ピクシブ百科事典

内ゲバ

うちげば

内ゲバとは、組織内の内部抗争のこと。
目次[非表示]

概要

この言葉は「内部ゲバルト( ゲバルトGewaltとはドイツ語暴力の意味 )」という言葉の省略された形であり、かつて日本の学生運動の各種団体が先鋭化していくうちに内部で路線の違いなどに端を発した内輪もめからリアルファイトが頻発したことから産まれた言葉である。

詳細

1950年代における日本共産党分裂およびその後の路線変更の影響により、関連する組織の分裂が発生、彼らは新左翼と呼ばれ、国家権力に対する暴力( ゲバルト )を認めていたのであるが、彼らもまた主義主張の相違により複数のグループに分かれており、グループ間において内輪もめが多数発生、敵対し互いに暴力を行使する事例が発生、そのうちグループ内においても国家権力や他グループのスパイ等の容疑によりリンチされる事例が発生、死亡者も多数出たとされる。

グループ間の事例

グループ間の暴力事件としては日本革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派( 革マル派 )が特に有名であり、革命的共産主義者同盟全国委員会( 中核派 )他に対し激しく実力行使を行い、それへの対抗としてその団体を襲撃する、という悪循環が発生したことが有名であり、ほかには成田空港における中核派の第四インターへの行為があげられる。

グループ内の事例

1971年に発生した連合赤軍の「山岳ベース事件」であり、山中のアジトに引きこもったグループが「総括」と称して仲間であったものを断罪残虐なリンチ殺害を繰り返すという壮絶なものだったと推測される。

転じて

現在はこれを転じた形で、不毛な仲間割れを広く指して「内ゲバ」と呼ぶ事もあり、特にこの言葉の由来からサヨクの足の引っ張り合いなどに使用される場合もある。

関連タグ

テロリスト 日本赤軍

内ゲバに定評のある架空の組織

デルザー軍団 次元戦団バイラム 黄金聖闘士

参照

wikipedia:同項目およびリンク先

pixivに投稿された作品 pixivで「内ゲバ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11745

コメント