ピクシブ百科事典

言峰綺礼(Fate/Zero)

ぜろきれい

『Fate/Zero』に登場する若かりし頃の言峰綺礼。
目次[非表示]

・・・主よ・・・・・・御名を祟めさせ賜え。御国を来たら賜え。
天に御心の成るが如くに、地にもまた成させたまえ・・・・・・

プロフィール

誕生日12月28日
星座山羊座
血液型B型
年齢(※)28歳 / 24歳
身長185cm
体重82kg
イメージカラー
特技鍛錬
好きなもの鍛錬
苦手なもの独り酒
天敵衛宮切嗣
CV中田譲治


※年齢に関して
28歳説に関しては、奈須きのこ氏から「28歳の時、父・璃正を失い、非公式ではあるが司祭職を与えられた」という一問一答でのコメントが2012年のTYPE-MOONフェスのパンフレットに掲載されている。

24歳説に関しては、小説版『Fate/Zero』1巻にて1967年生まれと書かれており、ここから計算すると24歳となる。また過去の『Fate/staynight』特典資料集では「20代前半で第四次聖杯戦争に参加」と記述があった。

概要

第四次聖杯戦争前後の若かりし頃の言峰綺礼
「Zero峰」「ヤング綺礼」とも呼ばれる。

第四次開戦の2年程前、妻の病死後に令呪が発現したため、父と親交のあった魔術師遠坂時臣に弟子入り後、アサシンのマスターとして参戦する。
表向きは時臣と対立を演じつつも裏では結託していたのだが、衛宮切嗣に興味を示した事から自身の独断で動き始める。

人物像

万人が「美しい」と感じるものに対して、美しさや喜び・充実感を感じることのできない破綻者。

『stay night』の頃とは異なり、まだ吹っ切れていないため、「そんな空虚の自身にも美しいと思える何かがあるはず」と考え、高い倫理観から自らの破綻と歪みに苦しみ、厳しい鍛錬を始め様々な事に打ちこんでは捨てていった。その姿を周囲は「敬虔な信者」と見ており、親しい者達ですらその苦悩を理解していなかった。
そんな中、敵対マスターの一人である衛宮切嗣の経歴にシンパシーを感じ、「自分が見い出せなかった答えを出したのではないか」と思った事から執拗に狙っていく。

一方で、実は他人の苦痛や絶望にのみ愉悦を感じる性質であることを時臣のサーヴァントアーチャーに目を付けられ、自身の本質を突き付けられていく。
そして、「切嗣の答えではなく間桐雁夜の結末にこそ本質がある」という言葉に悩み、それまでの自身が破滅する予感を感じながらも、、アーチャーの教唆に従って師である時臣を裏切り聖杯戦争を戦い抜く事を決断する。

アーチャーと再契約後に雁夜を教唆してアイリを確保すると共に、時臣の遺体を用いた愛憎劇を鑑賞した際には一度飲んだ酒を以前より美酒と感じ、悪の悟りを開き始めている。
その後、完全な手駒となった雁夜とバーサーカーセイバーにけしかけておき、自身は父親から受け継いだ予備令呪を魔力源として術を高めることで切嗣との死闘を演じるが、聖杯の泥を浴びて意識を失い、目覚めた直後に切嗣によって殺害される。

聖杯が破壊された後にアーチャーが受肉すると契約によるつながりで彼も泥の影響を受けて復活する。そして、冬木の大災害を見た瞬間に、生粋の聖人である父から生まれた自身を涙ながらに「邪悪、鬼畜、歪み、汚物」と称しながらも完全な自らの本質を悟りが、過程を通り越した結末に納得がいかず、今度はその方程式を求めるべく「この世全ての悪」の誕生を見届ける決意を固める。

能力

魔術師としては見習い修了レベルであり、霊媒治療では師を上回る素養を持つものの、突出した才覚は無い。

優秀な代行者であり、代行者特有の投擲剣「黒鍵」の使い手。また、八極拳を極めた達人でもある。ただし、実戦で鍛えられた綺礼のそれは、父の正当な八極拳とは異なり、彼独自の人体破壊術となってしまっている。またの名を「マジカル☆八極拳」

後年に当たる『stay night』でも凄まじい戦闘能力であったが、全盛期と評されるこの頃の彼はそれをさらに凌ぐものである。

具体的には以下の通り。

  • 服装に防弾処理を施しているとはいえ、キャリコによる銃撃をものともしない。発射されたキャリコの無数の銃弾を黒鍵で弾き防御する事も可能。
  • 木に縛り付けられた状態からの寸勁で木を破壊する。
  • 固有時制御で2倍速で動く切嗣を捕捉してワンパンでKO。
  • 預託令呪の力を借りた上に右手を負傷したものの、30-06スプリングフィールド弾を素手で受け止め、軌道を反らし致命傷を避ける。
  • 負傷で左目が塞がり、右手も使えない状態でありながら、聴勁を駆使して3倍速で振るわれる切嗣のナイフを凌ぐ。
ドラマCD『アーネンエルベの一日』でも「多くの読者からツッコまれた」とネタにしている。

他作品での活躍

アーネンエルベの一日

ネコアルク・カオスに呼ばれた事で臨時ウェイターを務める。
性格的については遠坂凛がいる事もあって『stay night』に近い。
キレた凛が放ったガンド乱れ撃ちを受けてもビクともしなかったが、ある人物が差し入れたどくだみ茶に混入されていた毒が回り殺された

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ

番外編とアニメ『ツヴァイヘルツ!』第3話で、BLに対するイメージ映像としてシルエットで登場。
相手役が衛宮切嗣な点からびぃえる時空にちなんだ選出と思われる。

ちびちゅき!

