ピクシブ百科事典

ハウンド

はうんど

猟犬、もしくはそれに因んだキャラクター。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 猟犬狩猟に用いる)のこと。hound。
  2. トランスフォーマー』シリーズに登場するキャラクター。当記事にて解説。
  3. ロールプレイングゲーム世界樹の迷宮』シリーズに登場する職業。→ハウンド(世界樹)


ハウンド(トランスフォーマーシリーズ)

サイバトロンの偵察員。
名前の意味は「猟犬」で、その名の通り自慢のとセンサーでデストロンの匂いを察知して偵察する。

過去から現代において同名のキャラクターが多数登場する『トランスフォーマー』シリーズには珍しく、実写映画『トランスフォーマー ロストエイジ』まではハウンドの名を冠するTFは殆ど登場しなかった。

戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー

CV:ケン・サンソン/吹き替え堀内賢雄
第1話「地球への道」から登場するサイバトロン戦士で、地球の自然に興味を持つ好青年。変形する車種はJ59ウイリスジープ

当初はスパイクの相棒という設定で序盤は出番が多かったが、第4話の辺りでバンブルにその役割を取られて以来出番が少なくなった。

上述の偵察行動に加え、ホログラムを利用して分身を投影したり、巨大TFを映してデバスターを倒したり、ジェットロン作画ミスを公式に再現してしまう能力を持つ。

pixivでは、1話など序盤で行動を共にしたリジェクリフと一緒に描かれたイラストがよく見られる。彼らの色にちなんでトランスフォーマー界のRGBトリオと称されることも。

実写TF

皮を剥ぎ、肉を裂く!


CV:ジョン・グッドマン/吹き替え:楠見尚己
第4作目『ロストエイジ(原題:Age Of Extinction)』から登場。
オシュコシュ社製中型戦術トラック・FMTVをベースとした深緑色の軍用車両に変形する。G1版とは違い、バルクヘッドもしくは前作のレッドフットを思わせる肥満体である。髭を蓄えた老齢のベテラン兵士といった雰囲気も、アメコミAll Hail Megatron』でのチャーを彷彿とさせる(後述する葉巻も共通している)。

大型の3連装ガトリングガンショットガンハンドガン手榴弾等の豊富な武装を使いこなす・銃乱射・実包を葉巻のように咥えるなどかつてのアイアンハイドを思い起こさせる好戦的な雰囲気を醸し出しているが、仲間の死を知った時は哀悼を表してヘルメットを脱いだり、ケイド・イェーガーの娘テッサを思っての行動に理解を示したりと、口は悪いが人情味に厚い性格である。

第5作目『最後の騎士王』ではビークルモードがメルセデス・ベンツウニモグに変更。前作でロックダウンに殺されたラチェットに代わって軍医も担当するようになり、体の各部に赤十字のマークが付けられている。

政府から追われる身となったケイドがテッサに無言電話をかける際には彼を手助けし、そのやり取りを見守った後は「お前は良い父親だな」と語りかける一方で「俺の親父は電話もくれねえ」とこぼす一面もあった。

また、過去の地球ではアメリカ独立戦争などに参加していたことが劇中で明らかにされている。

キュートランスフォーマー

トランスフォーマー誕生30周年を記念したチョロQとのコラボレーション企画において登場。スズキハスラーに変形する。

アニメ版においては最終回まで一度も登場していないにも関わらず、最終回ではオプティマスプライムがこれまにで登場したサイバトロン戦士を呼んだ時に何故かセンターで登場していた。

関連イラスト

ハウンド
TF初代:ハウンド


ハウンド
TLにクロスへアーズしか居ないハウンドキェェェ




関連タグ

 猟犬 バセットハウンド グレイハウンド ブラッドハウンド アフガンハウンド 
ヘルハウンド ダークハウンド
トランスフォーマー 戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー 実写TF サイバトロン
クリフ リジェ

pixivに投稿された作品 pixivで「ハウンド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 159915

コメント