ピクシブ百科事典

センチネルプライム

せんちねるぷらいむ

センチネルプライム(Sentinel Prime)とは、『トランスフォーマー』シリーズに登場するキャラクター。
目次[非表示]

※ この記事には映画『トランスフォーマー:ダークサイド・ムーン』のネタバレが含まれています。

概要

作品によってその容姿や性格、作中の役割などは異なるが、多くは正義のトランスフォーマーサイバトロン(オートボット)のプライムリーダーであり、同じくプライムリーダーであるコンボイオプティマスプライム)とは関わりの深い人物として描かれている。

本格的に登場したのは『トランスフォーマーアニメイテッド』からだが、実は初登場は『トランスフォーマー2010』である。といっても、過去にマトリクスを受け継いだ存在(プライム)としてロディマスに忠告した一人として登場したに過ぎない。当の本人はコンボイどころか彼を生み出したアルファートリンよりも更に過去時代の人だった。なお、この設定の一部を実写映画版は引き継いでいる。

G1(アメコミ)

Sentinel Prime


IDWパブリッシングのアメコミ『メガトロン・オリジン』などに登場するコンボイの先々代のプライム。サイバトロン総司令官でありながら、劣った物に変形するトランスフォーマーを見下す差別主義者で、同じ差別主義者の上院議員達とともに腐敗政治を行い、セイバートロン星での貧富の差などを生み出した。

しかし、そんなやり方がメガトロンデストロン軍団の誕生のきっかけとなり、制圧しようと試みるも仲間の上院議員達は皆殺しにされ、彼自身もエイペックスアーマーを纏って戦うも、最終的にはメガトロンの前に敗れ去った。

彼のオルトモードは装甲車であり、エイペックスアーマーを装備した姿はもろに勇者ロボグレート合体(アーマー側に人型形態と意思があるかは不明)を思わせる重装備と無駄な格好よさであったが、実戦経験は剣闘士として鉄火場をくぐりぬけて来たメガトロンにはるかに及ばなかったのが敗因だろう。なお、同じ高官であったラットバットやプロテウスに比べるとはっきり言って人気はいまいちなのは、脳筋的思考が目立つ上に作中でのキャラの掘り下げが浅く美形でないからであろうか。ちなみにプロールは彼の秘書であった。

その後の歴史では、サイバトロン・デストロン双方の視点からももっとも暴虐なプライム、かつメガトロンに立ち向かった英雄という、矛盾した存在として名を残し、その遺体の頭部の行方は解らなくなっていたが、新シリーズ『タイタンズリターン』序章において、その傲岸かつ差別的な性格もそのままに復活。失われていた頭部は実は小型ロボット「タイタンマスター」のインフィニタスであったことが判明する。更にその背後には最初の13人の一人で原初の合体戦士ネクサス・プライムがおり、彼が戦前作った階級社会は主であるネクサスの教えに従ったものだったと明かされた。

ハズブロが2016年度にリリースした玩具シリーズ『タイタンズリターン』において初のIDW版のデザイン準拠で発売。アストロトレインへのリデコ前提のため、オルトモードはシャトルとエイリアントレインであり、頭部が小型ロボットのインフィニタスに分離するヘッドマスターギミックを有するが、ロボットモードはIDW版のデザインをよく再現したものとなっている。

トランスフォーマーアニメイテッド

カッコいいセンチネルさん


CV:諏訪部順一

オートボット軍のエリートガードの一人。日本語版ではオプティマスプライムとの混同を防ぐ為か、単に「センチネル」と称される。アゴアニメで有名な『アニメイテッド』の面子の中でも抜きんでてアゴがでかい。

サイバトロンモードでは六輪車に変形し、地球のビークルをスキャンしたアースモードでは雪かき用ブレードを装備したモンスタートラック(大型除雪車)に変形する。ロボットモードでは槍と盾を武器に戦う。性格は短気でキレやすくプライドが高い。その上いざという時にビビるなど、どう見ても小物です本当に(ry

かつてはオプティマスの親友であり、女性型トランスフォーマー・エリータワンとの3人でチームを組んでいたが、とある任務でエリータ1を失い、オプティオマスとは険悪な関係になる。また、この不幸な事件がきっかけで有機生命体への拭えない嫌悪感が芽生えてしまい、地球人などの有機生命体を蔑視するようにもなった。

ただ、その一件に関してはオプティマスだけでなく自分にも非があることはハッキリと自覚しており、オプティマスも昔からの付き合いな上にそこら辺を重々承知している為か、「本当はいいやつ」と評している。

その後しばらくは険悪な関係が続いたが、ピンチの際に助けてもらったのを契機に少しづづではあるが関係は改善されていき、物語終盤になってようやく和解できた。

総司令官であるウルトラマグナスが倒れた物語終盤では、彼に代わり司令官代理としてオートボット達を指揮する事になる。

その性格からか、からかわれやすく不憫な目に遭う事も多い。特に、部下であるジェットツインズからは逆さに呼んでルネチンセと呼ばれ、からかわれている(ちなみにツインズの中の人達は前科持ち)。

首だけセンチネル

彼を語る上で外せないのがこれ。日本語版第17話「ヘッドマスター、ふたたび!」(原語版第18話「Return of the Headmaster」)の回で起きた出来事である。

色々あって単身でヘッドマスターの元に乗り込んだセンチネルだが、ヘッドマスターの策にハマり…

生首センちゃん


こうなった

ヘッドマスターに身体をパクられてしまったのである。「何故、スパーク(魂)は胸にあるのに頭だけで動けるのか?」という疑問も湧くが、あの初代コンボイもバラバラに解体されてもなお生首だけで生きていたのだからきっと色々と大丈夫なのだ。

この姿を晒す直前にオプティマスへ「頼むから笑わないでくれ」と無線で話すやりとりがあったが、この姿を目の当たりにしたオプティマスは素晴らしいと思うほどに大爆笑した。

ちなみに日本語版では、いかにロボットと言えども流石に不謹慎かと思われたのか、この大爆笑するシーンはカットされているが、この後もこの件を色々とイジられている。

前述のシーンも相まってか、センチネルはファンの間でネタ扱いされているのは言うまでもなく、pixivでも半数以上はネタイラストが占めている。オォウ…センチネルゥ…

関連イラスト

センちゃんとププ
ノリノリジャズ


※ その他のイラスト→「センチネル アニメイテッド」で検索

実写映画シリーズ

センチネル・プライム


CV:レナード・ニモイ(原語版)、勝部演之(国内版)

3作目『ダークサイド・ムーン』にて登場した老齢のトランスフォーマー。前作の『リベンジ』においてもサムが彼の名を口にしている。(キューブの影響で「ラリ」って講義中に暴走するシーン)

モデルは初代アニメシリーズのアルファートリンとショーン・コネリー。そのため初期設定ではコネリーが声優の候補にあがっていたが、最終的にはマイケル・ベイの親戚かつ『ザ・ムービー』でガルバトロンを演じたニモイとなった。

オートボットの偉大なるリーダーであり、オプティマスの先代のプライムで大事な師匠。空港などで活躍するローゼンバウアー社製パンサー化学消防車に変形する。武器は両刃の長剣「プライマックスブレード」と身の丈の半分ほどもある盾「エネルゴン(エナジョン)シールド」、そして宇宙錆(コズミックルスト)を濃縮した弾丸を放つ腐食銃。

本作では、彼が発明し所持していたガジェット「スペースブリッジ」が物語の鍵となる。サイバトロン星が戦禍に覆われた際、スペースブリッジを積んだ宇宙船「アーク」で脱出。しかし、その途中でスタースクリーム達の攻撃を受けた宇宙船が大破し月面に不時着した為、船内で仮死状態となる。

