ピクシブ百科事典

ガァルマゲドン

がぁるまげどん

『プリパラ』に登場するアイドルユニット。
目次[非表示]

概要


第82話より登場。正式表記は「Gaarmageddon」
メインキャラのユニットチームでは、最初にボーカルドールが所属したチームである(後にトリコロールも登場した)。また主要ユニットで唯一81プロデュースの声優(他のユニットは1~3人はいる)が不在。

あろまがガァルルの個性を気に入りアロマゲドンに招き入れた、天使と悪魔に加え、怪獣のイメージのアイドルで結成されたトリオユニット。
マネージャーは引き続きネコ
他のチームと異なり、ライブ時のコーデは(各人のブランドに加え)あろま考案の専用ブランド「LOVE DEVI」を使用している。

そんな3人の初仕事は、セレパラから客を奪うべく、ひびきがセレパラ客へ用意した山積みのチョコレートを食べつくすというもの。
アロマゲドンの当初の立ち位置が立ち位置なのもあるが、本来主人公サイドがライバルサイドにやることではない作戦である。
3人はその後もちょこちょこイタズラをしており、怪獣ガァジラも召喚している。そしてオチとして何らかの制裁(大体はプリパラの後始末)を受けるのが半ばお約束となっている。

その回では3人揃ってのライブはせず、マイクパフォーマンスとメイキングドラマでの共演に留まった。その為視聴者視点ではドリームシアター時のような一回限りの即席チームと思われたが、2ndシーズンのラストでファルル3がプリパリに旅立つ中ガァルルのみ自らの意思でパラ宿に残留。
このこともあり、3rdシーズンからガァルマゲドン単位での活動が決定された。

なお、ガァルルがボーカルドールという特性上チーム結成の儀式は行われていなかった(儀式に必要なパキりが不可であると思われたため)。
儀式無しでも公式チームとして活動できていると思われていたが、第104話の神チャレンジライブにガァルルは参加できていなかった。
ガァルルにはドロシーや後のひびきと違い下心の類が無かったためもしやとの予想はされていたが、やはりガァルマゲドンは儀式をしていない事が原因でプリパラのシステムに疑似チーム扱いされていた事が続く105話にて判明する。
3人は神アイドルグランプリに出場するべく、チーム結成の儀式を行う事に(一応儀式はしなくてもこのチームのようにライブ自体は可能なのだが、神アイドルグランプリへは儀式をして正式チームを組まないと出場できない)。

しかしボーカルドールである為、ガァルルが結成儀式でパキろうとするのにユニコンは大反対し当然あろまとみかんも倒れる可能性を危惧するが、絶対に倒れないというガァルルを信じ儀式を執り行おうとする。
事態を聞きつけたマスコットのネコやファルルの事件を身をもって知っているらぁら達も反対し、大急ぎで制止へと動き、ユニコンとファルルもパラ宿へと訪れた。
しかし一同が追いつくと3人は儀式を行おうとしていて、成されたやり取りから3人が強い絆で結ばれている事を知ったらぁら達はあえて止めるのをやめる。
ガァルルは自分のプリチケをパキり、ガァルルは一度は倒れるも、そのまま眠る事はなく無事に起きあがったのであった。
パキれた理由の程は不明だが、ガァルルが強い意志で持ちこたえた事や元から感情豊かだった事に加え、めが兄ぃ曰く既にあろま、みかんと強い友情で結ばれているからというのが主な理由となったようだ。

こうしてガァルマゲドンは正式なチームになり、その後初の3人専用楽曲「アメイジング・キャッスル」でライブを行った。
ガァルルのSCRも手に入りこれで一件落着と思いきや、第105話のガァルマゲドンライブ後ジュルルが観客達に目撃された事でまたもやアクシデントが発生した。
存在が公になったジュルルをプリパリに預かろうとしたプリパリめが兄ぃを妨害した3人はチーム解散を宣告され、ユニットとして最後のつもりで地下パラを使いライブに臨む。結果的にそれがジュリィに認められ不戦勝の形で神アイドルグランプリを制した事で、チームの解散は撤回され今度こそ一件落着になった。

余談だが、神アイドルグランプリ優勝後は3人のデフォルト衣装が各ブランドのサイリウムコーデ(ガァルルは色違い)に変更された。これまでサイリウムコーデがデフォルトだったのはソラミスマイルドレッシングパフェのメイン6人のみであったため、3人のメイン昇格を何気に意味していたりする。
メインターゲットである女児からはアロマゲドン時代から人気が高く、第107話ではメタ的な視点でネコからも明言されている。

神アイドルグランプリファイナルでは、ドレッシングパフェにシン・ガァジラで挑むも敗北。結果はベスト6となった。


アイドルタイムプリパラでは

2017年5月30日に登場が正式発表され、14話から本格参戦。ダブル主人公の一人であるらぁらを除いた旧キャラと違い、ほぼ毎回登場するレギュラーキャラとして扱われている。
パラ宿が舞台となった13話にて他のアイドル達と共に再登場し、その際メカ姉ぇを召喚したことが元でパラ宿のプリパラが大破したため、パラ宿プリパラを追放されペナルティー兼らぁらのサポートとしてパパラ宿に送りこまれたのだった(ゆいはパラ宿プリパラの爆発を夢と必死に思い込んだが、あろまとみかんの制服姿で現実をぶつけられた)。

あろまとみかんはアボカド学園に転入し、これが幸多みちるがプリパラデビューさせられたそもそもの原因になっている。年上のみちるを「小悪魔」として配下につけ、学園内では彼女を振り回しつつ、マイ☆ドリームの結成や退学危機の一件を経て対等に近い関係になっていった。
40話ではパラ宿プリパラに変装して潜入するも、正体がバレて逃亡している。
最終回(51話)では追放が解除されたことに伴ってパラ宿に戻ることを決め、別れを惜しむみちるを小悪魔ではなく眷属と見なし「契約はしなくても心の糸で繋がっている」と励ました。
この際みちるにはガァルマゲドンの指人形が贈られており、3人がパパラ宿を去った後の彼女の側に置かれている。

ゲームではタイム5弾後半から、エスコートキャラとしても登板している。

楽曲

曲名作詞作曲編曲
アメイジング・キャッスル松井洋平桑原聖酒井拓也
夏休みまるっと楽しむ計画三重野瞳菅原幸枝菅原幸枝


余談

このユニットのメンバー(中の人)全員は、とびっきりのクソアニメに何らかの形で関わっている。
黒須あろま白玉みかん…第1話~第6話・第12話AパートED、挿入歌を担当。
ガァルル…第2話Aパート魔法使い役。

関連イラスト

ガァルマゲドン結成
ラブデビ!


あめいじんぐきゃっと
ガァルルと給食



関連タグ

プリパラ アイドルタイムプリパラ
ソラミスマイル ドレッシングパフェ
トライアングル ピンクアクトレス
トリコロール
ノンシュガー
マイ☆ドリーム
ニコニコ版

pixivに投稿された作品 pixivで「ガァルマゲドン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 554385

コメント