ピクシブ百科事典

ゲルシャーク

げるしゃーく

ゲルシャークとは、アニメ『トランスフォーマーカーロボット』のキャラクター。
目次[非表示]

概要

デストロンガーの副官で、役職は「牙提督」。ホホジロザメ型ロボットに変形する。海外での名前はスカイバイト(Sky-Byte)

かつてサイバトロンに敗れたところをギガトロンに命を救われて以来、彼に対して絶対的な忠誠を誓っている。
副官に就くだけあって優秀ではあるが、詰めの甘さから失敗を繰り返し、更にはブラックコンボイ率いるコンバットロンの加入で次第にギガトロンの信頼を失いかけ、ブラックコンボイやコンバットロンからは馬鹿にされるという屈辱的な仕打ちに耐え続けていくことになる。しかし、後に彼らがブレイブマキシマス(フォートレスマキシマスと同型のロボット)を利用して造反を起こしたのがきっかけで、元々の忠誠心が再評価されて信頼を取り戻し、ブラックコンボイ達も再プログラミングにより、自身に忠実な部下となった。

ひたすらギガトロンの命に従ってサイバトロンと戦い続けているものの、本質的には善良な好漢で、成り行きからユウキ達を助けたりしたこともある。
そのため子供達からは「ゲルシャークさん」と慕われており、一部のマスコミからも好意的に報道されるなど、次第に悪への忠義と自分の善性との間で葛藤しはじめる。最終戦後は他のデストロンガーと同じようにチップ状態にされてセイバートロン星に送られるはずだったらしいが、何故かただ1人地球に残り、平穏な日々を送っていた。

レジェンズ

タカラトミーより展開された『トランスフォーマーレジェンズ』では「LG06」の番号を与えられ発売された。海外で先行販売された『トランスフォーマージェネレーションズ』のスカイバイトのリカラー(色替え)商品で、アニメの配色に近づけられている。

彼がリメイクされたのは、当時の『ジェネレーションズ』が後述するIDW版に合わせたラインナップであったことに因る。そのため同じデストロンガーのガスカンク、ギルドー、グッシャー、そしてギガトロンはリメイクされなかった。

旧玩具ではロボットモード時にサメの顔は背中に来ていたが、レジェンズ版では胸部に来るようになっており、胸部の武装「メーザーストーム」がビーストモードでも展開できるようになっている。旧玩具にあったアタックモードと、口から発射するスプリング発射式のミサイルは廃止されたが、ロボットモードの左腕となる尾ビレはスイッチを押すと回転するギミックがあり、尾ビレの中央部からはスプリングでミサイルを発射可能。

コミックでの活躍

コミックでの言動によれば『カーロボット』の彼とは同一人物らしく、パワーアップを遂げた姿とされている。

たった一人でサイバトロン基地を急襲するが、たまたまエネルギー実験に出くわしたせいでレジェンズ世界に飛ばされてしまう。
トランスフォーマーがフィクションとして親しまれているこの世界で、かの宿敵と似た存在のコンボイオプティマスプライム)が人気を集めていることを知った彼は、当時の最新作だったロストエイジ版のオプティマスに変装して悪事を働き品位を落とそうと企むが、いたいけな子供達を前にして早くも決意が揺らいでしまい、非情に徹することはできなかった。

しかしながら、2015年に発売された東京おもちゃショー限定品のブラックコンボイ付属のコミックでは、おもちゃショーでアルバイトしていたところ、彼を迎えに来たブラックコンボイと再会、子供達に惜しまれながらも元の世界へと帰還していった。

『ユナイトウォリアーズ』WEBコミックでは、チョイ役ながらもブラックコンボイと共に登場。「UW-EX バルディガス」取扱説明書の裏のおまけイラストではジュンコ(カーロボットのキャラクター)に覗き見されて顔を赤らめ、しかも胸を隠していた。

ヘッドマスター版ブラックコンボイ発売前に公開された前日談では、デビルギガトロンが悪の心を捨て改心していたことが判明して、ブラックコンボイが怒り襲い掛かかったところをゲルシャークが羽交い絞めにして止めた。
このとき「お、俺はギガトロン様が望まれるのなら、ただひたすらについて行くのみ!」と発言しており、友情より忠誠心が上回ってしまう性格が伺える。

アメコミ

IDWパブリッシングから刊行されているアメコミ『Robots in Disguise』にも登場を果たしている。元々はディセプティコンの戦士だったが、永い戦争に辟易して除隊し、現在は中立派の集団「NAIL(A NON-ALIGNED INDIGENOUS LIFEFORM)」に所属している。

多くの「NAIL」がオートボットを戦犯として毛嫌いし度々問題を起こしているが、彼自身はブラーのバーでジャズとデュエットするなど、比較的温厚な人物として描かれている。

動画投稿しました。



余談

  • デストロンガーの中で唯一総集編を与えられている。
  • よく川柳(本人いわくポエム)を口ずさむが、ファイヤーコンボイから「面白くない」とばっさり斬り捨てられた。
  • 担当声優のKONTA氏は、1980年代における日本のロック界を盛り上げたロックバンド・バービーボーイズの男性ボーカルである。それ故に劇中においては歌いながら作戦を実行するシーンもあった。
  • 玩具は前作『ビーストウォーズメタルス』にて、海外でのみ発売された『トランスメタルス2』版サイバーシャークの塗装変更品である。


関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「ゲルシャーク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10717

コメント