ピクシブ百科事典

ビーストウォーズリターンズ

びーすとうぉーずりたーんず

『ビーストウォーズリターンズ』とは、『トランスフォーマー』シリーズ最大の衝撃を与えたとして知られる作品。
目次[非表示]

概要

正式名称は『超生命体トランスフォーマー ビーストウォーズリターンズ』。原題は『ビーストマシーンズ』(Beast Machines)。

カナダ制作のアニメ作品でCG版『ビーストウォーズ』シリーズの第3弾。欧米では『ビーストウォーズメタルス』(シーズン3)終了から半年後の1999年に放送。一方、日本では2004年にモバイル放送『モバHO!』にて放送された。

時系列的には、G1(Generation-1)より続く『トランスフォーマー』シリーズの最終章にあたるが、厳密には海外では玩具だけの独自展開シリーズ『トランスフォーマーユニバース』へと続く。一方日本では『フィギュア王』に掲載された『ビーストウォーズリボーン』へと続き、更にその未来に『ビーストウォーズⅡ』と『ビーストウォーズネオ』が位置づけられ、そこでG1の歴史は一区切りとなる。

シリーズ最大の問題作

原題を見てもらえばわかるように、本作は『ビーストウォーズ』の直接の続編となるのだが、新たなシリーズの第一弾としても製作されていた。TFシリーズに新たな風を吹き込んだ『ビーストウォーズ』の続編であることから、海外ではかなり期待値が高かったのだが、いざ蓋を開けてみると、本作の内容は多くのTFファンの期待を悪い意味で裏切るものであった。

あまりにも奇抜なビジュアル

砕けた表現に言い換えれば、キモいキャラクターデザインといったところ。これまではリアルな動物からメカニカルなロボットに変形していたのに対し、本作のロボットモードはTFでありながらクリーチャー色の強いグロテスクな姿に変化している。

前作からの続投組もかつての面影は全くといって良いほどになく、正直誰かに言ってもらわなければ、およそTFだとは認識しづらいデザインとなっている…いや、言われても納得し難いだろうが。そのくらいTFとしての面影がないのだ。ロボットモードだけに限らず、ビーストモードも絶妙にグロい。特にラットルとブラックウィドーはその傾向が強いので、ぜひ自身の目で一度確かめていただきたい。

陰惨すぎるストーリー

原語版の『ビーストウォーズ』はもともとシリアス寄りのストーリーだが、本作は仲間割れや裏切りなどの味方サイドでの内紛をメインにした鬱展開を次々と投入してくる。キャラクターや背景の色使いが全体的に暗めなことと、上述のグロいキャラデザもダウナーな空気により一層拍車をかけている。アメコミ並に陰鬱でギスギスしたストーリー展開に加え、メイン視聴者の子供には到底理解できないであろう難解な宗教的精神論まで持ち出す始末で、視聴後に変に疲れが溜まる内容…かもしれない。

目に見えない変形過程

TFの醍醐味と言えば変形(BWならば変身)であるが、本作の変形の描写は変形完了までのプロセスを端折り、光に包まれて文字通り変身するという、TFの様式美を潰してしまうものであった。何故そうなったかというと、アニメ製作チームと玩具を製作するハズブロとの連携が悪かったことが原因。そもそも、本作はそれまでのシリーズからスタッフがほぼ一新されており、そのスタッフ達がアニメを製作した結果、上述の内容となった。

その後の流れ

はっきり書くと本作は大失敗であり、海外では酷評の嵐だった。アニメの視聴率も低く、玩具の売り上げも不振に陥った。本作の不振により、これまで人気のあったTF市場が崩壊寸前にまで陥ったのだ。シーズン1~3で大人気を博した『ビーストウォーズ』が、「トランスフォーマーを危機に陥れた元凶」としても知られているのは、ひとえにこの作品の大失敗によるものである。また、アニメの出来に失望したファンが、制作スタッフにインターネット上で殺害予告を送り付けたという物騒なエピソードもある。

当初はシリーズ化の構想があったものの、アニメの不振が原因で打ち切り。その次回作として控えていた『Transformers:Transtech』もお蔵入りとなってしまった。その後、海外市場ではTF復活のために日本で製作された、すなわち和製TFである『トランスフォーマーカーロボット』を市場に投入することを決定(タイトルは『Transformers Robots in disguise』に変更)。これが目論み通りとなり、何とかTF存続のピンチを切り抜けたのである。

上記の悪評故か日本では地上波での放送が見送られていたが、上述のモバイル放送で2004年に吹き替え版が配信された。国内放送版では監督・岩波美和による脚本と出演声優陣によるアドリブの嵐によって、当時子供だった大きなお友達向けのR-18指定な作品に仕上がっている。しかしながら、現在でも「アドリブがあっても陰湿さは消えてない」との感想は絶えず、本作の闇の深さを示している。

あらすじ

惑星エネルゴアでのビーストウォーズの終焉により、セイバートロン星に帰還したサイバトロン達。しかし、気がつくとそれまで自分が何をしていたのか記憶を失い、謎の機械軍団「ヴィーコン」に襲われ、更にロボットモードへの変身もできなくなっていた。

なんとか仲間達と合流し、セイバートロン星地下深くに逃げ込むコンボイ達。そこで最初のトランスフォーマーの創造主「オラクル」と出会い、フォーマットの書き換えによって、機械と生物の融合体へと生まれ変わった。

何が起こったかを突き止めるためにビーコン軍団を撃退し、セイバートロン星の議会に辿り着いたコンボイ。しかしそこにいたのは、セイバートロン星を支配したかつての宿敵・メガトロンだった…

登場人物

前作からの続投


新キャラクター

ナイトスクリーム(CV:神奈延年
蝙蝠に変身するセイバートロン星の住民。オカマキャラ。

ボタニカ(CV:田中敦子
植物に変身する女性科学者。受精。

タンカー(CV:中村大樹)
戦車型ドローン達のリーダー。口癖は「~ダナ」。

スラスト(CV:加藤賢崇)
バイク型ドローン達のリーダー。口癖は「バリバリ」、「ぶ~ん」。

ジェットストーム(CV:岩田光央)
戦闘機型ドローン達のリーダー。口癖は「~デス」。

オブシディアン(CV:小野坂昌也
戦闘ヘリ型ドローン達のリーダー。関西弁で喋る。

ストライカ(CV:愛河里花子
装甲車型ドローン達のリーダー。ドローンでは唯一の女性(?)。

フライングC(CV:千葉一伸
メガトロンの側近となって働く小型ドローン。

オラクル(CV:神奈延年)
最初のトランスフォーマーを生んだとされる、セイバートロン深部にある伝説の巨大コンピューター。コンボイ達サイバトロン戦士のリフォーマットを行った。ちなみに彼(?)がビースト戦士の面々に「はずばなー(フリートーク対決・恥ずかしい話)」を振ったDVD特典のリミックスは役柄&画面無視の下ネタ座談会と、(ある意味)恒例のモノマネ大会と化しており、自身も過激なネタを披露した。

ノーブル(CV:長島雄一
元はセイバートロンの生き残りを名乗っていたが、実際はメガトロンが臨時でスパークを宿していた有機体の化物。後に自我を取り戻し、ナイトスクリームに協力する。オペラ口調で歌に乗せて喋るが多い。

関連イラスト

パワード千葉トロン
リターンズコンボイ


チータス
Beasts



関連タグ

トランスフォーマー ビーストウォーズ ロボットアニメ 玩具 動物
カオスアニメ 公式が病気シリーズ 公式が末期 愛すべき馬鹿 声優無法地帯 イボンコ 淫獣 鬱展開
メタルスリターンズビーストウォーズⅡ(日本におけるアニメの時系列)

pixivに投稿された作品 pixivで「ビーストウォーズリターンズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 69378

コメント