ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

プリティーシリーズ

ぷりてぃーしりーず

タカラトミーアーツ(2012年3月まではタカラトミー)とシンソフィアによる女児向けアーケードゲームを主体としたメディアミックスのシリーズ。
目次 [非表示]

概要

タカラトミーアーツシンソフィアによって開発・展開されている女児向けアーケードゲームと、そのメディアミックス作品群で構成されるシリーズ。

現行コンテンツは第4世代の『ワッチャプリマジ!』で、アニメの完結後は筐体のリニューアル版『ワッチャプリマジ!スタジオ』として稼働中。


21世紀以降に開始された女児向けのメディアミックス作品としてはプリキュアシリーズに次いで長期間に渡って展開されているシリーズであり、2010年代初頭以降のタカラトミーの女児層に向けた商品展開における主力のひとつ。


アーケードゲームはいわゆるアイドル系のリズムゲームで、コーデをトレーディングカードとして収集して使用するタイプのゲームとなっている。

アニメ版や各種コミック版なども概ねアイドルものとなっているが、ゲーム側の世代交代ごとに製作陣が大幅に入れ替わるのでシリーズ内での作風の違いが大きいのが特徴。言い換えればプリキュアシリーズが毎年のように別作品になるところを、プリティーシリーズでは3〜4年のやや長めのスパンで同様のことをしているともいえる。


シリーズ一覧


『プリティーシリーズ』という概念は当初から存在したものではなく、第2世代に該当するプリパラの展開の途中から使われるようになったものである。

呼称自体は記者会見や開発者インタビュー等で2016年頃から言及されるようになり(それ以前は「プリパラ&プリティーリズム」や「プリズムオールスター」など)、公式なシリーズ名として消費者向けに使用されたのは2017年に今後のシリーズ構想を発表したのが最初である。


第1世代『プリティーリズム』は既に2014年に稼働終了してから長い時間が経っているが(2024年現在はPrismStone東京駅店のみプレイ可能)、終了後になってからスピンオフとして男子アイドルによる『KING OF PRISM』が展開されたこともあった。


第2世代『プリパラ』は、一旦展開終了した後も人気が根強いことから2019年10月から2022年2月末まで筐体が再稼働していた(3月以降はPrismStoneの一部店舗のみ稼働を継続)。その間も新作ウェブアニメ公開や新曲の発表、単独イベント等の展開が続いており、更には新作アプリゲームとウェブアニメ『アイドルランドプリパラ』が展開されている(詳細はプリパラの項を参照)。


第3世代『キラッとプリ☆チャン』はプリマジ開始後もしばらく並行して稼働したのち2022年2月末を以て終了したが(PrismStone店舗での稼働無し)、2024年にアニメの事実上の続編となるバーチャルミュージカル『ハイスクールキラッとプリ☆チャン』が公開される。


このように各世代のシリーズがアニメ放送・筐体稼働終了後も活発にアフターの展開が行われているのが特徴で、これとは別に『プリティーオールフレンズ』としてシリーズ全体(現行の『プリマジ』は含まない)のクロスオーバーによるグッズ展開が行われている。


2度の傑作選を挟みつつも11年半の間連続して続いたテレビアニメは2022年10月の『プリマジ』放送終了を以て一時中断していたが、2024年4月から『アイプリ』の放送が開始される事になった。


なお最初期はタカラトミー本体が運営していたが、2012年4月の『プリティーリズム・ディアマイフューチャー』以降は子会社のタカラトミーアーツに運営が移管、同時期にテレビアニメの制作もタツノコプロ単独から韓国の制作会社である同友アニメーション(DONGWOO A&E)との日韓共同制作に移行し、一部作品や劇場版を除いて『プリマジ』まで長らくその体制が継続していた。

『アイプリ』では大きく体制が刷新され、メインとなる日本側の制作会社をOLMに変更し、多くの主要スタッフ陣もOLM系列の人物に入れ替わっている。


10周年記念施策

プリティーリズムのアーケードゲーム稼働開始10周年に当たる2020年からアニメ開始10周年の2021年にかけては、「プリティーシリーズ10thアニバーサリーイヤー」として記念施策が大々的に展開された。初代アーケード筐体『プリティーリズム・ミニスカート』稼働開始から10周年に当たる2020年7月15日にはシリーズ10周年記念ロゴが発表され、同年9月20日には当時の現行作品だったプリ☆チャンのアニメにて歴代主人公たちが勢揃いするスペシャル回が放送された。


沿革

シリーズの礎となった『プリティーリズム』シリーズ

本シリーズの原点は、2010年7月15日稼働開始の『プリティーリズム・ミニスカート』である。セガの『オシャレ魔女ラブandベリー』を始祖とするファッションを題材にしたゲームとしては後発に属し(タカラトミーでは本作以前に『キラキラ☆アイドル リカちゃん』を出していた)、ニンテンドーDSの『わがままファッションガールズモード』を開発したシンソフィアからの持ち込み企画として始動した。従来のカード排出型筐体と一線を画す特徴としてハート型のジュエリーを模したプラスチック製の「プリズムストーン」が排出される点が挙げられ、徐々に口コミで人気を広げて行く。また、筐体の稼働開始と同時に『りぼん』でコミカライズが行われた。


2011年4月9日からは、シリーズ初のアニメ化作品『プリティーリズム・オーロラドリーム』が放送開始された。以降プリティーリズムのアニメ作品は、3年間で計3シリーズ放送され、シリーズ人気の下地が徐々に出来上がっていった。2014年3月8日には、シリーズ初の映画作品『プリズムショー☆ベストテン』が公開された。


3シリーズ目となる『プリティーリズム・レインボーライブ』の時期には、ライバル会社であるバンナムが同系統のコンテンツである『アイカツ』を始動し、大ヒットとなった同作の勢いに押されて商業的にやや苦戦も見られた。しかし『レインボーライブ』はその重くシリアスだが完成度の高いストーリーの評価が高く、現在も根強いファンが多く存在している。



シリーズ人気のピークとなった『プリパラ』シリーズ

2014年7月からは、放送期間、商業面ともにシリーズ歴代ベストとなる『プリパラ』シリーズが開始された。

当シリーズは公式が病気に近いカオスなアニメ内容も相まって人気が高まり、売り上げも稼働から9カ月で70億円を叩き出すなど(ちなみに2021年放送のプリキュアシリーズ作品『トロピカル〜ジュ!プリキュア』の売り上げは57億円なので、当時の『プリパラ』シリーズが女児向けアニメの筆頭格たるプリキュアシリーズにも匹敵する人気を獲得していたことが窺える)、人気に火が付くようになる。

最終的に本作は3年9か月、計4シリーズの放送となり、映画作品も歴代最多の5本上映された。


また同時期には『プリティーリズム・レインボーライブ』のスピンオフである『KING OF PRISM』シリーズの展開も開始され、上述したシリーズ全体の特色のひとつである過去作のアフター展開のはしりとなる。このような長期シリーズらしい動きも見せ始め、女児から大人まで幅広い世代に愛される作品群になりつつあった。


シリーズ10周年と重なった『プリ☆チャン』

2018年4月からは『プリパラ』シリーズの後を継いで『キラッとプリ☆チャン』が開始された。

本作のアニメは前作の路線を継承したコミカルな内容で日常ものの趣が強い作風だったが、2年目のだいあ関連のエピソードなどが大きな反響を呼び、そうなんだ桃山といったネタに象徴されるように大きなお友達の間での人気も引き続き獲得していた。

また本作ではスターシステムによる過去作キャラの再登場(あくまでスターシステムなので並行世界の別人だが)を積極的に行ったことも特徴。


本作は3年目となる2020年がコロナ禍に重なり、メインがアーケードゲームなので必然的に大打撃を受けたりアニメの放送スケジュールが混乱したりといった受難にも見舞われてしまった。

そんな中ではあったが、丁度その頃はシリーズ10周年の節目でもあり、『プリティーオールフレンズ』と本編を連動させた展開も実施。2020年9月20日には、『プリ☆チャン』のアニメ内でシリーズ史上初となる全シリーズとのクロスオーバーの回が放送された。


このようにコロナ禍という苦境も乗り越え、これからもシリーズは順調に続いていくと思われていたのだが……


一転、苦境に立たされた『プリマジ』

栄華を誇っていた当シリーズも、2021年以降は不穏な空気を見せ始める。


まずは『プリパラ』の新展開に関する混乱があった。

2020年5月には同作のソシャゲ版の始動が告知、後に『アイドルランドプリパラ』として2021年春期のリリースを予定していると発表され、同時期に新作Webアニメの展開を行うことも発表された……にもかかわらず、アプリは「より良いゲーム内容とアプリの品質向上」という理由を付けて延期を繰り返し行っていたため、長らくリリース開始の目処が立たない状態となっていた。

Webアニメも先行配信としてYouTubeで公開した計4話以降、事実上の長期休止状態となる。

2023年8月に漸くリリースを果たしたものの、今度はバグの多さ、やたら課金を強いる(一例としてプリパラ初代opテーマ「make it!」が課金曲だった)運営姿勢などの要因で批判を集めてしまった。

一応webアニメの方はリリース後は順調に配信されているのが救いという状況である。



一方、本業のアーケード筐体も4作目となる『ワッチャプリマジ!』に移行。

本作は「魔法」が大きなテーマとなり、ある意味これまでで最も女児アニメの王道らしい世界観が特徴的である。


しかし、わずか1年でアニメシリーズが休止という事態となってしまう。

その結果2022年10月9日放送の『プリマジ』最終回を以て、11年の歴史で初めてシリーズ全体のアニメ作品が途切れる事態となってしまった。

アーケード筐体は『ワッチャプリマジ!スタジオ』にリニューアルされて2年目以降も継続されたが、上述の理由からメディアミックスを大幅縮小しての展開を余儀無くされてしまう(一応コミカライズは続行)。


10周年を超えた時点で躓く形となったプリティーシリーズだが、売り上げや人気自体はどうにかコロナ禍を耐え切った感があり、他の女児向けコンテンツ(アイカツシリーズ、ガールズ×戦士シリーズ等)が同時期に次々と撤退している中で苦しい状況下ではあるが命脈を保っていた。


体制一新で再始動を図る『アイプリ』

そして前述の通り2023年12月のイベント上において、プリマジの次作となる新シリーズの始動および2024年4月から1年半ぶりのテレビアニメ放送を開始することが発表された。

第5世代『ひみつのアイプリ』開始に伴い『プリマジスタジオ』は稼働を終了、アニメ制作は過去4シリーズのタツノコプロからOLMとDONGWOO A&Eの共同制作体制に変更される。

従来の作品がどれもタツノコプロの個性を強く反映したものであったため、この体制変更はアニメの作風にも影響を及ぼすことが予想されているが、果たして……?


アニメ作品リスト

女児向け


大友向け

  • KING OF PRISMシリーズ(レインボーライブからのスピンオフ)
    • KING OF PRISM by PrettyRhythm(2016年1月)
    • KING OF PRISM -PRIDE the HERO-(2017年6月)
    • KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-(2019年3月 - 5月)
    • KING OF PRISM ALLSTARS -プリズムショー☆ベストテン-(2020年1月)

シリーズを通して、クライマックスでは重くシリアスな展開が発生しがちなのが特徴(これは元々シリーズ自体が大友もターゲットにしていることも影響していると思われる。当初から大人向けで制作されているKING OF PRISMシリーズについては言わずもがな。)。

一話完結が基本であり最後までスタンダードな女児向けの内容に近い内容を貫き通すと思われていた『キラッとプリ☆チャン』も、各年度の終盤ではシリアスな展開になることは逃れられなかった。


『プリティーリズム』時代ではバラエティ的な内容の実写コーナーを放送していたためアニメの放送時間が短い特徴があったが、『プリパラ』以降は純粋にアニメ主体となっている。

『プリパラ』3rdシーズンから『キラッとプリ☆チャン』3rdシーズンまで、各シリーズ前半EDで視聴者のダンス映像やコーデイラストを募集するという試みが行われていた。


声優について

アニメ版では81プロデュースエイベックスの女性声優が多く出演しているのが特徴の一つで、特に『オーロラドリーム』から『プリチャン』までは必ず81所属声優が主演に起用されていた(スピンオフの『キンプリSSS』を除く)。『プリマジ』以降はこの慣例に捉われず、プリマジではアトミックモンキー所属の廣瀬千夏が主人公の陽比野まつり役に、また次作『アイプリ』ではシリーズ10周年記念オーディションのグランプリ受賞者であり前作の御芽河あうる役でデビューした藤寺美徳が主人公の青空ひまり役に抜擢されている。


因みにシリーズを跨いで登場する脇役として目立つ存在である赤井めが姉ぇ役の伊藤かな恵赤井めが兄ぃ役の諏訪部順一、一部がレギュラーキャラを演じているかつて存在した声優ユニット『ミルキィホームズ』は81所属ではない。


作品の世界観

シリーズ作品は現時点で大まかに5つの世界観に分かれている。

なお、ここでの「ラスボス」は主人公たちのライバルとしての最強格の相手を、「敵役」は何らかの陰謀のために暗躍するなど立場として主人公側と敵対した者を指す。そのため必ずしもラスボス=悪という訳ではない(一部は兼任しているような者もいるが)。


  • オーロラドリーム・ディアマイフューチャー
    • 主人公 - 春音あいら(オーロラドリーム)、上葉みあ、(ディアマイフューチャー)
    • 主人公グループ - MARs(オーロラドリーム)、Prizmmy☆(ディアマイフューチャー)
    • ライバルグループ - せれのんSERENON*with*K(オーロラドリーム)、PURETTY(ディアマイフューチャー)
    • マスコット - ペアチアマスコット(オーロラドリーム)、ペアチャム(ディアマイフューチャー)
    • 男子アイドルユニット - Callings
    • 敵役 - 阿世知欽太郎(ディアマイフューチャー)
  • レインボーライブ・KING OF PRISM

※敵対組織に所属するキャラが敵役側ではあるが、レインボーライブ、KING OF PRISMの世界線では、主人公側とその敵対関係が大変複雑になっている。レインボーライブでは、始めは敵役だと思われていた蓮城寺べる率いるエーデルローズSチーム(後のベルローズ)が味方・ライバル枠になったり、レインボーライブでは敵対組織だったエーデルローズがKING OF PRISMでは主人公グループが所属する組織になっていたりする。


また各シリーズに共通して、赤井めが姉ぇというキャラクターが競技または各種システムの運営側の人物として登場する(容姿や役割は作品により少しずつ異なる)。


スターシステム

『アイドルタイムプリパラ』以降のアニメでは、過去のシリーズ作品の主人公などをベースにした人物が登場するスターシステムの形式で登場するキャラが存在する。


主たる例としては……

原典スターシステムでの登場
上葉みあ(プリティーリズム・ディアマイフューチャー)華園みあ(アイドルタイムプリパラ )
春音あいら(プリティーリズム・オーロラドリーム)七星あいら(キラッとプリ☆チャン)
彩瀬なる(プリティーリズム・レインボーライブ)幸瀬なる(キラッとプリ☆チャン)
夢川ゆい(アイドルタイムプリパラ )激川ゆい(キラッとプリ☆チャン)
真中らぁら(プリパラ)アイドルマスコットのらぁら(キラッとプリ☆チャン)

また『KING OF PRISM』では西園寺きらり・ゆらり(「声優」欄参照)を始め主人公以外のメインキャラクターに対してもスターシステムが採り入れられている場合がある。


声優

当シリーズでは複数作品に亘り出演している声優も多数いる。また、当シリーズの主題歌を複数担当しているi☆RisおよびRun Girls, Run!のメンバーは、いずれも全員メインキャラの声優を担当したことがある。

『プリパラ』以降は新人声優の登竜門的な性格をもつようになってきており、まだ経歴が浅い中で本シリーズでメイン級の役を初担当した後にラブライブ!シリーズ等の他の大手コンテンツまで活躍の場を広げたり各種アニメへの出演が増加したという声優も複数名現れている。


※RL/キンプリの項目に関して、RLから登場のキャラは太字で表示

プリリズAD/DMFRL/キンプリプリパラプリチャンプリマジアイプリ
阿澄佳奈春音あいら涼野鶴マイキャラ(フレッシュ、きりっと)七星あいら、マイキャラ(げんき)
大久保瑠美上葉みあ銭山恵香川いろは華園みあ、マイキャラ(クール)マイキャラ(つよき)
加藤英美里彩瀬なるマイキャラ(ピュア)幸瀬なる、マイキャラ(ピュア)
茜屋日海夏客3真中らぁら金森まりあ、クマ/らぁら
伊達朱里紗夢川ゆい激川ゆい
林鼓子鷹梁渚、鷹梁航ポォロロ桃山みらい
藤寺美徳御芽河あうる青空ひまり
原紗友里天宮りずむポップンフェミニ
榎あづさ高峰みおんヒロの母new
米澤円城之内セレナジェウン神浜奈津子ひめか、はなな
津田美波志々美かりんシュガー
佐倉綾音大瑠璃あやみりんねマイキャラ(クール)
三宅麻理恵ソミンまりあの母
宍戸留美天羽ジュネ緑川かの子
芹澤優福原あん南みれぃチュッペ赤城あんなひめめ
久保田未夢客5北条そふぃ、はな、ポワン萌黄えも
山北早紀客3東堂シオンプニコン歩堂デヴィ、キツネ、ハマちゃん、女の子、母親(OP曲「Chasing the dream」作詞)
澁谷梓希客4、西園寺きらりドロシー・ウェスト、ゆいの担任、ピツジ明日香ルゥ、イヌコ、イガちゃん、男の子
若井友希西園寺ゆらりレオナ・ウェスト、すず、パック緑川さら
山本希望クルンセシニ北条コスモ、香賀美大空北条コスモ
赤﨑千夏女の子Aファルルちゃん子
牧野由依黒須あろま婚田アナ、マイキャラ(こあくま)
渡部優衣トラチ白玉みかん
佐藤あずさ津山ミヨ緑風ふわりファララ・ア・ラーム
斎賀みつきシャイン紫京院ひびきメイ子、マイキャラ(かっこいい)、ソルル
田中美海真中のん/かのん/ぴのん/じゅのんラビリィ
大森日雅月川ちり、白川らんメルパン
山下七海太陽ペッパーうどん川こむぎキラッCHUマイキャラ(ふんわり)
大地葉十王院カケル(幼少期)虹色にの真実夜チィ
山田唯菜幸多みちるミズリー、ソレイユ
黒沢ともよガァララ・ス・リープマイキャラ(いきいき)
森嶋優花紫藤める柚鶏こずえ、ボルト、金野卵、コーデメイツ、スタッフ1
相良茉優ちあ子、女子生徒、風紀委員、女の子第九原ゆかり甘瓜みるき
鈴木杏奈心愛れもん二階堂タマキ
くまいもとこ春音いつき、ネコチ大和アレクサンダー(幼少期)
高山みなみヨンファ涼野結(小学生時代)
小林竜之池袋エィス三鷹アサヒ
土田玲央高瀬コヨイ、風紀委員、雪男(女)五月女レオン、アルマ
三森すずこセーラ白鳥アンジュハクッCHO
徳井青空ブリトニー黒川すず青葉ユヅル(小学生時代)三ツ葉アイリ
飯田里穂香田澄あまり星姉ぇ マイキャラ(まっすぐ)
和多田美咲オレンジガールズ四之宮リンリン
伊藤かな恵赤井めが姉ぇ神崎そなた(若い頃)、久里須かなめヘイン、オーロラドリームナレーション赤井めが姉ぇスタン、シンの母赤井めが姉ぇ赤井めが姉ぇめが姉ぇタテジマタントちゃん赤井めが姉ぇ
諏訪部順一シンの父赤井めが兄ぃめが兄ぃ
三宅健太ペンギン先生山田山夫ペンギン先生福原煎太郎、田中さん、プリズムショー協会会長タッキー、大神田川ババリオタッキー・ライス2
早水リサ阿世知今日子ラビチ福原百合子、G.o.d. III
日髙のり子春音おみ、ベアチ、ミョンジャ福原メアリー浦島時子
佐々木望春音ヒロシちりの父
佐久間レイ高峰あんならぁらのママ
大原さやか富樫かりなテツ姉ぇウンディーネ
乃村健次天宮龍太郎森園正まりあの父
千葉繁ドン・ボンビー/阿世知欽太郎蓮城寺行秀青葉ケンザブロウ
青山穣プロデューサー西園寺飛利歌ドロレオの父ダン・E・スミス
神代知衣荊千里/モモカメのかいちゃん
森久保祥太郎DJ.Coo/黒川冷MCアイムゥ
柚木涼香彩瀬詩夢輝姉妹の母
金光宣明銭山欽太郎宇津嶋肖造
久川綾太刀花節子ハナコ
緒方恵美大和ヴィクトリア、ドラチカンベ
武内駿輔大和アレクサンダーコガ先輩、アシカギャンブレル
小林千晃鷹梁潮御芽河祈瑠
坪井智浩みれぃの父輝姉妹の父
田中あいみミニファルル有元りんご
松野太紀のりおジェシカ・トロワ
荻野葉月女の子一るい、出場者、しらす母、スーマ、あめちゃんず等
麦穂あんなケロ〈犬〉、ヤギ、馬、アリ、ヘビ、カラス、腕肩仁子、ラジカセ、ヤギミケ、プリ子、四谷ミカ
奥野香耶竜滝れい子、音美あいす
永野愛理もなか
小原好美山根トシコぱたの
小清水亜美コンクリ糸満陽比野いわう
星乃葉月まりあの姉芋洗扇
興津和幸ミッキー二階堂陽比野道人
玄田哲章ふわりの祖父、映画『み〜んなでかがやけ!キラリン☆スターライブ!』のナレーションケンジントン
森田順平児玉専務めるパパ陽比野英吉

チーム対抗スペシャル大会

2018年12月29日から2019年2月28日まで、プリズムストーンで開催されたチーム投票。詳細はチーム対抗スペシャル大会を参照。


プリズムストーンオーディション

2019年12月26日から2020年2月29日まで、本シリーズのリアル店舗であるプリズムストーンで実施されていた投票企画。桃山みらい萌黄えも青葉りんかとペアを組ませたいキャラクターをそれぞれのチームの中から1人ずつ選出するもの。

今回も前回同様にプリティーシリーズの女子キャラクターを投票対象としているが、企画の都合で投票できるキャラクターは減らされている。なお、現行作であるキラッとプリ☆チャンはメインキャラクター全員対象であるが、チーム内でしかペアを組めるキャラを選出できないこともあり、えもあんのような人気コンビについては始めから組むことができない。


前回同様にプリズムストーンで投票する形となり、今回は最初から全国の店舗(※)で投票できるようになっている。投票用紙を貰える条件は前回同様に1会計税込500円以上。投票を成立させるには各チームから1人選ぶ(合計で3人を選ぶ)必要があり、選ばなかったチームがあったり、1チームで複数人選ぶと投票は無効になる。

中間発表は2月1日(速報は随時発表される予定)、結果発表は3月2日の予定。


1位になると新作衣装(による描き下ろし)と公式グッズがあるのは恒例。

結果はみらいチームが真中らぁら、えもチームがドロシー・ウェスト、りんかチームが黒須あろまがそれぞれ1位となった。


※原宿・東京駅・札幌・仙台・立川・静岡・松本・名古屋・梅田・三宮・高松・福岡。なお、投票期間中に立川店が閉店したほか、福岡店が一時閉店を経て移転している。


関連タグ

タカラトミー シンソフィア:発売元

小学館ぷっちぐみ):メディアパートナーのひとつ。漫画作品の連載誌。

テレビ東京:メディアパートナーのひとつ。アニメ作品の放映局。

エイベックス:シリーズの音楽制作の担当とCD/DVD/BDの発売元。


プリズムストーン キャラクターグッズ専門店

プリティーシリーズ関連曲一覧 プリティーシリーズの曲一覧

プリティーオールフレンズ プリティーシリーズのクロスオーバー企画

ハピプリバースデー プリティーシリーズの公式誕生日グッズ企画

プリティーシリーズコラボタグ一覧


ガールズ×戦士シリーズ:同じくタカラトミーによる女児向けコンテンツであり特撮作品。地上波では、いわゆる「1時間前の世界」にあたる。2018年冬(当時はプリティー側が『キラっとプリ☆チャン』でガールズ戦士側が『魔法×戦士マジマジョピュアーズ!』)以降コラボが毎年実施されている。


アイカツライバル会社発で長年の競合シリーズだったが、2022年に公式コラボ「ドリコラフェス」が開催された。pixivでのコラボタグはプリカツ!


ラブライブ!シリーズ:コンセプトが似た者同士。こちらもコラボ経験があるが、アイカツと比べると目立ったコラボは行っていない。


WACCA:「シリーズ10周年記念」としてコラボイベントが開催。『Make it!』『キラっとスタート』『ハート♡イロ♡トリドリ〜ム』の3曲が収録される他、先の2曲についてはHARDCORE_TANO*Cメンバーで、シリーズのファンであるDJ Genki氏、USAO氏によるRemixも登場する。ちなみに、本作にはKINGOFPRISMの楽曲『EZ DO DANCE』が収録されていたが、イベントの約2ヶ月前に削除されてしまっている。


ゾンビランドサガ:エイベックス繋がりのアイドルアニメ。一部キャストも関わっている、声優が豪華、性別年齢等関係ないというコンセプトが共通している。


ポールプリンセス!!:製作会社および一部のスタッフ・キャストが共通する作品。

関連記事

親記事

タカラトミーアーツ たからとみーあーつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3406944

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました