ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

とある事情で国外へと退去せざるを得なくなった言峰綺礼は今までの働きと遠坂の魔道を収めた報酬として、遠坂時臣よりアゾット剣を授かる。遠坂時臣は遠坂亭に長く引き留めた謝辞を送って部屋を立ち去ろうとするが…
『いいえ…心配無用です、我が師よ…元より飛行機の予約などしておりませんので』
綺礼は時臣をアゾット剣で背後から刺殺した。サーヴァントであったギルガメッシュからはその死に様を嘲笑され、遺体をさらなる愉悦への舞台装置に利用されるのだった。
この時の時臣の表情(通称:アゾット顔)はあまりの顔芸故にファンの間では伝説になっている。

この事件の顛末を『マミる』といった造語に引っ掛けて生み出された動詞こそ『アゾる』である。刺殺された側は『アゾられた』と表現する事も。(ちなみに生死は問わない。カドックがラスプーチンに背後から殴られて気絶しても『アゾられた』で正解なのである。)
大体背後を武器や拳でぶっ刺された時に使われるワードと思って貰って構わないだろう。
なお、アゾット剣に限り、正面からぶっ刺しても『アゾる』と表現される事もしばしば。(因果応報剣とも。)
Fate界隈では裏切りの象徴として思い浮かべるファンも多い様子。その為か、pixivでは現行シリーズにおいて裏切る疑惑のある人物が上司を刺殺しているイラストが多く投稿されている。

ロストベルトNo.5予想


ムニエルにアゾられるゴルドルフ新所長



Fate/Grandorderでは

アゾットネタが公式に認知されていたかは定かではないが、ほぼ週間_サンタオルタさんでは概念礼装優雅たれを見た泥酔モードの荊軻が「素敵! このヒゲのおじさま素敵―――! あ。ちょっときた。キュンときた。
私、この人暗殺してくる――! 後ろから刺したくなる顔してる―――!」 と言い残し、姿を消すというシーンが描写された。なお、このあと時臣氏がどうなったか、また荊軻の好みのタイプだったかは謎。
(サムネのイラストはこのシーンを基に描かれたものである。)

余談

ちなみにアゾット剣を使っていた事で有名なパラPがアゾっているイラストは彼の性格故か意外とない。(そうは言っても彼はprototype版の時臣とも言うべき人物の死因を作った原因の一人ではあるのだが。)

関連イラスト

愉悦の道に引き込んだ王が、惨殺した少女と一緒に戦った結果…。

まさか味方から刺されるとは思ってなかったギル+α



関連タグ

刺殺 言峰綺礼 遠坂時臣 Fate/zero 愉悦部 荊軻
Fate/Accel_Zero_Order:略称はAZO。アゾとも読める為、ちょくちょくネタにされる。

pixivに投稿された作品 pixivで「アゾる」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21012

コメント