属するが、ラジカセへの変形を再現した玩具はファストアクションバトラーズのディスクブラストフレンジー(日本ではトイホビーマーケット限定商品として発売)のみで、ラジカセとロボットモードでの体表面積が大きく異なるせいか、ロボットモードでもラジカセの外装が目立つデザインとなっている。


実写映画1作目の玩具に採用されているオートモーフ機構もあり、頭部と胴体部を繋ぐロックを外すとスプリング仕掛けで胴体部が二つに分離し、後頭部のスピーカーを押すと顔が現れる。また、後部の突起(ロボットモードでは背部のスピーカー)を押すとディスク挿入部から円盤状のカッターが飛び出す。


アーススパーク

アーススパーク版フレンジー

CV:ティアナ・カマチョ/吹:矢作紗友里

G1以降、アニメ作品にめっきり登場しなくなってしまったフレンジーだったが、アーススパークにて実に36年ぶりとなる出演を果たす。

しかも女体化しての登場である。

吹替を担当した矢作女史曰く「おバカでロックでちょっと残念な感じ」な性格で、一人称はフレンジーちゃん

戦争終結後、オートボットに寝返ったメガトロンの離脱により、野良ディセプティコンとなったサウンドウェーブにレーザービーク、ラヴィッジ共々付き従っている。

カラーリングはG1を踏襲しつつ、細身で女性的な外見となった。

変形するのは勿論カセットテープ。

エレキギター型の銃を使う他、絶叫することで放つ音波攻撃を得意としており、レーザービーク、ラヴィッジと同時に放つトリプルトーンはオプティマスやメガトロンといった大型のトランスフォーマーをも怯ませることができる。


作中ではゴーストの仕官候補生の名札を盗んだことでオプティマスとメガトロンに追跡される。小さい体やトリプルトーンで翻弄するが、拘束ボルト(取り付けられるとロボットモードに変形できなくなる)を取り付けられて捕縛される。しかし、護送中にサウンドウェーブが音波でボルトを破壊したことで脱走、メガトロン達に再び襲いかかるが、途中でテラン達が乱入、サウンドウェーブから分断される。なおもトリプルトーンで動きを封じるが、テラン達が歌った囮作戦の歌についうっかり反応してしまったことでラヴィッジとレーザービークがダウン、自身もバンブルビーに背後から襲われて戦闘不能に。戦闘後はメガトロンから2度と迷惑をかけない事を条件に見逃され、逃げていった。


pixivでの扱い

G1フレンジーはサウンドウェーブやランブルと、更にアニメでは取っ組み合いの喧嘩となったスカイワープと一緒に描かれることが多い。また、実写映画版はバリケードとのツーショットで、いずれも単体でのイラストは少数に留まっている。

しーっ。フレスカワ

小さな暗殺者たち

オレ小せぇ!


関連タグ

関連記事

親記事

カセットロン かせっとろん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 655932

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました