ピクシブ百科事典

サウンドウェーブ

さうんどうぇーぶ

サウンドウェーブ(Soundwave)とは、『トランスフォーマー』シリーズに登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

シリーズによって設定は異なるが、大抵は「デストロンディセプティコン)に所属する幹部として登場する。
口数の少ないクールな性格で、リーダーであるメガトロンに忠誠を誓っている。
その忠実な仕事ぶりからファンからは「デストロンの実質的なNo.2」と称されることもある。

基本的にメガトロン一番の腹心である初代が有名。
どの作品でも共通して他者よりもボコーダーの強いエフェクトがかかった片言っぽい喋り方をしている。

仲間(主にスタースクリーム)からのあだ名は「腹黒」「陰険」「根暗」など。
この三つにプラスするか、またはどれか一つだけ受け継ぐかがサウンドウェーブの基本的な性格になる。

日本のトランスフォーマーファンからは、"サウンドウェーブ"を日本語に直訳した"音波"という略称で呼ばれることが多い。

サウンドウェーブ(G1

おんぱんぱ


CV政宗一成

G1』から『ヘッドマスターズ』にかけて登場した、ラジカセに変身するデストロン戦士。
セイバートロン星にいた頃は電灯(らしきもの)にも変形できた(多分今でも可能)。
ちなみに出身はセイバートロンではなく「音楽惑星」という別の星。

常時メガトロンに忠実であるが、忠義者である故か不義な仲間の弱みを握る事を好む。

カセットテープに変形するカセットロンを使役し、偵察活動や破壊工作等の裏方仕事を主な任務とする。
己から発した電磁波だけで相手の心を読むことができるという『ブレインスキャン』なる超絶反則技を持つが、IDWパブリッシングのアメコミでは、その能力がサウンドウェーブ本人にとって負担になるという設定になっている。

普段は冷静であるが、大笑いしたり不測の事態に慌てたりもする。
そうなるととても面白い声が聞ける。(顔が無表情なだけにとてもシュール)

初代TFメンバーとしては珍しく『ザ・ムービー』も『2010』も生き残った。
最古参のメンバーである事からかメガトロンやメガトロンが暴君ガルバトロンに変わってしまった後も信頼されており、落ち着いた態度で接されていた。
その為、和製オリジナル展開である『ザ☆ヘッドマスターズ』にてサウンドウェーブが戦死した際はガルバトロンは声を出して悲しんでいた。

なお、サウンドウェーブはその後回収された頭部からガルバトロンの指示でサウンドブラスターとして復活し、最後までしぶとく生き延びている。

ちなみに、デストロン軍のエンブレムは初代メガトロンが彼をモデルに作成した。
以降のシリーズでもこのエンブレムは一部を除き共通して使用されており、彼の顔は文字通り今なお「デ軍の顔」となっている。

上述の通りメガトロンには基本的に忠実で、『ザ・ムービー』ではコンボイとの一騎打ちに敗れて深手を負ったメガトロンを見て、唯一人動揺が声に現れるほど取り乱していたことからも伺える。
しかし一方で、重傷者を放逐するシーンではスタースクリームがメガトロンを宇宙空間に投棄した点に関して抗議せず、ニューリーダー決定戦に名乗りを上げるなどしていた。
もしかしたら日和見主義者なのかもしれない。(そもそも上記の動揺したような「メガトロン様!」というセリフは原語版にはなく、他の兵士と同じく無言で駆け寄っている。)

自身と同じくラジカセに変身するサイバトロン戦士・ブロードキャストをライバル視している。
憎しみすらあるようで「口だけのイカレサウンドが!」など普段の冷静な彼からは想像できない暴言を吐いたことも。

担当声優は本作でナレーションも兼任している政宗一成氏。
ナレーション時の力のこもった声とは違う落ち着きのあるキャラクターを見事に演じ分けている。

玩具について

玩具は旧タカラが1970年代に展開していた『ミクロマン』の1シリーズ『ミクロチェンジシリーズ』のうち、ポータブルカセットプレイヤーがロボットに変形する『カセットマン』の仕様変更品で、胸部のドアの形状が変更されている以外に特に大きな違いはない。
また、同梱されたカセットロンは国や製造時期によってそれぞれ異なっている。
ちなみに初期の製品には『カセットマン』と同様にダミーのヘッドセットが付属していたが、以降の生産分では省かれてしまっている。

