ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

日本での旧作トランスフォーマー(G1シリーズ)における悪のトランスフォーマーの組織名。原語版でのディセプティコンにあたる。「デストロン軍団」と主に呼ばれている。
シリーズによって構成や設定が異なるが、正義のトランスフォーマー「サイバトロン(オートボット)」との覇権を巡り長きに渡り抗争を繰り広げていることは共通している。

日本国内におけるネット等での通称は「デ軍」。

日本での放映にあたって、日本人に馴染みやすいように原語版から改変された単語の一つ。
デストロンの名前の由来は定かではないが、綴り(Destron)を見るに死の方の「Death」ではなく破壊する方の「Destroy」が語源となっている模様。

主に軍事用の乗り物や兵器変形するトランスフォーマー達で構成されている。
初代では主に航空機に変形するメンバーが多く、車輛主体の「陸のサイバトロン」との対比が強調されていた。
組織自体も力によって統率されている独裁体制なためか、シリーズを通して下克上を企む部下も多い。
ニューリーダー病

メガトロンやスタースクリームなどを初めとして、その構成員は破壊的思考や好戦的な思想を持つ者が多い。それに加え、対するサイバトロンが善玉で正義の集団である事から「悪の軍団」扱いされる事がほとんど。
しかし実際は「サイバトロンとは思想や価値観が異なる集団」であり、構成員全員が必ずしも「倒すべき悪人ばかり」ではない
言うなれば「利己的な欲望を有した者」「兵士や戦闘員など、好戦的・破壊的志向を持つ者」が構成員に多い集団であり、中には「話せば相互理解できる者」もいる(ヘッドマスターズのシックスショットなど)。
中には改心し、サイバトロン側に移籍する者も(当然、その逆もあるが)。

それゆえに、互いの戦争が終わった後には、サイバトロンとともにセイバートロン星、およびトランスフォーマーの居住星域に、ともに生活している事もある。
ただし、戦後には戦犯扱いされ、サイバトロン側へと不満を募らせる者も少なくはない。そこから反社会的行為に手を染め、新たな戦争の火種となってしまう事もある(ビーストウォーズのメガトロンなど)。
下記余談も参照。

初代

地獄巡りの旅は楽しかったかスタースクリーム


リーダーは破壊大帝メガトロン
クインテッサ星人に生み出された戦闘用ロボットがその前身で、元々はサイバトロンより知能を低めにプログラムされていた。
悪の軍団であるはずだが、その実、メガトロンのカリスマ性に依存してはいるがまともな部類の軍事組織である。
独裁体制といっても言論統制などは皆無で、表向き暴力的な統制が行われているわけでもない。
とはいえメガトロンによる恐怖政治自体は行われているようで、圧力をかける台詞は多く、怯えて命令に従わなければ制裁が待っているといったことを示唆する台詞もしばしば出る。
そして言論統制こそないが当然メガトロンを非難するような言葉を表向きに言おうものなら普通に攻撃的な制裁が下る。特にメガトロンの機嫌の悪い時などは、失言に殊更厳しい。

そして比較的自由な気風のサイバトロンと比べる、到底伸び伸びとした軍隊とは言い難い。
地球人と友好関係を結んでいることから、遊ぶ余裕すらあるサイバトロンに比べて、レクリエーションなどの描写は殆んどない。例外は地球人との友好関係を偽った時などくらい。
部下を必要以上にコキ使っているわけではないが、いざという時は平気で捨て駒にすることを厭わない。また、人間などを奴隷にしたり、インセクトロンなど厳密には仲間ではないという相手への対応は明らかに悪い。

メガトロンのワンマン運営なので、彼が不在の折には烏合の衆と化してしまう。
また、当のメガトロンが判断を誤った際には、部下の進言を聞かずに悪い方向性に進むことも多い。
このように上も下も個々を見れば優秀な人材が多いのだが、全体的に連携がとてつもなく悪い。
メガトロンは軍の敗因は「主にスタースクリームのミスが悪い」と言っているものの、メガトロンの判断ミスも十分多い。結局全体で見れば「統率力はあるが、勝てないのは連携する意思が著しく低いため」とも言える。

構成員


初期からのメンバー


メガトロン
スタースクリーム
レーザーウェーブ(ショックウェーブ)
サウンドウェーブ
コンドル(レーザービーク)
ジャガー(ラヴィッジ)
バズソー
フレンジー
ランブル
サンダークラッカー
スカイワープ
リフレクター
インセクトロン(シャープネルボンブシェル)、キックバック)

ビルドロン部隊 デバスター

その他ジェットロン

後期からの追加メンバー


新ジェットロン(ダージスラストラムジェット)

ブリッツウィング
アストロトレイン

スタントロン メナゾール

コンバットロン ブルーティカス

ザ・ムービーから2010まで


『ザ・ムービー』(ユニクロン戦争)後、頭脳回路に異常をきたしたことから、我侭意のままなガルバトロンと、忠義者のサイクロナス、ニューリーダ病初期症状のスカージといった新たな中核メンバーによって再編された。

ガルバトロンが破壊衝動に取り憑かれて暴走したため、以前あった統率力すら皆無となってしまっており、部下の忠誠心も全体的に下がっている。実際鞍替えしたり離脱した者も多い。
それをなんとか支えているのはサイクロナスであるが、彼はガルバトロンに忠誠を誓う余り、作戦の善悪の区別がつかなかったり、ガルバトロンに抗弁できず悪政を押し切られたりすることも増えてしまった。

一時はセイバートロン星を抑えていたデストロンだが、2010では地球や故郷をも追われて、やむを得ず拠点を別の惑星に移している。

またクインテッサ星人が、セイバートロン星奪還のために本格的に動き出し彼らに唆される形でサイバトロンを攻めることも増えてきたため、アニマトロンテラートロンが合流した。


ユニクロンによってリフォーマットされた者


ガルバトロン
サイクロナス
スカージ
スウィープス

また初期案では、サイクロナスと同型で小型のアルマダというキャラも出るはずだったもよう。

追加メンバー

スラッグフェスト
オーバーキル
ラットバット

バトルチャージャー(ラナマックラナバウト)

オクトーン
ダイナザウラー(ダイノザウラーと呼ばれたこともある)
フルチルド

アニマトロン プレダキング

テラートロン オボミナス

玩具では、クインテッサの作り出したシャークトロンも該当する。


ザ☆ヘッドマスターズ

中盤まではガルバトロンが引き続きリーダーを務めていたが、棚からぼた餅を狙ったヘッドマスターのメガザラックに交代。
地球爆破計画など惑星の爆破が多く、悪の軍団の印象がより強くなった。

超神マスターフォース

ヘッドマスターJr.とゴッドマスターで構成されている為、サイバトロン同様人間が多い珍しい組織。かつてのメガトロンのような理想の上司によって構成されていたが…
メンバーは戦車&ジェット戦闘機夫婦、全然似てないトーネード&F-16の双子、悪ガキ三人組ヘッドマスターズJr、かませ犬モンスタープリテンダー、やられ役シーコンズ

V

マスターフォース戦争で敗走してからは、他の惑星を襲撃していた。新しい破壊大帝に就任したデスザラスが、暗黒星雲に封印された要塞を復活させる為に、地球のエネルギーを奪うと言うメガトロン時代のような活動を行う。
この頃になると、かつてのような一つの纏まった軍団ではなく、複数の勢力が宇宙全体に点在、宇宙防衛軍となっているサイバトロンと抗争を繰り広げている。
メンバーは悪役ドラゴン、ニューリーダー病ライオンF-14、クールMig-29、ゴマすりコウモリラファール、真面目ジャガーバギー、破壊バッファローゲパルト、劇団恐竜軍団など。
メカ動物に自らが変形、または変形するブレストやシェルを持つ者が多い。

Z

事実上の暗黒期。そしてダイアトラスの被害者一同。ただし、宇宙創造に匹敵する力であるゾディアックが無ければダイアトラス達は負けていた程の桁違いな強さを誇る。三面相の大帝バイオレンジャイガーに率いられたデバスター、メナゾール、ブルーティカス、プレダキング、ダイナザウラー等歴代の合体兵士、巨大兵士達が登場。
ただし、過去のデストロンと比較すると、トランスフォーマーという種族から離れた、人外めいた存在に変貌してしまった(変形すら見せていない)。

ビーストウォーズ

原語名は「プレダコンズ(Predacons)」で変身の時の掛け声はテラライズ。
正確にはプレダコンそのものではなく、現状に不満を抱いた内部の過激派分子であり、プレダコンから生じたテロリストの小集団(よって、プレダコンの総意とメガトロンのそれは異なる。現状ではほとんどのプレダコンは、マクシマル(サイバトロン)とは一応平和的に共存している)。恐竜や昆虫爬虫類等に変身する。
ディセプティコンと比較し、生体要素が多い新世代。

サイバトロン同様の芸人集団。
団長はギャグが大得意の千葉トロンことメガトロン(ビーストメガトロン)
ビーストウォーズ』の後続における関連作品を、アドリブの嵐にした諸悪の根源でもある。

元含む部下全員、口癖を聞けば一発で分かるほど、特徴がはっきりしている。
メガトロンのみ明確な口癖は無かったが、『メタルス』でドラゴンメガトロンにパワーアップしてからは「アチョー!」と連呼するようになった。(『燃えよドラゴン』繋がりと思われる)
・おらー→スコルポス
・かー、ざんす→テラザウラー
・うひゃひゃー、~っす→タランス
・ぶーん→ワスピーター
・しゃー→ブラックウィドー
・ごっつんこ→インフェルノ
・ぎっちょんちょん、ブラー→クイックストライク
・ちょっきんなー→ランページ
・ダー→ダイノボット

また、リーダーが人間不信ということもあってかやたらと部下の裏切りが多い。
ダイノボットはエネルゴア不時着早々彼に謀反を起こしており、ブラックウィドーも彼を出し抜こうと目論んだこともある(後に両名ともそれぞれの理由でサイバトロンに寝返ってしまう)。
他にもテラザウラータランスは、普段は媚びへつらいつつ腹の中ではニューリーダーの座を狙っており、彼に内緒でアジトを作り兵器の開発などに勤しんでいた。
また、後者は第3勢力の尖兵でもあり、常にメガトロンと腹の探り合いをしていた。

メガトロン本人も部下を部下とも思わないぞんざいな扱いが多く、物語の進行と共に次々と部下が死亡し、最終的に生き残ったのはやられ役のワスピーターだけになってしまう。

後にメガトロンは『リターンズ』にて、感情を一切持たないロボット兵・ドローンで構成された軍団「ヴィーコン」を組織し、セイバートロン星を完全に掌握する。「リターンズ」ではこのヴィーコン軍団がデストロン(プレダゴンズ)の役としてサイバトロン(マクシマルズ)と戦うことになる。

なお設定上、プレダコンズはセイバートロン星においてはマクシマルおよび前世代のオートボットとは全面戦争には至っていない。ほとんどは一応、平和的に共存している。
しかし、あくまでも「一応」であり、表面上は友好関係にあるようにみせているだけで、裏では謀略や駆け引きが行われている
過去にG1のグレートウォーの後、ディセプティコン、およびそこから生まれたプレダコンは、戦争犯罪の責任者とその子孫という事で、肩身の狭い思いをさせられてきた(もっと言えば、差別や偏見に晒されてきた)。そのため、サイバトロン(オートボットおよびマクシマル)に対して不満を抱き、再び戦争を起こして支配権を手に入れたいと考える者も少なくはない(ビーストメガトロンも、その一人である)。
ただし、サンドストームが率いる集団のような、「マクシマルやオートボットによる独裁や偏見、差別に対抗する、レジスタンスのような勢力」も、プレダコン内には存在はしている。

ビーストウォーズⅡ

今日もデストロンは平和なんだぞ!


リーダーはガルバトロン
動物に変身するサイバトロンとは対照的に、戦闘機や戦車等の軍用兵器に変形する。
ただし、エンブレムはビースト版デストロンこと、ハチのデザインのプレダコンのそれ。変形時の掛け声も「変身!」ではなく「トランスフォーム!」であり、G1デストロンに近い。
スタースクリームはいるが、今回の彼は裏表のない忠義者である。ただしガルバトロンの弟・メガストームのことは軽視している。

メンバーは居眠り破壊大帝のドラゴン他人の空似ニューリーダー病戦車、男前オネェジェット機、忠実B-2漫才コンビのラファールF-22。アニメでは明らかにサイバトロンより作画が優遇されていた(バンクシーンがサイバトロンより多い、戦闘シーンが使いまわしでなく描き下ろし等)。
他に傭兵としてダンプカーホイールローダーF/A-18装甲車で構成されたオートローラーズがいる。

劇中二話において、惑星ガイアの過去の兵器およびマシンのデータバンクを内蔵したコンピューターを発見。そのデータを呼び出しスキャニングして、ビークルモードを会得した。スキャン直前にはわずかな時間だが、いわゆるセイバートロンモードの彼らの姿も確認できる。ガルバトロンとメガストーム、スタースクリームらコンバットロンは、スキャン後に似ているロボット体を見せていた。しかしオートローラーズの四名は、ビーストにおけるスキャン前のブランク体に似た姿をしていた。

因みにオートローラーズを除いたほぼ全員が後にビースト化し、パワーアップを果たしている(一部を除き全てのデストロンは飛行可能になった)。

仲間とのいざこざ(特にガルバトロンメガストームのトラブル)があるが、関係はそれなりにうまく行っておりチームワークもよく、歴代の中でも特に仲が良く、部下をかわいがったり、上司を慕うシーンが多く見られる
サイバトロンと一緒に踊ってたり、手を組んだりすることもあった。

野心を持つキャラはいたが、それは愛情の裏返しだったり、後に心酔して忠誠を誓ったり結果的に裏切者がゼロだった。

ビーストウォーズネオ

マグマトロン軍団


リーダーはマグマトロン、構成員はジュラシックパークに出そうな恐竜ばかり。
メンバーはキメラ恐竜大帝、忠実トリケラトプス、ナルシストステゴサウルス、戦闘狂アンモナイト、馬鹿ディメトロドン。後にニューリーダー病もどきの始祖鳥が入る。

こちらは未熟な生徒が多いサイバトロンよりも戦闘力が高く、チームワークも良好だが喧嘩が絶えない。むしろ喧嘩がコミュニケーション。
しかしある出来事がきっかけにチームワーク崩壊とマグマトロンへの裏切りに発展することに…

珍しいことに、こちらのデストロン軍団は結果的に死者がゼロである。しかし漫画版は全員死亡もしくは行方不明だけでなく、恐竜がアンゴルモアカプセルの力でトランスフォーマーに生まれ変わるという独自の設定がある。

こちらもサイバトロンと同じくゲスト共々キャラが濃い面子(寒いギャグ大好きプテラノドン、人の話を聞かない某ダーダー恐竜そっくりなパキケファロサウルス、嘘つきエリマキトカゲと腐れ縁なアンキロサウルス、デタラメ情報屋スティラコサウルス)で構成されている。

カーロボット(デストロンガー)

ギガトロン


『ビーストウォーズⅡ』から逆転し、サイバトロンは働く車やスポーツカー等の乗り物に、デストロンガーは動物に変身するメンバーで構成されている。
因みに軍団名の「デストロンガー」は、デストロン内のエリート部隊の呼称である。
一説では、デストロン+ストロンガー(最強)が、命名の由来とも。
海外ではサイバトロンがオートボットなのに対して、こちらは動物に変形する者が多いためかプレダコンズ、エンブレムもプレダコンズのそれで、変形コードもテラライズとなっている。
メンバーは多重人格ドラゴン、お人良し、オカマスカンク、忍者ムササビ、関西弁カエル。後にニューリーダー病タンクローリー銭湯プロフェッショナル軍団が加わる。
ギガトロンファイヤーコンボイと幼馴染であり、出自も結構いい、らしい。

