ピクシブ百科事典

モンスター(バイオマン)

しんていこくぎあずいいちのかいりきのもちぬし

モンスターは「超電子バイオマン」に登場するキャラクター。新帝国ギアの幹部「ビックスリー」の一員。 (メインイラスト右側の人物。)

概要


新帝国ギアの幹部である「ビックスリー」の一員で、メイスンやファラと比べると頭は働かないが、ビックスリー随一の怪力を誇り、バイオマンが五人がかりでも吹き飛ばされるほど。
巨大なモンスタートマホークを武器にする。

その正体はロボットではなく人間を改造したサイボーグ(ただし生身の部分は殆どなく素体が何者だったかは不明)でありビックスリー唯一の素体を持った怪人である。

性格的にもメイスンやファラのような冷酷さもなく、ボケをかましては2人に突っ込まれている(第7話ではメイスンがコンパクトディスクを持ってきた時にはファラに「コンパクト?おい、おしろいを塗る奴か?」とボケをかまし、ファラに呆れられていた)またファラとの結婚を夢想して叱咤されたり、敵である桂木ひかる・ピンクファイブアクアイガー共々色目を使って袖にされたこともある。
そのため、ドクターマンにはあまり期待されておらず(第3話で自分の出番とばかりに売り込んだがドクターマンに無視されている。その後、一人司令室で「僕の出番は何処に行っちゃったんでしょう?」といじけるシーンもある)、メイスンやファラには小馬鹿にされており、プリンスには露骨に馬鹿にされていた。しかし、その頭の回転が働かないが故にドクターマンに対する忠誠心は凄まじいものがあり、メイスンとファラに謀反を誘われた時には一度は断っている(しかし、最終的には協力する事を約束した)。メイスンやファラ同様に人間の姿に化けることも出来るが、魁偉な姿である為かかえって怪しまれる事も多かった。

ジュウオウとの関係は機械同士(ただしモンスターは元人間である)とは思えないような「血の通った関係」を思わせ、メタルメガスの一件でジュウオウが大破してしまった時には破片を必死にかき集め、第34話にてドクターマンに修理を懇願した程である。部下思いな事を認められ、ジュウオウ共々改造・右腕が角ばったものに変わった以外はほとんど外見は変わっていないが、この右腕がビッグハンド等の様々なアタッチメントに換装されるようになる。

第48話でスーパーメガスに乗り込んでバルジオンを奪おうとしたバイオロボと戦闘になるが、必殺技である「スーパーメーザー・バイオ粒子斬り」を受けて致命傷を負ってしまう。
しかし、最後までバルジオンを本拠地ネオグラードに送る事を諦めてはおらず、最後はジュウオウの頭部をかかえながらバイオロボに突っ込んで爆死して果てた。しかし、結果的にはネオグラードにバルジオンを自らの命を犠牲にして送り届ける任務を達成したことから、ドクターマンも賞賛の声を送った。

演じたのはプロレスラーとして活躍したストロング金剛(現:ストロング小林)氏。ちなみに当初は白塗りになる予定だったが、金剛氏が汗っかきだった為に取りやめとなった。

コメント