ピクシブ百科事典

遠坂時臣

とおさかときおみ

遠坂時臣とは、『Fate/Staynight』及び『Fate/Zero』の登場人物。
目次[非表示]

…この戦い、我々の勝利だ…

プロフィール

誕生日6月16日
星座双子座
血液型O型
身長177cm
体重68kg
イメージカラー深紅
特技チェス
好きなものティータイム
苦手なもの反則攻撃、不慮の事態
天敵アイリスフィール・フォン・アインツベルン
CV 辻谷耕史(アニメ『Fate/staynight』)/速水奨(アニメ『Fate/Zero』以降)


概要

聖杯戦争を創った御三家の一角「遠坂家」の五代目当主で、第四次聖杯戦争おけるアーチャーのマスター。非常に(「Fate(TYPE-MOON)」の世界における)魔術師然とした人物であり、由緒正しき魔術師として根源到達を目指すべく聖杯戦争に臨む。

略歴

元々魔術師としてはさほど才覚豊かな人物と言うわけではなく、歴代の遠坂の中でも凡庸な人物であった。しかし、その克己と自律は強固なもので、必要とされる数倍の修練と幾重もの備えをもって事に当たり、常に結果を出してきた。家訓「常に優雅たれ」に忠実な人物でそれを実践しているが、その一方で遠坂家特有の「うっかり」もしっかり持ち合わせている。

また先代と共に商才に恵まれた人物でもあり、冬木市のセカンドオーナーとして霊脈の要衝として押さえていた土地を積極的に商業用地として貸し付け、行き届いた霊脈管理によって悪運・災難・霊障の類から守られた事業はことごとく成功し、莫大なテナント料を手にしている。この他にも協会に「魔術を簡略化する魔術式」の特許を登録しており、定期的にその特許料が遠坂家に入ってきている。

ただし、遠坂家伝来の宝石魔術は筋金入りの金食い魔術であるため、1~2世代でここまで稼いでも、堅実な地主である臓硯が長く管理している間桐の方が財政状態は安定しているらしい(逆に言うとここまで稼がないと魔術系統を維持できない。宝石魔術恐るべし)。そのため、遠坂家の跡継ぎは先代の資産を食い潰す前に魔術師として大成し、次の代への資金をためる義務がある。

時臣もその義務を十分に果たしていたはずであったが、あまりに早い死によって跡継ぎの凛に受け継がれるはずだった財産の大部分であるテナント料は、彼女の後見人のずさんな管理によって、重要な土地が殆ど人手に渡ってしまうこととなる。その後も魔術式の特許料は毎月入るため凛の大事な収入源となっているが、天才と呼ばれた時臣の魔術式とはいえいかんせん凛の世代では時代遅れになりつつあるようだ。それでも時臣含め歴代の遠坂家当主が積み上げてきた魔術特許の収入は年間数千万円に及ぶが、やはり宝石魔術の出費は大きく凛の代では遠坂家は資金難に陥ってしまう。

人物

狡猾さ、非情さを持ち合わせた魔術師然とした人物でありながら魔術師としては珍しく父親としての愛情も深く持っており、二人の娘が余りに稀有な資質の持ち主であることから「魔術師としての生しか選べないであろう」事に苦悩していた。
(なお、時臣自身は、先代から家督を嗣ぐか否かの「選択の余地」を与えられたことを「父からの最大の贈り物」と捉えており、自身の娘達にも同様の宝を与えてやれたならと切に願う。)
呪いにも等しい才を持って生まれた娘達には、魔導を修めさせる以外に生き延びる道はなく、一子相伝の魔術師社会において、遠坂家の加護を与えられる後継者は一人のみである。
後継者になれ無かった場合、魔術から遠ざけられ一介の人間として生きる事になるのだが、魔術師として希少な能力を生まれ持ったがゆえに桜にはそれが許されず、いずれ魔術協会に保護又は拉致され、研究用のホルマリン漬けの標本にされる未来しかない事を恐れていた。そんな時に同盟関係にある間桐家から養子の申し入れがあった、時臣は事を天恵とし、「それぞれが自らの人生を切り拓いていける」手段を得るため、養子に出す事にした。

これは遠坂と間桐の間に古くから同盟関係が有り、「後継者が途絶えた場合は互いに養子を出す」という取り決めに従ったものでもある。加えて、桜の属性は極めて稀な「架空元素・虚数」という、遠坂の魔術にとっては完全に専門外のものであり、時臣にも虚数属性の魔術など教えようがなかった点も関係する。養子に出すにしても、そもそも虚数元素などという封印指定モノを扱う家系など時臣にアテなどあるはずもなく、その点では間桐の提案は天恵であったという。
だが、間桐の思惑は遥かに惨いものだった。虚数という希少な桜の才能は全く活かされず無理やり水属性に染められたうえでまともな魔術の教育はされなかったばかりか、そもそも臓硯としては60年後の聖杯戦争を見据えた胎盤としての運用のみを求めていた事など、桜を魔術師として育てあげるという目的からは完全に程遠いものだったのだ。

一応は他には桜の魔術回路を完全に潰して(但し、重篤な後遺症の可能性がある。魔術回路は例えるなら内臓に直結しているようなもの)凡人にしてしまうという選択も無いではないが、親のエゴだけで幼い子供の才能や可能性を完全に潰してしまうような選択など、選べるはずもなかった。
それでも父として魔術師として桜の未来を想って取った行動が、桜自身にとっては不幸・理不尽でしかなかったというのは救われぬ話である。

ただし、将来的に根源を求めて姉妹で相い争うこととなり、どちらが勝者となっても、娘たちとその末裔は幸福であると断言するあたりや、間桐の魔術を嫌って逃げ出した雁夜の事を無責任で卑怯な人間と断言するあたりや、キャスター暴走の際に市民の命よりも魔術の秘匿を心配するあたりからは、あくまで魔術師としての価値観で生きている事が伺い知れる。

能力

研鑽の末時計塔でも一目置かれている魔術師となっており、作中でも(目立たないところで)卓抜した技能を見せる。魔術属性は炎(ちなみに最もノーマル、つまり平凡な属性である)、起源は不明。

魔術礼装は時臣が生涯をかけて練成してきた魔力が封入された特大のルビーで、樫材のステッキの握りの部分に象嵌されている。ちなみに宝石は使い捨てではない様子。

今回の聖杯戦争には監督役である言峰璃正とも通じ、アサシンのマスターである言峰綺礼幕下に加えるなど幾重にも策謀を巡らせた上、英雄王をサーヴァントとして召喚し、満を持して臨む。『英雄王ギルガメッシュ』には掛け値なしの敬意を払っているが、その写し身にすぎない『アーチャーのサーヴァント』としてのギルガメッシュには偶像と同列の存在であり、それなりの敬意を払うものの自身の目的を達成させるための道具として見なす、という徹底した魔術師の対応をしていた。

末路

上記のとおり、監督役の言峰璃正、アサシンのマスター言峰綺礼と手を組み、英雄王ギルガメッシュを召喚するなど、万全の状態で聖杯戦争に挑む。また、真っ当な魔術師であるが故に魔術師としての誇りを持たない衛宮切嗣や、本来は聖杯戦争は秘匿に行われるのに、キャスターと共に子供を誘拐して生贄とするという、目立った行動を取る雨生龍之介などに憤りを覚えている。
しかし、自分のサーヴァントであるギルガメッシュは"魔術師として真っ当すぎる"時臣を『ひどく退屈な男』と酷評しており、むしろ時臣の弟子であり神父であるのに、己のあり方に苦悩し自分の「生まれついての空虚」という性質(実は邪悪、ただ冬木の大災害を見る前彼は自分に気づかない)に戸惑している言峰綺礼に興味を抱く。
時臣はセイバー陣営に同盟を申し込むも、その2つの条件のうちの1つとして、聖杯戦争終了まで言峰綺礼を国外撤去させることになり、綺礼は冬木市を離れることになる…はずだった。
ギルガメッシュに説得されるうちに綺礼は吹っ切れ、時臣は綺礼に渡した魔術礼装の「アゾット剣」で背中から刺され、大量出血により死亡した。この時はギルガメッシュも傍らで見るがままであり、直後に綺礼とギルガメッシュは同盟的な契約を以て新たな陣営となった。自分の弟子とサーヴァントに裏切られるという、悲惨な最期とも言えよう。

人間関係

アーチャー ・・・ 時臣のサーヴァント。歴史上偉大なあの英雄王なので謙った言動をとっている。だが正当な魔術師の誇りを貫き通し、根源への鍵として英霊を切り捨てることが目に見えていた時臣は、異質なものをこそ興味の目当てとしていたギルガメッシュにとってはつまらぬ男だと切り捨てて然るべきだった。

遠坂葵 ・・・ 妻。娘ともども開戦前に実家へ避難させた。時臣が魔術師らしい価値観の持ち主であることを充分に理解し、その上で夫を盲愛している。旧姓は「禅城」といい、魔術師ではないものの、その血統に眠る才能を最大限に引き出す特質を持つ一族。凛と桜が規格外の才能を持って生まれてきたのは、彼女の血統による影響である。

遠坂凛 ・・・ 長女。開戦前に妻の実家へ避難させた。Zero時点ではまだ時臣に娘に対する甘さがあった為、幼い凛にとって父時臣は敬愛すべき偉大な魔術師であり、母と違いその理念から来る冷酷さといった人格の負の側面を理解するには至っていない。魔術の本格的な修行に入るころに時臣が存命であればそれを理解し、非人間性に反発して魔術を忌避するようになるか、父同様に冷酷な魔術師に成長していたと言われている。凜にとっては、父親の非情な一面を見ずに済んだのは最大の幸運だったのかもしれない。

遠坂桜 ・・・ 次女。魔術師は一子相伝のため子供は一人いれば十分なのだが、虚淵氏によれば出生当時の凛には何かしら夭折を危惧させるものがあり、保険として2人目の子供である桜を生ませたのではないかとのこと。幸い愛娘は二人とも無事に成長したが、どちらか片方しか跡継ぎにできないため、葛藤の末、間桐へ養子に出すことになったが、その結果桜は間桐家の当主の道具としての扱いに追いやられることになる。

言峰綺礼 ・・・ 魔術の弟子。聖杯戦争1年前に令呪が現れたため自分のサポート役をやらせるために弟子に取った。時臣は彼の働きぶりを誇りに思っており、師から弟子へと受け継がれる魔術礼装であるアゾット剣を贈った。綺礼が聖杯戦争中盤でアサシンを失った後、とある事情により聖杯戦争が終わるまで戦いの舞台から離れるよう、ロンドンへの移住を命ずるのだが、アーチャーに自身との契約を唆された綺礼により、贈ったばかりのアゾット剣で刺殺される。

間桐雁夜 ・・・ 次女の桜を養子にした間桐家の当主・間桐臓硯の次男で、妻の葵の幼馴染。桜を忌まわしき間桐の家へ養子に出し、片思いの相手である葵を奪った(と勘違いしている)ことで一方的に憎まれている。時臣もまた、魔術の才能がありながらそれごと家を捨て、一般の人間として生きている雁夜を責任を果たせない人間として見下している。
セイバー達がキャスターと戦っている間に、との戦いで勝利する。

遠坂永人 ・・・ 遠坂家を興した先祖。遠坂の魔術行使の文言に『祖には我が大師シュバインオーグ』の一節があるのは、彼がキシュア・ゼルレッチ・シュバインオーグに弟子入りしたことに由来する。とはいえ、実際には一宿一飯の礼として、軽い手ほどきと宿題を受けた程度であり、師弟と呼べるほど濃密な関係ではなかった。また、「弟子の中で最も見込みのない男だった」と評されており、才能があったのはむしろ娘の方であったという設定などどこか時臣と似ている点がある。

Fate/staynightでの時臣

凛の回想に登場。
ちなみに、第五次聖杯戦争において凛がサーヴァントを召喚した日に時計が一時間早まっていたのは時臣の仕掛けである。「この程度の身近な狂いに気が付かないようなら聖杯戦争に参加するのはまだ早い」というちょっとした茶目っ気であった。
十分天寿を全うしたと伝えられており、元々の設定では高齢であった事が伺える。
アニメ版で演じていた辻谷氏は第一作での音響監督でもあった。

Fate/GrandOrder

直接の登場はしないがありとあらゆる方面で酷い目に遭っている。
彼の概念礼装(スター発生率20%アップ)は課金ガチャ中でも屈指のハズレ枠と目される一つと言われ、クリスマスではそれを送られたけーかちゃんは「後ろから刺したくなる顔してるー!」と言って、速攻でアサシネイションに向かった。その人もう死んでるんだけどね。

Fate/Zero』とのコラボイベント『Fate/Accel Zero Order』では直接的な登場はしない。が、未来における大聖杯の解体の際に霊脈の情報を得ていたエルメロイ二世によっ万全を期して用意していたギルガメッシュバーサーカーを味方に付けた主人公達に早々に敗れるわ、綺礼からマスター権を奪ったと思しきアサシンの残りの総軍全ても、ルビーで造ったゴーレムや霊脈さえも尽く破壊されるわで散々な目に遭っていた。
まあ、上記の通り正史では死んでしまうのだから、「生きているだけマシと思え」と言われればそれまでなのだが。

余談

にょた臣師


TYPE-MOONの10周年記念に企画された性転換企画に、自分のサーヴァント共々登場した。
見た目は、彼の娘である凛をそのまま大人にしたような容姿であり、割と好評である。
Pixivでは彼本来の人気もあって、腐向け作品での登場率が高いので検索するときは注意が必要。

関連イラスト

【Fate】二期!
遠坂時臣


レッツゴーアーチャー組!
私では、


親子に弱い
今日は特別の日だ



関連タグ

Fate/Zero Fate/staynight
遠坂親子 遠坂夫婦 全部時臣のせい

pixivに投稿された作品 pixivで「遠坂時臣」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32381741

コメント