ビーストウォーズ

もしもメタルスジャガーがアークに到達していたら



ビーストウォーズメタルス』で初代サウンドウェーブの機能停止状態の姿が確認できる他、
ビーストウォーズリターンズ』では同型・色違いの別人がモブで登場。

それとは別にアメコミでも同名で別人のサウンドウェーブが登場。
こちらはロボットモードを失い動物から動物へと変身するミュータンツの一員であり、コウモリワニに変身する。
ビーストコンボイは蝙蝠(コンボバット)、ビーストメガトロンはワニ(メガリゲーター)に変身していた事を踏まえると何やら意味深なチョイスであるが、おそらくは無関係。

ギャラクシーフォース

GFサウンドウェーブ


CV:武虎
SF風の戦闘機に変形するトランスフォーマー。

ノイズメイズと同じ「プラネットX」と言う惑星出身者。
第3勢力としての暗躍の都合で一時期デストロンに身を寄せていた。
サウンドにうるさいらしく、特技は声真似。その特技を使って敵を混乱させる。

変形モデルが違うのでカセットテープはイジェクトしないが、胸に収納している「ヘキサゴン」と呼ばれるブロックを、武器やコンドルに似たキラーコンドルに変形させ、戦闘時に使用する事が出来る。

また、『リターンズ』の後日談である小説『ビーストウォーズリボーン』ではロゴスプライムの仮の姿として「サウンドブラスター」が登場している(玩具のみが限定発売されたサウンドウェーブのリカラー品サウンドブラスターとほぼ同じ姿)。

実写映画

リベンジするSW


(画像は2作目)
CV:フランク・ウェルカー
吹き替え:郷里大輔(リベンジ)、斉藤次郎(ダークサイド・ムーン)

『トランスフォーマー:リベンジ』から登場。
エイリアンサテライト(人工衛星)とエイリアンシャトルに変形するトリプルチェンジャー

『リベンジ』においては他のディセプティコンとの連絡交換を主な仕事としており、残念ながら地球に降りて戦闘を行うシーンは無かった。
しかし、米軍の衛星をハッキングしてメガトロンやオールスパークの情報を手に入れたり、NESTに対しては通信妨害を行うなど情報参謀の名に恥ない活躍を見せる。

海外で発売された『リベンジ』のゲームでは、コンテンツをダウンロードする事により使用可能。
映画版未登場のロボットモードやビークルモード(SUVに変形)を披露し、戦闘においてはカセットロンのフレンジーやコンドルを彷彿とさせるメカを使い攻撃や偵察を行う。

情報参謀


実写映画3作目『ダークサイド・ムーン』ではようやく地球に降り立つ。
前作では裏方的な役どころだった彼だが、映画公開当時に発売された小説とその設定によれば、彼は仕事の為に頻繁に地球に降下していたとの事。

地球では銀色のメルセデス・ベンツSLS AMGをスキャンしており、ロボットモードの顔もバイザーやマスクがなく目と口が露出している、スピーカーらしき青い丸が全身にあるなど、今までのサウンドウェーブ達とは異なった意匠を持つ。その名に恥じず、音波砲サウンドブラスターが武器。銃口は、第9地区ロサンゼルス決戦のエイリアンの武器に似ている。

親の代からディセプティコンと内通していた少年時代のディラン・グールドとも交流があったとされており、彼の相棒的なポジションで居ることが多い(玩具でもディランやレーザービークとセットになった商品が存在した)。
人間と交流がありサイズがほぼ同じであるなど、バンブルビーとは互いにアンチテーゼのような関係にある。

シカゴでの戦いでは、多数のオートボットを人質に取り、更に怒るディランの指示を聞いて彼らの処刑を実行。
手始めにバリケードを使ってキューを処刑し、続いてバンブルビーに銃口を向けるが、墜落したディセプティコンの戦艦に気を取られている間に反撃に遭い、胸をブラスターで撃ち抜かれ頭ごと吹っ飛び死亡した。

本来はメガトロンやスタースクリームと同様に、実写版でも一作目から登場する予定だったが、マイケル・ベイ監督の「思うような活躍シーンを描けない」という理由により没になっている(結果的に、彼の役割はバリケードとフレンジーに分散された)。

部下であるカセットロンについては、バリケードがフレンジーを従えていたので実写版では関わりが無かったものの、リベンジでラヴィッジを胸から射出しオールスパークの欠片を奪取させたり、ダークサイドムーンでレーザービークを自身の右腕のように扱うなど、こちらでも有能な配下として従えていた。

トランスフォーマーアニメイテッド

Rock'n 音波


CV:飛田展男

日本語版第4話『音波大作戦』から登場。
元々はサリへのプレゼントとしてサムダック博士が開発したロボット玩具だったが、メガトロンの策略によりサウンドウェーブとしての自我を獲得。
当初はビークルモードを持っているような描写はなかったが、後にスピーカーを備えたワゴン車に変形するようになった。

「ボクノナマエハさうんどうぇーぶ(I am Soundwave)」が口癖。
日本語版では初代サウンドウェーブを尊重してか、声にボコーダーの様なエフェクトが掛かっている。

本体は子供が抱きかかえられる程度の大きさしかないが、あらゆる機械を吸収する事で大きくなり、最終的にはビークルモードへの変形能力も獲得。
ゆえに体が木っ端微塵に破壊されても、新たに機械パーツを補う事で復活が可能。
ギターに変形するレーザービーク(コンドル)と、ショルダーキーボードに変形するラットバットを部下として従えている。

「有機生命体より機械こそが優れている」という思想を持ち、人間達を支配下に置こうと度々暗躍するが、その都度サリとオートボット達の絆の力の前に敗れている。

第39話では同型の分身が多数登場しており、サウンドブラスターに似た黒い個体やミュージックレーベル版のクローンのような白い個体などもいる。

シャッタード・グラス

白音波のクリスマス



サウンドウェーブという存在を根底から覆したとんでもない人。
性格はクラシックロックが大好きな、仲間意識の強い超フレンドリーな好青年となっている。
ミュージックレーベル版のソニックホワイトカラーに準じたカラーリングをしており、当初はMP3プレーヤーに変形していたものの、途中から『トランスフォーマーユニバース』(変形!ヘンケイ!トランスフォーマー)版のアイアンハイドに似たボディになっている。

仲間には愛称をつけ、カセットロン達には上司というよりも彼らの保護者のように接している。(むしろどちらが保護者なのかさえわからない場合もある)

『War for Cybertron』シリーズ

war for cybertron



家庭用ゲーム機やPC等の媒体で発売されたゲーム、『War for Cybertron』シリーズでの姿で、G1シリーズのデザインをアレンジした外観を持つ。
同作は、後述の『トランスフォーマープライム』の前日談的要素を含んだゲーム作品であり、メガトロンの部下として彼に仕えており、配下としてカセットロン部隊を従えている。
セイバートロン風の装甲車とカセットプレーヤーに変形するが、後述するように、1度だけ初代アニメ同様、街灯に変形していた事がある。
なお、ゲーム3作何れの本編ストーリーでもPLCだったディセプティコンは彼のみである。

War for Cybertron

ゲーム冒頭、スタースクリームらが拠点とする宇宙ステーションでの戦いでは、メガトロンとは行動を共にせず、ステーション内の臨時基地設営に従事、設営後はステーションの中心に向かうメガトロンをナビゲートする。
続くアイアコーンへの総攻撃では、ブレークダウンと共にメガトロンに付き従い、攻撃に参加。道中で敵や防衛システムの弱点を分析し、それを突いて戦局を有利に進めていく。
敵方となるオートボット編ではディセプティコンの拠点都市、ケイオンの大監獄署長に就任。前述のディセプティコン編終盤に捕縛したゼータ・プライムへの拷問を行うだけでなく、アイアコーン内でオートボット狩りを実施、手遊びに初代アニメでも見られたエネルゴンキューブを製造していた。
ケイオン大監獄のステージで、ステージボスとして登場。(当項目のイラストはこのステージ冒頭で現れた彼を描いたものである。)彼との戦闘時はバリアの中から自動砲台やカセットロンを駆使して攻撃してくる。その為、カセットロンが機能停止した際にバリアから飛び出してきて直接回収しようとする隙を狙って攻撃するという後味の悪い戦い方をしなければならない。劇中ではオートボットの攻撃を受けて、それを治療すべく拷問していたゼータ・プライムからエネルゴンを吸収、間一髪でオプティマスエナジーアックスの一撃を躱し、負傷したカセットロン共々その場から逃げ出した。

Fall of Cybertron

序盤のオートボット・シティ攻撃においては、シティ内の街灯の1つに成り済ましていた。メガトロンがメトロフレックスに圧殺された際(この時ディセプティコンは捕縛したオプティマスの方に気を取られていて、サウンドウェーブも含めて近くにメトロフレックスが接近しているのに気付くのが大幅に遅れてしまった。)は、多くの者が新しいリーダーへの就任を宣言したスタースクリームの命に従って撤退する中でも一人残っていたが、意味あり気にメガトロンの亡骸の方に手を伸ばした後、後ろ髪を引かれる思いでその場を立ち去った。
だが、ゲーム後半、密かに現場からパーツを持ち帰っていたことが明らかになる。彼はケイオンの闘技場地下にある自身の工作室で、銃火器E.D.K.テックボルトによる放電を利用し、回収できたパーツと新規のパーツを組み合わせてメガトロンを復活させた。以降は復活した主君に付き従い、オートボットに占領されたトリプティコンの墜落現場への攻撃に参加し、戦艦への改造計画「ネメシス・プロトコル」を発動、完成したネメシスのアーク攻撃においては、初代アニメ同様、アーク船内への攻撃に参加、船の砲塔の無力化を行った。

Rise of the Dark Spark

メガトロンの命を受けて、スタースクリーム、ショックウェーブとともに、ダークスパークを求めて廃墟と化したクリスタルシティへ赴く。
なお、今作ではプレイの一環としてレーザービークのイジェクトが可能になっている。

プライム

TFP音波


メガトロンが剣闘士だった頃からの部下であり、ディセプティコン最古参のスパイ。
情報参謀らしく情報戦を得意とし、メガトロンに対する忠誠心の強さと抜け目のなさから仲間のディセプティコン達からも「チクリ屋」として恐れられている。

自己主張を殆どせず、またスパイという立場柄戦闘を極力避ける傾向がある為に侮られがちだが、出自はメガトロンと同じく剣闘士であり、本作でもトップクラスの実力者であり、飛び抜けて強いわけではなかった歴代のサウンドウェーブの中でも最強の部類。

喋れないわけではないが「肉声」で喋る事がほとんどなく、録音した他人の声を流すことで意思疎通を図る。
顔の面積の殆どを占めるバイザーにはオシロスコープ状の映像や録画した映像を映すばかりで、本人の表情は映らない。
そんな無機質的な人物像を反映してか、無人偵察機(米軍が運用するプレデター、リーパー、グローバルホークを折衷したデザイン)に変形する。
この為、ロボットからロボットに変形するという奇抜な変形スタイルと化している。

主な武器は胸部から伸ばす伸縮自在な触手と剣のような長い腕。
また、単機でグランドブリッジやスペースブリッジを作動させる機能を搭載しており、闘うまでもなく手際よく敵を放逐するのは彼の十八番である。
日本版の玩具で胸部の触手はゾリというサソリ型のアームズマイクロンとしてデザインされている。
胸にはマイクロンのレーザービーク("コンドル"の英語名)を格納しており、これを飛ばして偵察を行わせる。
このレーザービークは小型だが戦闘能力は高く、機動性のみならず速度も戦闘機と遜色ないものを見せる。

最終シーズンとなる『ビーストハンターズ』(日本未放送)でも、脱走したエアラクニッドインセクティコンをネメシスから放逐したり、オートボットに一時的に人質になった際も逆にラチェットを人質にして脱出するなどその実力を存分に発揮。
冒頭ではレーザービークが破壊されかけるシーンがあったが、玩具のようにラヴィッジ(ジャガー)に代わることはなかった。
なお、オートボットの捕虜となった時、地声で「サウンドウェーブ頭イイ、オートボット皆馬鹿バカリ」と挑発していたが、この時の肉声は初代サウンドウェーブの吹き替えを担当したフランク・ウェルカーのものを使用している。

