ピクシブ百科事典

ニューリーダー病

にゅーりーだーびょう

<いいか!今日から俺様がデストロンの新しいリーダーだ!
目次[非表示]

概要

ニューリーダー病とは、アニメトランスフォーマー』シリーズにおいて部下が上役のキャラの立場を狙って行動した際などに視聴者の間で飛び交う言葉。
早い話が下剋上を企むことであり、この呼称は作中でスタースクリームが事あるごとに「ニューリーダー」の座に固執していたことに由来する。

代表的なニューリーダー病患者

トランスフォーマーシリーズ

スタースクリーム(シリーズほぼ全般)
ある意味「ニューリーダー病」の代名詞といってもよい人物。事あるごとにメガトロンに反旗を翻したり、揚げ足を取ったりしてデストロンディセプティコン)のニューリーダーを名乗っている。シリーズによっては念願叶って本当にリーダーに就任することもあるが、直後に復活したメガトロン(もしくはガルバトロン)からキツイお灸を据えられることも。

レオザックトランスフォーマーV
デストロンのNo.2で戦闘機変形、リーダーの座を狙うなどスタースクリームと共通点が多いが上司であるデスザラスには楯突かず、機が熟すのを待っていた。自身がリーダーを務めるブレストフォースライオカイザーに合体可能になったのをきっかけにデスザラスに反抗するが、事前にゴウリュウに自身の野望を喋ってしまったためデスザラスに野心があったことがばれており、釘を刺されてしまう。その後は野心を見せることはなくなった。

ダイノボット(ビーストウォーズシリーズ)
元々はデストロンであったが、メガトロンに不意打ち同然で排除されてからはサイバトロンに寝返り、そのリーダーになること目論むようになる。決闘でコンボイに敗北して彼の下に付いたものの、彼の不在時には真っ先に臨時あるいはニューリーダーに立候補するなどかなり長い間ニューリーダーへの拘りを見せていた。

タランス(ビーストウォーズシリーズ)
陰湿で残虐かつサディストな性格の技術者で、己の計画のためなら仲間すら利用する卑劣漢。頭の回転も速い。基地から離れた場所に独自に秘密の研究所を設け、ユニクロンの眷属として全トランスフォーマーの抹殺という目的の下で暗躍し続けた。
メガトロンに対して下克上を企んでおりメガトロン自身もそれには薄々感づいているのだが、一流の科学技術を持つため彼を手放せないでいる。

テラザウラービーストウォーズシリーズ)
タランスと同じく、メガトロンを出し抜きニューリーダーに成り上がろうと目論む不忠者。
飛行系のもの(プテラノドン)に変形する、ロボットフォームのヘルメットのデザインや逆三角形のシルエットが心なしか上記のスタースクリームを彷彿とさせる。

タンカー / ライノックス(ビーストウォーズシリーズ)
患者の中では珍しいサイバトロン(マクシマルズ)出身のニューリーダー病発病者。
リターンズ』において、サイバトロン・デストロン両軍に所属した経験から「自分こそがセイバートロンの支配者にふさわしい」という結論に至った。
両軍のリーダーであるイボンk…コンボイメガトロンを相打ちさせようと、自身の死を偽装し裏で巧妙に罠を張り巡らせるが、結局は彼もメガトロンの手中で踊らされていたに過ぎず、あえなく破壊されてしまう。

メガストーム/ギガストーム(ビーストウォーズシリーズ)
兄であるガルバトロンを引き摺り下ろしてリーダーになろうと企んだ愚かな
ガルバトロンが眠りについていたのをいいことにデストロンのリーダーとして指揮を取り、ガルバトロン復活後も影から攻撃して再び眠りにつかせようとした。しかし、これらの行動の陰には優秀な兄へのコンプレックス、認めて貰いたいという気持ちがあり、決してガルバトロンが嫌いなわけではない。ガルバトロン本人も内心では彼の事を大切に思っている。

レーザーウェーブトランスフォーマースーパーリンク
初代TFのアニメでは忠臣だった彼だが、本作ではガルバトロンを追い落としてデストロンのリーダーになろうと企んでいる野心家。デストロンが手に入れたユニクロン制御装置を奪い取り、ガルバトロンを出し抜こうと企むが、彼にユニクロンが制御しきれるはずもなく、支配権を取り戻した代わりに精神を病んでしまったガルバトロンに処刑されてしまった。彼の死後に登場した弟のシックスショットも兄譲りの不忠義者であり、最終的にデストロンを敵に回す事になったが、兄と同様にガルバトロンによって粛清された。
実はG1のアメコミ版でもリーダーの座を狙っており、メガトロンに反逆している。

エアラクニッドプライム
珍しい女性のニューリーダー病患者にして、デ軍のアイドル芸人。
元々ディセプティコンへの帰属に不満があり、メガトロンに見切りをつけて、メガトロンの打倒を目論むようになる。
ディセプティコンを離反後インセクティコンを率いてディセプティコンへの大攻勢に出たが失敗。その後紆余曲折を経てサイバトロン星の月へと放逐され、部下のインセクティコン達諸共自滅するという末路を辿った。

その他の作品・テレビ番組

三遊亭好楽林家木久扇6代目三遊亭円楽
ご存知『笑点』。いい年したジジイたちが何やってんですか……

関連タグ

病気 下克上 ニューリーダー
トランスフォーマー
デストロンディセプティコン
スタースクリーム

pixivに投稿された作品 pixivで「ニューリーダー病」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 49945

コメント