ピクシブ百科事典

新帝国ギア

しんていこくぎあ

「超電子バイオマン」に登場する悪の組織。
目次[非表示]

概要

メカこそ優秀、メカこそ絶対、メカこそ永遠」と考える総統ドクターマンが率いるメカ人間の帝国。南極の奥地にある機械の城ネオグラードを拠点とする。
人間を下等な存在だと断定し、メカ人間こそが地球を支配すべきという考えの下、人類への攻撃を開始した。

メカ人間達は「オブ・ザ・マン!」「バイ・ザ・マン!」「フォア・ザ・マン!」とドクターマンへの尊称を連呼(連呼しない場合は「フォア・ザ・マン!」のみ)し、巨大ロボット・メカジャイガン(後にネオメカジャイガン)とメラージュ戦闘機で日本を狙う。

スーパー戦隊シリーズにおいて、人間が悪の組織の首領である初のケースとなっている。
「メカ人間」はアンドロイドとほぼ同義であるが、ドクターマンのように元々人間でサイボーグの概念で語るべきものも含んでいる。ただしドクターマンに関しては、自分が人間だったことを隠していた。

構成員

ドクターマン

ドクターマン


演:幸田宗丸
新帝国ギアをたった一人で作り上げた天才科学者で、その正体はロボット工学者だった蔭山秀夫(かげやま ひでお、演:土師孝也)。
コンピューター研究の一環として、細胞を人為的に発達させて常人の数千倍の力を発揮させるという実験を、自らを実験台とすることで成功させ、コンピューター以上の高度な頭脳を得る。
しかし、それにより「機械こそ人間に取って代わるべき」と考えるようになり、ギアを創設する。副作用として発生した肉体の老化は、体の相当部分を機械化することで対応している。中盤、息子との決別を機に自身を再改造し、脳までも機械化。それに合わせてコスチュームも変更された。

技術者としては非常に優秀でたった一人で新帝国ギアを築き上げ、多種多様かつ高性能の巨大ロボットを開発したのみならず、異星の科学を短期間で解析してバルジオンの改良型を完成させるほどである。

ビッグスリー

ビッグ3


ギアの大幹部で、メカジャイガンやジューノイドを使い実際の作戦を指揮する。

メイスン
演:中田博久
ビッグスリーのリーダー格。ビッグスリーの中で最高の知能を持つ。中年男性風の渋い容貌をしており、スーツ姿の紳士風に変装することもある。
光線を発射するロッドを武器とし、戦闘力は非常に高い。性格は残忍で人間を軽蔑しているが、その性格には相当人間臭い面があり、ドクターマンの機嫌を取るために黄金を強奪したり(ドクターマンからは「下らん」と一蹴された)、自分を造ったドクターマンが人間だと知ると反乱を計画し、彼に取って代わろうとする野心家の側面を持つ。
しかし反乱は失敗し、野心やドクターマンの正体に関する記憶を取り除かれ、徹底した忠誠心を持つように記憶操作された。後半、ジューノイドの強化とともにパワーアップされ、顔面は機械が露出し、右腕にメイスンミサイルを装備し、右手がメイスンバルカンに変形するようになった。胸からレーザーを発射することも可能。

ファラ
演:飛鳥裕子
ビッグスリーの一員である女性型メカ人間。ビッグスリーの中で最も残酷な心を持つ。メイスンに負けず劣らずの性能を持っている。光線を発射する細身のが武器。三人の中で特に変装が得意。プライドが高く嫉妬深いという性格のため、直属の配下であるファラキャットしか信用しておらず、ファラキャットとは常に一緒に行動する。
メイスンの反乱の時は彼に与するなど、彼女も野心家の側面がある。しかし反乱失敗後、メイスン同様にドクターマンの正体に関する記憶を取り除かれ、徹底した忠誠心を持つように記憶操作された。
後半からはパワーアップし、口からファラビームストームやファラフレイムを吐いたり、肩からレーザーを発射したり、投げキッスで光のナイフを複数作り出すファラキッスを使用できるようになった。

モンスター
演:ストロング金剛
ビッグスリーの一員であるスキンヘッドの巨漢型メカ人間。ビッグスリーの中で最高のパワーを誇り、そのパワーはバイオマン全員でも圧倒される程。一人称は「俺」または「ぼくちゃん」。
武器はのモンスタートマホークで、ビッグスリー3人の武器を交差させると強力な光線を発射できる。怪力自慢だが、ビッグスリーの中で最も人間臭く、仲間からバカ扱いされている。その反面ドクターマンへの忠誠は厚く、メイスンが反乱を計画した際にはドクターマンの暗殺に加担することを躊躇したが、最終的には計画に加担した。
直属の部下であるジュウオウとはメカ同士とは思えない「血の通った関係」を感じさせ、メタルメガスの一件ではジュウオウのパーツを拾い集め、修理をドクターマンに懇願した。
後半でパワーアップし、右腕をビッグアイアンやビッグハンド、ビッグカッターやビッグフックといった武器への換装が可能になった他、モンスタービームを発射できるようになった。

ファラキャット

ファラキャット


演:大島ゆかり(現:シンシア・ラスター)
ファラのボディーガードである女性型メカ人間。ファラは「私の可愛い小猫ちゃん」と呼んで寵愛している。
アクロバティックな動きに加えて、鋭い爪による引っかき攻撃や華麗なダブルヌンチャク捌きを見せるなど抜群の格闘技センスを持つ。
部下にキャット軍団がいる。

キャット軍団
ファラキャットの部下である女性型メカ人間。三人が存在。格闘術を武器にする。劇場版に登場して、バイオマンにボコボコに叩きのめされた。

ジューノイド

ジューノイド五獣士


ドクターマンが生体部品とメカを合成して作り出した怪人達(中堅幹部格)で、「ジューノイド5獣士」と呼ばれる。後半は「ジューノイド3獣士」となる。
第28話、第31話及び劇場版では5人全員で出撃。特に劇場版では、バイオマンの名乗りを模した名乗り口上を行い、それぞれの必殺技を一斉にしかけて相手を攻撃する「ジューノイドスクラムアタック」という連携技を披露した。
第31話でメタルメガスの無差別砲撃を受け、全員が損傷するが、そのうち3体はドクターマンにより、強化再生された。

メッサージュウ
翼竜のようなデザインのジューノイド。
常に先陣を切り、荒っぽくも正々堂々と勇猛果敢に挑む正攻法での戦闘を得意としていた。時速700キロの飛行能力を生かした空中戦を得意とする。
第31話でメタルメガスによる無差別砲撃によって以後の戦線離脱を余儀なくされた。

サイゴーン
全身金色の不動明王阿修羅を合わせたような不気味なデザインが特徴のジューノイドで、回転する3つのを持つ。サイコキネシスが武器。
第31話にて、メタルメガスによる無差別攻撃を受け大破したが辛くも生還し、生態的なデザインから全身が銀色のデザインであるロボット然としたニューサイゴーンとなり復活し、その際にメイスンの直属となった。

ジュウオウ
馬鹿力と鉄球で戦うジューノイド。モンスターを「オヤビン」と呼んで慕う愛嬌あふれる性格で、「はいな」が口癖の5獣士きってのコミカルキャラ。
メタルメガスの攻撃の際に崖から転落した際にバラバラになってしまうが、不憫に思ったモンスターが破片を拾い集め、ドクターマンに修理を直訴。サイゴーンやメッツらーと比べて、外見があまり変化がないとはいえ同様にパワーアップされ、正式にモンスターの直属となった。

メッツラー
フードに包まれた一つ目の頭部を持つ不気味な風貌が特徴のジューノイド。レイピアとペンチ状の左腕を武器とする。
メタルメガスの無差別砲撃によって損傷したが、他のジューノイドが盾となり爆風の直撃を免れていたことでサイゴーンとともに生還。修理・パワーアップされた際にファラの直属となった。

アクアイガー
ピラニアのような頭部を持つ水陸両用のジューノイド。水中では時速550キロで泳ぐ事ができ、ジューノイドの中で唯一水中戦が可能である。
第31話にてメタルメガスの無差別砲撃では、熱に弱い特性から爆炎に耐えられず、頭部や脚部などが四散する損傷によって戦闘不能となった。これ以前にも大ダメージを負ってネオグラードに帰還しドクターマンに修理を懇願するも「それどころではない!」と一喝されモンスターにもぶりっこポーズで「それどころではない♡」とバカにされるなど、不遇な扱いが多かった。

メカクローン
ギアのロボット戦闘員。両手を上下に振って独特の金属音を発し、行進時は全員揃った動きをする。銀色の仮面の下に醜いメカの顔を隠している。武器は状のだが、バイオスーツには通じない。

プリンス

プリンス。


演:井浦秀智
ドクターマンが生き別れの息子・秀一の成長した姿を想像し、「自分の息子」として作り出した少年型メカ人間。当然、秀一に外見は似ているが、性格は冷酷冷徹。
ドクターマンの後継者及びギアの最高幹部として作製されただけあり、モンスターを片手でいなすなど、全ての性能においてビッグスリーの面々を上回っている。
だが彼をメカ人間と知らない南原との接触により、プリンスとドクターマンの思わぬ弱点を露呈してしまう。

関連タグ

超電子バイオマン スーパー戦隊シリーズ

有尾人一族ジャシンカ帝国新帝国ギア大星団ゴズマ

pixivに投稿された作品 pixivで「新帝国ギア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 53026

コメント