ピクシブ百科事典

ギガトロン

ぎがとろん

ギガトロンとは、『トランスフォーマーカーロボット』における闇の破壊神である。
目次[非表示]

概要

CV:小檜山洋一
トランスフォーマーカーロボット』におけるデストロン・デストロンガーのリーダーであり、肩書は闇の破壊神。ファイヤーコンボイとは400万年に渡る「幼馴染の腐れ縁」で、彼の兄弟であるゴッドマグナスとも因縁がある。海外版『Robots in disguise』での名称は単にメガトロンである。

多段変形能力をもつトランスフォーマーで、ロボットモードのほかに蝙蝠型のギガバット、双頭型のギガドラゴン、戦闘機型のギガジェット、フォーミュラーカー型のギガフォーミュラー、巨大な型のギガハンドと歴代デストロンリーダーの中で最多である。形態が変わると一人称と性格が変わる多重人格者。ギガハンドはデストロンガーの海底基地の制御及び操作も行っている。

冗談が嫌いで、「引き際は鮮やかに」をモットーとしている冷静な性格。武器は頭部から発射するカッタービームと二つに分割可能な回転剣。

ピラミッド地下遺跡でのゴッドファイヤーコンボイとの戦いで死亡したかに思われたが、デビルギガトロンとなって蘇った。

デビルギガトロン

無w理wやwりw


ゴッドファイヤーコンボイとの戦いで敗北したギガトロンが、ピラミッドのエネルギーと彼の部下である3体のメタルビースト・グッシャー、ギルドー、ガスカンクを取り込むことでパワーアップを果たした姿。海外での名称はガルバトロン

メインカラーが黒と紫から白になり、新たに型メカのデビルエレファント、プテラノドン型のデビルノドン、水中翼船型のデビルクルーザー、そして最強の姿である恐竜型のデビルザウラーの4形態を加えたトランスフォーマー史上最多である10の形態に変形できるようになった。このうちデビルエレファント、デビルノドン、デビルクルーザーの形態はメタルビーストを取り込むことで手に入れた形態である。

永遠の命を持っているがゆえに過去の自分が永遠に続くというトランスフォーマー達の存在意義を絶望視しており、無限の可能性を持つという地球の子供達に希望を見出している。
だが、自身が希望を見出した無限の可能性の力を手に入れたゴッドファイヤーコンボイによって敗れ去り、ゲルシャークを除いた部下達と共にセイバートロン星に連行されるという皮肉な末路を迎えた。

その後日談となる玩具シリーズ『トランスフォーマーレジェンズ』のWebコミックではファイヤーコンボイの説得によって悪の心を捨て改心。これを不服とし彼のスパークを奪い取らんと襲い掛かったブラックコンボイをリフォーマットして元のサイバトロン戦士へと戻した。

IDW

『DriftEmpireofStone』の3号より登場。
マークのほうはプレダコン(デストロンガー)のものではなくディセプティコンのものになっている。
また、変形もギガドラゴンのみとなっている。


余談

デビルギガトロンの玩具はノーマルのギガトロンの単なるリデコに留まっている。当然変形機構も同一のため、劇中ではデビルギガトロン以降で変形可能になったとされる4形態もノーマルギガトロンで再現可能となっている(と言うより、ノーマルギガトロンで編み出されたイレギュラーな変形パターンがデビルギガトロンで公式化したと考えるべきであろう)。ただし、デビルエレファント形態で象の頭部と耳(翼)を繋ぐ為に翼の基部にジョイント用のスリットが新たに追加されている点がギガトロンとは異なる。

関連タグ

トランスフォーマー トランスフォーマーカーロボット デストロンガー
ファイヤーコンボイ

pixivに投稿された作品 pixivで「ギガトロン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12477

コメント