十年後の自分と共に別枠で登場。
あまりにかけ離れた立ち振る舞いの未来の自分に困惑している。

花のみやこ

ギラ・ギルガメッシュの執事として、切嗣と共に登場。
割と感情的になりやすいギルガメッシュに冷静にツッコんで弄ったり、色々と人間的にアレな切嗣を淡々と問いつめたりとマイペース。

戦車男

フリフリエプロンを着るで登場。
「母」でエルキドゥちゃんから「おばさん」と呼ばれているようだが性別は果たして。

関連人物

言峰璃正
。息子を「立派な聖職者」と見ており、その苦悩を理解していなかった。

衛宮切嗣
最大の天敵であり、同じ存在たる対象と興味を持つ。彼の生き様から自らの苦悩の「答え」を得ようとし、執拗に付け狙う。

遠坂時臣
魔術の師。第四次聖杯戦争の終盤の父の死後、彼によってロンドンの移住を命ぜられるが、後に自らの手で殺害する。

遠坂凛
妹弟子。時臣への弟子入り当初から何かにつけてからかっているため、向こうからは嫌われている。

アサシン
第四次聖杯戦争初期のサーヴァント

アーチャー
第四次聖杯戦争終盤でのサーヴァント
彼の本質に興味を抱き、遠回しに突きつけていく。

stay nightとの違い

『Zero』と『stay night』で第四次聖杯戦争以前のことについての回想が異なる。

『stay night』ではHFルートの綺礼の独白で青年時期(妻との出会い以前)に自分の本質に気付いたと語り、妻では自害後が主の教えに決別した。
『Zero』では「妻は自分の性質に最期まで気付かなかった」、妻が病死した時に感じた気持ちも封じており、挙げ句自分の性質にも気付いていないことになってる。以降では第四次を通してその本質に気付いた姿が描かれている。
外道化の覚醒時期について、これは『stay night』ではが自殺んだとき(要は『Zero』で描かれた第四次聖杯戦争よりも前)とされているが、『Zero』本編では時臣を刺した時にやっと覚醒したという設定との事。

『Fate/Zero material』によると、『Zero』当時はまだ『stay night』の時のような悟りと余裕がなく、迷いと葛藤から自らを内省するにあたって、かなり過去の記憶や事実関係をねじ曲げ(妻に関する記憶はその最たるもの)て語っており、そのため10年後の達観した自己分析のほうが的を射ている、とされる。
実際の作中で死別した妻のことを思い出そうとすると立ち眩みのような感覚に陥り靄がかかるように思考が散漫になるなど、明らかに異常な反応を示しているシーンもある。

冬木の大災害が起きた理由は『stay night』では聖杯を手に入れた綺礼が、切嗣との一対一の対決の際に他人の介入を嫌い、(セイバーと分断するため)汚染された聖杯がその望みを悪意でもって叶えたことが災害発生の原因とされている(2006年版アニメ『stay night』の第1話冒頭では、セイバーとアーチャー(ギルガメッシュ)が火の海の中で戦っている。また、劇場版「Fate/stay night Heaven's Feel」綺礼の回想で切嗣が火の海の中銃を持って狙っている。)。
逆に『Zero』では聖杯が汚染されていると分かった切嗣が小聖杯を破壊したものの、破壊された小聖杯はそもそも「器」でしかなかったので、そのため本来「器」に入るはずだった中身が入れ物を失いぶちまけられたことが災害発生の原因とされる。

また、に渡したアゾット剣も、『stay night』では綺礼にしては珍しく、ただの善意でくれてやったという設定だったが、『Zero』でに渡した際には裏に悪意のある描写になっている。

ドラマCD『アーネンエルベの一日』にて彼が「ドラマの為ならば原作をも殺すをスローガンにしている」という発言がある他、原作者奈須きのこは「Zeroは『stay nightと条件は同じだけど微妙に違う世界』」、「『stay night』の綺礼が持ってる「悟りと余裕」を剥奪し「迷いと葛藤」を付加した」と語っている事が『Zero』における綺礼のキャラ設定が違う理由の明白なる事の本質ではないだろうか。

関連イラスト

【まさかのFate】綺礼ちゃんらくがき
形骸


無貌
おつかれさまでした



余談

『stay night』になると10cm近く伸びているが、これは第三次性徴・・・ではない。
Fate/Zero』においての彼は懊悩する青年神父であったため、「193cmは(『Zero』の)言峰のイメージではない」ということで、わざわざ『stay night』の頃よりも身長が低く変更されたのである。つまりは超縮んだ

関連タグ

Fate/Zero
外道 聖職者 神父 代行者 求道者
まさに言峰 鯖峰

言峰親子 言切 言ギル びぃえる時空 愉悦部 聖堂教会

pixivに投稿された作品 pixivで「言峰綺礼(Fate/Zero)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 236

コメント