2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

シルバ「バイオマン!決戦だ!攻撃、バルジオン!」

諸元

身長:51.3m
体重:1270t
飛行速度:マッハ3
装甲材質:特殊金属バルバジウム
(反バイオ同盟によって生み出されたジルバイオンに匹敵する超金属)

解説

超電子バイオマン」終盤(48-50話)に登場(それ以前では37話と38話でのバイオ星での過去のシーンで描かれた)。
反バイオ同盟がバイオ粒子とそれを持つ者を抹殺するために、シルバと共に創り上げた巨大ロボット

無尽蔵と言える膨大な反バイオ粒子エネルギーを動力源とし、そのエネルギー余波はバイオ粒子を持つ者を苦しめるだけではなく、柴田博士の良心回路まで無効化する。
特殊金属バルバジウム製装甲はバイオ粒子斬りも通じない頑強な硬度を誇り、飛行速度はマッハ3。一定距離内ならシルバの通信機により無人でも少々の行動は可能で、他の者が操縦していても、シルバの呼びかけにより機能を停止する。
シルバは地球飛来時にバルジオンとはぐれてしまい、バイオマン打倒の為に捜し回るが、バルジオンはシルバ以外でも操縦できるためギアも自己の戦力にしようとこのロボットを追い求める。

武装は胸部中央の装甲を展開して発射する反バイオ粒子砲を主力として、スーパーメーザーにも劣らない切れ味の必殺剣バルジオンメーザー、その剣撃にも耐える硬度を持つ左腕に固定されたと、バイオロボに比べると武装は少ないものの、主力武装である反バイオ粒子砲は特に強力で連射可能でかつ驚異的な威力を誇り、さらに常時放出される反バイオ粒子のエネルギー力場が相乗しバイオロボを敗北寸前に追い詰めた。
なおバルジオンメーザーと盾の使用は初登場の48話のみ。

バルジオンのメカデザインを担当した出渕裕は「アンチバイオロボ」というコンセプトに恥じないようにヒーローメカさながらの正統派路線でデザインした。また、48話での出現時と50話でのバイオロボとの決戦ではオーケストラを使った荘厳で重厚なBGMが使用され、その印象をより深いものにしている。

なお、49話でファラが操縦席からシルバにファラビームストームを浴びせた描写から、操縦席は頭部にあると思われるが設定などが非常に少なく、判然としていない。

海外で放映された際は名称がバイオデストロイアーに変更された。

活躍

第48話「出現!バルジオン」

スーパーメガスとバイオロボとの激突の最中、地獄谷よりついに出現。シルバが搭乗し、バルジオンメーザーと盾によりバイオロボを圧倒するも、スーパーメガスを操縦したモンスターの命懸けの作戦により、ネオグラードへ鹵獲される。

第49話「危うし バイオロボ」

ファラにより打倒バイオロボのため出撃。彼女から「血に飢えた殺し屋」と称される程の力を揮い、スーパーメーザー・バイオ粒子斬りを受けても一切ダメージを負わなかった。

ネオグラードから脱出したシルバが再度搭乗せんとするがメッツラーにより阻まれ、再度ファラが乗り込む。バルジオンはシルバの呼びかけによりファラの操縦を無効化するも、ファラが己が命を振り絞ってネオグラードに帰還、バルジオンはまたしてもネオグラード内に捉われの身となる。

第50話「突撃ネオグラード」

バルジオン搭乗を阻むメイスンをシルバが撃破し、ついに乗り込む。

反バイオ粒子砲でバイオロボを圧倒、敗北寸前にまで追い込むが、バイオロボはピーボを取り込んでバイオ粒子エネルギーを回復。バイオ粒子エネルギーを受け怯み、最期はスーパーメーザー・バイオ粒子斬りを喰らい爆散した。

余談

後のいくつかの戦隊シリーズに登場する、主人公ロボを圧倒する戦闘能力を持つ強敵ロボット(『ライブマン』の「ギガボルト」、『ジェットマン』の「魔神ロボベロニカ」、『ファイブマン』の「黒ゴルリン」、『ゴーカイジャー』の「グレートワルズ」等)の原点的キャラクター。

デザイン担当・出渕裕氏曰く、デザインコンセプトは「悪のバイオロボ」。

関連イラスト

2021年一発目のイラスト。
バルジオン


特撮お絵描きその14・バイオロボ&バルジオン/超電子バイオマン
来たぞ!バルジオン



関連タグ

バイオハンター・シルバ 超電子バイオマン

関連記事

親記事

バイオハンター・シルバ ばいおはんたーしるば

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「バルジオン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11868

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました