ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
プリズムストーン
4
「プリズムストーン」とはプリティーシリーズに登場するファッションブランド。

プリズムストーンとは、

  1. ふたりはプリキュア』『ふたりはプリキュアMaxHeart』に登場するハート型の宝石。
  2. アーケードゲーム『プリティーリズム』に登場するハート型のアイテム。
  3. プリティーシリーズ(上記のプリティーリズムのほか、プリパラキラッとプリ☆チャンワッチャプリマジ!を含む)で登場するブランド。および、これから発展した専門店。

本項目ではプリティーシリーズのブランドならびに実店舗について記述する。



概要

正式名称はPrism Stoneプリティーシリーズの初期から登場するブランドならびに店舗であり、作品ごとに微妙に立ち位置は変わっているが、基本的に主人公側のブランドであることは一貫して変わらない。店長は『ワッチャプリマジ!』を除いて赤井めが姉ぇで統一されているが、作品ごとにその性格は異なる。

プリパラにおいては単なる店ではない重要な場所であり、物語のメインとなるバーチャル空間「プリパラ」への入り口となっている。プリチャンにおいても本格的な撮影スタジオを併設しているなど、店としてだけでなくプリチャン配信を行っている人たちの拠点としての性格も併せ持っている。


姉妹ブランドとしてディアクラウン(Dear Crown)があり、こちらはプリティーリズム・ディアマイフューチャーから登場している。こちらもプリティーリズム時代は作中で店舗として存在していたが、プリパラでは一旦単なるブランド(月川ちりの使用ブランド)とされた。

キラッとプリ☆チャンでは再び店舗として登場するようになっており、同作では2期の序盤でオープンした際にプリズムストーンの客がディアクラウンに流れてしまいめが姉ぇがガチギレする一幕も。そして店長は意外な人物で…。


キャラクターグッズ専門店

東京駅店を事実上の本店とし、全国展開を行っているキャラクターグッズ専門店。2024年現在は直営が1店舗、フランチャイズ(FC)展開が6店舗である。一時期はディアクラウン名義の店舗もあったが、現在は閉店している。


2011年4月のプリティーリズム・オーロラドリームの放送開始に合わせて横浜ランドマークプラザ(横浜ランドマークタワーにある)に実店舗をオープンさせたのが始まり(2024年現在はこの店舗は現存しない)。当初はタカラトミーの子会社であったファッションブランド・ティンカーベルが運営していたことから、女児向けの服を売るアパレル店の性格が強く、急速に全国に店舗を増やしていった。当時のプレスリリースを見ると、かなり盛り上がりを見せていたのがわかる。

しかし、後にアイカツ!が競合として稼働し始めた影響でシリーズが一時低迷すると店舗数を大きく減らしていき、レインボーライブ末期には数店舗が残るのみとなった。


展開がプリパラに移った段階ではティンカーベルが売却されて運営がタカラトミーアーツに移管されたことから、店舗の性格が大きく変化。キャラクターグッズを中心としたアニメショップ的な内容に大きく様変わりした。また、店舗も文教堂のFCに順次転換され、原宿店を除いてアニメガの1コーナー扱いとなった。

その後は東京駅の東京キャラクターストリートに出店を果たし、再び拡大を見せるようになっている。また、タツノコプロのオンラインショップ内にウェブショップを開設し、通信販売を行うようになった。


プリティーシリーズの専門店ということもあり、稼働終了した過去作を遊べる貴重な場所にもなっていた。

プリパラの筐体は各店舗に存在し、プリティーリズムは東京駅店のみに存在する。プリリズに関してはプレイしても新規のストーンは入手できず、出てきたストーンは店員に返却する仕組みとなっている(代わりにお土産としてポストカードを貰える)。

ちなみにプリパラ稼働終了直後は原宿店のみで稼働していたため、連日列ができるほどの賑わいを見せていた。


なお、残念ながらプリチャンが遊べる店舗は存在しない。これはプリチャンの仕様上の問題であり、データがサーバーに保存される形式なのでそれが消滅した現在は稼働できないため。2024年春には東京駅店でのプリティーリズムとプリパラも稼働終了となり、プリマジも全国での稼働終了と同時にプリズムストーンでも遊べなくなる(プリチャンと同じ原理)為、過去作で遊ぶ事はできなくなった。


リアル店舗ということでコロナ禍の影響を受けたのか、2020年以降は再び店舗数が減少。

そして2023年にはプリリズRL期より長年にわたってメインの店舗だった原宿店が閉店という事態となってしまい、惜しむ声が多く聞かれた。

その後は東京駅店が事実上の本店のような存在となっている。


現存の店舗


タカラトミーアーツ直営


ソフマップ(アニメガ×ソフマップ)FC。2019年10月31日まで(実際に営業していたのは10月28日まで)は文教堂(アニメガ)FCであった。

  • 仙台店(アニメガ×ソフマップ仙台駅前店)
    • もともとは仙台ロフトのアニメガで営業していたが、2019年8月に閉店(プリチャン筐体は宮城県登米市にある石ノ森章太郎ふるさと記念館で企画展開催のため移動)。アニメガ自体は2019年11月1日にソフマップに移管された上でイービーンズにオープンしたが、プリズムストーンは少し遅れること23日にオープンした。
  • 名古屋店(アニメガ×ソフマップ名古屋駅西店)
    • もともとは丸栄にあったアニメガで営業していたが、2018年6月に丸栄自体が閉店したため、プリズムストーンも同時に閉店となった(プリチャン・プリティーリズム筐体は松本店に移動)。後継店舗が無かったため、三大都市圏でありながらプリティーシリーズのグッズを購入するのが困難な状況が1年以上も続くことになった。ソフマップ移管後の2019年12月13日に復活。
  • なんば店(アニメガ×ソフマップなんば店)
    • 元々は心斎橋OPAのアニメガで営業していたが、2019年4月に梅田ロフトに移転。さらに2020年3月になんばのアニメガ×ソフマップに移転。
    • 心斎橋にAMO CAFE心斎橋店があることから、連動展開が実施されることがある。
  • 神戸店(アニメガ×ソフマップ神戸ハーバーランド店)
    • 元々は三宮センタープラザのアニメガで営業していたが、2020年5月に神戸ハーバーランド・umieに移転した。なお、プリチャン限定会員証は移転後も三宮表記のままである。
  • 福岡店(アニメガ×ソフマップ天神1号館)※
    • 直営店舗時代は岩田屋で営業していた。その後2015年に福岡パルコのアニメガに移転。2020年1月10日で閉店し、同月24日からソフマップ天神1号館に移転。


閉店した店舗

※2020年4月時点で存在した店舗のみ


直営店

  • 原宿店(パルク表参道1F)
    • プリズムストーンの中では唯一定休日があり、火曜日が定休日となっていた。ただし、GW・夏休み・冬休み期間や、火曜日と祝日が重なった場合はこの限りではない。
    • 真中らぁら夢川ゆいの等身大フィギュアが設置されている。らぁらは東京駅店から移設されたものであった。
    • 2階にはAMO CAFE原宿店があり、「プリズムストーンカフェ」としてプリティーシリーズ専属コラボカフェとなっていた。

文教堂FC(※は直営店舗から移転・転換) ※2020年7月12日終了

  • 札幌店(文教堂 新札幌DUO店)※
    • 直営店舗時代はさっぽろ東急百貨店で営業していた。当初は札幌パルコのアニメガに併設されていたが、2019年5月に閉店したため、現在の新札幌に移転。
  • 松本店(文教堂 松本店)
    • オープン時はドリームチーム選抜総選挙(後述)で結成されたま~ぶるみらぁのんずのグッズの先行販売が実施された。

ソフマップFC

  • 高松店(アニメガ×ソフマップ高松店)
    • プリパラ再稼働時のプリズムストーン先行稼働は高松店からスタートした。おそらく他都市からアクセスが悪いためだったと思われる。先行稼働で仕様に重大な欠陥が判明し、結果として被害を最小限に抑えることになった。
  • 静岡店(アニメガ×ソフマップ静岡店)

投票イベント

プリズムストーンで開催された投票イベントとして以下の3回がある。


関連項目

プリティーシリーズ



タカラトミーアーツ タツノコプロ

だいあぱん とっても人気プリチャンぬいぐるみ


外部リンク

プリズムストーンとは、

  1. ふたりはプリキュア』『ふたりはプリキュアMaxHeart』に登場するハート型の宝石。
  2. アーケードゲーム『プリティーリズム』に登場するハート型のアイテム。
  3. プリティーシリーズ(上記のプリティーリズムのほか、プリパラキラッとプリ☆チャンワッチャプリマジ!を含む)で登場するブランド。および、これから発展した専門店。

本項目ではプリティーシリーズのブランドならびに実店舗について記述する。



概要

正式名称はPrism Stoneプリティーシリーズの初期から登場するブランドならびに店舗であり、作品ごとに微妙に立ち位置は変わっているが、基本的に主人公側のブランドであることは一貫して変わらない。店長は『ワッチャプリマジ!』を除いて赤井めが姉ぇで統一されているが、作品ごとにその性格は異なる。

プリパラにおいては単なる店ではない重要な場所であり、物語のメインとなるバーチャル空間「プリパラ」への入り口となっている。プリチャンにおいても本格的な撮影スタジオを併設しているなど、店としてだけでなくプリチャン配信を行っている人たちの拠点としての性格も併せ持っている。


姉妹ブランドとしてディアクラウン(Dear Crown)があり、こちらはプリティーリズム・ディアマイフューチャーから登場している。こちらもプリティーリズム時代は作中で店舗として存在していたが、プリパラでは一旦単なるブランド(月川ちりの使用ブランド)とされた。

キラッとプリ☆チャンでは再び店舗として登場するようになっており、同作では2期の序盤でオープンした際にプリズムストーンの客がディアクラウンに流れてしまいめが姉ぇがガチギレする一幕も。そして店長は意外な人物で…。


キャラクターグッズ専門店

東京駅店を事実上の本店とし、全国展開を行っているキャラクターグッズ専門店。2024年現在は直営が1店舗、フランチャイズ(FC)展開が6店舗である。一時期はディアクラウン名義の店舗もあったが、現在は閉店している。


2011年4月のプリティーリズム・オーロラドリームの放送開始に合わせて横浜ランドマークプラザ(横浜ランドマークタワーにある)に実店舗をオープンさせたのが始まり(2024年現在はこの店舗は現存しない)。当初はタカラトミーの子会社であったファッションブランド・ティンカーベルが運営していたことから、女児向けの服を売るアパレル店の性格が強く、急速に全国に店舗を増やしていった。当時のプレスリリースを見ると、かなり盛り上がりを見せていたのがわかる。

しかし、後にアイカツ!が競合として稼働し始めた影響でシリーズが一時低迷すると店舗数を大きく減らしていき、レインボーライブ末期には数店舗が残るのみとなった。


展開がプリパラに移った段階ではティンカーベルが売却されて運営がタカラトミーアーツに移管されたことから、店舗の性格が大きく変化。キャラクターグッズを中心としたアニメショップ的な内容に大きく様変わりした。また、店舗も文教堂のFCに順次転換され、原宿店を除いてアニメガの1コーナー扱いとなった。

その後は東京駅の東京キャラクターストリートに出店を果たし、再び拡大を見せるようになっている。また、タツノコプロのオンラインショップ内にウェブショップを開設し、通信販売を行うようになった。


プリティーシリーズの専門店ということもあり、稼働終了した過去作を遊べる貴重な場所にもなっていた。

プリパラの筐体は各店舗に存在し、プリティーリズムは東京駅店のみに存在する。プリリズに関してはプレイしても新規のストーンは入手できず、出てきたストーンは店員に返却する仕組みとなっている(代わりにお土産としてポストカードを貰える)。

ちなみにプリパラ稼働終了直後は原宿店のみで稼働していたため、連日列ができるほどの賑わいを見せていた。


なお、残念ながらプリチャンが遊べる店舗は存在しない。これはプリチャンの仕様上の問題であり、データがサーバーに保存される形式なのでそれが消滅した現在は稼働できないため。2024年春には東京駅店でのプリティーリズムとプリパラも稼働終了となり、プリマジも全国での稼働終了と同時にプリズムストーンでも遊べなくなる(プリチャンと同じ原理)為、過去作で遊ぶ事はできなくなった。


リアル店舗ということでコロナ禍の影響を受けたのか、2020年以降は再び店舗数が減少。

そして2023年にはプリリズRL期より長年にわたってメインの店舗だった原宿店が閉店という事態となってしまい、惜しむ声が多く聞かれた。

その後は東京駅店が事実上の本店のような存在となっている。


現存の店舗


タカラトミーアーツ直営


ソフマップ(アニメガ×ソフマップ)FC。2019年10月31日まで(実際に営業していたのは10月28日まで)は文教堂(アニメガ)FCであった。

  • 仙台店(アニメガ×ソフマップ仙台駅前店)
    • もともとは仙台ロフトのアニメガで営業していたが、2019年8月に閉店(プリチャン筐体は宮城県登米市にある石ノ森章太郎ふるさと記念館で企画展開催のため移動)。アニメガ自体は2019年11月1日にソフマップに移管された上でイービーンズにオープンしたが、プリズムストーンは少し遅れること23日にオープンした。
  • 名古屋店(アニメガ×ソフマップ名古屋駅西店)
    • もともとは丸栄にあったアニメガで営業していたが、2018年6月に丸栄自体が閉店したため、プリズムストーンも同時に閉店となった(プリチャン・プリティーリズム筐体は松本店に移動)。後継店舗が無かったため、三大都市圏でありながらプリティーシリーズのグッズを購入するのが困難な状況が1年以上も続くことになった。ソフマップ移管後の2019年12月13日に復活。
  • なんば店(アニメガ×ソフマップなんば店)
    • 元々は心斎橋OPAのアニメガで営業していたが、2019年4月に梅田ロフトに移転。さらに2020年3月になんばのアニメガ×ソフマップに移転。
    • 心斎橋にAMO CAFE心斎橋店があることから、連動展開が実施されることがある。
  • 神戸店(アニメガ×ソフマップ神戸ハーバーランド店)
    • 元々は三宮センタープラザのアニメガで営業していたが、2020年5月に神戸ハーバーランド・umieに移転した。なお、プリチャン限定会員証は移転後も三宮表記のままである。
  • 福岡店(アニメガ×ソフマップ天神1号館)※
    • 直営店舗時代は岩田屋で営業していた。その後2015年に福岡パルコのアニメガに移転。2020年1月10日で閉店し、同月24日からソフマップ天神1号館に移転。


閉店した店舗

※2020年4月時点で存在した店舗のみ


直営店

  • 原宿店(パルク表参道1F)
    • プリズムストーンの中では唯一定休日があり、火曜日が定休日となっていた。ただし、GW・夏休み・冬休み期間や、火曜日と祝日が重なった場合はこの限りではない。
    • 真中らぁら夢川ゆいの等身大フィギュアが設置されている。らぁらは東京駅店から移設されたものであった。
    • 2階にはAMO CAFE原宿店があり、「プリズムストーンカフェ」としてプリティーシリーズ専属コラボカフェとなっていた。

文教堂FC(※は直営店舗から移転・転換) ※2020年7月12日終了

  • 札幌店(文教堂 新札幌DUO店)※
    • 直営店舗時代はさっぽろ東急百貨店で営業していた。当初は札幌パルコのアニメガに併設されていたが、2019年5月に閉店したため、現在の新札幌に移転。
  • 松本店(文教堂 松本店)
    • オープン時はドリームチーム選抜総選挙(後述)で結成されたま~ぶるみらぁのんずのグッズの先行販売が実施された。

ソフマップFC

  • 高松店(アニメガ×ソフマップ高松店)
    • プリパラ再稼働時のプリズムストーン先行稼働は高松店からスタートした。おそらく他都市からアクセスが悪いためだったと思われる。先行稼働で仕様に重大な欠陥が判明し、結果として被害を最小限に抑えることになった。
  • 静岡店(アニメガ×ソフマップ静岡店)

投票イベント

プリズムストーンで開催された投票イベントとして以下の3回がある。


外部リンク

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    原作:荒瀬ヤヒロ/漫画:晴田 巡

    読む
  2. 2

    餅田むぅ

    読む
  3. 3

    著者:湯瀬ライム,原作:杓子ねこ,キャラクター原案:NiKrome

    読む

pixivision

カテゴリー