因みに『ビーストウォーズネオ』同様、死者はいない(最終回で鮫以外連行されているシーンがある)。

マイクロン三部作

海外版では各々の世界観が共通なので一部のキャラは同一設定だが、日本語版では異なっている(『マイクロン伝説』と『スーパーリンク』は繋がりを見せているものの、『ギャラクシーフォース』は繋がりがない)。
因みにマイ伝・GFスタースクリームとナイトスクリームは三者共に剣使いという共通設定がある。

マイクロン伝説

クワガタンク軍団


破壊大帝クワガタンク、苦労人自走対空砲、男前航空参謀、ラリホーな戦闘狂ヘリが初期メンバー。後にイカトンボ、片言で喋る剛腕提督、元サイバトロン戦士が加わる。どこからとも無く現れた謎のバイクも更に加わるが中盤で裏切り、イカトンボも後に裏切る。喧嘩や内輪揉めは結構多いが、それなりに纏まっている。

ユニクロン襲来時には航空参謀の命がけの説得でサイバトロンと同盟を組んだ。

スーパーリンク

前作のキャラほぼ全員続投したが、姿は変わっている(ただしナイトスクリームは明確にされていない)。追加メンバーはサソリ、サイバトロンに捕まっていた光波とそのだが、ガルバトロンに楯突いたため兄弟共に粛清された。

破壊大帝は声や見た目も若返っているだけでなく、性格もかなり狂暴になっているが自分を慕う部下の事は何だかんだで大切にしている(怒ることも多いが)。

ギャラクシーフォース

破壊大帝、航空参謀、ハイテンション戦闘機が初期メンバー。
追加メンバーは鼻つまみコンビ、地球でくすぶっていたクレーン車、地球で封印されていた日和見主義な工作艇女、若本コンボイなど。航空参謀の離反を境に離脱者が続出し、破壊大帝が部下を捨て駒扱いしたのがきっかけで最終的には全員離反してしまったため、自然壊滅。
少数ながらも破壊大帝と航空参謀が強すぎて、サイバトロン側は苦戦する事が多かった。

破壊大帝の死後は鼻つまみコンビ、工作艇女、正義に目覚めたハイテンション戦闘機の4人で新生デストロン軍を結成し、あてのない旅へ。

『ビーストウォーズⅡ』以来となるデストロンでの死亡者が破壊大帝のみの作品。

オートボルトによって封印されていた地球出身のデストロンも多数存在いるが、「悪さをするが自由を求める」ので、それを害するなら例えデストロンでも容赦しない。
アニマトロスでデストロン寄りとされているキャラは『ビーストウォーズ』同様、恐竜ないしはドラゴンに変身していた。

余談

トランスフォーマーに造詣が深く、デザインにも参加している漫画家・市川裕文氏の同人誌では、スタースクリームが新たに生まれたトランスフォーマーたちをデストロン側にスカウトしていた。
この時にスタースクリームが述べた言葉は、デストロンという集団の本質を言い表している。
いわく、
俺たち(トランスフォーマー)は、この宇宙で最も優れた生命体だ。まだ征服されてない惑星、あらゆる手つかずのエネルギー、社会での地位や栄光。それらは全て俺たちのために用意されたものだ
お前らの根底プログラムに問え。そしてその暗い欲望を満たしたければ、俺たちデストロンの元に来い
サイバトロンの陣営で生まれたトランスフォーマーの何名かは、それを聞いて思うところがあったのか。デストロン陣営へと自ら向かっていった。

なお、この前のシーンでは。デストロン側で生まれた新人トランスフォーマーたちの中からも、従属や争い、悪事や破壊行為を好まない者も出てきた
スタースクリームはそんな彼らを「出来損ない」呼ばわりし、半壊(半殺し)にした後、サイバトロン側へと放置した。後に彼らはリペアされ、サイバトロン陣営の一員になる。

関連項目


トランスフォーマー ディセプティコン
メガトロン ガルバトロン ビーストメガトロン マグマトロン
サイバトロン オートボット

関連記事

親記事

ディセプティコン でぃせぷてぃこん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「デストロン(トランスフォーマー)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 54399

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました