ピクシブ百科事典

ポプ子

くそまんがおよびくそあにめのみじかいほう

大川ぶくぶ原作の漫画『ポプテピピック』の短いほう。
目次[非表示]

竹書房ゥァア゛ーッ!!
さてはアンチだなオメー

CV:(後述)

概要

短いほう。キングレコードにハシゴを外された。

自称「どこにでもいる14歳の中学二゛年゛生゛ェ゛!」(作中ではを飲んだり煙草を吹かしたりを運転したりしているが気にしてはいけない)。主な呼び名は「ポプちゃん」「ぽぷちん」「行動力の化身」など…。

2~3等身のズングリした体型で、ピピ美より頭一つ分ほど小さい。
髪および瞳の色は金(もしくはオレンジ)色で、黄色シュシュツインテールにしている。本人曰く「おてんばガールボブ」らしい。
特にネタ内での理由がない限り、ピピ美と同じセーラー服を着用している。

「ポプ子」というTwitterアカウントを持っており(ユーザー名は「@popko_Mandrake」。ちなみに実際のTwitterでそのアカウントにアクセスするとポプ子が煽る画像が見られる)、ツイートのリツイート数とお気に入り数が1万を越えていることから、フォロワー数の多さが窺える。

素行が悪く、口も汚く、他人を煽ることが大好き。しかし逆に自分が煽られるとキレる上、真っ先に暴力に走るなど気性の荒いところがあり、ピピ美がブレーキ役を務める場面も珍しくない。
(つまり煽り耐性が壊滅的に低すぎる)

ッゾオラ――――ン‼ア゛ォ゛ア゛ー‼

自分とピピ美以外のほぼ全てのものに敵愾心を持っており、落雷鳩時計BGMなど、とにかく癇に障れば手当たり次第に牙を剥く。
とりわけにわかウェイ系に厳しい傾向にある。中でもサブカルクソ女は超が付くほど嫌いで、常に邪険に扱っている。
また、本作の出版元である竹書房に対しても尋常でない憎悪を抱いており、打ち切りを宣告される度に理不尽にビルを破壊し、「単行本を出せ」という恫喝が無視された際には会社の看板にマジックで「指定暴力団」と書き込んでから警察に通報した

もしもしポリスメン?

一方で、いつも一緒にいるピピ美にこうした粗暴な言動が向けられることはなく、むしろ彼女が肯定する事象は概ね肯定している。

好きなセリフは「今日も一日がんばるぞい!」。「パロネタ禁止」という話が出ると「でも『がんばるぞい』だけは言わせてくれ」と口に出す。

声優

話数名前備考
第1話Aパート 江原正士作者の「リクエスト
第1話Bパート
  • anコラボCM Bパート
三ツ矢雄二
第2話Aパート 悠木碧
第2話Bパート
  • バクレツモンスター
古川登志夫
第3話Aパート 小松未可子唯一事前発表されたキャスト
第3話Bパート
  • ポプテピ記念 Bパート
中尾隆聖
第4話Aパート日笠陽子
第4話Bパート玄田哲章
第5話Aパート金田朋子
第5話Bパート 中村悠一
第6話Aパート三瓶由布子
第6話Bパート下野紘
第7話Aパートこおろぎさとみ
第7話Bパート森久保祥太郎
第8話Aパート諸星すみれ
第8話Bパート小野坂昌也
第9話Aパート中村繪里子
第9話Bパート斉藤壮馬
第10話Aパート
  • バクレツモンスター
徳井青空
第10話Bパート
  • バクレツモンスター
小山力也
第11話Aパート水樹奈々
第11話Bパート郷田ほづみ
第12話Aパート小山茉美
第12話Bパート速水奨
AC部パート板倉俊介第7話Bパートではピピ美を担当
JAPON MiGNONFanny Blocフランス女優
POP TEAM 8BIT(第5話)株式会社アクエストゆっくり実況プレイ
ED・挿入歌
  • 女声(1~6・12話)
牧野由依
ED・挿入歌
  • 男声(1~6話)
赤羽根健治
ED・挿入歌
  • 女声(8〜12話)
五十嵐裕美
ED・挿入歌
  • 男声(8〜12話)
増田俊樹
特別映像高田憂希
ニンジャバットマンCM山寺宏一
竹書房クエスト Aパート潘めぐみ
竹書房クエスト Bパート堀内賢雄


一通り見ると分かるが、CVの半分以上が男性である。

余談

  • 「がんばるぞい」ネタに関しては『NEW GAME!』側も当然知っているようだが、黙認(?)している。
    • 参考:『NEW GAME!』原作者・得能正太郎氏のTwitter公式アカウントよりツイートその1その2(ツイート日時はアニメ版第3話放映翌朝)



  • 第2話のBパートポプ子担当だった古川登志夫は、この作品を「俳優教育、声優教育に一石を投じるコンテンツにも思える」と、俳優教育や演技論の面から高く評価し、度々ツイッターにてポプテピピックというコンテンツの価値の高さを語っている。また、ポプ子はかなりお気に入りのキャラクターとなったようで、直筆のポプ子のイラストを載せたりポプ子のグッズを多数コレクションしている。

  • またアニメの反響の大きさ故に、「大御所なんだからこんなクソアニメに出演なんて仕事選べよ」という不躾な意見を多数寄せられた事に、気遣いに感謝すると言及したうえで「冗談じゃない。声優の仕事はマネージャーが頭を下げて取ってきてもらえるものだから選ぶなんてとんでもない!」とレジェンド声優としての立場から苦言を呈するほど、他のアニメ同様にポプテピピックにも真摯に向き合っている事が伺える。

  • 第4話では、アメリカ映画『クール・ランニング』のパロディシーンがあるが、Bパート担当の玄田氏は吹き替え版にメインで出演している。

  • 第5話では、偶然かAパートBパートそれぞれのコンビが「とも&ゆう」の組み合わせになった。特にBパートのコンビは奇しくも「アニメ! アニメ!」にて実施された声優予想アンケートで1位を獲得した組み合わせであるが、製作側が意識していたかは不明。
    • 第6話Bパートのコンビは上記のアンケートでは19位。


関連タグ

ポプテピピック ピピ美

pixivに投稿された作品 pixivで「ポプ子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11881979

コメント