ピクシブ百科事典

公式が末期

こうしきがまっき

もう駄目だこれ・・・
目次[非表示]

注意事項

  • 公式が末期とは、公式が病気の最終段階である。
  • 膨大になった親記事、兄弟記事よりいくつか選別されたデータを転載表記。
  • 新規記入の際にはピクシブ百科事典でリンク可能なキーワードで構成してください。
  • 後述される通りメーカー、会社名も記載してもらいたい。


\(^0^)/

公式が病気』をもはや通り越して、もう公式が色々とヤバい方向へ暴走している状態のこと。
病人が多いエンターテイメント業界ではあるが、時としてファンですら思わず心底不安になるようなことを会社ぐるみでやらかすから困ったものである……。

末期と書いてはいるが、この末期と言うのはあくまで“公式が病気”の延長線上的な意味合いが強く、別に制作側が崩壊寸前とかそういう意味の言葉では無いことに注意。
たしかに悪乗りしすぎたせいで何か社会的な問題が発生したり、その結果経営側および作者側がその作品の制作を停止せざる得なくなるなんてこともあり得るが、それはかなりのレアケースである。

/(^q^)\

以下はその一例用語


「公式が末期」の一例

キャラクター

  • サンリオ
    • KIRIMIちゃん. - タグとしてはKIRIMIちゃんが多く使われる。 → 鮭の切り身を二足歩行させるなんて誰が考えただろうか。 2013年デビュー、野菜の日である8月31日が誕生日。
  • TYPE-MOON同人サークル
    • ネコアルク - 公式すら匙を投げたTYPE-MOONカオス要素の元凶。元は原作『月姫』のヒントコーナーに登場するマスコットだったが、毎年恒例のエイプリルフールで悪ノリが過ぎた結果、人気に火が付き『MELTY BLOODメルブラ』に参戦。カオスとメタ発言を散々ばら撒いた。
    • ネコアルク・カオス → 「お前も猫耳になれ。」第2弾、公式お気に入りのベテラン声優・中田譲治が猫耳になった。遂には公式もコレを契機にふっ切れたのか、後続の作品も巻き込んで大暴走。
  • ゲームメーカー
    • SNK
      • 李烈火 - 登場作品:『月華の剣士』 - 中華アクション映画、通称『ワンチャイ』に登場した李連杰演じる黄飛鴻を完全再現したかのようなキャラクター。 → これぞ末期の産物。
      • K9999 - 『THE KING OF FIGHTERS'2001~2002』KOFシリーズ より - どこからどう見ても島鉄雄キャラクター性、能力、技の演出、果ては声優に至るまで完全無欠の鉄雄っぷり。 さすがにSNK(当時のプレイモア)もまずいと思って2作のみ登場 → 黒歴史扱い。
    • ニトロプラス
      • 縢秀星 - TVアニメ『PSYCHO-PASS』に登場する男性キャラクター。BD初回特典のデフォルメキャラゲーム『ちみキャラさいこぱす』にて、アリス姿の女装を披露(本人はれっきとした21歳の成人男性)この姿で公式グッズ化もされた。
  • マスコットキャラクター
    • ちゃおず君 - 日本餃子協会の公式キャラ - 問題はその下半身。「いやー、しかし顔に似合わずすごい筋肉ですねーー」
    • いまいち萌えない娘 - 神戸新聞社がサブカル部門のアルバイト求人に用いたキャラクター、微妙な萌キャラ - 人気が出てしまいグッズを量産するわとやりたい放題。 → アニメロボットガールズZと共演を果たした。又、どうも実写映画化するらしい…。