オートボットの宇宙船の存在を知ったオプティマスにより月から発見・救出され、前作『リベンジ』で登場したマトリクスの力により復活した。

彼はサイバトロン星を壊滅させた戦争に心を痛めており、誰よりもサイバトロン星を愛し戦争終結を望んでいる。地球の自然を目の当たりにして感動したり、マトリクスを献上しようとしたオプティマスを諭すなど、プライムに相応しい風格を見せた。

しかしその実態は、故郷のサイバトロン星を復興させる為に(サイバトロン星を脱出する以前から)ディセプティコンと手を組んだ裏切り者。事実、中盤で本性を現してアイアンハイド(アメコミ・小説版ではツインズも)を腐食銃で撃ち抜いて殺害し逃亡した事からオートボットは見捨てたも同然の扱いをしている。

彼の目的は地球を植民地化し、サイバトロン星をスペースブリッジで地球の軌道上に転送して、地球人をサイバトロン星再建のための奴隷としてこき使う事だった。その目的の為にメガトロンに対等に近い形で従っていたが、内心ではサイバトロン星壊滅の原因であるメガトロンを信頼していなかったのか、またはプライムとしての自尊心から生じた支配欲からか、スペースブリッジの敷設作業中に突如下克上を宣言してディセプティコン兵への指示はセンチネル本人が下すようになる。ディセプティコン達も二度も地球侵略に失敗し弱体化したメガトロンに見切りをつけたのか、センチネルにおとなしく従っており、メガトロンは戦闘にも参加せず瓦礫に座り込んでふてくされる始末である。

戦闘能力は「プライム」の名に恥じぬもので、あのオプティマスプライムですらも防戦一方に追い込み、更にはプライマックスブレードで右腕を切り落として敗北寸前にまで追いやるほど。

しかし不意打ちには弱いようで、カーリーの挑発に奮い立ったメガトロンの会心の一撃を受け、戦闘不能に陥る。その後オプティマスに、トランスフォーマーの存続のためには裏切るしかなかったと許しを請うが、そのために仲間を裏切り多くの命を奪ったセンチネルに失望していたオプティマスに「私を裏切ったのではない。貴方は自分を裏切った」という言葉と共にメガトロンの持っていたフュージョンカノンによって胸部と頭部を撃ち抜かれて死亡(小説版では腐食銃で撃ち抜かれ、跡形もなく溶け去った)。

視聴者「やったやった!もう最高だもんね!撃ち抜かれてざまぁみろ!HAHAHA!」

どうでもいいが、この時にヘルメットおじさんだった事が発覚する。初期の予告公開時の通称は「黄色いオッサン」だったが、本編では赤くなっている。ちなみにDVDソフトのメニュー画面では黄色のままとなっている。

ディセプティコンの壊滅とセンチネルの死亡により地球の危機は去ったが、オートボットのリーダーたるセンチネルが引き起こした災厄は人類にトランスフォーマーに対する不信感や憎悪を植え付ける事になり、この戦いの3年後を描いた4作目『ロストエイジ』では、皮肉にも人類の為に戦ったオートボット達は彼らによって狩られていく事になった…

また、センチネルは人間のことを「サイバトロン星では神だった我らをマシン扱いしている」と嫌悪していたが、『ロストエイジ』では反トランスフォーマー組織「KSI」にマシン扱いされ、その亡骸を分解されるという、あまりにも皮肉で無様な末路を迎えた。

手も足も(で)ない


関連イラスト

無題
センチネルプライム



関連項目

共通

トランスフォーマー
サイバトロン オートボット
コンボイ オプティマスプライム
センチネル・プライム表記揺れ
ヘッドマスター

TFA

アニメイテッド
アゴ AGO ウラガンキン…アゴの立派さ繋がりで、時々ネタにされる。

新種ktkr!!

(←参考)

実写映画

実写TF
ダークサイド・ムーン
ディセプティコン

pixivに投稿された作品 pixivで「センチネルプライム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 57927

コメント