ピクシブ百科事典

実写オプティマス

じっしゃばんのしれいかん

実写オプティマスとは、『トランスフォーマー』の実写映画シリーズにおけるオプティマス・プライムの通称である。
目次[非表示]

“我々はここで、いつまでも待っている。”

※現在タグとしては使用されていないため、「オプティマスと実写でアンド検索」するのが望ましい。

概要

日本では長らくコンボイの名が定着していたが、実写版は世界規模で展開された為、日本の商品や本編吹替版でも名称が「オプティマスプライム」のままとなり、映画第1作の後のTVアニメもこれに準ずるようになった。

相当なアレンジが加えられているものの、デザインはもちろん、色合いやモチーフなどはほぼG1コンボイを踏襲している。赤と青のファイヤーパターンが特徴のピータービルト379に変形する。
コミック版では他のトランスフォーマー同様、運転手(中の人)のホログラムを投影可能のほか、「10-22」というコードネームも持っている。

日本語吹替版はG1コンボイと同じ玄田哲章氏(原語版はピーター・カレン)であるが、抑揚の少ない声となっており、G1コンボイに比べ冷静な司令官らしい性格付けがされている。

初期3部作

G1とはだいぶ印象の違う実写版の司令官だが、サム・ウィトウィッキーの家に入り込んで花壇を踏み潰したり、意外と短気だったり、ビークルモードのまま不貞腐れたりとお茶目さは健在であった。

この他にも「死ぬ」「高所から転落」「口が悪い」という元祖司令官のお家芸を全て継承、血筋はしっかり受継がれていることを実証したが、同時に愚直なまでに平和を希求するという部分は第1作目から一貫して守られている。
性格や言動が、第1作目とそれ以降では異なるのは、第2作目以降はより原典に合わせたからである。古参ファンからのクレームが入ったのか、それとも何か別の理由があるのかは不明。

実はサイバトロン星を統治するプライム王朝の王位正当後継者という王子様(実はけっこう若い?)でメガトロンは兄弟。本人は孤児で身寄りが無く育ったが、星になった父親ないし祖父辺りが7人兄弟で、そのうち一人が兄弟たちに対して喧嘩を仕掛けたメガトロナスプライムことザ・フォールンという迷惑爺さん。師匠でもある叔父センチネルプライムは故郷のためにディセプティコンに協力していた裏切り者。

初期3部作でオプティマスは、そんな裏切り者たちから地球を守るため戦った。

武装

主な武器はイオンブラスターとエナジーソード。ムック本などの記述によれば、劇中で使用していないだけで全身に隠し武装を内蔵、特に砲類の武装に富んでいるとのこと。なお、オートボットのエネルギー武器には暖色系のカラーリングが多く、ディセプティコンや元ディセプティコン由来の武器には青が多い。

エナジーソードは「ソード」という割には幅広い刃であり、叩き切りも得意なので、G1版のエナジーアックスにソードの性質が加わったと言える。プライムがこの装備を選んだのが鬼神伝説の始まりだった…第一作目ではボンクラの頭を切り落とし、二作目『リベンジ』では3対1という絶望的な状況でコンボイ無双を披露した。投擲やブレードを直接持っての戦闘も可能。

一方、ブラスターはやたら至近距離でぶっ放すという格闘戦の補助や延長に使うだけで、一作目のメガトロンが規格外のスパークを使用した最強状態だったのも無関係ではないが、二作目以外は殆ど役に立っておらず、三作目『ダークサイド・ムーン』では(ブラスターで戦闘UFOを2機撃墜した際に破損した事もある&小説版の意向もあり、オプティマスとメガトロンが協力するという必要があったのだが)とうとうメガトロンの遺品のフュージョン・ショットガンに出番を持っていかれた。

公式の設定ではイオンブラスターのエネルギー弾は放射能エネルギーらしい。
この他にも、スラッグ弾状のプルトニウムTNT実体弾やマシンガンを発射するバリッジ・キャノンがある。3作目では、マシンガンのような状態で簡単に戦闘UFOを撃墜していたことから、後述のメガ・ストライカーに匹敵するかもしれない程の威力があることが伺える。いずれも核武装である。

更に二作目からはグラインダーの顔を引き裂いたエネルゴンフックや手から展開するメリケンサック、三作目からは初代コンボイを彷彿とさせるキャリバーアックスや大型の実弾砲メガ・ストライカーも装備。イオンブラスターの後釜として『ロストエイジ』まで使用された。同作でボディをリニューアルした際にはライフルの外装も変化している。また、ウィングパックにはガトリングやミサイルや盾など武装が豊富に積まれているが、企画段階では更に独創的な武装に変化したり、ビークルモードの状態で無数の火器を展開した「ステルスフォース」も披露する予定だった。イオンブラスターの存在価値って…?

2000年代初頭からコンボイの象徴となった合体も披露しており、『リベンジ』ではジェットファイア(の残骸)と合体してジェットパワーオプティマスプライムへと強化。ザ・フォールンやメガトロン相手に大立ち回りを繰り広げた。『ダークサイド・ムーン』ではビークルモードで牽引するコンテナが変形し、オプティマスの武装の格納庫や飛行用のウイングとして合体・パワーアップできるようになった。

『ダークサイド・ムーン』のラストシーンの独白では「人類を見捨てることは決してない」と語り、シカゴの悲劇を乗り越え改めて強い決意を燃やしていたのだが………

ロストエイジ

4作目にあたる『ロストエイジ』では、センチネルとディセプティコンが引き起こした惨事により人類はトランスフォーマーを一層危険視するようになり、かつて共にディセプティコンと戦ったサムやN.E.S.T.の面々とも離別。さらにある陰謀によってCIA長官ハロルド・アッティンジャーと結託した反トランスフォーマー組織「KSI」(Kinetic Solutions Incorporated)の実働部隊「墓場の風」に狙われるようになり、その過程で仲間達も一人、また一人と殺害されていった。

難を逃れたオプティマスは、朽ちかけた73年式マーモン・キャブオーバーに擬態。生き残ったオートボット達に危険を知らせながら「墓場の風」からの逃避行を続けていた。その最中に重傷を負い、逃げ込んだ映画館の廃墟内で機能停止していたところを、ただの廃車と思い回収したケイド・イェーガーの手により蘇生され、彼らに修復を手伝ってもらっていた。しかしケイドの相棒・ルーカスが懸賞金目当てに通報したことで、ケイドらを危険に晒してしまう。

ロストエイジ


後にウェスタンスター・4900SBをスキャンし、全体的に丸みを帯びたデザインに変更。前作ではコンテナから変形させ装備していたジェットパックを体内に組み込んでおり、単独で飛行可能になっている。武器も劇中後半において新たに手持ち型の長剣テメノスソードと、銃付属のベクターシールドを手に入れた後は、これら古代の武装を主に使用するようになる。ソードは完全な手持ち武装でエネルゴンも使用しない。更にソードもシールドも、持ち手を変えての使用ができる。ソードの使用には騎士たる認証が必要であり、認証の途中で腕部の装甲が変化する。

再集結したオートボットの生き残りと共に新たな脅威に立ち向かう事になるのだが、守るべき対象だった人間達に同胞を殺められ、彼らの愚行によってディセプティコンが復活したという事もあってか、以前のような人間に対する慈愛の念は消えかけており、皮肉な事に、復活直後の言動はセンチネルプライムのそれと似てしまっていた。

しかし、自分を救ってくれたケイドへの恩義を捨てられず、そんな彼に説得されたことで再度人間のために命を賭けることを決意する。だが、私利私欲と保身の為にオートボット達を殺め、更にケイド達すらも手にかけようとしたアッティンジャーと「墓場の風」の隊員達に対しては、初めて「人間を殺さない」という己の信念を曲げて手にかけた。

解放したダイノボットを力尽くで服従させたり、ロックダウンの上半身を両断したりと相変わらずバイオレンスなほか、単独での無双シーンも健在である。

ロックダウン討伐後は、ケイド達の身の安全を部下のオートボットに託し、創造主達と決着を付ける為に地球を旅立ったが………

最後の騎士王

第5作『最後の騎士王』では創造主クインテッサに操られネメシスプライムと化し、全人類を滅ぼすため地球に襲来する。前回のラストにそのまま宇宙に旅立ったので、肩のプレートなどにダメージが残ったままである。

バンブルビーのプラズマキャノンのような変形機構を持つ別の銃器を使用。

玩具について

1作目の制作期間中は、情報の漏えいを防ぐべくハズブロやタカラトミー側にはごく限られた資料しか与えられなかった為に、当時発売された玩具は劇中と少し異なるデザイン(準備稿のもの)になっていた。『リベンジ』の頃に発売されたオプティマスの玩具は劇中の再現度(と変形難易度)が抜群で、人気も高かった為に何度もリデコ(仕様変更)品が発売されている。ファンの間で使われる「リベンジオプ」という単語はこの玩具を指す。

ただし、『ダークサイド・ムーン』以降は製造コストの上昇などの影響で1・2作目のような大型商品はリリースされず、主に小型商品や、既存の色彩を変更したものがメインとなった。

『ロストエイジ』の公開時期は劇中での変形シークエンスの複雑化、変形難易度の見直しもあってギミックや変形手順がより簡略化されるようになった。後により各部のモールドを劇中に近づけ、フェイスチェンジギミックを搭載した豪華塗装版のリデコ品や、上に乗せる玩具によって台詞が変わるライト&サウンドギミックを搭載したものが日本や一部のアジア地域にて発売された。

2017年に「マスターピース・ムービー」で第1作の外見に最も忠実に立体化されたが、致命的な不具合を抱えてしまい非難轟々な一品になってしまった。

関連タグ

コメント