漫画


特撮



アニメ

ゲーム

  • アクワイア
    • AKIBA'STRIP - 通行人の衣服を剥ぎ取るアクションゲーム。主人公(男性)がとある条件を満たしたら女装ができるようになる。 (尚アニメの方はTX(キー局)は時間的には恵まれていたし、視聴数は稼いだものの、原作を更に超えた暴走は放送コードギリギリの巻も幾つかある。
  • コナミ
  • セガ
    • ゴジラジェネレーションズ - 名機ドリームキャストソフト → 隠しキャラ・ジャイアント芹沢博士は全てがおかしい。なのにこんなんでも演者の遺族公認。
    • セガガガ - 「窮地に陥ったセガを復活させる」というゲームの主旨そのものが当時のセガを自虐した断末魔的存在。作中でもひたすらセガやゲーム業界の現状を自虐したり、マニアックすぎるネタを出したり、(著作権的に)セウトレベルのネタを出したりと、潔く清々しい程にやりたい放題。企画はゾルゲ市蔵、シナリオは冲方丁
    • ファンタシースターオンライン2 - EP4の舞台は何と地球でPSO2がゲームとして存在し、独自のエネミーも居るという世界観全てを破壊し世界を繋げる気か。しかもこのストーリーは調査と称してアークス側の世界から地球側の生活を覗き見る場面が存在し、中には女性キャラのお風呂のシーンも・・・。因みに地球自体が本シリーズに出てきたのはこれが初では無く、過去にも登場したもののそれらは独自設定による地球であって今回の様な現実と同じ雰囲気の地球は初となる。その結果、アニメ版もPSO2の世界観ではなく上記の設定が話の舞台になっている(最も原作ゲームそのものの世界観ではなく原作ゲームが存在する世界観を舞台にしたアニメはこれに限った話ではない)。



・・・チッ!もう大概の事(作品)じゃ驚かねぇぞ!!(byフォリア・エスト


アメコミ

  • MARVEL
    • スパイダーマン:ワン・モア・デイ - シビル・ウォー事件に自分の正体を世間に公表したことによりおばさんが銃弾に撃たれる。 おばさんの命を救うため、悪魔の力、メフィストとの契約を行う。 今までの設定をリセットしたことによって、 全米中のファンを驚愕させた。 (Amazon商品・日本語版説明ページより文面転用)
    • アルティメットスパイダーマン - アルティメッツ版ニック・フューリーと同じ異世界のスパイダーマン。物語の大半が本家ピーター・パーカーの焼き直しにすぎない為か最大のテコ入れとして主役交代。本家ピーターを殉職させて黒人青年に変えた。
    • ニック・フューリー - 上述したスパイダーマン同様、アメコミ原作の白人を強引な展開で黒人に交代。映画版に合わせて変えてしまった。
    • デッドプール - MARVEL COMIC最強の飛び道具。ウルヴァリンから移植された再生能力に加え魔神サノスに因縁と呪いをかけられて完全に不死身化。さらには第四の壁の破壊 → 作者や編集者への直談判!?結果、メタとカオスのギャグをばら撒き、どんな死に方だろうが即復活する完全無欠のコメディリリーフとなった。『MARVEL VS CAPCOM 3』にも参戦し、反則技で相手を撲殺したりと、カオス度をさらに爆発させた。
    • マーベルゾンビーズ - ゾンビブーム到来時期に展開された異世界のマーベルズ。
  • DCコミック
    • バットマン:デス・イン・ザ・ファミリー - 原題『Batman Death in the Family』、読者から投票で2代目ロビンことジェイソン・トッドの生死が決まったある意味伝説のイベント。(日本語版出版済み)
    • クライシスイベント - クロスオーバー企画の一例。スーパーヒーロー達が強大なる悪の存在と戦う物語の裏側で長期連載されてきた「スーパーマン」といった数々の物語の矛盾点を解消。上述同様「今までの設定をリセット」である。MARVEL社もたまに同様のイベントをする。ちなみに再スタートにいくつか失敗した場合は延長戦が開始される。 → 参考タイトル:『フラッシュポイント』(ザ・フラッシュ参照)
  • IDW

その他

関連タグ

黒い任天堂
円谷ッター
公式が病気 - (公式が病気の一例など)
サンライズの本気 - (銀魂など)
NHKの本気 - (作品タイトルに関してはNHKにおけるみんなのトラウマ一覧参照

類似タグ
作者が病気 公式が病気 公式が致命傷
病院が来い 病院逃げて
役所が病気 - (キャラクターに関して)

pixivに投稿された作品 pixivで「公式が末期」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 205966

コメント