最終話でのネメシス最終決戦では、グランドブリッジを利用した戦法でオートボットを苦戦させ、ジャックミコの参戦に気を取られて彼らをグランドブリッジで追放しようとする。
しかしこの戦法が仇となり、直後にラフが発動したグランドブリッジによってスカイクエイクのように異空間「シャドウゾーン」に飛ばされてしまう末路を迎えた。

アドベンチャー

ビーストハンターズの最終決戦以降、シャドウゾーンに幽閉された状態にあったが、戦後を描いた続編『トランスフォーマーアドベンチャー』第3期(マイクロンの章)にて、チームバンブルビーがグランドブリッジを修復のために開いた一瞬の隙を突き、自身もグランドブリッジを開いた事でシャドウゾーンから脱出し、見事復活を果たした。
バンブルビーをシャドウゾーンへと飛ばして孤立させ、基地の材料を使って通信機を作り、メガトロンを始めとしたディセプティコン達を地球に呼び戻そうとした。
だが長い間シャドウゾーンにいたブランクでかつてほどグランドブリッジを使い慣れていない弱点を見抜かれ、オートボット達の罠にはまりバンブルビーを救出させられ、デニーが動かすクレーンで吹き飛ばされて再びシャドウゾーンに戻されてしまった。
以下、国内未放送分の最終章『Combiner Force』のネタバレ注意































CV:フランク・ウェルカー(前作『プライム』から続投)
再びシャドウゾーンに戻されたサウンドウェーブであったが、さる筋から専用の改造を受けたマイクロン達を与えられ、彼等を使役してディセプティコンハンターをオートボットから奪い取り、シャドウゾーンからの脱出を計る。マイクロンらは主にオートボットがスタンティコンとの戦いに取り組んでいる間を狙っており、シーズン3第2話ではスタントウィングにバンブルビーの持っていた1本を、同シーズン第7話ではトリックアウトにサイドスワイプの1本を奪い取らせた。途中、第11話ではハイ・テストがストロングアームの1本を奪い取るのに失敗し、シャドウゾーンからの逃亡してしまうものの、同シーズン第14話でゴールドギアーが最後の1本の奪取に成功した。こうして全てのディセプティコンハンターを揃えると、今度は同じ筋からの協力で脱獄に成功したスチールジョーと接触、彼等を脅し付け、原子力発電所からの核燃料棒の奪取を命じた。

『また会えたな』『バンブルビー』


そして第21話でとうとうシャドウゾーンから脱出。今回はシャドウゾーンで通信機自体を完成させており、それと前述の核燃料棒を動力源として組み合わせ『マイクロンの章』で失敗に終わったメガトロンとの接触を再び試みる。また、3本のディセプティコンハンターを組み合わせた武器の効果でパワーアップも遂げていた。クラウンシティにて通信機を市内で最高の高さを誇る銀行の屋上に設置、追って来たオートボットのうち、オプティマス・プライムはレーザービークに任し、自身はチーム・バンブルビーのメンバーの相手に専念する。ディセプティコンハンター3本を組み合わせた剣でビーを氷漬けにしたものの、その隙を突いてサイドスワイプが通信機に接近、彼を氷漬けにしようとするも、逆にディセプティコンハンターをビーの方に飛ばされてしまう。(このためパワーアップも解除された。)そのビーもグリムロックから受け取った工事現場の道具で氷を砕いて拘束から自由の身となり、サウンドウェーブに先んじてディセプティコンハンターを奪還した。「Now,let's see how you fight without our weapons(さてと、実力だけでどこまでやれるかな?)」と挑発を受け、いつもの方法で攻撃を仕掛けるが、ディセプティコンハンターで触手の先端を切り落とされてしまい、その時の電気ショックでダウン、そこを更に盗んだかつての得物で氷漬けにされて身柄を拘束された。レーザービークは逃走したハイ・テストと手を組みパワーアップしたオプティマスにミサイルで撃墜、残った気力を振り絞り、触手で安全圏まで移動させて、起動させようとした通信機も同様の手段で破壊された。(この破壊の直前の「Megatron... will return...(メガトロンサマガ...カエッテ...クル)」が最後の台詞となり、夢潰えたのが分かるとステイシス状態になった。)逮捕後は前シーズンでの同僚と同じく、オプティマス・プライムによりサイバトロン星へ連行され、そこで戦犯として裁判を受ける身となった。
細身だった姿から戦前のようなマッシブな体格になり、額の形とカラーリングはG1や『War for Cybertron』シリーズを彷彿とさせている。但し前述の通り、本編ではディセプティコンハンターのパワーアップをとげた為、カラーリングがそれに応じたものに変わっており、上のイラストのように本来のカラーリングを見せたのはごくわずかな時間に限られていた。頭の方はこれまでと同様のデ軍顔だが、バイザーが赤一色に染まっていて、声を出す際はバイザーにオシロスコープ風の映像が映し出されるようになっている。これ以外にも敵の場所の特定をすると、その地点にマークが表示される場面もあった。ビークルモードは無人偵察機から屋根に銃火器を搭載した屈強な装甲車に変わり、レーザービークもより地球の鳥に近いフォルムとなった。戦闘スタイルも触手風のロボットアームは変わっていないものの、肩のミサイルランチャーが新たに武装として加わっている。


『プライム』や『マイクロンの章』登場エピソードでは無口であったが、シーズン3ではエフェクト付きの声で喋る場面が増えた。前述のバイザーでの演出も含め、感情豊かになったと言えるかもしれない。

キュートランスフォーマー

きゅきゅきゅきゅーとらんすふぉーまー


CV:岡本信彦

トランスフォーマー生誕30周年を記念し、制作されたチョロQとのコラボ企画によるサウンドウェーブ。
玩具はオプティマスのリデコであり、青いカラーリングのニッサンGT-R R35に変形する。

アプリ版ではアップデートによって追加された難易度低めの「ステージ0」のボスキャラとして登場。ラットバットを発射して攻撃してくる。

アニメ版では第二期「さらなる人気者への道」からデ軍回のレギュラーとして登場。
カセットロンのコンドルにオプティマス達の会話を盗聴させているらしく、メガトロンに報告して話題を提供するのが通例になっている。
カセット形態に変形したコンドルはボンネットの中に収納しており、第7話では同じくボンネットからアダルトDVDと思しきディスクを取り出した事もある。
声にはG1と同様にエフェクトがかかっており、独特の平坦な口調で喋る。(ただしカットされたアドリブパートでは声にエフェクトがかかっていない)

台本パートやアドリブパートの序盤ではG1同様の棒読み口調であるが、「イジェークト」の掛け声と共に中の人本来の口調へ切り替わる。
口調が切り替わると一人称が「私」から「僕」に変化する。
笑いの沸点が低く、アドリブパートでよく聞こえる笑い声は、だいたい彼の笑い声である。
意外と可愛いもの好きな面もありグルグルが好きだったと語ったり、「トランスフォーマーをちっちゃい女の子にする」ことを提案したりした。
なお、自分を演じる声優をスタースクリームから聞かれた際は「釘宮さんがいいです」と語っている。

アドリブパートでは素に戻ってしまう事も多く、ショックウェーブを界人君、メガトロンを啓治さんと呼んでしまっていた。

余談ながら、第三話にてサウンドウェーブが「揃って車に変形するのも新鮮です」と発言しているが、レーザーウェーブはマツダRX-8に変形していた『バイナルテック』シリーズの先例があり、スタースクリームでさえ『オルタニティ』シリーズで光岡オロチに変形した事がある。

飽く迄も同じシリーズで揃って自動車に変形したことがないのであって、メガトロン及び三参謀達が車に変形した事がないわけではない。
また、QTFもスタースクリームを始めとしたジェットロンも戦闘機に変形している為、本作とて厳密には揃って自動車に変形しているわけではない。

G1シリーズを意識したのか、声を担当する岡本氏が同アニメのナレーションを担当しており、ナレーションのノリもかつてのの政宗一成氏の語調そのままである。

関連イラスト

813
情報参謀


sw
WW。



関連動画

  • 実写版での2作目と3作目の形態の違いがよくわかる動画


関連タグ

トランスフォーマー ディセプティコン カセットロン サウンドブラスター
ブロードキャスト

pixivに投稿された作品 pixivで「サウンドウェーブ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5325043

コメント