ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

セイバートロン星

せいばーとろんせい

セイバートロン星とは、トランスフォーマーに登場する。「サイバトロン星」の日本名である。
目次 [非表示]

概要

トランスフォーマーシリーズに置いて、一部を除いてトランスフォーマー達の故郷として設定されている惑星。セイバートロン星という名称は日本版での名称であり、原語版での名称はサイバトロン星、もしくはサイバートロン星。惑星の住人はセイバートロニアン(Cybertronian)と呼ばれている。実写版以降は、日本版でも作品によってはサイバトロン星と呼ばれるようになった。



歴史と設定

G1&ビーストウォーズ

アルファ・ケンタウリ星系にある機械の惑星で、G1では地球人のスパイクが宇宙服無しで活動していることからある程度酸素や大気、重力は地球に似通っていると思われる。

その内部構造はセイバートロニアン達もすべて把握しておらず、謎に包まれている。惑星の中心にはマザーコンピューターである「ベクターシグマ」が存在し、セイバートロニアン達の精神と人格を司る「パーソナルコンポーネント」を製造する。

衛星が二つ存在するが、ユニクロン戦争においてユニクロンに捕食されてしまい、現在は爆発したユニクロンの首が新たな衛星となっている(それらとは別のが二つ登場する描写がある)。


この惑星は元々クインテッサ星人の作ったロボット生産工場として築かれたもの。

ここで作られたロボットたちは後のサイバトロン(オートボット)にあたる民間用ロボットとデストロン(ディセプティコン)にあたる軍事用ロボットの二種類があり様々な惑星に販売されていた。しかし科学の発達でロボット達に意思が宿り、ロボット自身が新たなロボットを作り始めるようになるとする事がなくなっていったクインテッサ星人達は徐々に怠け者になっていき、退屈しのぎと称してロボットたちを虐待していくようになる。

この行いにロボットたちは不満を募らせ、民間用ロボットA3をリーダーとしたレジスタンス組織がクーデターを起こし、1100万年前クインテッサ星人を星から追放した。

それからしばらくは平和な時が続いたが、平和が馴染めなかったためか軍事用ロボットが民間用ロボットを戦いを仕掛けだしたことで1000万年前戦争が勃発。星全体が火の海となり、豊かな資源とエネルギーが枯渇・文明の崩壊寸前にまで追い込まれるほどの大戦争となった。


400万年新たなエネルギー源を探索すべく外宇宙へと進出したサイバトロンとそれを追ったデストロンが激闘の末に地球に墜落。地球歴1985年に彼らが再起動したことで戦いの場を地球にまで広げた「セイバートロン戦争」(別名グレートウォー)と呼ばれるこの戦いは地球歴2005年の「ユニクロン戦争」の終結後、一応の終戦が宣言される。

だが2010年、クインテッサ星人が再びセイバートロンを支配下に置こうと表舞台に出現と共にデストロンが再起して戦争は再発。翌2011年に400万年前に宇宙に亡命していた亡命者たちの末裔が参戦し、この戦いでセイバートロン星は大爆発を起こしてしまったが、フォートレスマキシマス達の尽力で復興を果たした。


ザ☆ヘッドマスターズとは分岐した歴史のザ・リバースから先の未来でG1の補完にあたるビーストウォーズでは戦争は再び終結し、和平が締結。プロトフォームから生まれる小型の種族マクシマルプレダコン(それぞれ性質がオートボット・ディセプティコンに近い)が誕生し4種族で基本的にうまく共存していたが再戦を窺っていた一部のプレダコンの暴走・太古の地球への逃亡によりビーストウォーズが引き起こされることとなる。

ビーストウォーズリターンズではそもそもかつては有機生命体の棲む惑星だったかのような描写があり、謎の力が惑星を飲み込みほぼ全てを金属の世界に変えたのが始まりだったと示唆されている。

地球から帰還したメガトロンのウイルス攻撃により住人は無力化及びスパークを奪われて制圧された結果無人かつドローン軍団に支配された世界へと変貌、遅れて帰還したマクシマルとの戦いの末機械と自然が融合を果たし、ハイブリッドの世界へと変化した。また、2011年セイバートロン星に巨大ロケットが建造された星系を移動していたため、ユニクロンは星圏内から消え衛星が一つだけに変化している。


リターンズよりはるかな未来とされているビーストウォーズネオでは終盤復活したユニクロンによりベクターシグマが乗っ取られ、星全体がユニクロンの肉体になり果ててしまった。しかしマグマトロンによってユニクロンはベクターシグマから分離させられ、ビッグコンボイ率いる当時のサイバトロン戦士とライオコンボイによって倒され、平和を取り戻した。その後はサイバトロンと、改心したデストロン達によって復興が成し遂げられている。


マイクロン三部作

基本的に設定は変わらないが、アメコミで作られた破壊神ユニクロンと創造神プライマスの二極性が設定された。

1000万年もの戦争が第3の種族マイクロンの在り方を求め激化、それを利用し衛星に擬態していたユニクロンが星を蹂躙されるが三種族は連合軍を結成し辛うじて退けた。

トランスフォーマースーパーリンク前作の終戦後再建されて(それにより大気をテラフォーミングしたためか屋外では地球人は宇宙服が必要だった問題が解決されていた)10年、サイバトロンとデストロンは和平を結んでいたがユニクロンの再来とメガトロンがガルバトロンとして復活したことで再戦となる。地下深くでプライマスが発見されており、エネルゴンが活用されるようになっていた。

トランスフォーマーギャラクシーフォースではユニクロンが滅びた反動で発生したグランドブラックホールに飲み込まれるも再生、星自身がプライマスなのが判明し変形した真の姿を見せることとなった。また地表にが降ったり夕日が沈んだりといった描写がなされている。


実写TF

オールスパーク等を巡った度重なる激戦で事実上破滅したという扱いになっている。

ただしダークサイド・ムーンセンチネルプライムが地球人を労働力として復興しようとしたり、同小説版ではメガトロン達が改心してサイバトロン星の復興を誓ったりしているので、まだ立て直しはできる状態であることが推察される。

再建の協定を結んでいたディセプティコンとセンチネルによりスペースブリッジを用いて地球の傍へ転送する計画が行われた。途中でスペースブリッジを発生する装置のコントローラーが破壊された事で転送は途絶え、半壊する様に転送ゲートの彼方へと消えていった。

最後の騎士王ではバラバラになった地表がコードで繋げたような姿で、クインテッサが地球衛星軌道上まで持ってきており、一部が地球に落着している。

クインテッサは地球のエネルギーを吸い取りサイバトロンに吸収させることで星の再生と地球の滅亡(及びサイバトロン星の宿敵の抹殺)を図るがクインテッサの排除と吸引装置の停止により地球の滅亡は回避された。

クインテッサのサイバトロン星再生は中断されたためいまだバラバラの状態で地球と隣り合ったまま、作品は終了してしまった。なぜお互いに重力で惹かれ合うことなく、一定の距離を保てているのかは不明。


プライム

46億年以上昔プライマスとユニクロンが死闘を繰り広げていたが配下として生み出した最初の13人の加勢によりプライマスはユニクロンに勝利・追放した後惑星のコアと一体化する。

それから13人の導きにより文明が築かれ地球に現人類が誕生する頃になっても黄金時代と言える程維持されていたが当時の社会には権力社会の腐敗が広がっており、それを改革すべくメガトロナスオライオンパックスが立ち上がったが意見が対立した末に決別したメガトロナス改めメガトロンは結成した軍隊ディセプティコンにより全てに反旗を翻した。対立者はオートボットを結成し抵抗するもエネルゴンの枯渇と星中が戦争の余波により壊滅状態に陥る。


関連項目

トランスフォーマー クインテッサ星人

最初の13人

関連記事

親記事

トランスフォーマー とらんすふぉーまー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30376

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました